ここから本文です

成育科ブログ

2017.10.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日もご案内したように、今月10月21日(土)に青森県立保健大学講堂で今年度の周産期医療学習会「みんなで考えよう!青森県の小児在宅医療」を開催しました。

学習会 (Custom)
当日はちょっと曇り空の青森市内でした。
DSC00345 (Custom)
青森県立保健大学の講堂を使わせていただくのは今回が初めてでしたが、とても立派な講堂です。
DSC00352 (Custom)
まず最初は、青森県障害福祉課社会参加推進グループマネージャーの三上さんからは行政説明として青森県の小児在宅医療に関して、特にこの春に青森県医師会で行って下さった小児在宅医療に関する実態調査と生活調査の結果に関してのご報告がありました。詳細は改めてご紹介したいと思いますが、いずれにしてもこうした調査がこれからの施策に関しての第一歩となるものと思います。
DSC00358 (Custom)

続いて、特別講演のお一人目は神奈川県立こども医療センターで患者家族支援部部長をされている星野先生に「医療的ケアを必要とする子どもたちの地域生活を支えるために 〜神奈川県小児等在宅医療連携拠点事業を通して見えてきたもの〜」と題してお話ししていただきました。星野先生は元々は我々と同じ新生児科医師としてご勤務されていた先生ですので、同じ仕事のちょうど先輩に当たる先生でもあります。星野先生のお話の中に「医療を軸にした『こども』と『家族』の居場所作り」という言葉にとても共感しました。これはある意味で「 こどもかぞくまんなか 」の小児在宅医療版なのではないかと言う気がしました。
DSC00366 (Custom)

神奈川県立こども医療センターと言えば、当院の新生児科医師のほとんどが長期・短期で研修させていただた結びつきの強い施設でもあります。下の写真は学習会前日の夜にお世話になった新生児科医師が集まっての様子です。
DSC00384 (Custom)
IMG_9401 (Custom)

特別講演のお二人目は済生会兵庫県病院の奥谷先生に「地域周産期センター病院における短期入所開設」に関してご講演いただきました。奥谷先生のご施設は地域周産期センター、つまり一般の急性期病院の小児科なのですが、そこで短期入所施設を立ち上げたということを最初に知ったのは昨年の学会シンポジウムでのことでした。短期入所施設はすでに全国各地にありますが、その施設で受け入れ可能な患者さんの重症度や年齢はその施設の能力によって大きく左右されます。特に乳幼児でなおかつ重症なお子さんの場合、高齢の患者さんが中心の施設では対象にならないことが問題となります。その点、急性期病院であれば特に乳幼児の患者さんの受け入れがしやすくなると言う点で利用者側からは大きな利点となりますが、一方で急性期病院に短期入所施設を作ると言うことは、施設の成り立ちから言っても大きなハードルがあります。立ちはだかる数々の大きなハードルを乗り越えて実現された奥谷先生の熱意溢れるご講演でした。
DSC00398 (Custom)

ご講演の後には今回ご参加いただいた方達からの質問も受けました。今回は患者さんのご家族もたくさん参加されており、多くの問題点があることや要望も聞かれました。小児在宅医療の体制作りには当事者である患者さんご家族の方達からの意見が非常に重要と考えています。今回の学習会の様子は早速地元紙の東奥日報でも大きく紹介して下さいました。
22687645_1603770659685654_4878733167214589676_n 2 (Custom)

学習会を終えての集合写真です。
DSC00405 (Custom)

今回の開催に際しては当院周産期情報室や事務方の皆さんのご協力で実現することができました。ご講演下さった先生方、学習会の準備に奔走して下さったスタッフの皆さん、参加された皆さん、ありがとうございました。この会が青森県の小児在宅医療が良くなるために少しでもお役に立てばと思います。
DSC00409 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.10.11

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

NPO在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク 第23回全国の集い in はちのへ2017 が10月8日(日)~9日(月)の2日間にわたって開催されたので参加してきました。

新幹線とJRを乗り継いで本八戸に到着です。実は本八戸駅は今回が初めてでした。
DSC00658 (Custom)
駅から少し歩いて行くと会場周辺の施設が見えてきます。
DSC00660 (Custom)
会場の一つである商工会議所に到着です。
DSC00662 (Custom)
初日は時間の関係で少ししか聴講できませんでしたが、その後の懇親会にも参加させていただきました。 八戸えんぶり に引き続き、今回の会長をされた はちのへファミリークリニック 院長の小倉和也先生のご挨拶がありました。
DSC00666 (Custom)
DSC00677 (Custom)
会長の小倉先生と、2日目のシンポジウムでご一緒する予定の八戸市民病院小児認定看護師である奥寺さんと八戸医師会訪問看護ステーションの長谷川さんと一緒に。
DSC00679 (Custom)

