ここから本文です

成育科ブログ

2013.09.16

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今年3月まで2年あまり続いておりましたNeonatalCareの人工呼吸器の連載ですが、実はこれらの英訳版の作成を進めておりました。人工呼吸器の多くはグローバルで販売されているものがほとんどですので、ある意味、人工呼吸器の正しい使い方やちょっとした注意点など、これらは万国共通のはずです。正直なところ英語はかなり苦手ではありますが、海外で新生児医療に従事されている方々と人工呼吸器の使い方を通じて少しでも何らかの交流が出来ればと思っています。
英語版のホームページはまだこれから整備しますが、まずは第1回目のSLE2000のページをご覧いただければと思います。
青文字をクリックしますとSLE2000英語版へリンクします。

2013.07.17

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日の日本周産期新生児学会で発表した怪しい研究発表のポスターを載せます。
一つ目は「人工呼吸器使用中の加温加湿器電源入れ忘れ防止装置の開発」です。
人工呼吸器には加温加湿器が必ず必要ですが、両者は別々の電源系を有しているため、人工呼吸器が稼働しているのに加温加湿器の電源が入っていないと言うインシデントがNICUに限らず医療現場で散見されます。特に未熟児新生児領域では加湿不足が呼吸症状悪化に直結する場合もあり、人工呼吸回路内の加湿は成人領域以上に重要です。今年の信州フォーラムでは保育器の電源入れ忘れ防止装置と言う器械を考案して発表しましたが、この時に共同開発者である和山ネットワークの和山さんと信州の温泉で酒を飲みながら、同じ技術が人工呼吸器の加温加湿器入れ忘れ防止装置にも使えるのでは?と言う話になりました。実際に製品化するには色んなハードルがありますが、比較的簡単な仕組みで作れそうなので、こうした技術が医療安全に寄与することを願っています。

加温加湿器電源入れ忘れ防止装置.pdf

2012.11.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

A/C(assist control)ではバックアップ換気回数が多過ぎると次の自発呼吸が入る前に強制換気が入ってしまいトリガー率が下がります。そのことに関連する論文が最近出ていたのでご紹介します。

Lower back-up rates improve ventilator triggering during assistcontrol ventilation: a randomized crossover trial
K I Wheeler他
Journal of Perinatology (2012) 32, 111–116.

Abstractはこちらをクリックして下さい。

Ventilator pressure and trigger data for a single patient. The upper graph shows the ventilator
pressure waveform for 6min from each epoch. The lower bar shows the triggered data as a strip,
each vertical bar representing a triggered inflation. At back-up rates (BURs) 30, 40 and 50min−1
over the complete epoch 96, 84 and 57% of inflations were triggered, respectively.

Triggered inflations shown as a percentage of all inflation at back-up rate (BUR) settings 30, 40 and 50min−1. Median, interquartile range and range are shown.

2012.11.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

初の人工呼吸器ネタです。
PSVモードは吸気フローの低下を感知しターミネーションされて呼気に転じることで吸気時間が可変します。しかしSLE5000のPSVモードはちょっと変わっていて、自発呼吸を検知しない場合にはターミネーションされずに最大吸気時間が守られると言う挙動を各呼吸毎に示します。
早産児の自発呼吸の維持にはHering-Breuer反射を主とした神経反射性呼吸調節が重要な役割を果たしており、そのためFRC(機能的残気量)の維持が極めて重要な意味を持ちます。この点においてSLE5000のPSVモードにおけるこの挙動は、FRCが低下して無呼吸に陥った際の肺リクルートメント効果として有利に働く可能性があると考えています。

ご参考に実際のグラフィック画面の動画をご覧下さい。
(青文字の部分をクリックすると動画が始まります。始まるまでに少し時間がかかります。)
SLE5000PSV

2012.11.18

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

NeonatalCareの連載で次回(1月号)はBabylogVN500の予定です。
そろそろ締め切りが近づいており原稿の追い上げ中です。
今日は母子室が空いていたので、VN500ととことん語り合います。
締め切り間際はいつもこんな感じでやっています。

11 / 11« 先頭...7891011

ブログ更新情報

CIMG4368 (Custom)
2016.07.22
公明党大阪府議会議員団の皆さんによるNICU・成育科視察
hitorinomi2 (Custom)
2016.07.21
「一人飲み」アンケート2015~日本周産期・新生児学会in富山 その5
ランチョン (Custom)
2016.07.20
Family Integrated Care~日本周産期・新生児学会in富山 その4
当科の呼吸予後 (Custom)
2016.07.19
在宅酸素のいないNICU~日本周産期・新生児学会in富山 その3
DSC08830 (Custom)
2016.07.18
第52回日本周産期・新生児学会in富山 その2
IMG_6170 (Custom)
2016.07.17
周産期魂~第52回日本周産期・新生児学会in富山 その1
八戸小児在宅医療フォーラム (Custom)
2016.07.11
はちのへ小児在宅医療フォーラム
CIMG4337 (Custom)
2016.07.10
周産期センタースタッフ向け新生児蘇生法講習会
P1170966-2 (Custom)
2016.07.08
母乳育児の冊子ができました
13512021_1137420929653965_4671170693684529821_n (Custom)
2016.07.02
ビールの会 2016
CIMG4312 (Custom)
2016.06.27
愛媛県立中央病院の穐吉先生がドクヘリ見学に
(故 小川 雄之亮教授追悼祈念業績集・文集より)
2016.06.26
兄弟子の元で人工呼吸管理講演~第2回東海小児呼吸管理懇話会

カレンダー

2018年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031