ここから本文です

成育科ブログ

2017.06.27

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

聖隷浜松病院NICUと言えば、日本有数のNICUとして有名ですが、最近新しく建て変わったばかりで、しかもNICUを4床ごとの半個室化することによってご両親の面会時間が増えたと言うファミリーセンタードケアの観点からも注目されているNICUです。浜松まで来たからには是非見学したかったのですが、なかなか時間もなく、なんとかご無理を言って早朝にお時間をいただきご案内していただくことができました。

DSC09908 (Custom)
ご案内は杉浦先生にしていただきました。
DSC09916 (Custom)
こちらがNICUの1ユニットです。患者さんそれぞれのスペースがカーテンで仕切られプライバシーが確保される構造になっていました。個々のスペースには安楽椅子も最初から設置されていて、確かにこれならご家族もゆっくりできるだろうなと感じました。
DSC09928 (Custom)
こちらはGCUです。GCUはワンフロアのようですが、やはりカーテンで仕切られるようになっています。
DSC09936 (Custom)
こちらは授乳室です。ここもそれぞれ仕切りがあります。
DSC09938 (Custom)
こちらはファミリールームです。部屋の中にバス・トイレが設置されており、ホテルのようにご家族が部屋の中で過ごすことができるような設計になっていました。
DSC09942 (Custom)
こちらは主に看取りのためのお部屋のようです。
DSC09948 (Custom)
NICUの入り口近くには子ども達が遊ぶためのスペースが確保されていました。NICUに入院するお子さん達は当然第一子ばかりではありませんので、ご両親が面会に来るときにはご兄弟も一緒に病院に来ることも多いのは当然のことです。しかし、こうして面会時に上のお子さん達が遊んだりするスペースがないために面会時間が短くなってしまうことはよくあります。何気ないことですが、こうしたスペースをしっかり確保することも病院として患者さんとそのご家族を想う一つの姿勢の現れのように感じました。
DSC09949 (Custom)
NICU内の廊下には至る所にヘルメットが。やはり防災意識もかなり高いと感じました。
DSC09951 (Custom)
こちらはスタッフ用の仮眠場所のようです。昔の寝台列車を彷彿とさせるような作りです。
DSC09944 (Custom)
DSC09945 (Custom)
こちらは聖隷浜松病院の新生児用救急車です。年間もの凄い回数の搬送を行っているとは聞いていましたが、中の装備もかなりの充実ぶりでした。
DSC09957 (Custom)
DSC09962 (Custom)

研究会の当日のお忙しいところ、早朝からご対応下さった大木先生、杉浦先生、ありがとうございました。こうした施設としての哲学をしっかり形にできるNICUがもっと増えてくれたらと思います。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.04.13

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨年の富山で開催された日本周産期新生児学会の教育セミナーで 「母児の出会い、愛着形成を産科· 新生児科で考えるFamily Integrated Care~オランダにおけるFamily Integrated Careの実践例と日本における可能性」 としてお話しした内容は以前、 Family Integrated Care~日本周産期・新生児学会in富山 その4 でもご紹介しましたが、この度セミナーレポートとして冊子になりましたのでご紹介します。このままでは文字が小さいですので、クリックすると拡大画像が表示されますので是非ご覧下さい。

p1 (Custom)

p4 (Custom)

p5 (Custom)

p6 (Custom)

p7 (Custom)

p8 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.02.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

信州フォーラム旅日記~母子の力を引き出すデザイン② のさらに続きです。演者の3番手はパラマウントベッドで企業内デザイナーとしてご活躍されている岩井 文さんです。
DSC09320 (Custom)
スライド1 (Custom)
スライド2 (Custom)

今回は入社初仕事だった赤ちゃん用コットが製品として完成されるまでの過程を軸として、製品における「デザイン」の位置づけ・あり方に関してお話ししていただきました。
スライド7 (Custom)
スライド8 (Custom)
「新しいコットを開発する」と言うミッションだったので、早速、医療現場に行ってそれまでのコットの問題点や使いにくい点を聞きに行ったのですが、そこで帰ってきた答えは「特に問題ありません」「困っていません」と言うものでした。
スライド10 (Custom)
大学では「デザインとは、ある問題を解決するために思考や概念の組み立てを行いそれを様々な媒体に応じて表現すること」と教わっては来ましたが、そこで「問題がない」と言われてハタと困ってしまいました。
スライド11 (Custom)
そこで「デザインは問題解決のみではない」と切り替え、就職の際の初心に戻って女性ならではの気づきを活かし、お母さん達が赤ちゃんをどんなベッドに寝かせたいかを考えたと言います。
スライド13 (Custom)
そして、時代もまた母児異室から母児同室へ、さらにファミリーセンタードケアの概念が拡がり、ケアの主体者も看護師から母親へのパラダイムシフトが起きつつありました。
スライド17 (Custom)
ケアの主体者が変わると言うことは、運用や環境が変化し、それにともなって製品も変化していかなければなりません。例えば、このスライドであれば、従来は看護師さんがケアの主体者であれば、コットの高さは少し高めの方が腰が楽だとか、そうした視点が中心でしたが、これが産後間もない入院中のお母さんがケアの主体者となるのであれば、車椅子に座った状態でも膝が邪魔にならない構造が必要になります。この他にも運用や環境の変化にともなって製品も変わっていく必要があり、それはきっとコットに留まらず、様々な医療機器・ケア用品に及ぶのだろうと思います。
スライド33 (Custom)
つまり企業デザイナーのお仕事としては、表面上の問題解決をするだけではなく、さらに一歩踏み込んで、当事者達が気づいていない潜在ニーズを探りながらアイデアを具現化することがその使命であるとお話しされていました。
スライド34 (Custom)
スライド47 (Custom)