2日目の朝を迎えました。シンポジウムの会場は八戸ポータブルミュージアム“はっち”です。ミュージアムと言うだけあって、会場入り口にはいろんな展示が所狭しとありました。
DSC00725 (Custom)
DSC00684 (Custom)
DSC00683 (Custom)
DSC00685 (Custom)

DSC00686 (Custom)

DSC00687 (Custom)

ここからが本題のシンポジウムです。まず最初に基調講演として医療法人財団はるたか会理事の梶原厚子さんから、医療的ケア児をめぐって制度の大枠とこれまでのご経験を通しての課題などに関してご講演いただきました。
DSC00699 (Custom)
八戸市民病院小児認定看護師の奥寺さんからは患者さんが退院される病院看護師のお立場から、
DSC00703 (Custom)
八戸医師会訪問看護ステーションの長谷川さんからは、訪問看護ステーションの看護師のお立場からお話ししていただきました。
DSC00710 (Custom)

奥寺さんと長谷川さんお二人ののご発表で共通していたのが現状の課題で、小児への訪問診療医の不足、レスパイト ショートステイ施設の不足、受け入れ可能な訪問看護ステーションの不足、ケアマネ コーディネーターの不在などを挙げられていました。ご講演の後のシンポジウムでは、この課題の中でも小児を受け入れ可能な訪問看護ステーションをどうやって増やしていけるか?が話題となりました。訪問看護ステーションが対象としている患者さんの多くは成人、特に老人が多いと思いますが、その中でどうやって小児にも対応していただけるのか?意外とその答えはNICUにあるのではないかと言う話になりました。NICUから退院する患者さんで訪問看護ステーションにお願いする対象をNICU側で絞りすぎてはいないだろうか?すごく重症なお子さんだけをお願いしていることが逆に小児患者さんへの忌避感を生み出しているのでは?そのような議論がありました。課題は山積していますが、いろいろに視点を変えながら考えて行くのも一つの方法なのかも知れません。
DSC00717 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.09.30

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今年も 昨年の講演会 に続き11月11日(土)(=ポッキーの日!)に明の星短大学で日野公三先生の講演会が開催されます。日野先生は不登校や発達障害などのスペシャルニーズを持つ子ども達がきちんと帰属し勉強できるような環境を事業として整備したい」という考えのもと、2009年通信制高校明蓬館高等学校を福岡県田川郡川崎町に設立。東京都品川区に本社を置き、SNEC-スペシャルニーズ・エデュケーションセンター-(支援員と相談員、教員、学生サポーターが常駐する補習と支援を行うセンター)を全国に設置し、子どもとの関わり、学校と地域社会について全国で講演会を行っていらっしゃいます。

以下、日野先生のプロフィールです。
1959年愛媛県大洲市生まれ。現在東京都横浜市在。
明蓬館高等学校 理事長兼校長、アットマーク国際高等学校理事長。
NPO日本ホームスクール支援協会理事長

主な著書等
『インターネット教育革命(PHP刊)』
『ティーチングからコーチングへ(BNN新社刊)』
インタビュー:明蓬館SNEC誕生から現在まで「就労」まで見据えた特別支援の現場をつくる – 日野公三さんが語る障害者就労のリアルと挑戦

22070373_972920499513941_1762616414_o (Custom)

22050447_972920532847271_167701178_o (Custom)

22047390_972920536180604_292429388_o (Custom)

ちなみに、今回の講演会は当院NICU看護師の小澤さんが主催されます。
上記の詳細はこちらもご覧下さい。
11月11日上映会と研修会やっちゃいます!
ご興味のある方は是非ご参加下さい。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.09.21

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今年3月4日に開催した 周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅医療 に続いて、今年度も来月10月21日(土)青森県立保健大学講堂で同じく小児在宅医療に関する講演会を開催します。

今回は神奈川県立こども医療センター患者家族支援部星野陸夫先生からは「医療的ケアを必要とする子どもたちの地域生活を支えるために」と題して、神奈川県において小児等在宅医療拠点事業での取り組みを中心に、さらに済生会兵庫県病院小児医療センター奥谷貴弘先生からは「地域周産期センター病院における短期入所開設」と題して、急性期病院におけるレスパイト開設までの取り組みに関してお話ししていただく予定です。また青森県障害福祉課の三上総一郎さんからは行政説明として、今年春に本県で実施した医療的ケア児実態調査の結果についてもご説明いただく予定となっております。
是非、多くの方達のご参加をお待ちしております。
(申し込みは下の画像をクリックしますと案内と申込書をダウンロードできます)

