ここから本文です

成育科ブログ

2015.12.24

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載 「知ってほしい赤ちゃんのこと」 は今週月曜日が27回目でした。今回は「真の母乳育児支援とは?」と言うタイトルで、お母さんへの精神的支援の必要性に関して述べてみました。

第27回目 (Custom)

以下、本文です。

以前、正しい情報と支援があれば、ほとんどのお母さんは母乳で赤ちゃんを育てられると言われていることを述べました。この「ほとんど」とは、実際にはどの程度の割合なのでしょうか?

母乳育児に力を入れていて、WHO・ユニセフから「赤ちゃんにやさしい病院(BFH)」に認定されている施設は、本県内では弘前市の健生病院と国立病院機構弘前病院の2施設あります。しかし、健康な赤ちゃんがお母さんのおっぱいだけで退院できる割合は、BFH認定施設でも良くてせいぜい9割程度、一般的に8割を超えていればかなり高率と言えます。

ちなみに、県病で出生体重1000g未満で生まれる超低出生体重児の救命率は現在95%を超えます。それでも「ほとんど助かりますよ」とはとても言えません。一方の母乳率は、8割程度で合格レベルなのですから、「ほとんどのお母さんが母乳育児できる」というのは言いすぎのような気もします。

確かに母乳育児の確立にはお母さんたちを励まし、モチベーションを高める必要があります。しかし、イメージしていた母乳育児とは裏腹の結果になってしまえば、お母さんたちが喪失感・敗北感を感じたとしても不思議ではありません。

これはちょうど受験生が合格をイメージして頑張ったのに不合格になってしまった時と似ています。ここで重要なのは、仮に当初のイメージとは異なった結果となったとしても、「やれるだけのことはやった」と思えるなど、気持ちが前に向くような支援なのではないかと思うのです。つまり、母乳育児支援とは単に母乳率が高くなることを目指すのではなく、仮にうまく行かなかったとしても、しっかりと精神的なサポートやフォローも含んでのことでなければならないはずです。

母乳育児と言うと、「母乳教」とか「狂信的」といった言葉で揶揄されることがありますが、それにはそう言われるだけの、何らかの至らなさがあるのではないかと思います。

「頑張ればみんなうまく行きますよ」と言って、うまく行かなかった時のサポートがなければ、それは母乳育児を支援している側も「母乳が大事」とは言いながら、実は「できなかったらそれはそれで仕方ない」という気持ちが働いているのではないか? そんな気さえしてしまいます。

支援もなく、生後間もなくから人工乳を飲ませれば母乳率など半分にも満たないことでしょう。母乳育児がうまく行かなかった時、その最も大きな原因はお母さん自身ではありません。分娩施設の支援の影響がはるかに大きいのは事実で、支援する側に原因があると言っても過言ではありません。

そして、お母さんがご自身を責めてしまう気持ちになったのだとしたら、それもまた施設としての精神的支援が不十分であったことが原因と言って良いでしょう。決してお母さんご自身を責めることになってはならないと思うのです。

人工栄養だって立派な育児なのだ」と、その後の育児を前向きにとらえられることの方が、母乳育児の確立よりもはるかに重要なのではないでしょうか?

母乳育児支援で何が一番大切なのか? それは単に母乳率を上げることではなく、母乳で赤ちゃんを育てたいと思っているお母さんが最大限の支援を受けられ、最終的にどんな結果になろうと自信を持って赤ちゃんを育て続けることができるような支援なのではないかと思います。

では、このような支援はどうすれば実現できるのでしょうか? それはまた次回お話ししたいと思います。

2015.12.10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載 「知ってほしい赤ちゃんのこと」 は今週月曜日が26回目でした。これまで母乳が大切とばかり述べてきましたが、これでは人工乳の「立場」がないので、今回は視点を変えて人工乳の「立場」からその必要性に関して述べてみました。

第26回目 (Custom)

