ここから本文です

成育科ブログ

2017.08.14

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

以前、当院小児科に勤務されていた會田久美子先生が、今年7月に青森市内で気管支喘息・食物アレルギーなどの「アレルギー」と「こどもの発達、こころ」について専門に診療する 「あいだクリニック」 をご開業されることになったことをご紹介しました。先日、 「あいだクリニック」 を見学させていただくことができましたので少しだけご紹介させていただきます。
P8144049-2 (Custom)

クリニックに入ってみるとまず目の前に広がるのが木目調の広い空間です。クリニックと言うよりも図書館とかのイメージかも知れません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
待合室の真ん中にはシンボルツリーとも言える大きな木のモニュメントがありました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この木の下のところには小さなお子さんが遊べるスペースがあり、壁側には発達を促す仕組みが満載の仕掛けがしてあります。木の根元にあたるところはトンネルのように中に入れるようになっていて、探検して遊べるようになっていました。狭いところが好きな子ども達には大人気なのではないかと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは受け付けの右手です。絵本など、こちらでも遊べるようになっていますが、大きなディスプレイの下には暖炉がありました。この暖炉はLEDで本物の暖炉のように赤く灯り、水蒸気の煙も出てくる仕掛けになっています。近くでよく見ても本物にしか見えないほどよくできています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
7DSC00154 (Custom)
8DSC00152 (Custom)
こちらは診察室の入り口です。現在、クリニックには會田先生お一人ですが、診察室がいくつもずっと並んでいます。これは小さなお子さんの場合、診察室になかなか入ろうとしない、中に入ると診察が終わってもなかなか出てこない、といった子どもの特徴をよく理解している會田先生ならではのアイデアと感心しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらも診察室の入り口なのですが、ここは感染症の患者さん専用の診察室です。感染症のお子さん用に全く別の入り口が用意されていました。こちらは天井に青空がペイントされています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一方、こちらは療育棟です。クリニックの入り口を入って右側になります。この部屋は感覚統合のために様々なアイテムが満載です。ボールプールにブランコ、反対側の壁面にはボルダリングができるようになっています。この他、心理検査のお部屋や言語療法のお部屋など、こちらもまだまだたくさんのお部屋がありました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は會田先生の1年先輩で、同じく当院で研修をされていた大瀧先生がちょうどお盆休みで帰省中だったので一緒に見学させていただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

療育が必要なお子さんへの支援を考えるとき、つい社会として・行政としての支援をと考えがちなのですが、會田先生のように自らの行動によって支援する施設を生み出してしまうのは凄いことだと感じました。會田先生のクリニックが多くのお子さんとそのご家族の助けになることを心より願っています。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.08.01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先月末までさかのぼります。先月末は4歳以上のお子さんを対象にした「小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい」を市内の保健センターをお借りして開催しました。4歳以上のつどいは就学準備に関する内容が多いので、時期的にも早くした方が良いだろうと言うことで、 昨年 から7月中には開催するようにしています。4歳未満のつどいは今年も秋に予定しています。

つどいの受付です。今回も当院周産期センターのスタッフに加えて県内各地の保健師さんや保育連合会の方達など、大勢のスタッフに手伝っていただきました。
IMG_0128 (Custom)
会場の入り口には保育連合会の皆さんが手作りで用意して下さった折り紙が沢山おいてあって、子ども達はまずここから遊びの空間に入っていきます。
CIMG5228 (Custom)
今回は釣り堀など、たくさんの遊びの場を用意して下さいました。ここで遊びながら開会を待ちます。
CIMG5231-2 (Custom)
つどいの最初は毎回恒例の保育連合会の方達によるアイスブレーキングです。毎年、何らかの形で参加するのですが、今回は寸劇に加えていただきました。回を重ねる毎にじょじょに要求水準が上がっているのがちょっと気になるところではあります。
IMG_0149-2 (Custom)
IMG_0146 (Custom)

子ども達を保育のスタッフの方にあずかっていただいている間に情報交換会を行います。今回は昨年に続いて青森市教育研修センターの山下先生に「ちょっと気になる子の就学に向けて」と題してお話しいただきました。
IMG_0179 (Custom)
続いてグループに分かれての情報交換会です。ここでは皆さんが普段心配されていることなどに関して先輩のお母さんにも加わっていただきお話しします。
IMG_0188-2 (Custom)
情報交換会の後には地域の保健師さん達に前に出てきていただき、それぞれご自分の地域の担当の保健師さんのお顔を覚えてもらって、今後も引き続き連絡が取れるようにと思っています。
CIMG5242 (Custom)
情報交換会が終わって、子ども達の遊びの空間に戻ってくると、その間に作成したものが壁にそれぞれ貼ってありました。ひとりひとりお名前を呼んで、記念に持って帰っていただいています。
CIMG5247-2 (Custom)
解散前の集合写真です。お子さんとご家族のお顔はぼかしてありますがご容赦下さい。
CIMG5255-2 (Custom)
参加されたお子さんとご家族が帰った後に、スタッフによる反省会をします。ここで話し合った結果を毎回、次回へ活かすことで、少しでもいい会になるようにと思います。
IMG_0205 (Custom)
参加されたスタッフによる集合写真です。お休みの日でしたが、これだけ多くの皆さんに手伝っていただきました。いつも本当にありがたいと思います。また9月に4歳未満のつどいを行う予定です。参加された皆さん、ありがとうございました。
IMG_0208 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.06.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ブログ更新がしばらく滞っていました。6月の出来事から少しずつアップして行きたいと思います。
6月24日(土)~25日(日)は聖隷浜松病院の大木茂先生が会頭でハイリスクフォローアップ研究会が行われました。
浜松までどうやって行こうか迷いましたが、新青森から新幹線で真っ直ぐ向かうことにしました。新幹線の車窓から富士山が見えないだろうかと期待していましたが、昨年の 静岡県立こども病院で呼吸管理講演会 に続き曇天で、今回は富士山の上の方がちょっとだけ姿を表してくれました。
DSC09890-2 (Custom)
浜松駅に到着しました。今回はスケジュールの関係で初日のスキルアップセミナーには参加できず、2日目だけの参加でした。
IMG_8584 (Custom)
DSC09898 (Custom)
初日のスキルアップセミナーと役員会の後の懇親会で大木先生のご挨拶です。
DSC09905 (Custom)

