ここから本文です

成育科ブログ

信州フォーラム旅日記~母子の力を引き出すデザイン②

2017.02.21

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

信州フォーラム旅日記~母子の力を引き出すデザイン① の続きです。演者の2番手は デザイナーの鍋田知宏さん です。

鍋田さんは、 Archi Design Lab.+Ca という会社でデザイナーをされていて、これまで全国各地の医療施設の設計を数多く手がけていらっしゃいます。

DSC09315 (Custom)

スライド1 (Custom)

スライド2 (Custom)

スライド3 (Custom)

ここに挙げられた3つの問題点はなるほどと思わせられるものばかりです。いくら医療従事者と設計者の間にデザイナーさんが入ってくれたとしても、医療従事者側の院内での意思疎通が悪ければ、どこに意図があるのかも分からないでしょうし、その意味では単に設計者との関係性だけの問題ではなく、実は医療従事者側にもそれなりの問題があるのではないかと言うことに気づかされます。デザイナーさんに入っていただくには、その前提としてその施設のコンセプトが明確であることと、そこで働く多くの人達の意見にもしっかり耳を傾けることのできる施設文化のようなものも必要なのではないかとも感じました。
スライド4 (Custom)

スライド5 (Custom)

スライド6 (Custom)

スライド7 (Custom)

スライド8 (Custom)

スライド9 (Custom)

スライド12 (Custom)

スライド16 (Custom)

実際の設計に際してはシミュレーションをするためのスタジオもあるので、こうした施設も活用次第では大きな力になってくれるのではないかと思います。
スライド18 (Custom)

スライド19 (Custom)

スライド20 (Custom)

今回のご発表も副題に「見えない問題や潜在ニーズに関して、いかに気づきを持って問題解決につなげるか?」とあるように、まさに私たち医療従事者が求める理想像を実現させるためのお手伝いをして下さる存在と感じました。ただ、前述したように、施設側の意思疎通がその大前提として必要であることは肝に銘じておかなければならない点と感じました。

企画セッションはさらにその3以降に続きます。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

IMG_2884 (Custom)
2019.01.09
NeonatalCareが「With NEO」へリニューアル!
スライド16 (Custom)
2019.01.07
「PEEP再考」英語版ができました!
スライド30 (Custom)
2019.01.01
PEEP再考~適切なPEEPは酸素を最小限にすると見えてくる
CCF20181226_0005-3 (Large)-2 (Small)
2018.12.22
院内広報誌「ふれあい」~医療的ケア児支援体制について
CIMG5962 (Custom)
2018.12.16
東京で小児在宅会議~小児在宅医療と災害対策
48362493_2217894678448626_850408923381891072_n
2018.12.15
医療的ケア児者の主張コンクール~未来の夢と希望を発信しよう
すべきこと (Custom)
2018.12.10
青森県母体保護法指定医研修会~生存限界の医療に関して
DSC02496-2 (Custom)
2018.11.27
第63回日本新生児成育医学会その3~エビデンスがなくたって
DSC02467 (Custom)
2018.11.26
第63回日本新生児成育医学会その2~医療安全シンポジウム
DSC02538 (Custom)
2018.11.25
第63回日本新生児成育医学会in東京(その1)
IMG_2205 (Custom)
2018.11.17
平成30年度青森県医療的ケア児支援シンポジウム
DSC02343 (Custom)
2018.11.08
県庁健康福祉部災害対策本部図上訓練に参加してきました

カレンダー

2019年1月
« 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031