ここから本文です

成育科ブログ

2014.04.04

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

久しぶりの「NICUにあると便利なもの」シリーズのその3です。
NICUにあると便利なもの
NICUにあると便利なもの その2

当科の看護師さんの記録業務は基本的にNICU部門システムのタブレットPCで行っていますが、タブレットPCの唯一の欠点が文字入力のし難さです。NICU増床に伴うセンターテーブル撤去によりデスクトップPCの数も減ったことから、この欠点を補うべく新たにキーボードを各タブレットPCに対して配置することにしました。


一般的にキーボードは細菌感染の巣となりがちなのが問題ですが、このキーボードはシリコン素材を採用しており、キーと本体が一体化しているためすき間がなく完全防水で水洗いも可能です。コンパクトで場所も取らず値段もお手頃なので、NICUにおける入力デバイスとしてはとてもお勧めだと思います。

参考リンク:IP68を取得した防水防塵キーボード

2013.10.23

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

以前、「即時現像機能を搭載したX線撮影装置の有用性」と題してフラットパネルに関してアップしたことがありましたが、今日は実際の入院風景をご紹介してみたいと思います。

気管内挿管を要する患者さんが入院したら、まず真っ先にX線写真で挿管チューブ位置の確認をします。特に肺サーファクタント補充療法の際、挿管チューブが深く肺って片肺挿管になってしまうと左右の肺の硬さのバランスが崩れて大事になりますので、この点のチェックはとても重要です。また、フラットパネルを用いるとX線写真撮影時に保育器を毎回開けなくても済むのも大きな利点です。特に超低出生体重児は簡単に体温低下してしまいますので、体温を気にすることなくX線写真撮影できるのは大きなアドバンテージになります。

チューブ位置確認後に肺サーファクタント補充療法しています。

こちらの写真はPIカテ挿入中です。術者は予めX線プロテクターを着て操作します。

PIカテを挿入するとリアルタイムに位置確認を行います。ここでベストの位置になったことを確認してから固定します。こうしたリアルタイムでの位置確認は臍カテーテル挿入時には更に有用です。

この他にも十二指腸チューブ挿入の際にも透視に近い確認精度で挿入することができますし、胎便病での注腸造影時にも、本来なら透視室まで移動しなければできなかった処置までNICU内で可能となります。リスクマネジメント効果に加えて、診療水準の向上に明らかに寄与していると感じています。まだまだ高価なので導入されている施設は限られているのが実情ですが、もっと安価になってNICUでの導入が必須となる時代に早くなって欲しいものです。

ブログ更新情報

先発抑え (Custom)
2017.04.23
阪神小児循環器疾患研究会in兵庫県立尼崎総合医療センター
小児科学会 (Custom)
2017.04.19
「コミュニティ小児医療」とは?
(クリックするとクリニックのホームページへリンクします)
2017.04.18
2017年7月に「あいだクリニック」開院予定!
シンポジウム (Custom) (2)
2017.04.17
第120回日本小児科学会学術集会 in東京
p1
2017.04.13
Family Integrated Care~セミナーレポート
スライドラスト (Custom)
2017.04.05
新年度 ICTとしての新人オリエンテーション研修会
知って欲しい赤ちゃんのこと (Custom)
2017.03.23
東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」まとめ①
CIMG5100 (Custom)
2017.03.21
スタッフ向け新生児蘇生法講習会~より実戦で役立つ講習を目指して
最終回 (Custom)
2017.03.16
東奥日報連載最終回~声なき声を聞くために
DSC09351 (Custom)
2017.03.05
周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅の今、未来
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.03.01
ATV「わっち!!」で医療的ケア児特集
第41回目 (Custom)
2017.02.23
東奥日報連載41回目~広がる優しさと「思い」

カレンダー

2017年4月
« 3月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930