ここから本文です

成育科ブログ

2018.10.24

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

以前、5月5日(土)の放送大学で、宇都宮市で認定NPO法人「うりずんを開設されている高橋昭彦先生の「共に生きる社会を目指して~「医療的ケア児」をどう支えるのか~ 」のご講演をご紹介しましたが、その髙橋明彦先生がなんと当院のオータムセミナーにお越し下さり、「地域医療と在宅医療~小児から高齢者まで」と題してご講演下さいました。
DSC00500 (Custom)
DSC00501 (Custom)
最初、緊張の面持ちで講師紹介をされていましたが、
DSC00502 (Custom)
ご講演が始まるとすぐに髙橋先生のトレードマークでもある「かぶり物」をしてお話が始まりました。ご講演は、医師に成り立ての頃の地方での往診のご経験から始まり、在宅医を目指すことになった経緯などをお話しされました。そこから最近の医療的ケア児の話題に移っていきます。在宅をご専門にされている先生のお話をお聞きする機会はなかなか少ないので、参加された若手の先生達も真剣に聞き入っていました。
DSC00507 (Custom)
セミナー修了後の懇親会にも加えていただきました。実は、今回のご講演は、当院の自治医科大学出身の研修医の先生が、医学生時代に髙橋明彦先生のご講演を聴いて感銘を受けたことから実現しました。髙橋先生の熱意が若い先生の心を動かしたのでしょう。最後に、高橋先生は、是非、小児在宅医療の方にも興味を持って欲しいと若手の先生方に訴えかけて下さりとても心強く感じました。高橋先生、遠路青森までお越し下さりありがとうございました!
DSC00513 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.10.07

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満)の終了後、翌日に小児在宅医療関連の厚生労働省班会議のためにいそぎ東京へ向かいました。この班会議には昨年度から加えていただいており、年に数回開催されています。
この日は班会議とは別に小児科学会の小児医療委員会が東京都内で午後に開催されていて、こちらも今年から委員になっていたのですが、ちょうどつどいの時間帯と重なってしまっていて参加できませんでした。ただ、会議の後に懇親会を開くとのことで、最後の方で混ぜていただきました。懇親会場は水道橋駅近くの富田書店と言うお店です。外見からは看板も書店にしか見えませんが、中身はしっかり飲食店でした。
IMG_1952 (Custom)
懇親会の様子です。今年4月の日本小児科学会でコミュニティ小児医療の実践をご発表されていた是松先生にも初めてお目にかかることができました。
IMG_1974 (Custom)
翌日の午前中からは小児在宅医療の班会議で会場のある市ヶ谷に向かいます。
IMG_1959 (Custom)
IMG_1961 (Custom)
班会議の会場は和気あいあい、いつもこんな感じです。だいぶ顔見知りの先生も増えてきました。
IMG_1963 (Custom)
会場から市ヶ谷周辺を。台風が過ぎて良い天気でしたが、かなり気温が高くてびっくりでした。
IMG_1966 (Custom)

肝心の班会議ですが、最初に各参加者からの近況報告から始まります。今回は青森県でも医療的ケア児支援体制検討部会が設置され、ようやく一歩目を歩き出したところであることをご紹介しました。医療的ケア児の実態調査をこれから行うわけですが、市町村が行うのと県が行うのでは指揮系統が異なるので、その辺での工夫が必要であることをお話ししたところ、今回の会議でも、班会議から今後出していく連携のための手引き書がちょうど議題として挙げられていて、やはり都道府県向けと市区町村向けの2種類の原案が用意されていました。その他にも各地の先生方からいろんな情報をいつも得られていてとても勉強になります。

班会議を終えて帰路につくと、これまた台風の影響で新幹線は30分ほどの遅れで運行されていました。それでも大きな遅れになることなく無事に青森に到着できました。
IMG_1968 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.10.06