以下、本文です。

これまで母乳が大切とばかり述べてきましたが、これでは人工乳の「立場」がないので、今回は視点を変えて人工乳の「立場」からその必要性に関して述べてみたいと思います。

結論から言えば、人工乳とは一つの「ツール」なのではないかと私は考えています。

昔、赤ちゃんのお風呂上がりに湯冷ましを飲ませるよう指導していた時代がありました。この指導はかなり徹底されていたようで、いまだに多くのお母さんから「お風呂上がりの湯冷ましはいらないんですか?」と聞かれます。しかし、その答えは「ノー」です。

昔の人工乳は濃度がやや濃かったため、赤ちゃんには適宜白湯を与える必要がありました。そのため、このような指導がされていたのです。

母乳であれば、以前から白湯は必要ありませんでした。人工乳で育てられている赤ちゃんも、今は必要ありません。
人工乳は母乳を目標に改良され続け、それでも遠く追いついてはいないものの、日進月歩の進化を続けています。改良自体は素晴らしいことです。

問題はその使い方にあります。私は、人工乳はあくまで必要な時に加えられるべきものであると考えています。
母乳は出産直後からどんどん分泌されるものではなく、最初の数日間はホルモンの影響でなかなか増えてこないことがしばしばです。

赤ちゃんの側もそれが前提になっていて、最初の数日間、ほとんど母乳が飲めなかったとしても、水分と栄養が維持されるようになっています。なので、「赤ちゃんは水筒とお弁当を持って生まれてくる」と言われます。

しかし、これはすべての赤ちゃんに当てはまるわけではありません。

例えば、早産児や体重が少なめの赤ちゃんの場合、完全母乳にこだわっていると低血糖になりやすく、点滴が必要になれば入院せざるを得ません。赤ちゃんが入院すると通常はお母さんと離ればなれになりますので、結果として母乳の割合も下がってしまいます。むしろ、人工乳を加えて赤ちゃんの血糖値を保ちながら、お母さんと一緒にいてもらった方が母乳分泌も増え、母乳育児は確立しやすくなるのです。

よく泣く赤ちゃんの場合に人工乳が必要になることもあります。激しく泣くと、体から水分がどんどん水蒸気として出て行き、体重が減ります。赤ちゃんが泣くのに理由がある場合は、原因を取り除けることもあるので、すぐに人工乳を足す判断が正しいとは限りませんが、お母さんの母乳分泌が追いつかない時期にはやむを得ない場合もあります。

これらはあくまでいくつかの例に過ぎませんが、必要な時に必要最低限の人工乳を加えることは決して悪いことではありません。

よく「完全母乳」という言葉が使われます。そもそも、この言葉自体に問題があるようにも思います。

「完全母乳」と言うと、どうしても母乳以外のもの(=人工乳)を一度も飲ませないと考えがちです。そうではなく、普通に「母乳育児」で良いのではないでしょうか?

1回でも人工乳を飲ませてしまったら「負け」のように思う必要は全くありません。確かに厳密に言えば、人工乳は牛由来なので、異種タンパクによるアレルギーのリスクはありますが、そのリスクよりも、必要な時に人工乳を加えないことによる脱水や低血糖の方が、ずっとリスクとしては高いのです。

母乳育児の支援者は、リスクが高いのはどちらなのか常に冷静に見極める必要があります。ここを取り違って、一口も人工乳を飲ませないことを重視するような指導がされていれば、それは「こだわり」と言われても仕方がないでしょう。

重要なのは、「ツール」である人工乳を正しく使いこなすことなのではないかと考えています。

2015.11.19

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載 「知ってほしい赤ちゃんのこと」 は今週月曜日が25回目でした。今回も授乳中の薬剤投与に関して述べてみました。

第25回目 (Custom)

以下、本文です。

すべての医薬品には、注意書きとして「医薬品添付文書」があり、約7割には「内服中には授乳を避けるべき」との記載があります。この文書を含め、薬剤を認可しているのは厚生労働省ですが、同じ厚労省からは2007年に「授乳・離乳の支援ガイド」という文書が作成され、そこには授乳中の母親に対して「薬の使用による母乳への影響については、科学的根拠に基づき判断の上、支援を行う」との記載があります。つまり、厚労省としても「医薬品添付文書」と「科学的根拠」との間に乖離が生じていることを認めているのです。

それでは「科学的な判断」とはどのようなものでしょうか?

