ここから本文です

成育科ブログ

「ルポ 産ませない社会」を読みました

2013.07.21

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

新刊で「 ルポ 産ませない社会 (小林美希著、河出書房新社)」と言う本を読みました。

以下、著者のホームページからの抜粋と本文からの引用です。

「産めない」のではない。 社会が「産ませない」のだ。

子育てを未だに「女性」だけに押し続ける現実を問う、痛切なルポ。

国は子育てに関する財政出動を嫌う。
保育所の増設は費用が嵩むため、育児休業の拡充に逃げる。
保育所を増設しても、規制緩和といって市場開放する。
民間企業は、利益を優先し、保育の質の劣化を招く。
そして、良い保育が消失されつつある。

まるで、「子どもが心配なら家で(母親が)みろ」と言わんばかりの環境が整ってはいないか。――

   

以下は本文からの引用です。

◆今、私たちは、人の営みとしてごく自然なことである、次世代を育んでいくということを、あまりにも社会から遠ざけられている。

◆国は子育てに関する財政出動を 嫌う。保育所の増設は費用が嵩むため、育児休業の拡充に逃げる。保育所を増設しても、規制緩和といって民間開放する。民間企業は、利益を出すために人件費の高いベテランを雇わず~

◆晩産化となる理由には労働や社会の環境問題がある。これを無視して医学的な適齢期に子どもだけ産めるはずがない。

◆母親となった女性は労働市場からの退場を余儀なくされ、ますます孤立していく。これはもはや、子どもが欲しいと思っても、「産めない」のではなく、社会が「産ませない」と言わなければならない状況だ。

◆学卒時に75.4%の女性が正社員だったにもかかわらず、結婚時の正社員比率は66.3%へ低下。出産1年前では41.4%となり、出産1年後には21.3%に落ち込むことから、就職してから珊瑚1年までの間に、5割もの正社員が辞めていることが分かった。

◆第一子の妊娠が分かったときの就業状態と第一子出産後の就業継続率を見ると、東京都区部・政令市では63.5%から28.8%、大都市周辺では66.4%から24.9%に落ち込む一方で、非人口集中地区では73%から37.8%と、就業継続率だけ見ると都市部より高い。

◆妊娠を望む時期に非正社員であると、就業継続は更に困難になる。

◆第一子妊娠前に非正社員だった場合に、育児休業を利用して就業継続した割合は、結婚や出産の年が2005~09年のケースで、たった4%に過ぎない。妊娠を望む時期に非正社員であると、就業継続は更に困難になる。

 妊娠・出産・子育てのリスクを個々の女性に全て負わせる現状を放置して少子化など改善する訳がありません。現在はこどもを持たないことが女性にとって唯一のリスクマネジメントとなってしまっていると言っても良いのかも知れません。少子化の改善は女性の幸せの結果として得られるものであり、決してそれ自体を目的として都合良く得られるものではないのだと思います。

同じ著者の著作で「 ルポ 職場流産 雇用崩壊後の妊娠・出産・育児 」と言う本もあります。こちらも追って読みたいと思います。

ブログ更新情報

DSC02214 (Custom)
2018.09.10
こどもサポート教室クラ・ゼミさんで情報交換会
CIMG5895 (Custom)
2018.09.09
青森県医師会主催のNCPR(Aコース)
IMG_1685 (Custom)
2018.09.04
医療的ケア児支援体制検討WG
(画像をクリックすると拡大捧持されます)
2018.09.03
11月17日(土)青森県医療的ケア児支援シンポジウム開催のお知らせ
DSC02202 (Custom)
2018.08.26
札幌医科大学NICUを見学させていただきました
DSC02158-2 (Custom)
2018.08.21
医療的ケア児支援者研修会
DSC02090 (Custom)
2018.08.20
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳以上)
DSC02089-2 (Custom)
2018.08.10
平成30年度特別支援学校における医療的ケア基本研修
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2018.08.07
ねぶた祭り2018
DSC02079 (Custom)
2018.08.03
第1回青森県医療的ケア児支援体制検討部会~まずは最初の一歩から
スライド37 (Custom)
2018.08.01
院内感染対策研修会
CIMG5851 (Custom)
2018.07.28
今月4回目のNCPR~周産期センタースタッフ対象NCPR

カレンダー

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930