ここから本文です

実績

青森県の周産期医療

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

青森県は歴史的にも全国で最も乳児死亡率の高い県でした。乳児死亡率のような統計指標は青森県のように人口の少ない県では単年ではかなり上下するため、5年間のように複数年で評価しなければ真の姿を知ることはできません。図のように青森県は戦前から近年に至るまで5年平均値が全国平均より上に行くことはなく、全国で最も乳児死亡率の高い県であると言えます。

【都道府県別乳児死亡率5年平均値と順位】
(クリックすると拡大します)
乳児5年平均値paint

このような事態を改善すべく、平成13年に青森県立中央病院にNICU6床が整備され、更に平成16年には総合周産期母子医療センターが開設されました。NICUは9床へ増床され、同時に青森県の周産期システムも整備されました。

【青森県周産期システム体系図】

図では県内各施設から総合周産期母子医療センターへ患者さんが一方的に搬送されているように示されていますが、実際には搬送されてきた患者さん(赤ちゃん)はある程度全身状態が落ち着いた時点で地元の地域周産期センター(主に八戸市民病院、独立行政法人弘前病院)へドクターカーによって後搬送されています。これは患者さんの予後の改善だけではなく、総合周産期母子医療センターの受け入れ機能維持にも極めて重要な意味を持っています。

このような県内全体の取り組みによって、5年平均値は周産期死亡率に限ってですが、昨年までの5年間でようやく全国の上位クラスにまで食い込むことができました。乳児・新生児死亡率はまだまだ下位が続いており安定的な改善までには更なる努力が必要です。

【都道府県別周産期死亡率5年平均値と順位】

周産期死亡率5年平均値 (Custom)

ブログ更新情報

DSC03813 (2) (Custom)
2019.05.13
弘前市で医療的ケア児支援コーディネーター研修会
IMG_4664 (Custom)
2019.05.07
中央学院大学助産過程で新生児蘇生法講義
58445105_2306145632781483_6810123006648516608_n (Custom)
2019.05.01
在宅新療0-100 2019年4月号~地域の医療機関と共に支える 小児在宅医療の現状と課題
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2019.04.30
合浦公園の桜2019
IMG_4173 (Custom)
2019.04.29
弘前公園の桜2019
DSC03443 (Custom)
2019.04.22
第122回日本小児科学会学術集会in金沢
IMG_3683 (Custom)
2019.04.10
今年も青森中央学院助産専攻で講義
DSC03412 (Custom)
2019.04.09
世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間in青森で講演
(画像をクリックするとPDFファイルにリンクします)
2019.03.28
6月1日(土)第11回あきた母乳育児をささえる会学習会のお知らせ
1-2-3 (Custom)
2019.03.25
DOCTOR’S MAGAZINE~challenger欄に掲載されました
ポスター3 (Custom)
2019.03.23
世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間in青森のお知らせ
(画像をクリックすると拡大表示されます)
2019.03.18
八戸地域・津軽地域で医療的ケア児支援体制検討会議