ここから本文です

成育科ブログ

2018.03.12

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

当院で使っているNCPR(新生児蘇生法)の人形は、もうかれこれ15年近く前に総合周産期母子医療センターが整備された際の予算で購入した人形をいまだに使っているのですが、さすがに15歳にもなると鼻もつぶれて、マスク&バッグで加圧しても空気が漏れてしまうことも少なくありませんでした。そこで昨年ようやく蘇生用の人形の予算が付き、さらに今回はシュミレーション機能付きの人形も登場しました。
CIMG5723 (Custom)
この蘇生実習用人形には胸のあたりにスピーカーが埋め込まれていて、聴診器で聞くとちゃんと心音と呼吸音が聞こえるようにできていて、さらに元気になるとちゃんと啼泣したり、呻吟をしたりとすごい高性能で驚いてしまいました。使い方も非常にシンプルです。
CIMG5722 (Custom)
先日のNCPRのNewsLetter でもご紹介したように、最近は Bluetoothイヤフォン内蔵の聴診器 でリアリティのあるシミュレーションを目指してやってきましたが、これがあればもうBluetooth内蔵の聴診器もいらないなとちょっと寂しく感じたりもしていました。
IMG_9550 (Custom)
蘇生人形の三男と四男並んで。見た目は似てますが、四男の方がかなり高性能です。これからのNCPR講習会でその威力を発揮してくれることと期待しています。
CIMG5724 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.03.01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日、 NCPR(新生児蘇生法) のNewsLetterにNCPR講習会開催だよりとして当院の伊藤先生からの寄稿が掲載されました。
IMG_0317 (Custom)

2016年度以降で当院で開催した計8回のNCPR講習会開催を通じて、特に受講者が勤務される施設によって備品が異なる点に対しての工夫などが紹介されていました。また以前、 新生児蘇生法講習会用Bluetooth聴診器セットの作り方 でもご紹介したbluetooth搭載聴診器のこともご紹介して下さいました。
IMG_0314 (Custom)
IMG_0315 (Custom)

このNewsLetterは NCPR(新生児蘇生法) のホームページでも全文が閲覧可能となっています。

NCPR(新生児蘇生法)NewsLetter 2018 vol.8
(クリックするとpdfへリンクします)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.11.20

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨日の新生児蘇生法Sコース講習会でBluetooth聴診器セットをご紹介しましたが、せっかくなのでこれの作り方をご紹介しておきます。

下の写真は矢本先生のブースで使用したBluetoothセットですが、これはエレコムのBluetoothヘッドセットで、ネットだと1500円しないで購入できます。
IMG_9414 (Custom)

ただ、一見してちょっと大きめかと思います。そこで、もっと小さい聴診器セットを作ってみました。今回はかなり小型のBluetoothヘッドセットを試してみました。

まず最初にiPadとペアリングしてみました。ちゃんとペアリングできました。iPadと比べてみると小ささが分かるかと思います。
23172833_1617722034957183_5608841681839206400_n (Custom)

工作に必要なのは古くなった新生児蘇生法講習会用の聴診器と接着剤です。接着剤は100円ショップで売っているエポキシ系接着剤が何でも使えて万能です。これにイヤフォンと経の合うワッシャーリングがあると作業しやすいです。
IMG_9544 (Custom)

聴診器の穴は普通のカッターで切って開けましたが、小学校の工作で使う彫刻刀があると上手く行きそうな気がします。
IMG_9545 (Custom)

イヤフォンにワッシャーリングを付けたところです。リングから先の部分が聴診器に入る部分になります。ちなみに、本当はこの先にイヤピースを付ける場所があったのですが、それは邪魔だったので切り取りましたが、幸い音が鳴るのには問題ありませんでした(^^;)。
IMG_9547 (Custom)

上の写真の状態にエポキシ接着剤で固定したできあがりです。少々の力では壊れない程度の強度はありそうです。イヤフォン先端のUSB端子から充電も可能です。
IMG_9550 (Custom)
IMG_9551 (Custom)

昨日のSコースでの様子です。聴診器のY字部分にちょっとだけ黒くなっているのがイヤフォンです。これだけ小さくても普通にメトロノームの音が聞こえるようにできました。ご興味のある方は是非(自己責任で(^^;))お試し下さい。
CIMG5393-2 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.11.19

