ここから本文です

成育科ブログ

2018.02.19

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

信州フォーラム の3日目です。昨夜と言うより、少し前までのお酒も抜けきらないで朝を迎えます。
IMG_3104 (Custom)
発表は午前中の最後のセッションでしたので、その前に最初のセッション「ProCon どうしていますか?呼吸管理中の炭酸ガスモニタリング」で、昨年の信州フォーラムで発表した 一体型EtCO2アダプタ開発 に関して聖隷浜松病院の先生が取り上げて下さると言うのでご発表を聴いてきました。呼気炭酸ガスモニタの未来というところで、今後への期待として取り上げて下さいました。
IMG_3107 (Custom)
さて、今年の信州フォーラムも残すところ1セッションとなり、発表が近づいてきました。今回のセッションのタイトルは「あなたの頭に描けますか?赤ちゃんの呼吸管理!」と言うことで、今回は特にNICUにおける人工呼吸管理に対して臨床工学技師さんがどのように関わることができるか?という点に関してのセッションでした。
スライド1 (Custom)
会場も雪山が近いと言うこともあり、今回はNICUにおける臨床工学技師さんを雪山登山のガイドさんになぞらえてみました。
IMG_3109 (Custom)
雪山登山で道を一つ間違えると命取りですが、それはNICUにおける人工呼吸管理も同様です。
スライド3 (Custom)
臨床工学技師さんは医療機器のプロとして、医師や看護師が身とを外しそうになった時、的確に正しい道を示す存在になって欲しいとの願いを込めて発表させていただきました。
スライド57 (Custom)
続いては、さんにはこれまで何度も当院NICUへ nasalDPAPの勉強会 に来ていただいている埼玉医科大学総合医療センターの須賀さんのご発表です。須賀さんからは、臨床工学技師さん関連の制度の変化に関してと、実際の臨床現場におけるnasalCPAPとネーザルハイフロー(HFNC)の使い方に関してのお話しがありました。
IMG_0205 (Custom)
3番手は県立広島病院で臨床工学技師をされている卜部さんで、機種によるHFOのパワーの違いに関して、最後は今回のセッションのモデレータでもある愛育病院の松井さんから人工呼吸管理中の自発呼吸に関してお話しがありました。
IMG_0207 (Custom)
IMG_0209 (Custom)
全体のディスカッションでは個別には色々な質問も出ましたが、今回のセッションの意図も考えると、NICUへ臨床工学技師さんにもっと関わってもらうには、臨床工学技師さん自身にもっとNICUへ関心を持ってもらうようにするだけではなく、新生児科医師の方も臨床工学技師さんに対してもっと働きかけたりして行く必要があるのかな?とも感じました。実は、前日の打ち合わせでは、そもそも松井さんや須賀さんがどうしてこれだけ実際の臨床現場に関われるようになったのかに関してうかがってみました。そうすると、やはりそこには「どんどんやってみたらいいよ!」と言ってくれた恩師とも言える医師の存在があったのだそうです。同じような環境をより多くの若手臨床工学技師さんにもあったらいいなと思った今回のセッションでした。
1518839657566 (Custom)
信州フォーラムが終わり「今年こそフォーラム会場も見納めかも?」と思いながら帰路につきました。新青森に到着すると連日大雪だったようで車道脇の雪の山の高さもかなり高くなっていました。
IMG_0217 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.02.18

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今年も毎年この時期恒例の 新生児呼吸療法モニタリングフォーラム (通称:信州フォーラム)に参加するため長野県大町市に行ってきました。信州フォーラムと言えば、4年前の帰り道で遭難しかけたことを以前ご紹介したことがあります。
2014/2/14 信州フォーラム旅日記 番外編
ちょうど平昌オリンピックで小平選手が500mで金メダルを取ったばかりですが、小平選手の出身地である茅野市を過ぎたあたりが4年前に遭難しかけたところでした。思うように車が進まず、新幹線で帰るのは難しいということでJR茅野駅で新幹線の切符を払い戻したので記憶に残っています。

もうNICUには関わっていないので昨年の参加が最後と思っていましたが、今年もまた6時間かけていつもの会場にやってきました。なんか「もう行かない詐欺」みたいになってます。
IMG_3079 (Custom)
IMG_3082 (Custom)