スライド45 (Custom)
スライド46 (Custom)

「こんな風なNICUをつくりたいのだけれども、どうしたらいいの?」
「ファミリーセンタードケアを実現していきたいのだけれどもどうしたらいいの?」
こうした問いに答えるにはどのようにしたらいいのか?そのためには医療スタッフと企業双方の対話が必要、これは鍋田さんのお話しとも共通する点です。
スライド49 (Custom)
医療従事者と企業デザイナーさんとの「協奏」こそが、新たな化学反応を起こすために求められるものなのではないかと、本当にそのように感じました。
スライド50 (Custom)

施設のデザインと製品のデザイン、ともに医療従事者と企業・デザイナーとのコラボレーションによってはじめて「隠れた潜在ニーズ」があぶり出され、かつその答えが導き出されるのでしょう。あとは、どのようにしてこうしたことを「仕組み」として普遍化できるかということが鍵となるのかな?と思います。今回の企画セッションを機に、さらに踏み込んだ仕組み作りが進むことを願っています。

DSC09334 (Custom)

企画セッション終了後の集合写真です。お陰様でとても有意義な企画セッションができたと思います。鍋田さん、岩井さん、パラマウントベッドの山田さん、本当にありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.02.21

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

信州フォーラム旅日記~母子の力を引き出すデザイン① の続きです。演者の2番手は デザイナーの鍋田知宏さん です。

鍋田さんは、 Archi Design Lab.+Ca という会社でデザイナーをされていて、これまで全国各地の医療施設の設計を数多く手がけていらっしゃいます。

DSC09315 (Custom)

スライド1 (Custom)

スライド2 (Custom)

スライド3 (Custom)

ここに挙げられた3つの問題点はなるほどと思わせられるものばかりです。いくら医療従事者と設計者の間にデザイナーさんが入ってくれたとしても、医療従事者側の院内での意思疎通が悪ければ、どこに意図があるのかも分からないでしょうし、その意味では単に設計者との関係性だけの問題ではなく、実は医療従事者側にもそれなりの問題があるのではないかと言うことに気づかされます。デザイナーさんに入っていただくには、その前提としてその施設のコンセプトが明確であることと、そこで働く多くの人達の意見にもしっかり耳を傾けることのできる施設文化のようなものも必要なのではないかとも感じました。
スライド4 (Custom)

スライド5 (Custom)

スライド6 (Custom)

スライド7 (Custom)

スライド8 (Custom)

スライド9 (Custom)

スライド12 (Custom)

スライド16 (Custom)

実際の設計に際してはシミュレーションをするためのスタジオもあるので、こうした施設も活用次第では大きな力になってくれるのではないかと思います。
スライド18 (Custom)

スライド19 (Custom)

スライド20 (Custom)

今回のご発表も副題に「見えない問題や潜在ニーズに関して、いかに気づきを持って問題解決につなげるか?」とあるように、まさに私たち医療従事者が求める理想像を実現させるためのお手伝いをして下さる存在と感じました。ただ、前述したように、施設側の意思疎通がその大前提として必要であることは肝に銘じておかなければならない点と感じました。

企画セッションはさらにその3以降に続きます。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.02.20

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

EtCO2アダプタの発表に続いてこの日は「新生児医療におけるデザイン 製品〜環境〜運用」と題したセッションが企画され、モデレーターを務めさせていただきました。このセッションは昨年の富山で開催された日本周産期新生児学会の教育セミナーで 「母児の出会い、愛着形成を産科· 新生児科で考えるFamily Integrated Care~オランダにおけるFamily Integrated Careの実践例と日本における可能性」 としてお話しした内容の先にある企画です。近年はファミリーセンタードケア関連の発表も数多くみるようになり、それぞれの施設で様々な取り組みが紹介されています。しかし、いざ新たな施設を作ろうとか、NICUを改修しようというような話になると、あまり相談する人もいなくて、それぞれの施設で自分たちで考えるしか方法がないのが実情なのではないかと思います。当院もこれまで3度の増床・改修工事を行いましたが、あとになって後悔する点も多々あります。こうした各施設の経験や失敗はそれぞれの施設の中で結局消えて行ってしまっているのが実情でしょうから、それらをどうにかして経験を蓄積することはできないだろうか?さらには製品開発に関しても企業の方たちと協力しあうことで新たなアイデア、デザインを生み出す素地を作り出すことができないだろうか?というのがこのセッションの狙いです。

