ここから本文です

成育科ブログ

総合周産期センター10年誌編集中 メディア記事①

2014.03.16

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

平成16年に当院に総合周産期母子医療センターが開設されてから、早いもので今年で10年になります。この10年を記念して10年誌を編集中です。過去のデータとかその他諸々を整理しているので、この機会にその一部を適宜アップしていきたいと思います。これまで新聞等のメディアで取り上げられたものを見返してみると、この10年の動きが分かるような気がします。まずは、これまでの新聞記事を古い順に追ってみたいと思います。

まずはこの記事から。平成11年に乳児・新生児・周産期死亡率が全国ワーストワンとなったことから、この後、急速に当院にNICUを設置する動きが加速しました。

この記事は2002年に2年連続 乳児・新生児死亡率が最下位となったこと受けてのものです。しかし、この後から総合周産期母子医療センター開設に至ることになります。

2003年には青森朝日放送(ABA)が「赤ちゃんを救え」と言う特集を組んで下さいました。



この特集では本県の新生児死亡率が全国最下位である現状に焦点をあて、県内の医療施設の不備や医師不足の問題などを浮き彫りにしたことが評価され、この特集を自ら制作された八木里美キャスターはこの年のギャラクシー賞報道活動部門を受賞されました。

2005年の元旦の東奥日報では「守ろう いのち」と題した第2特集が組まれ、その中で当院の総合周産期母子医療センターも大きく取り上げられました。

同じ年の春からは東奥日報で「あおもりの未来紡いで 生きる」の連載がスタートし、その中でも何度か当院の取り組みが紹介されています。

この頃は、まさに県内全体が全国一高い死亡率をなんとか良くしようと一致団結した空気がみなぎっていました。当院の今があるのも、こうした県内関係者の皆さんの励ましがあってこそと思います。今後もその後に続く記事をアップしていきたいとお思います。

ブログ更新情報

IMG_2884 (Custom)
2019.01.09
NeonatalCareが「With NEO」へリニューアル!
スライド16 (Custom)
2019.01.07
「PEEP再考」英語版ができました!
スライド30 (Custom)
2019.01.01
PEEP再考~適切なPEEPは酸素を最小限にすると見えてくる
CCF20181226_0005-3 (Large)-2 (Small)
2018.12.22
院内広報誌「ふれあい」~医療的ケア児支援体制について
CIMG5962 (Custom)
2018.12.16
東京で小児在宅会議~小児在宅医療と災害対策
48362493_2217894678448626_850408923381891072_n
2018.12.15
医療的ケア児者の主張コンクール~未来の夢と希望を発信しよう
すべきこと (Custom)
2018.12.10
青森県母体保護法指定医研修会~生存限界の医療に関して
DSC02496-2 (Custom)
2018.11.27
第63回日本新生児成育医学会その3~エビデンスがなくたって
DSC02467 (Custom)
2018.11.26
第63回日本新生児成育医学会その2~医療安全シンポジウム
DSC02538 (Custom)
2018.11.25
第63回日本新生児成育医学会in東京(その1)
IMG_2205 (Custom)
2018.11.17
平成30年度青森県医療的ケア児支援シンポジウム
DSC02343 (Custom)
2018.11.08
県庁健康福祉部災害対策本部図上訓練に参加してきました

カレンダー

2019年1月
« 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031