ここから本文です

成育科ブログ

2018.02.04

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日ご紹介した 音楽療法セミナー’17 「子どもの笑顔を引き出すコミュニケーション~発達と感性」 が青森市内で開催され、午前部の講演と午後のシンポジウムでそれぞれお話ししてきました。

(画像をクリックすると拡大表示されます)

(画像をクリックすると拡大表示されます)

当日はこの季節の青森市内としては珍しい晴天でした。
DSC01408 (Custom)
会場入り口と配付資料です。
DSC01409 (Custom)
DSC01410 (Custom)
DSC01411 (Custom)

今回の音楽療法セミナーを開催された青森音楽療法研究会の佐々木先生のご挨拶から始まります。
DSC01434 (Custom)

午前中の講演は先日の 青森県立保健大学のペリネイタル講義(その2) 前段部分である、周産期医療とは?NICUとは?から始まって、家族を育てるNICUをドラマ「コウノドリ」の映像をたくさん交えながら解説してみました。そこでタイトルも「家族を育てるNICU」に加えて副題として「コウノドリ先生からの伝言」と、ちょっと大それたタイトルとしてみました。
スライド1 (Custom)

内容は、まずは神奈川県立こども医療センターの豊島先生のスライドを拝借させていただきました。この後も神奈川県立こどもの写真や豊島先生のスライドが度々登場します。
スライド3 (Custom)

こちらはドラマ「コウノドリ」での神奈川こどもでの撮影風景の写真です。
スライド4 (Custom)

今回参加された皆さんは小児の発達支援に関わる方達やこれから小児・周産期医療に関わることになるであろう学生さん達が中心でしたので、赤ちゃんがNICUに入院された時のご家族の気持ちをまずは少しでも知ってもらいたいと思いました。
スライド6 (Custom)
その材料として「コウノドリ」は非常に優れていますので、今回は「コウノドリ」の1stシーズンの第4話を中心にお話ししてみました。この第4話では在胎21週の妊婦さんが突然破水して受診するところから始まります。結婚して10年でようやく授かったお子さんで、なんとしても助けて欲しいとお父さんがコウノドリ先生にすがりつきます。しかも、人工妊娠中絶が認められているのは21週までなので、赤ちゃんを救命するか否かの結論を1両日中に出して欲しいとお伝えします。

コウノドリ2 (Custom)

赤ちゃんを救命する方針で帝王切開で出生しますが、お父さんはそのあまりの小ささにほとんど言葉を失い、「お願いします」というのがやっとでした。
コウノドリ3 (Custom)

コウノドリ4 (Custom)
NICUで今橋先生から赤ちゃんの今後のことに関してあれこれ説明がある中、お父さんの口から「この子にあれが何かしてやれることってないですか?」と問いかけます。この後、今橋先生はお父さんに保育器の中に手を入れて赤ちゃんに触ってみることを勧めます。このお父さんの言葉にこそファミリーセンタードケアの原点があると感じるシーンでもありました。
コウノドリ5 (Custom)
コウノドリ6 (Custom)
コウノドリ7 (Custom)

ファミリーセンタードケアと言えばウプサラ大学NICUですので、ご家族をエンパワーするケアの考え方をウプサラ大学の動画を例にとってご紹介してみました。最後の方にスマホで見やすいようにQRコードも貼っておきました。
スライド7 (Custom)
スライド8 (Custom)
スライド9 (Custom)

こちらはコミックの「コウノドリ」でコウノドリ先生が「NICUは赤ちゃんの病気を治す場所ではありません」と話すシーンです。
スライド14 (Custom)
実はこの漫画のカットは以前東奥日報で連載していた 知って欲しい赤ちゃんのこと連載3回目「NICUは赤ちゃんが育つ場所」 で使わせていただいたカットでもあります。
東奥日報連載3回目-Custom
このカットはコミック「コウノドリ」のNICU編の最終回で、その最後に鴻鳥先生が「赤ちゃんと一緒に両親も成長させる場所なのかもしれませんね」と語るシーンなのですが、3回目の原稿はこの漫画が出版される前に締め切りでしたので、3回目の原稿の締めくくりと漫画の締めくくりが一致してしまったことに当時は驚いていました。「パクリ疑惑」を持たれそうですが、本当にこれは偶然のことなのです。

この場面はドラマでは今橋先生が取材に来た記者の方にお話しする場面で同じことを言っていました。
コウノドリ8 (Custom)