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は新生児蘇生法講習会(NCPR)で初めてのSコースでした。SコースはこれまでNCPRを受講された方の文字通りスキルアップを目的に設定された講習会で、定期的に行う必要のある更新のための講習会も兼ねています。今日は今年初めて朝からの雪景色の中、県内外の施設から助産師さんを中心に10名の方が受講されました。
CIMG5368 (Custom)
Sコースはプレテスト・ポストテストはないので、まずは授業から始まります。今日は矢本先生が講師でした。
CIMG5366 (Custom)
今日は初めてのSコースと言うこともあって、各ブースに2名ずつのインストラクター体制で臨みました。
CIMG5381 (Custom)
CIMG5378 (Custom)
通常のAコースとは違って、すでにNCPRは受講済みの皆さんなので、今回のコースはより実践に即した講習を目指しました。新生児蘇生の実践では、講習会では常識となっている、例えば人工呼吸の換気回数とかもいざ実践で行うとなると、つい本来よりも速いスピードで行ってしまうことが多々あります。今日は参加された皆さんの人工呼吸や胸骨圧迫の早さを実際にストップウォッチで計測してみました。最初は皆さん、特に人工呼吸では速めのスピードの方が多かったですが、慣れてくると徐々に規定の回数の範囲内におさまるようになってきました。
CIMG5385 (Custom)
今回の講習会では新兵器が登場しました。先日の日本新生児成育医学会のポスター発表を参考にして、聴診器にBluetoothイヤフォンを取り付けたものを作ってみました。今までであれば蘇生シナリオではインストラクターが「赤ちゃんの心拍数は○○回です」とみんなに伝えていましたが、これがあれば心拍数は聴診した人にしか分かりませんから実際の現場に近い状況を再現できます。
IMG_9414 (Custom)
iPadにメトロノームアプリを入れて、その音を聴診器に飛ばします。
CIMG5388 (Custom)
新生児蘇生法のホームページには赤ちゃんの泣き声の音声もあって、それも使うとなるとインストラクターの矢本先生の手元にはiPadとスマホで一杯一杯になってしまいました。この辺はまだ少し工夫の余地がありそうです。
CIMG5390 (Custom)
Sコース終了後の集合写真です。
CIMG5394 (Custom)

NCPR2015では早い段階での心電図装着が推奨されていますが、その普及はまだまだのようですので、実際の新生児蘇生の現場では、赤ちゃんの心拍数は聴診した人にしか分かりません。心拍数は何回であるかを評価するだけではなく周囲の人たちにも知らせる必要があります。今回のツールはより実際の現場に近い講習会を可能にできるように感じました。NCPR講習会用には高額なシミュレーターも販売されていますが、こうしたちょっとした工夫でまだまだ改善させることも可能なようです。本日参加された皆さんお疲れ様でした。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.10.08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

しばらくブログ更新が滞っていましたので、ちょっとさかのぼりながら更新していきます。
10月7日(土)にはNICUまたは新生児担当の看護師さんを主に対象とした新生児蘇生法講習会を院内で開催しました。

まずはプレテストから。さすがに皆さん初っぱなから高得点ですが、それでも助産師さんのように日常的に分娩に携わっている人なら間違わなかっただろうと言う設問もありました。
DSC00287 (Custom)
続いて伊藤先生による講義です。新生児蘇生法講習会の講義スライドも新しくなりましたが、そう言えばこの新バージョンスライドで講義したことがないことに今回気がつきました。
DSC00294 (Custom)
今回の講習会には青森市民病院のスタッフも参加して下さっています。
DSC00304 (Custom)
インストラクターとしては2ブース目を当院産科の熊坂先生にお願いしました。熊坂先生はこれまでもむつ総合病院などで何度もインストラクターをされてきたのでとても慣れていらっしゃいます。
DSC00306 (Custom)

通常、新生児蘇生法講習会では、とにかくまずはマスク&バッグがしっかりできるようになることが最低限クリアすべき目標となります。しかし、そこはさすがNICUのスタッフです。まあとにかく皆さん手慣れたもので、通常の講習会であればなかなかバッグの圧がかからない受講生の方も結構いるのが普通ですが、今回はその辺は全くノータッチでも良いぐらいの「腕前」でした。
DSC00301 (Custom)

総合周産期センターの看護スタッフは参加・新生児を問わず新生児蘇生法講習会を受講しておくことが望ましいのですが、これでは何を目標にしたらいいのか分からなくなりそうです。しかし、一方でNICUスタッフは分娩の現場を見ることはそれほど多くはありませんので、講習会の狙いは手技の確立よりも、実際の分娩に際しての蘇生の流れを肌で感じ取ってもらうこと、それともう一つ、大きな目標はNICU・GCU内で突然の急変を起こしてしまった場合の対処と言うあたりが目標となるのではないかと思いました。

講習会終了後の集合写真です。
DSC00326 (Custom)

受講者の対象によって講習内容もそれぞれに変化させる必要があると言うことを再認識させられた一日となりました。皆さん、お疲れ様でした。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

DSC02202 (Custom)
2018.08.26
札幌医科大学NICUを見学させていただきました
DSC02158-2 (Custom)
2018.08.21
医療的ケア児支援者研修会
DSC02090 (Custom)
2018.08.20
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳以上)
DSC02089-2 (Custom)
2018.08.10
平成30年度特別支援学校における医療的ケア基本研修
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2018.08.07
ねぶた祭り2018
DSC02079 (Custom)
2018.08.03
第1回青森県医療的ケア児支援体制検討部会~まずは最初の一歩から
スライド37 (Custom)
2018.08.01
院内感染対策研修会
CIMG5851 (Custom)
2018.07.28
今月4回目のNCPR~周産期センタースタッフ対象NCPR
DSC02057 (Custom)
2018.07.22
看護協会主催のNCPRスキルアップコース
DSC02036-2 (Custom)
2018.07.20
青森県立保健大学・青森中央学院大学合同NCPR講習会
DSC02014 (Custom)
2018.07.11
東京で日本周産期新生児学会(2日目)
DSC02022-2 (Custom)
2018.07.10
東京で日本周産期新生児学会(1日目)

カレンダー

2018年11月
« 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930