ここから本文です

成育科ブログ

信州フォーラム旅日記~一体型EtCO2アダプタの開発

2015.02.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今回の信州フォーラムではポスターセッションで「閉鎖式吸引カテーテルアダプタ一体型EtCO2アダプタの開発」と題して発表させていただきました。これは、今から遡ること約3年。EtCO2の測定には現在のようにいくらセンサーを小型化しても死腔量の軽減には限界があると感じており、それならば閉鎖式吸引カテーテルのアダプタ部分と一体化してしまえば大幅に死腔量が軽減できるのではないか?、そして最も患者さんに近い場所での計測が最も正確な呼気終末のEtCO2値となるのではないかと考え、日本光電の担当の方にかなりご無理を言って一体型のアダプタを開発していただきました。ただ、実際の患者さんでの測定は当院のような市中病院では難しいことから、札幌医科大学の小林正樹先生にお願いして倫理委員会でのご承認をいただいた上で臨床データを取っていただきました。
図2
スライド1 (Custom)

総死腔量では従来型と比較して約1/3程度の改善に過ぎませんが、実際にセンサーを取り付ける計測部分までの死腔量として比較すると従来よりも約7割ほど死腔量を削減することが可能となりました。EtCO2の計測部位は挿管チューブとの接続部の直上に位置していますので、これ以上近くで計測するのは不可能です。これまで計測しきれなかった非常に体重の小さな赤ちゃん達で、しかも経皮CO2モニターを貼るのも憚られるほど皮膚が脆弱な時期にはかなりの威力を発揮するのではないかと期待しています。
一体型 (Custom)
スライド3 (Custom)

実際の販売までは多くのハードルがありますが、なんとか臨床現場で使用できるところまで行ってくれればと願っているところです。写真はポスターセッション終了後に日本光電の担当の方達と一緒に。
DSC066502 (Custom)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

ブログ更新情報

61C-ANsMwPL (Custom)
2018.10.12
働く女子のキャリア格差~女性の活躍には構造的問題の理解が不可欠
IMG_1966 (Custom)
2018.10.07
東京で医療的ケア児に関する厚生労働省班会議
DSC02310-2 (Custom)
2018.10.06
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満)
(クリックするとPDFが表示されます)
2018.09.28
第63回日本新生児成育医学会でランチョンセミナー
(周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究 より)
2018.09.26
災害時小児周産期リエゾン研修(その2)~新生児のドクヘリ搬送
IMG_1751 (Custom)
2018.09.25
災害時小児周産期リエゾン研修~まずは平時からの備えを
DSC02214 (Custom)
2018.09.10
こどもサポート教室クラ・ゼミさんで情報交換会
CIMG5895 (Custom)
2018.09.09
青森県医師会主催のNCPR(Aコース)
IMG_1685 (Custom)
2018.09.04
医療的ケア児支援体制検討WG
(画像をクリックすると拡大捧持されます)
2018.09.03
11月17日(土)青森県医療的ケア児支援シンポジウム開催のお知らせ
DSC02202 (Custom)
2018.08.26
札幌医科大学NICUを見学させていただきました
DSC02158-2 (Custom)
2018.08.21
医療的ケア児支援者研修会

カレンダー

2018年10月
« 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031