この日の午前の講演では、NICUに入院した赤ちゃんのご家族が赤ちゃんと一緒に家族になっていく過程を中心にお話しさせていただきました。続いては、総合リハビリ美保野と子育て支援センター虹の澁屋先生からは言語聴覚士の視点からこどもが「わかる」と言うことに関してのお話しが、続いて音楽療法を専門とされている生野先生からは音楽療法の実際に関して、それぞれ午前の講演と午後のシンポジウムと続いてお話しして下さいました。詳細はまた次に続けたいと思います。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.02.01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

1月末の週末は東京で小児在宅医療関連の会議が2つあったので参加してきました。一つ目は勇美記念財団による「 小児在宅医療推進のための会 」で、この会には昨年の秋から加えさせていただいてます。この会には大阪の分科会というのがあって、今回は合同での開催でした。

会場は東京駅の日本橋口を出てすぐの巨大なタワービル内です。この日は大雪の影響で新幹線のダイヤに乱れが生じてしまい、少々遅れての到着となりました。
IMG_0095 (Custom)
IMG_0094 (Custom)

今回は日本医師会や厚生労働省の障害福祉と医政局のそれぞれのご担当の方からの情報があり、また埼玉医科大学総合医療センターの田村先生からもこれまでの検討状況に関してのご報告がありました。特にこの春からは診療報酬改定も迫っており、まだ全てが明らかになっている訳ではありませんが、全体の方向性に関しては非常に勉強になりました。

明けて翌日は午前中から、こちらは厚生労働省科学研究でやはり小児在宅医療に関する班研究がありました。
IMG_0105 (Custom)
まず毎回恒例なのが委員の皆さんの近況報告なのですが、これがいつもなかなかのボリュームがあります。近況とは言っても、それぞれの地域でどんな取り組みをしているのか、そしてどんなことで困っているのかをそれぞれお話しするのですが、そこに質問や意見などが委員から相次いでなかなか先に進みません。
CIMG5718-2 (Custom)
結局、近況報告が終わらないままに昼食に移行しますが、昼食中も委員の皆さん同士で午前中の話題であれこれ話が尽きません。
IMG_0107 (Custom)

先週も東京で開催された 医療的ケア児等相談支援スーパーバイザー育成プログラム評価会議に参加してきたばかりで、このところ小児在宅医療に関して集中講座を聴いているような感じになってきていることもあって、だいぶ色んな知識が入ってきた気がしています。小児在宅医療は何しろ制度が複雑すぎて、もしこの全体像をすらすら答えることができる人がいたら、それはこうした全国レベルの会議で即戦力になるぐらいの知識を持った方と言えると思います。まだまだ全体像を把握するにはほど遠い状況ではありますが、逆にこれだけの情報を聞いてきたことの責任も日増しに感じる先月末となりました。

そんな思いで青森に戻ってくると あおもり雪灯りまつり の直前だったためか?ベイブリッジ方面にたくさん並んだ雪だるまに癒やされつつ家路につきました。
IMG_0124 (Custom)
IMG_0122 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.01.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

前日の夜に三重県から東京まで移動して日曜日は朝から八重洲の会場で医療的ケア児等相談支援スーパーバイザー育成プログラム評価会議に参加してきました。週明けには東京は大雪だったようですが、この日までは快晴の東京でした。
IMG_0064 (Custom)
この評価会議は昨年3月に青森市内のアピオあおもりで開催した 周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅の今、未来 でご講演していただいた淑徳大学看護栄養学部看護学科の谷口由紀子先生が担当されている厚生労働省の研究事業のための評価会議です。
DSC01400 (Custom)
これから全国で小児在宅医療に関わる人材育成をするための研修会を実際に開催して評価すると言うのが今回の会議の趣旨で、最初に谷口先生からご説明がありました。
DSC01403 (Custom)
とは言っても、内容は実際に行われる予定の講義内容で、内容も行政との関わり方や福祉事業所からの視点、医師からの視点など多岐に渡っています。特にコンサルタントとしての医師の役割に関しては、つい2日前にお世話になった 三重大学小児トータルケアセンターの岩本先生が演者でした。
DSC01405 (Custom)

内容はかなり濃密で、朝の9時台から始まって夕方までびっちりの講義でした。今回はあくまで評価のための会議だったとはいえ、これだけの濃密な内容のお話しを聞く機会はなかなかないですので非常に勉強になりました。

夕方に東北新幹線に乗り込み夜になってようやく青森に戻ってきました。金曜日の早朝から始まったたかだか2泊3日の出張でしたが、ずいぶんと長旅に感じました。新青森に戻ってくるとなぜかピコ太郎がお出迎えしてくれて、ちょっとほっこりした気分で家路につきました。
IMG_0072 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.01.20