授乳中のお母さんへの薬剤投与を考える際、具体的には、

①本当にその薬が必要か?
②同じ効果で授乳に適した薬はないか?
③母乳中の薬剤濃度を下げる方法はないか?
④栄養はすべて母乳栄養なのか、混合栄養なのか?

といった点がポイントとなります。
例えば、ちょっとした風邪で病院に行くと、一般的には何種類かの薬を処方されるでしょう。しかし、授乳中の場合、本当に困っている症状を軽くするための薬に絞れば、影響は軽減されます。

赤ちゃんに対する影響で考えると、絶対に使ってはならない薬から、日常的に小児科医が赤ちゃんに投与するような薬もあります。例えば、細菌感染に対して抗生物質を投与する時でも、通常小児に使用可能なものであれば、多少母乳中に分泌されても赤ちゃんへの影響は無視できます。

母乳中の薬剤濃度を下げる工夫が有効な場合もあります。例えば解熱剤は、薬を飲む直前に授乳することで、薬剤の血中濃度が高い時間帯の授乳を避けることができ、次の授乳時にはある程度血中濃度が下がった状態になります。
さらに母乳栄養とは言っても、母乳のみなのか、人工乳との混合栄養なのか、つまり赤ちゃんがどの程度の量の母乳を飲んでいるのかも問題となります。混合栄養で人工乳の比率が高い場合であれば、授乳を絶対避けなければならないものでない限り、薬を内服中のおっぱいをまるで「毒」のように考える必要はないのです。

持病に対する日常的な投薬がある場合などは別ですが、健康なお母さんが風邪などにかかって薬が処方されたとしても、授乳を続けられることがほとんどです。少なくとも「科学的に」授乳可能な薬を選択することは可能なはずです。

そうは言われても、授乳中の方が何かお薬を処方されて、ご自身で判断することは難しいと思います。最近はインターネット上にも代表的な薬であれば、授乳可能かどうかが掲載されています。例えば国立成育医療研究センターは「ママのためのお薬情報」として「安全に使用できると思われる薬」の一覧を掲載しています。また、「あおもり母乳の会」のホームページでも相談コーナーを設けてありますので、是非ご利用いただければと思います。

授乳中の投薬は、処方する医師の側の問題でもあります。私はかれこれ10年近く、弘前大学の医学生に対して新生児の講義をしています。たった2コマの授業ですが、ここで必ず、授乳中のお母さんへの薬剤投与に関しての話をします。すべての薬剤に関して知ることは不可能でも、それぞれが将来選んだ専門分野で頻繁に処方する薬剤に関しては、授乳可能であるかどうかを医師の責任において知っておくべきである。このことを強調しています。

今すぐには無理かも知れませんが、医師もお母さんたちもお互いに薬剤投与中だからと簡単に授乳をあきらめず、授乳中のお母さんへお薬が処方される際には必ず「科学的」な判断が当たり前となる世の中がやってくることを願っています。

参考リンク:
国立成育医療研究センター「ママのためのお薬情報」
あおもり母乳の会ホームページ

2015.11.05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載 「知ってほしい赤ちゃんのこと」 は今週月曜日が24回目でした。今回も母乳育児の話題の続きです。今回は授乳中の薬剤投与に関して述べてみました。

第24回目 (Custom)

 

以下、本文です。

お薬を出しておきますから、服用中はおっぱいを止めてくださいね

授乳中のお母さんが病院を受診すると、このように言われることが度々あると思います。そして、その通りにすると、たった数日間やめただけで、おっぱいの量がすっかり減って、ミルクを足さなければならなくなってしまった、そんな経験をされた方も少なくないのではないでしょうか。

