ここから本文です

成育科ブログ

2015.06.30

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨日は平成27年度青森県周産期救急救命搬送講習会で県内の救急隊員の方達に新生児蘇生とお産の講習を行いました。
CIMG3915 (Custom)
まず午前の部は新生児蘇生からでした。最初にNCPRを中心としたお話しをさせていただきましたが、救急隊の方達が実際に立ち会う自宅分娩等の現場では満足な物品も揃っていませんので、その辺を少々修正した形でお話しさせていただきました。
DSC03066 (Custom)
講義の後は実習です。講義1時間、実習1時間なので、とてもフルコースのNCPRはできませんが、それでもマスク&バッグと胸骨圧迫の手技までを各消防署から2名ずつのペアでやっていただきました。さすが救急隊の皆さん、かなり手慣れていらっしゃって驚きました。
DSC030712 (Custom)
CIMG3928 (Custom)
午後からは産科の分娩に関する講義です。今回は健生病院の齋藤先生も講師として駆けつけて下さいました。
DSC030902 (Custom)
DSC030922 (Custom)
終了後の集合写真です。
CIMG3934 (Custom)
当日はマスメディアの方達も取材にいらっしゃっていました。写真はABAの夕方のニュースです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
NCPRを手伝ってくれた越後谷先生もちょっとだけ映っていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらはデーリー東北の記事です。
デーリー東北

以前は周産期医療と救急医療は厚生労働省の担当部署が異なっていたため、我々と救急隊の方達の連携はなかなか難しかった時代があったのですが、平成22年度から周産期医療も厚生労働省の医政局に組み込まれたことから、通常の救急医療と周産期医療を一体化して取り組むことが可能となりました。今後も救急隊の方達とより深い情報交換を進めていければと思っています。参加された皆さん、大変お疲れ様でした。

2014.09.23

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は朝から久しぶりにNCPR講習会(専門コース・5時間)を開きました。県内施設から医師・助産師・看護師の皆さんが計21名参加して下さり、インストラクターは院内からはNICUからの3名と産科の松倉先生、院外からは千歳先生と健生病院の齋藤先生にも加わっていただき計6名の3ブース体制で行いました。場所はMFICU内の特別分娩室です。なかなか頻回に開催できないので受講者も増えないのですが、今日の受講者の中からインストラクターを取ってくれる人が出てくれることを期待しています。まずは全員合格を祈っています。皆さん、お疲れ様でした。

CIMG3503 (Custom)

CIMG3509 (Custom)

CIMG3504 (Custom)

CIMG3506 (Custom)2

CIMG3507 (Custom)2

2014.03.03

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は第23回青森県救急業務研修会にお招きいただきました。内容は最初に佐藤秀平先生から「産科救急:病院前救護」についてご講演があり、続いて「新生児蘇生と新生児搬送の要点」と題して救急隊の皆さんを中心にお話しさせていただきました。
内容は通常の新生児蘇生法のお話しが中心となるのですが、通常のNCPR(新生児蘇生法)は分娩施設での蘇生を前提としているので、例えば救急隊の皆さんが自宅分娩に駆けつけた際にどれだけ通常のNCPRのお話しが役に立つのかは、いつも心配しながらお話ししています。新生児を専門に診療している我々でさえ、赤ちゃん用の物品が揃っていない環境で緊急に蘇生しなければならないとすると、想像するだけでもかなり大変です。そうした限られた条件下でどこまで必要最低限のことを行えるかと言う点に関しては、一方でそうした物品の整備を進めつつ、一方で新生児蘇生法の基礎を拡げていくことが必要なのではないかと考えています。また近いうちに実技講習も行いたいと思っています。
参加された皆様、お疲れ様でした。

2013.11.25

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は青森県立保健大学の講義でした。

助産コースの講義は年6コマあって、今回は新生児蘇生法の講義と実習をしました。


Consensus2010からマスクCPAPが第一選択に変更されたため、これまでであれば自己膨張式バッグを用いた人工換気の練習をすれば良かったのですが、今回からはCPAPの練習も必要となります。しかしCPAPの練習をするにはフローがないとできませんので、講義用にエアーポンプを用意しました。このポンプは20L/分と実際よりも流量が多くて使いにくい部分もありますが、学生さんの練習には役に立つと思います。卒業して働き始めたら、あらためてしっかりNCPRのコースを受講して下さい。

2013.10.24

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は青森市内の千歳産婦人科で出張NCPRをしてきました。以前から開業の産科施設でのNCPRはやらなければとは思っていたのですが、なかなかやれずにいました。千歳産婦人科の千歳先生はインストラクターの資格をお持ちなので、先に最初の講義とプレテストをやっておいていただき、その後の実技の方を担当しました。
スタッフの皆さんの事前学習は完璧で、実習中に細かい数字を尋ねても全部答えることができていました。素晴らしいです!
今回は千歳先生がインストラクターを持っていることもあってAコース開催としましたが、Aコース受講済みのスタッフがいる施設でのBコースなら比較的気軽に開催できそうかな?と言う印象を持ちました。

最初の講義は千歳先生がやっておいていただきました。

CPAPの練習中です。

なんか和気あいあいと言う感じでした。

ブログ更新情報

(画像をクリックすると第121回日本小児科学会学術集会のプログラムページにリンクします)
2018.04.30
日本小児科学会in福岡~コミュニティ小児医療の実践例
IMG_0697-2 (Custom)
2018.04.22
日本小児科学会in福岡~太宰府再訪
CIMG5730 (Custom)
2018.04.17
新年度・新メンバー
CIMG5725-2 (Custom)
2018.04.16
青森中央学院助産専攻で講義
DSC01772 (Custom)
2018.03.28
伊藤先生送別会~新天地での活躍を願って
スライド1 (Custom)
2018.03.20
赤ちゃん成育ネットワーク~『成育科』開設から2年
DSC01658-2 (Custom)
2018.03.19
赤ちゃん成育ネットワークデビュー~温かなまなざしに包まれて
CIMG5723 (Custom)
2018.03.12
NCPR(新生児蘇生法)人形~高性能四男登場!
DSC01634-2 (Custom)
2018.03.11
東京大学合格発表の日に新生児倫理研究会
DSC01628 (Custom)
2018.03.10
勇美記念財団「小児在宅医療推進のための会」で発表
IMG_0314 (Custom)
2018.03.01
NCPR(新生児蘇生法)NewsLetter
スライド3 (Custom)
2018.02.19
信州フォーラム旅日記~その2 臨床工学技師は雪山登山のガイドのように

カレンダー

2019年1月
« 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031