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

この週末は三重県の新生児クリティカルケアフォーラムにお招きいただき三重県津市にお邪魔しました。三重県では以前より厚生労働省の小児在宅事業を実践されており、中でも 三重大学小児トータルケアセンター の岩本彰太郎先生が精力的にお仕事をされています。折角の三重県訪問ですしこのような機会はなかなかありませんので、岩本先生にご無理を言って三重県の小児在宅医療に関してのお話しをうかがってきました。

津駅前です。実は人生初の三重県上陸です。
DSC01337 (Custom)

三重大学は駅から車ですと比較的近く感じました。
DSC01338 (Custom)

岩本先生は今回の訪問にあわせた資料を作成しておいて下さいました。スライドの1枚目からびっくりです。
スライド1 (Custom)
青森県との人口の比較も一緒にして下さっています。実はこれ以外にも特別支援学校における医療的ケア児調査の結果なども青森県と三重県を比較した資料をご用意下さっていました。
スライド2 (Custom)
三重県ではかなり昔から毎年新たに医療的ケアを要するお子さんの人数調査もされているそうです。青森県では死亡例調査はこれまでもかなり一生懸命やってきましたが、これは乳児死亡率の高かった時代の名残のようなもので、そろそろこの枠組みからは青森県も脱しなければと思いました。
スライド3 (Custom)
三重大学の小児トータルケアセンターは三重県における小児在宅医療の要としてご活動されており、チームとしても岩本先生以外にも兼務の医師や複数の看護師・MSWや事務担当の方など多職種のチームで構成されています。少なくとも現状の青森県ではあり得ないほどのチーム構成です。
スライド12 (Custom)
スライド13 (Custom)
活動も多岐に渡り、NICUや小児病棟からの退院支援にとどまらず、小児在宅医療全般の生活支援やそれを実現するための多職種連携・地域連携の構築や、その他、様々な相談を受けたり、地域などへの教育活動もされています。
スライド14 (Custom)
三重県庁内には小児在宅医療推進ワーキンググループがあり、県庁内の部門横断的に担当者が月1回は集まっているそうです。
スライド17 (Custom)
小児在宅医療に関する研究会も盛んに行われており、年2回の開催で毎回150名前後の参加があるのだそうです。
スライド19 (Custom)
さらに遠隔地では研究会に参加しにくい方も多いですので、地域出向での研究会も行われているそうです。
スライド21 (Custom)
三重大学病院には患者さんやご家族のためのゲストハウスが整備されています。「 ハーモニーハウス 」と言うこの施設では、大人が1泊1350円で宿泊可能なのだそうです。当院にも同じような宿泊施設である「 ファミリハウスあおもり 」がありますが、これよりも安くて広くでこれはこれとして羨ましく思いました。
スライド40 (Custom)
この他、在宅人工呼吸管理中のお子さんで特別支援学校にも通学できないお子さんの場合、訪問授業になることが多いのですが、こうしたお子さん達を実際の学校に連れて行って他のお子さん達と一緒に授業をうけてもらう「スクーリング」と言う事業も行われているそうです。特別支援学校には専属の看護師さんが配置されてはいるのですが、学校の看護師さんは訪問授業対象となるお子さんのケアは指示書がなければ行えないので、それを補うために看護師さんが一緒に自宅への出迎えから移動、授業中も含めてその場にいる必要があります。こうした先駆的な事業も行われていることにはただただ驚くばかりでした。
スライド48 (Custom)

資料はまだまだ沢山あってご紹介しきれませんが、とにかく三重県と青森県の違いをまざまざと見せられた思いでした。周回遅れどころか何週遅れているのか分からないぐらいの差があると感じました。青森県もまだまだこれからですので、次は青森県の関係者も連れて、もう一度お話しを聞かせたいただいたり、実際のカンファレンスの様子なども拝見してみたいと思いました。

最後に岩本先生や小児トータルケアセンターの皆さんと一緒に集合写真を撮らせていただきました。岩本先生ならびに小児トータルケアセンターの皆さん、ありがとうございました。
DSC01340 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.10.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日もご案内したように、今月10月21日(土)に青森県立保健大学講堂で今年度の周産期医療学習会「みんなで考えよう!青森県の小児在宅医療」を開催しました。

学習会 (Custom)
当日はちょっと曇り空の青森市内でした。
DSC00345 (Custom)
青森県立保健大学の講堂を使わせていただくのは今回が初めてでしたが、とても立派な講堂です。
DSC00352 (Custom)
まず最初は、青森県障害福祉課社会参加推進グループマネージャーの三上さんからは行政説明として青森県の小児在宅医療に関して、特にこの春に青森県医師会で行って下さった小児在宅医療に関する実態調査と生活調査の結果に関してのご報告がありました。詳細は改めてご紹介したいと思いますが、いずれにしてもこうした調査がこれからの施策に関しての第一歩となるものと思います。
DSC00358 (Custom)