さて、2日目の朝です。会場は聖隷浜松病院内の大会議室で、300名ほど入りそうな大きな会場でした。
DSC09963 (Custom)
DSC09964 (Custom)

今回のハイリスクフォローアップ研究会のテーマは「ハイリスク児の教育現場」です。抄録集の大木先生による会頭挨拶にもありましたが、NICUから退院されていったお子さん達にとって就学はとても大きな問題です。NICUの診療やフォローアップに関わる医療従事者にとって、お子さん達が教育の場でどのような時間を過ごしているか、そして教育の現場からみて我々に求められていることを知ることはとても大切なことです。
一般演題に続いて、午後は特別講演会「ハイリスク児の終焉就学就業までのライフステージ別の教育現場を知ろう」と題して、以下の3人の先生にご講演いただきました。
CCF20170704-2 (Custom)
DSC09969 (Custom)

中でも和久田先生のお話の中で「障害受容・慢性型悲観モデル」として、「障害受容は段階を踏んで『適応』という最終段階はなく、落ち込みと立ち直りを繰り返す。」と言う点は、私自身も大学の講義でもいつも学生さん達にお話ししていた点でもあり、とても共感しました。
講義スライド (Custom)

病院内、NICU内だけで診療だけしていたのでは決して知ることのできない教育現場での問題点を知る上でとても素晴らしい、さすが大木先生!というプログラムでした。大木先生、参加された皆様、お疲れ様でした。今回学んだことをこれからの診療にも活かしていければと思った1日でした。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.05.31

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

当院小児科で長らく勤務されていた會田 久美子先生が、今年7月1日(土)に青森市内で気管支喘息・食物アレルギーなどの「アレルギー」と「こどもの発達、こころ」について専門に診療する 「あいだクリニック」 をご開業されることになったことをご紹介しました。
2017.04.18 2017年7月に「あいだクリニック」開院予定!
ご開業に際して、スマホなどでインターネットを使って予約することのできるサイトを作られたそうです。まだ本運用までにはもう少しお時間がかかるようです。以下に 「あいだクリニック」 のパンフレットと予約サイトのQRコードをご紹介しておきます。

(クリックすると拡大表示されます)

(クリックすると拡大表示されます)


(クリックすると拡大表示されます)

(クリックすると拡大表示されます)


(あいだクリニック予約サイトQRコード)

(あいだクリニック予約サイトQRコード)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.04.18

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

当院小児科で長らく勤務されていた會田 久美子(あいだくみこ)先生が、今年7月1日(土)に青森市内で気管支喘息・食物アレルギーなどの「アレルギー」と「こどもの発達、こころ」について専門に診療する 「あいだクリニック」 をご開業されることになりました。

(クリックするとクリニックのホームページへリンクします)

(クリックするとクリニックのホームページへリンクします)

(クリックするとクリニックのホームページへリンクします)

(クリックするとクリニックのホームページへリンクします)

會田先生は2003年より14年間青森県立中央病院小児科に勤務され、当院のリクルート情報誌である「 JoinUs(ジョイナス) 」にも育児中の女性医師の「顔」として長らくご活躍されました。この記事も會田先生の退職に伴って、新年度版に切り替わると消えてしまう予定なので、今のうちにここに保存しておきたいと思います。

(クリックすると拡大表示されます)

(クリックすると拡大表示されます)

會田先生はこれまで心身症や発達障害など、こどもの「心」に関する患者さんをずっと診てこられました。NICUを退院された患者さんの中でも會田先生にお世話になっている患者さんも多く、これまでも色々なアドバイスをいただいていました。ご開業されてからも、ますますお世話になると思います。これからのご活躍を楽しみにしています。

診療日 (Custom)
MAP (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

DSC01154-2 (Custom)
2017.12.10
あおもり母乳の会学習会~「楽しい母乳育児支援」とは?
母子分離軽減 (Custom)
2017.12.07
母子分離軽減のポリシーを英語ページにアップしました
あおもり母乳の会 (Custom)
2017.12.05
あおもり母乳の会と周産期講演会のお知らせ
CIMG5449 (Custom)
2017.12.04
院内感染対策三病院合同ラウンド
P1180349 (Custom)
2017.12.01
NICU小笠原さん送別会
IMG_9646 (Custom)
2017.11.28
韓国周産期学会旅日記その3~ランチョンセミナー本番!
IMG_9622 (Custom)
2017.11.27
韓国周産期学会旅日記その2~pre-meetingと会長招宴
DSC00984 (Custom)
2017.11.26
韓国周産期学会旅日記その1~釜山大学Yangsan病院
IMG_9544 (Custom)
2017.11.20
新生児蘇生法講習会用Bluetooth聴診器セットの作り方
CIMG5388 (Custom)
2017.11.19
新生児蘇生法講習会Sコース~Bluetooth聴診器セットデビュー戦
IMG_9445 (Custom)
2017.10.29
釧路で人工呼吸管理の講演をさせていただきました
DSC00405 (Custom)
2017.10.22
平成29年度周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅医療

カレンダー

2018年8月
« 7月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031