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

この週末は8月に開催した小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳以上)に続いて、4歳未満のお子さんを対象としたつどいを開催しました。13時からの開始ですが、その前に最終のスタッフミーティングの様子です。
DSC02261 (Custom)
ミーティングでの確認も終えて、あとは皆さんが来るのを待つだけです。この日は夜頃に台風が通過する予報になっていて、ちょっと天候が心配でしたが、風もそれほど強くならずにいてくれました。
DSC02271-2 (Custom)
こちらは家族交流会の最中にお子さん達をお預かりする広場です。今回も保育連合会の皆さんがいろんな遊びを準備して下さってます。所狭しといろんな仕掛けがあって、まるで縁日のようです。
DSC02267-2 (Custom)
つどいの最初は保育連合会の皆さんによるアイスブレーキングから。今回は大きな栗の木の下の続いて、大きなリンゴの木の下が2番です。お子さん達の目が釘付けになっている間にご家族は家族交流会の方へお子さん達に気づかれないようにそっと移動します。
DSC02291-2 (Custom)
家族交流会の前にあすなろ療育福祉センターの秋元先生から、遊びを通じての発達に関しての情報提供がありました。この後、3グループに分かれて家族交流会に移ります。
DSC02300-3 (Custom)
家族交流会には先輩ママさんとして「あおもりNッ子クラブ」の石田さんが参加して下さいました。石田さんはこれまでのご自身の経験も交えて、参加されたご家族に「自分を責めなくていい。もっと自分を褒めてあげればいい」とお話しされていました。やはりピアサポートこそが家族交流会の柱になるのだと感じました。
DSC02303-3 (Custom)
つどいの終了後には恒例のスタッフによる反省会です。今後に関していろんな意見が出されました。根本的なところでは、現在の4歳未満・以上の括りを外したつどいのあり方に関しても提案がされました。確かに、年代を区切ってしまうと家族同士が先輩後輩として支え合う形になりにくいのが現在の欠点かとは気づき始めていたところではありました。今後の検討課題としてそろそろ本腰を入れる必要があると感じました。
DSC02309 (Custom)
全ての予定が終了してスタッフの集合写真。
DSC02310-2 (Custom)
つどいが終わる頃から台風の影響もあってか、ちょうど雨模様になってきました。遠方から参加された方も多かったので帰路も心配ですが、皆さん、お疲れ様でした。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.09.10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

一昨年、施設見学をさせていただいたこどもサポート教室クラ・ゼミさんに今回はお呼ばれして職員の皆さんとの情報交換会に行ってきました。クラ・ゼミさんには当院の卒業生も訓練でたくさんお世話になっている施設です。

DSC02218 (Custom)
現在、クラ・ゼミさんは青森市内に3校開校されており、職員の皆さんもかなりの人数になります。
DSC02213 (Custom)
こちらの方からは最近の医療的ケア児に関する問題と今後の支援体制構築に向けての方向性などを中心にお話しさせていただきました。一方、クラ・ゼミさんでは就労支援としてのアクセスジョブ事業にも取り組まれており、義務教育年限を過ぎたお子さん達の就労に向けての大変さなどに関してお話を伺うことができました。
DSC02214 (Custom)
皆さんといろいろお話ししていく中で、我々医療者ができることはそれほど多くはないですが、なんらかの形で皆さんの問題意識へも応えられないかとあれこれ考える日となりました。貴重な機会をいただくことができ心より感謝いたします。皆さん、ありがとうございました。
DSC02217 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.09.04

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日、8月2日に第1回青森県医療的ケア児支援体制検討部会が開催されたとご紹介しましたが、この部会の下部組織にあたり、今後の支援体制作りのための作業部隊である医療的ケア児支援体制検討WG(ワーキンググループ)の第1回目を朝から青森県庁で行いました。

IMG_1685 (Custom)

IMG_1686 (Custom)

wgの会場からの眺めです。
IMG_1687 (Custom)

メンバーは医療、福祉、子育て支援など主に県庁各部門からの代表で構成されています。今後、このメンバーでこれからしばらくあれこれ検討して行く予定です。
IMG_1688 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

1 / 1312345...10...最後 »

ブログ更新情報

DSC00513 (Custom)
2018.10.24
「うりずん」高橋昭彦先生がオータムセミナーでご講演
63回新生児成育学会1 (Custom)
2018.10.19
第63回日本新生児成育医学会学術集会の発表予定等
61C-ANsMwPL (Custom)
2018.10.12
働く女子のキャリア格差~女性の活躍には構造的問題の理解が不可欠
IMG_1966 (Custom)
2018.10.07
東京で医療的ケア児に関する厚生労働省班会議
DSC02310-2 (Custom)
2018.10.06
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満)
ランチョン (Custom)
2018.09.28
第63回日本新生児成育医学会でランチョンセミナー
(周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究 より)
2018.09.26
災害時小児周産期リエゾン研修(その2)~新生児のドクヘリ搬送
IMG_1751 (Custom)
2018.09.25
災害時小児周産期リエゾン研修~まずは平時からの備えを
DSC02214 (Custom)
2018.09.10
こどもサポート教室クラ・ゼミさんで情報交換会
CIMG5895 (Custom)
2018.09.09
青森県医師会主催のNCPR(Aコース)
IMG_1685 (Custom)
2018.09.04
医療的ケア児支援体制検討WG
(画像をクリックすると拡大捧持されます)
2018.09.03
11月17日(土)青森県医療的ケア児支援シンポジウム開催のお知らせ

カレンダー

2018年11月
« 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930