(クリックすると周産期学習会の案内&申込書にリンクします)

(クリックすると周産期学習会の案内&申込書にリンクします)

保健大学講堂 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.09.20

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

以前、今年3月にATVの「わっち!」医療的ケア児の特集が組まれたことをご紹介しましたが、6月末に再び医療的ケア児に関しての特集をして下さいました。遅ればせながら、ここで改めてご紹介させていただきます。

医療的ケアを要するお子さんの場合、通常の保育園では預かってもらうことができず、お母さん達の就労継続が極めて困難であることは、これまでに何度もご紹介してきました。今回の「わっち!」の特集では、以前、東奥日報の連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」41回目「広がる優しさと『思い』」でもご紹介させていただいた十和田市の「小さな森こども園」で医療的ケアを要するお子さんを預かっていらっしゃることが紹介されました。

以下に特集の抜粋をお示しします。

ATV1-2 (Custom)

ATV4 (Custom)
当初青森市内で保育園を探しますが、全ての保育園で受け入れを断られてしまいます。
ATV5 (Custom)
ATV6 (Custom)
ATV7 (Custom)
ここで、こうした場合の保育園探しは基本的にご家族が自力で探さなければなりません。おそらく10カ所以上には連絡したのではないかと思いますが、ことごとく断られているうちにまさしく「絶望」されるご家族をたくさんみてきています。せめてご家族が個別に探すのではなく、代わりに探してくれるような仕組みがあるだけでもいいのにといつも思っています。
ATV8 (Custom)

「小さな森こども園」には以前から看護師さんが勤務されていたことから受け入れて下さいましたが、それでもこうへい君が医療的ケア児としては最初のお子さんだったそうです。
ATV9 (Custom)
ただ、一方で、写真の宮本園長先生は実際に医療的ケア児を受け入れることの難しさも語られていました。やはり「命を預かることの怖さ」があり、その責任を果たすには看護師さんだけではなく保育士さん達の知識と理解を深めることが必要と仰います。そのため様々な勉強会や研修会を企画したり、またこうへい君の受け入れに際しては事前に保健師さんなど様々な職種の方達との話し合いもされたそうです。全国では今まさに医療的ケア児の支援のため様々な取り組みがされ始めたところですが、そんな枠組みができる以前に、ご自身達で必要な情報を得て、研修会も企画するなど、むしろこれからの支援体制を作っていく上でのお手本を示されたのではないかと感じました。
ATV10 (Custom)

こうへい君はこの園に入ってから表情もよくなってきたそうです。こうした他のお子さん達との交流が育って行く上で大きな刺激になっているのでしょう。
ATV11 (Custom)

この特集の後、先月の東奥日報の一面に医療的ケア児に関する記事が載りました。医療的ケア児の保育園入園は都道府県でも大きな差があるそうで、青森県には4名のお子さんが入園されているのだそうです。「小さな森こども園」での取り組みが今後、県内全域に少しずつでも拡がって行くことを心から願うとともに、私たちにできることも探って行きたいと思います。
DSC00480 (Large)3 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

1 / 912345...最後 »

ブログ更新情報

母子分離軽減 (Custom)
2017.12.07
母子分離軽減のポリシーを英語ページにアップしました
(クリックするとポスターがpdfで表示されます)
2017.12.05
あおもり母乳の会と周産期講演会のお知らせ
CIMG5449 (Custom)
2017.12.04
院内感染対策三病院合同ラウンド
P1180349 (Custom)
2017.12.01
NICU小笠原さん送別会
IMG_9646 (Custom)
2017.11.28
韓国周産期学会旅日記その3~ランチョンセミナー本番!
IMG_9622 (Custom)
2017.11.27
韓国周産期学会旅日記その2~pre-meetingと会長招宴
DSC00984 (Custom)
2017.11.26
韓国周産期学会旅日記その1~釜山大学Yangsan病院
IMG_9544 (Custom)
2017.11.20
新生児蘇生法講習会用Bluetooth聴診器セットの作り方
CIMG5388 (Custom)
2017.11.19
新生児蘇生法講習会Sコース~Bluetooth聴診器セットデビュー戦
IMG_9445 (Custom)
2017.10.29
釧路で人工呼吸管理の講演をさせていただきました
DSC00405 (Custom)
2017.10.22
平成29年度周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅医療
IMG_9360 (Custom)
2017.10.16
日本新生児成育医学会in大宮~旅日記

カレンダー

2017年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031