ここから本文です

成育科ブログ

周産期医学12月号「新生児呼吸管理」

2014.12.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

周産期医学12月号 の特集は「最新版 新生児呼吸管理」で「呼吸管理の実際 VGとMMV」について執筆させていただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これまで、このホームページでも新生児の人工呼吸管理に関してはあれこれ書いてきましたが、中でも今回の内容は 「早産児の人工呼吸管理Part6」 「第50回日本周産期・新生児学会~ステファニー編」 の中でご紹介させていただいた内容をブラッシュアップしたものになっています。

VGは患者の呼吸努力と人工呼吸器から供給される圧との関係でみると、呼吸努力に比例した圧を供給するPAVやNAVAとちょうど真逆の動きをする換気モードと言えます。PAV・NAVAは呼吸努力が乏しくなる時に弱点があり、VGはその逆に呼吸努力が強すぎる時に弱点があります。
スライド4 (Custom)

こうした観点からMMVを捉え直すと、MMVは呼吸努力に乏しい時にはVGで作動し自発呼吸が十分ある時には通常のPSVになるので、その意味ではMMVはVGの弱点を補う呼吸モードと言うことができます。
スライド5 (Custom)

一方、最新型のステファニー(現在、日本国内では販売されていません)では、minimumVGと言う機能があって、自発呼吸が乏しい場合に最低限の換気量を補償してくれます。このように一口にVGと言っても、実はその先の進化型が既に世の中に出回っていると言う見方ができるのではないかと考えています。
スライド6 (Custom)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

ブログ更新情報

DSC02467 (Custom)
2018.11.26
第63回日本新生児成育医学会その2~医療安全シンポジウム
DSC02538 (Custom)
2018.11.25
第63回日本新生児成育医学会in東京(その1)
IMG_2205 (Custom)
2018.11.17
平成30年度青森県医療的ケア児支援シンポジウム
DSC02343 (Custom)
2018.11.08
県庁健康福祉部災害対策本部図上訓練に参加してきました
CIMG5955 (Custom)
2018.11.04
青森県医師会主催のNCPR(スキルアップコース)
IMG_2039-2 (Custom)
2018.10.28
ピストン式HFOのメトラン社訪問
DSC00513 (Custom)
2018.10.24
「うりずん」高橋昭彦先生がオータムセミナーでご講演
63回新生児成育学会1 (Custom)
2018.10.19
第63回日本新生児成育医学会学術集会の発表予定等
61C-ANsMwPL (Custom)
2018.10.12
働く女子のキャリア格差~女性の活躍には構造的問題の理解が不可欠
IMG_1966 (Custom)
2018.10.07
東京で医療的ケア児に関する厚生労働省班会議
DSC02310-2 (Custom)
2018.10.06
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満)
ランチョン (Custom)
2018.09.28
第63回日本新生児成育医学会でランチョンセミナー

カレンダー

2018年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31