以前も述べましたが、母乳分泌を維持するには、赤ちゃんがおっぱいを吸う「吸啜(きゅうてつ)」がとても大事です。特に、母乳育児が軌道に乗った頃の母乳分泌は、乳房内の母乳が「」になっていることが重要となります。逆に、乳房内に母乳の「飲み残し」があると、分泌量はどんどん減ってしまいます。このため、たとえ数日間とはいっても、赤ちゃんに授乳させることができない時期があると、母乳の分泌量は急速に減少します。

投薬中で授乳ができない間でも、お母さん自身でしっかり母乳を搾ることができれば、分泌量を維持することは可能です。しかし、急にしなさいと言われても、簡単にできるものではありません。母乳育児を確立させるのは大変ですが、壊すのはとても簡単なのです。

ただ、病院の先生が言うことにもそれなりの根拠があります。すべての医薬品には「医薬品添付文書」といって、詳しい情報が掲載されたお薬の「注意書き」があります。そして約7割の薬には、内服中は授乳を中止するように書かれています。

それでは、本当にこうした薬を飲んでいる間、授乳をやめなければならないのでしょうか?

確かに、投与中に絶対に授乳を避けなければならない薬は存在します。抗がん剤や麻薬、検査等に用いる放射性物質です。この他にも、授乳を避けた方が望ましいものはありますが、一方で注意書きに「本剤投与中には授乳を避けること」と書かれていても、「科学的」に考えてみれば授乳可能な薬は、実はたくさんあります。

実際に授乳可能な薬かどうかと、注意書きの記載内容とが一致するとは限らないのです。なぜこのような矛盾が生じてしまうのでしょうか?

NICU(新生児集中治療室)では、赤ちゃんにさまざまな薬を使って治療しますが、実は私たちが使っている薬の多くは、注意書き上は「小児・新生児への投与の安全性が確立していない(使用経験が少ない)」と書かれています。「使用経験が少ない」と書かれた薬の中には、何十年も前から発売されていて、小児の治療薬として欠かせない存在となっている薬もたくさんあります。

新しい薬が厚生労働省から認可される前には、必ず実際の患者さんに使って安全性が確認される仕組みになっています。ところが、多くの薬剤が開発・発売される中、小児や新生児に対してまで治験を行わずに認可されている場合がほとんどなのです。そうした薬でも、年月を経て少しずつ小児や新生児への治療薬として確立されます。ただ、それが何十年臨床現場で使い続けられていても、新たな治験を行わない限り、注意書きが改訂されることはありません。

これは授乳中のお母さんたちへの投薬に関しても同じことが言えます。授乳中のお母さんへの影響に関して、治験が行われることはまずありません。動物実験で、薬が乳汁中に微量でも検出されることが証明されただけで、注意書きには「授乳を避けること」と記載されてしまいます。しかし、そのような記載のある薬でも、赤ちゃんへの影響は無視して良いものの方がむしろ多いのです。すでに、そうした情報は「科学的根拠」のもと、分厚い1冊の本にまとめられていたり、ネット上に公開されたりしています。

次回は、どうすれば薬剤を投与中のお母さんたちでも授乳を続けられるかについてお話ししたいと思います。

2015.10.21

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載 「知ってほしい赤ちゃんのこと」 は今週月曜日が22回目でした。今回も母乳育児の話題の続きです。今回は災害時の授乳援助に関して述べてみました。
第23回目 (Custom)

以下、本文です。

日本は、飲み水や電気、清潔さがまるで「空気」のように存在する世界でもまれな国です。その点で言えば、「世界で最も人工乳(ミルク)栄養を安全に与えられる国」と言っても過言ではないでしょう。

しかし、一度災害が起こると「当たり前」が損なわれる場合があります。東日本大震災のような大災害はまれとしても、停電が起きただけで、マンションでは断水することがあり、オール電化住宅では熱源も使えません。