DSC09300 (Custom)

スライド1 (Custom)

まずは当院の直母外出と昨年オランダで見学させていただいたOLVG病院の取り組みをそれぞれざっくりとご紹介しました。OLVGの詳細は以前ご紹介していますので、そちらをご参照ください。
Family Integrated Care~日本周産期・新生児学会in富山 その4

スライド14 (Custom)

スライド17 (Custom)
オランダのOLVG病院の理念は「お母さんと赤ちゃんは常に一緒で離れることはない」です。
スライド43 (Custom)
その理念を具現化させるためには産科と新生児科そ双方が理念を共有するところからはじまっています。スライド52 (Custom)
それでは日本では同じような施設を作ることはできないのでしょうか?
スライド54 (Custom)
日本では産科と新生児科の間には厳格な独立性が求められていて、それが制度として母子が一緒にいることを阻んでいることを、これは昨年の教育セミナーでもご紹介しました。
スライド55 (Custom)
日本でもこうした施設を作るには、その前提として看護師さんの配置が問題になりますが、全国的にはGCUの配置は全国的にも1対6が標準になってきているようです。
現行制度下でも運用可能な一例2 (Custom)
その前提で考えてみると、
現行制度下でも運用可能な一例1 (Custom)
例えば大部屋で母子の混合病棟を作ることができれば、あながち不可能でもなさそうです。さらにこれを個室化できれば少しOLVGに似てきます。
現行制度下でも運用可能な一例3 (Custom)
一方、施設の設計というのは、これはなかなか難しいもので、何回改修工事をやっても「こんなはずじゃなかった」はあちこちにあります。この部屋はGCUの隣に作った母子室ですが、GCUの明かりが窓から入らないようにと、左側の窓は小さく上の方だけ付けましたが、出来上がってみるとGCU側には大きなガラス窓が!こんなことが度々起こってしまいます。
スライド79 (Custom)
かれこれ15年以上前に最初にNICUの設計をしましたが、今にして思えば見えていたのはこんな範囲だったような気がします。そこに臨床現場の意図をくみ取って、設計会社との間を「通訳」してくれて、さらにその意図を組んだデザインまで提供してくれる存在があったら、どんなによかっただろうと思うのです。これは、今まさに全国津々浦々で進行中の各施設でも同じことだと思います。医療者は所詮は建築では素人です。かと言って、建築する側もまた医療現場のことを理解するのはとても無理でしょう。理想の施設づくりには、その間を埋めるような存在と、そして全国の各施設の「失敗」を蓄積するためのなんらかの仕組みが必要だと思うのです。このセッションの意図もそこにあります。スライド84 (Custom)
「家は3回建てないと満足した家が建たない」と言われますが、NICUの設計など長い医師人生の中であって1度でしょう。そのワンチャンスを活かすには、やはり仕組みが必要なのだと思います。
スライド86 (Custom)

スライド87 (Custom)
そのための方法を具体的になにかアイデアとして持ち合わせているわけではありません。しかし、今回の企画セッションを機として、今後、こうしたことにも関心が集まることを期待したいと思います。
スライド91 (Custom)

こうしたことを前提として、この後にデザイナーの鍋田さんと、企業デザイナーの岩井さんのご発表が続きますので、その2以降でご紹介します。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

1 / 712345...最後 »

ブログ更新情報

22070373_972920499513941_1762616414_o (Custom)
2017.09.30
今年も日野公三先生の講演会と上映会
DSC00262 (Custom)
2017.09.23
忽那先生によるAMR(薬剤耐性)ご講演
DSC00260 (Custom)
2017.09.22
今年も県外からの研修の先生達が!
(クリックすると周産期学習会の案内&申込書にリンクします)
2017.09.21
平成29年度周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅医療
ATV1-2 (Custom)
2017.09.20
ATV「わっち!!」で医療的ケア児特集 その2
DSC00252 (Custom)
2017.09.11
青森県助産師会研修会で医療的ケア児の講演
CIMG5319 (Custom)
2017.09.10
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満)
IMG_9164 (Custom)
2017.09.09
NPO法人フローレンス代表・駒崎さんのご講演
DSC00519 (Custom)
2017.08.28
県医師会主催の新生児蘇生法講習会
(画像をクリックすると記事のページにリンクします)
2017.08.27
乳幼児の入院付き添い、なぜ24時間?~朝日新聞デジタル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.08.14
「あいだクリニック」を見学させていただきました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.08.11
特別支援学校医療的ケア基本研修

カレンダー

2017年10月
« 9月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031