続いて、特別講演のお一人目は神奈川県立こども医療センターで患者家族支援部部長をされている星野先生に「医療的ケアを必要とする子どもたちの地域生活を支えるために 〜神奈川県小児等在宅医療連携拠点事業を通して見えてきたもの〜」と題してお話ししていただきました。星野先生は元々は我々と同じ新生児科医師としてご勤務されていた先生ですので、同じ仕事のちょうど先輩に当たる先生でもあります。星野先生のお話の中に「医療を軸にした『こども』と『家族』の居場所作り」という言葉にとても共感しました。これはある意味で「 こどもかぞくまんなか 」の小児在宅医療版なのではないかと言う気がしました。
DSC00366 (Custom)

神奈川県立こども医療センターと言えば、当院の新生児科医師のほとんどが長期・短期で研修させていただた結びつきの強い施設でもあります。下の写真は学習会前日の夜にお世話になった新生児科医師が集まっての様子です。
DSC00384 (Custom)
IMG_9401 (Custom)

特別講演のお二人目は済生会兵庫県病院の奥谷先生に「地域周産期センター病院における短期入所開設」に関してご講演いただきました。奥谷先生のご施設は地域周産期センター、つまり一般の急性期病院の小児科なのですが、そこで短期入所施設を立ち上げたということを最初に知ったのは昨年の学会シンポジウムでのことでした。短期入所施設はすでに全国各地にありますが、その施設で受け入れ可能な患者さんの重症度や年齢はその施設の能力によって大きく左右されます。特に乳幼児でなおかつ重症なお子さんの場合、高齢の患者さんが中心の施設では対象にならないことが問題となります。その点、急性期病院であれば特に乳幼児の患者さんの受け入れがしやすくなると言う点で利用者側からは大きな利点となりますが、一方で急性期病院に短期入所施設を作ると言うことは、施設の成り立ちから言っても大きなハードルがあります。立ちはだかる数々の大きなハードルを乗り越えて実現された奥谷先生の熱意溢れるご講演でした。
DSC00398 (Custom)

ご講演の後には今回ご参加いただいた方達からの質問も受けました。今回は患者さんのご家族もたくさん参加されており、多くの問題点があることや要望も聞かれました。小児在宅医療の体制作りには当事者である患者さんご家族の方達からの意見が非常に重要と考えています。今回の学習会の様子は早速地元紙の東奥日報でも大きく紹介して下さいました。
22687645_1603770659685654_4878733167214589676_n 2 (Custom)

学習会を終えての集合写真です。
DSC00405 (Custom)

今回の開催に際しては当院周産期情報室や事務方の皆さんのご協力で実現することができました。ご講演下さった先生方、学習会の準備に奔走して下さったスタッフの皆さん、参加された皆さん、ありがとうございました。この会が青森県の小児在宅医療が良くなるために少しでもお役に立てばと思います。
DSC00409 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

(画像をクリックすると第121回日本小児科学会学術集会のプログラムページにリンクします)
2018.04.30
日本小児科学会in福岡~コミュニティ小児医療の実践例
IMG_0697-2 (Custom)
2018.04.22
日本小児科学会in福岡~太宰府再訪
CIMG5730 (Custom)
2018.04.17
新年度・新メンバー
CIMG5725-2 (Custom)
2018.04.16
青森中央学院助産専攻で講義
DSC01772 (Custom)
2018.03.28
伊藤先生送別会~新天地での活躍を願って
スライド1 (Custom)
2018.03.20
赤ちゃん成育ネットワーク~『成育科』開設から2年
DSC01658-2 (Custom)
2018.03.19
赤ちゃん成育ネットワークデビュー~温かなまなざしに包まれて
CIMG5723 (Custom)
2018.03.12
NCPR(新生児蘇生法)人形~高性能四男登場!
DSC01634-2 (Custom)
2018.03.11
東京大学合格発表の日に新生児倫理研究会
DSC01628 (Custom)
2018.03.10
勇美記念財団「小児在宅医療推進のための会」で発表
IMG_0314 (Custom)
2018.03.01
NCPR(新生児蘇生法)NewsLetter
スライド3 (Custom)
2018.02.19
信州フォーラム旅日記~その2 臨床工学技師は雪山登山のガイドのように

カレンダー

2019年1月
« 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031