ここから本文です

成育科ブログ

忽那先生によるAMR(薬剤耐性)ご講演

2017.09.23

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今年2月に 「総合診療医ドクターG(のような研修会)」 でお越しいただいた国立研究開発法人国立国際医療研究センター の忽那賢志先生に、今回は院内感染対策研修会でAMR(Antimicrobial Resistance、薬剤耐性)に関してご講演いただきました。
DSC00262 (Custom)
AMRとは病原体が変化して抗生物質・抗菌薬が効かなくなることで、これは抗生物質・抗菌薬の使用、特に不適切な使用によって増加します。今、このAMRがこれからの世界で大きな問題となると言うのです。
DSC00265 (Custom)
仮にこのまま何の対策も取らずに放っておくと2050年には1000万人の死亡が想定され、がんによる志望者数を上回るのだそうです。
DSC00268 (Custom)
AMRがどんどん増加して行ったらどうなるのでしょう?簡単な例としては、例えば尿路感染を起こしたとしても治療する薬がないとか、カテーテルを挿入しようとしても、もしカテーテル感染が起こってしまったら対処のしようがない、など、現在であれば抗生物質・抗菌薬で対処可能な普通の疾患・疾病が、それこそ直接的に命に関わる重大疾患になってしまうと言うのです。
DSC00269 (Custom)
そうならないために今できることは、抗生物質・抗菌薬は限りある貴重な資源として大事に使っていくことが必要です。
DSC00271-2 (Custom)

ちなみに忽那先生は レジデントノート 2016年12月号 Vol.18 No.13 その抗菌薬、本当に必要ですか?〜Choosing Wiselyで考える、抗菌薬の正しい選び方・使い方 を昨年書かれています。この本でもう一度勉強し直してみようかと思います。
718NZpSiRiL (Custom) (2)

さらにちなみに、こうした事態を重くみて厚生労働省からも普及啓発のためのポスターが作られたりしています。薬剤を処方するのは医師ですが、患者さんの側にも正しい知識を持って受診することが必要と言うことです。

(画像をクリックすると普及啓発ポスターのpdfにリンクします。)

(画像をクリックすると普及啓発ポスターのpdfにリンクします。)

(画像をクリックすると普及啓発ポスターのpdfにリンクします。)

(画像をクリックすると普及啓発ポスターのpdfにリンクします。)

未来の世代のために自分達が今できることが何なのかを再認識させられた研修会でした。
忽那先生、ありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

20180115保健大ペリネイタル講義2回目title (Custom)
2018.01.15
保健大学で今年度もペリネイタル講義~その2
IMG_0021 (Custom)
2018.01.14
保健大学で今年度もペリネイタル講義~その1
(画像をクリックすると申し込みフォームへリンクします)
2018.01.13
音楽療法セミナーで講演予定~「家族を育てるNICU」
三重クリティカルケアフォーラム (Custom)
2018.01.08
第8回三重新生児クリティカルケアフォーラムのお知らせ
(クリックするとクリニックのホームページへリンクします)
2017.12.27
2017年アクセスランキング
img_3 (Custom)
2017.12.21
第4回新生児医療MMカンファレンス
DSC01235 (Custom)
2017.12.17
第27回千葉県周産期新生児研究会旅日記
img_0_m (Custom)
2017.12.13
今週末の講演会のご案内
IMG_0859 (Custom)
2017.12.11
第6回青森県周産期講演会~室月先生をお招きして
DSC01154-2 (Custom)
2017.12.10
あおもり母乳の会学習会~「楽しい母乳育児支援」とは?
母子分離軽減 (Custom)
2017.12.07
母子分離軽減のポリシーを英語ページにアップしました
あおもり母乳の会 (Custom)
2017.12.05
あおもり母乳の会と周産期講演会のお知らせ

カレンダー

2018年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031