表は、災害時の赤ちゃんに必要な物品をまとめたものです。人工乳で育てる場合、たくさんの物品が必要になります。

まずは大量の水。ミネラル分の少ない軟水でなければならないので、ペットボトルの水でも適さないものがあります。

また災害時は、ほ乳瓶、特に人工乳首の部分を清潔に保つことが難しくなります。仮に消毒薬があったとしても、十分な洗浄ができなければ効果はありません。非常時には、代わりに使い捨ての紙コップが役立ちます。

湯冷ましも必要ですが、雑菌の混入防止のため一度沸騰させたものが必要です。適温に温めただけのお湯ではだめなのです。
清潔さが保たれないと、授乳期の乳児は簡単に細菌性腸炎を起こしてしまいます。災害時では生命の危機に直結します。その意味で、授乳期の乳児は災害時で最も弱い存在と言えるでしょう。加えて、災害時の備蓄として粉ミルクだけ用意していても、大量の水と熱源がないと役に立たないということを強調したいと思います。

それでは、母乳で育てるお母さんに対する望ましい支援とは、どのようなものでしょうか?

災害時は、ショックや不安のため、母乳の分泌量が少なくなることがあります。しかし、人工乳が必要と考えるのは早計です。
母乳分泌量が減ったからと言って、すぐに赤ちゃんに人工乳を飲ませると、逆に母乳分泌量が減少してしまいます。災害時には感染症もまん延しやすく、このような環境でこそ、母乳に含まれる感染防御因子が赤ちゃんを守る大きな役割を果たします。

多くの場合、精神的ストレスで母乳分泌量が減少するのは一時的であることが多く、むしろ重要なのは、授乳中のお母さんたちへの支援と配慮です。具体的には、飲み物や食べ物や毛布などの提供と、少しでも安心できる環境づくりでしょう。

周囲への事情説明も大切です?母乳分泌量の減少は一時的であることを伝え、頻回授乳を続けること。仮にお母さんたちが十分な水分や食料を得られていなくても、数週間ならそれまでと変わらない栄養分の母乳が分泌されることも伝える必要があります。

避難所では、プライバシーの確保も重要な課題です。人混みの中で授乳しても目立たない授乳用の衣服を用意しておくのも有効です。災害時だからこそ、母乳育児が継続できるような温かい支援が必要なのです。

表に示したように、人工乳の赤ちゃんに比べ、母乳だけで育てられる赤ちゃんに必要な物品はわずかです。母乳育児をするお母さんの比率が高い方が、結果として、人工乳栄養児への支援も重点的に行いやすくなります。その点から言うと、母乳育児支援は、災害対策としての側面もあるのです。

ブログ更新情報

IMG_8400 (Custom)
2017.05.22
千客万来
DSC09613 (Custom)
2017.05.15
青森県西海岸への旅
案内poster_日本語L
2017.05.04
NICUケアワークショップ2017 in Korea
図22 (Custom)
2017.05.01
北海道立小児総合保健センターの思い出
DSC09571 (Custom)
2017.04.30
コドモックル・新飯田裕一先生慰労会
先発抑え (Custom)
2017.04.23
阪神小児循環器疾患研究会in兵庫県立尼崎総合医療センター
小児科学会 (Custom)
2017.04.19
「コミュニティ小児医療」とは?
(クリックするとクリニックのホームページへリンクします)
2017.04.18
2017年7月に「あいだクリニック」開院予定!
シンポジウム (Custom) (2)
2017.04.17
第120回日本小児科学会学術集会 in東京
p1
2017.04.13
Family Integrated Care~セミナーレポート
スライドラスト (Custom)
2017.04.05
新年度 ICTとしての新人オリエンテーション研修会
CIMG5100 (Custom)
2017.03.21
スタッフ向け新生児蘇生法講習会~より実戦で役立つ講習を目指して

カレンダー

2018年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031