ここから本文です

成育科ブログ

新生児医療は「四本足の椅子」

2014.01.29

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日の高知での講演会のお話しの続きです。講演終了後の質疑で、当科が「神奈川方式」を導入したことに関連して、ある先生から「どうして神奈川方式を全面的に受け入れたのか?」と言うご質問がありました。

そこでお答えしたのが今日のタイトルである「四本足の椅子」のたとえです。

新生児医療では治療方針や成績には施設間差が大きいことが知られていますが、その一方でとても小さな赤ちゃんを対象にしていることから、ちょっとした治療方針の変更が大きな合併症につながってしまう可能性もあります。たとえ、ある施設で行われている治療方針がやや時代遅れ気味であったとしても、その施設での治療方針としてはそれはそれなりのバランスを保っていることが多く、逆に「これが最新の治療法です」と一部だけ変更すると逆に変なことになりかねない、そんな心配をしています。

四本足の椅子は、仮にその足が古い足でも、それまで使えていたならそれはそれなりですが、一本だけ新品に取り替えた途端、グラグラしてしまう、そんなイメージです。かと言って、治療方針が古いままで良い訳もなく、ならばいっそのこと全部新品に取り替えてしまえ、と言うのが基本的な発想です。

実はこのことは以前、このブログでもご紹介したことのあるちいさなちいさなわが子を看取る - NICU「命のベッド」の現場からの書籍の中で、当科におけるいわゆる「神奈川方式」への変更の取り組みが「医療スタッフ育成の成功例 ー神奈川+青森(p214)」として紹介されています。

(クリックするとAmazonnへリンクします)



この書籍の中でインタビューに答えている部分がありますが、まさに今回の高知での講演でのエッセンスが詰まっています。と言いながら、実は講演ではこの書籍のご紹介をするのをすっかり忘れてしまいましたので、改めてブログでご紹介させていただきました。
 

ブログ更新情報

IMG_2884 (Custom)
2019.01.09
NeonatalCareが「With NEO」へリニューアル!
スライド16 (Custom)
2019.01.07
「PEEP再考」英語版ができました!
スライド30 (Custom)
2019.01.01
PEEP再考~適切なPEEPは酸素を最小限にすると見えてくる
CCF20181226_0005-3 (Large)-2 (Small)
2018.12.22
院内広報誌「ふれあい」~医療的ケア児支援体制について
CIMG5962 (Custom)
2018.12.16
東京で小児在宅会議~小児在宅医療と災害対策
48362493_2217894678448626_850408923381891072_n
2018.12.15
医療的ケア児者の主張コンクール~未来の夢と希望を発信しよう
すべきこと (Custom)
2018.12.10
青森県母体保護法指定医研修会~生存限界の医療に関して
DSC02496-2 (Custom)
2018.11.27
第63回日本新生児成育医学会その3~エビデンスがなくたって
DSC02467 (Custom)
2018.11.26
第63回日本新生児成育医学会その2~医療安全シンポジウム
DSC02538 (Custom)
2018.11.25
第63回日本新生児成育医学会in東京(その1)
IMG_2205 (Custom)
2018.11.17
平成30年度青森県医療的ケア児支援シンポジウム
DSC02343 (Custom)
2018.11.08
県庁健康福祉部災害対策本部図上訓練に参加してきました

カレンダー

2019年1月
« 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031