ここから本文です

成育科ブログ

フラットパネルのある入院風景

2013.10.23

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

以前、「即時現像機能を搭載したX線撮影装置の有用性」と題してフラットパネルに関してアップしたことがありましたが、今日は実際の入院風景をご紹介してみたいと思います。

気管内挿管を要する患者さんが入院したら、まず真っ先にX線写真で挿管チューブ位置の確認をします。特に肺サーファクタント補充療法の際、挿管チューブが深く肺って片肺挿管になってしまうと左右の肺の硬さのバランスが崩れて大事になりますので、この点のチェックはとても重要です。また、フラットパネルを用いるとX線写真撮影時に保育器を毎回開けなくても済むのも大きな利点です。特に超低出生体重児は簡単に体温低下してしまいますので、体温を気にすることなくX線写真撮影できるのは大きなアドバンテージになります。

チューブ位置確認後に肺サーファクタント補充療法しています。

こちらの写真はPIカテ挿入中です。術者は予めX線プロテクターを着て操作します。

PIカテを挿入するとリアルタイムに位置確認を行います。ここでベストの位置になったことを確認してから固定します。こうしたリアルタイムでの位置確認は臍カテーテル挿入時には更に有用です。

この他にも十二指腸チューブ挿入の際にも透視に近い確認精度で挿入することができますし、胎便病での注腸造影時にも、本来なら透視室まで移動しなければできなかった処置までNICU内で可能となります。リスクマネジメント効果に加えて、診療水準の向上に明らかに寄与していると感じています。まだまだ高価なので導入されている施設は限られているのが実情ですが、もっと安価になってNICUでの導入が必須となる時代に早くなって欲しいものです。

ブログ更新情報

(画像をクリックすると記事へリンクします)
2020.09.22
朝日新聞アピタル「少子化対策の失敗の本質~小児医療の現場から見えたもの」
IMG_0482-2 (Custom)
2020.09.21
令和2年度医療的ケア児支援コーディネーター養成研修~演習編
IMG_0416-2 (Custom)
2020.08.15
令和2年度医療的ケア児等支援者およびコーディネーター養成研修会
IMG_0412-2 (Custom)
2020.08.10
小さく生まれた赤ちゃんとその家族のWebつどい
DSC00026 (Custom)
2020.06.21
医療的ケア児コーディネーターフォローアップ「遠隔」研修会
(画像をクリックするとご案内のPDFファイルが表示されます)
2020.05.19
発達凸凹共育会「はぐとも」とセミナーのご紹介
IMG_7076 (Custom)
2020.05.03
遠隔講義が始まりました(その2)~弘前大学編
92827746_3030421990353840_4022629449894723584_n (Custom)
2020.05.01
遠隔講義が始まりました(その1)~青森中央学院大学編
(画像をクリックすると第45回ハイリスク児フォローアップ研究会のご案内ページにリンクします)
2020.03.09
第45回ハイリスク児フォローアップ研究会 in 青森~中止のお知らせ
IMG_6176 (Custom)
2020.02.15
山口県新生児研究会で新生児医療の集約化に関して講演させていただきました
ffc4fc2634173dcf8dd503f457a95070_f508 (Custom)
2020.02.05
新生児のフォローアップと支援~日本新生児看護学会in鹿児島
テレビ診察室 (Custom)
2020.01.05
ATV『テレビ診察室』の放送予定

カレンダー

2020年9月
« 8月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930