到着してすぐに始まったのが「これからのコンセプトNICUを創造する」と言うセッションです。神奈川県立こども医療センターの豊島先生がモデレータを務められていました。最初の発表は同じ神奈川県立こども医療センターで「こどもかぞくまんなか」でご活躍中の斎藤朋子先生が「家族がそばにいたくなるNICU」と言うことでご発表されました。近年、NICUでは個室化が進んではいますが、確かに家族が一緒にいると言う点では個室化された環境はいいのですが、一方で家族がいない環境での個室化は児への声がけも減ってしまうためか発達に必ずしも良い影響ばかりではないと言われているのだそうです。つまり、ファミリーセンタードケアをするにもご家族に来ていただかなくては話にならないと言う点はまさにその通りと感じました。齋藤先生のご発表では、先日の音楽療法セミナーでも引用した「コウノドリ」第4話の同じシーンのスライドが使われていました。家族にきてもらえるようにするにはどうしたらいいのか?と言う疑問が湧きますが、きっとその鍵は生後早期にお母さんもまだ産科病棟に入院している時期にどのような「母子の出会い」をしてもらえるかにかかっているのかな?と思いながら聴いていました。
コウノドリ2 (Custom)

続いて2日目の朝を迎えます。この日は天気も良く山々もきれいに浮かび上がっていました。
IMG_3092 (Custom)

2日目は初日に姿が見えないなと思っていた倉敷中央病院の渡部先生が 小児在宅人工呼吸管理マニュアル の紹介で、自ら会場入り口で売り子をされていました。
IMG_0200 (Custom)

そう思っていたら、その向こうでは元川口市民病院の奥先生が、昔診療されていたお子さんが出されたピアノ演奏のCDを紹介されていました。
IMG_0201 (Custom)
IMG_0202 (Custom)
お昼の定番は峠の釜飯です。これもそろそろ食べ納めかな?と思いながらいただきました。
IMG_3084 (Custom)
夕方からは翌日の人工呼吸管理と臨床工学技師さんに関するセッションの打ち合わせでした。とは言うものの、打ち合わせと言うよりも、この場だけでいきなり議論が深まった感じでした。
IMG_3095 (Custom)
夜からは懇親会で、こちらも毎年恒例の太鼓の演奏です。
IMG_3096 (Custom)
4年前に一緒に茅野市の先で遭難しかけて、 昨年10月には人工呼吸管理の講演 でお招きいただいた釧路赤十字病院の兼次先生と。
IMG_0204 (Custom)
信州フォーラムの懇親会というと大体こんな感じになります。
IMG_3098 (Custom)
懇親会後に楠田先生のお部屋に大勢集まっての「部屋飲み」。これもまた信州フォーラムの楽しいところですね。翌日の発表があるので早めに切り上げましたが、それでも0時は回っていました。皆さんは1時半頃まで飲んでいたことは確認しましたがその後は・・・。
IMG_3100 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.02.06

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨年のある日、病院電話交換手の方から「フランス大使館からお電話が入っています」との連絡が。そんな訳があるはずがないと半信半疑でお電話に出たところ、フランス大使館の貿易投資庁を担当されている方とのこと。ますます訳が分からずお話しをうかがってみると、昨年、ITvision誌と言う医学雑誌に投稿した「 タブレットPCを活用したNICU部門システムの概要と将来的展望 」と言う記事を読まれたフランスの会社の方が当院のNICU部門システムにご興味を持たれているとのことでした。その会社は Logipen社 という会社で、元々はフランスの新生児科医と言うよりも、フランスの新生児学会の会長をされていたGouyon先生がNICUにおける薬剤投与をより安全に行うためのシステムを作るために設立した会社なのだそうです。

そうした経緯で、先週金曜日に同社のGouyon先生とスタッフの皆さんが青森にある当院にまでお越し下さいました。
CIMG5706 (Custom)

まずは当院のNICU部門システムを昨年の記事に沿ってご紹介して行きました。その内容は以前、このブログでもご紹介しています。詳しくは以下の記事をご覧下さい。

ITvision誌No.36~タブレットPCを活用したNICU部門システムの概要と将来的展望
(クリックすると記事にリンクします。)

月刊「新医療」にNICU部門システムの紹介をしました
(クリックすると記事にリンクします。)

当院のNICU部門システムは既存の電子カルテを単に導入したのではリスクが上がってしまうことを避けるため、基本的に医療安全を最重要視したシステムとなっています。それは注射・処方だけではなく母乳を含むあらゆる臨床場面での患者認証や、注射オーダー時の入力間違いを防ぐために様々な工夫を凝らしてきました。

次にLogipen社のシステムに関してのご説明をいただきました。まずこうしたシステムの必要性に関しては、これは問題意識としては私たちと同様で、NICU入院中のお子さんへの薬剤投与に関しては成人とは異なるリスクがあることを前提とした上で、それを打開するためのシステムが必要であるとの認識から始まっています。この点に関しての問題式は万国共通なのだとも感じました。
CIMG5710 (Custom)
CIMG5711 (Custom)
Logipen社のシステムは注射等の処方時におけるリスク管理を中心に据えたシステムで、それは一つの施設の安全管理に留まらず、全ての導入施設での情報を中央に吸い上げ、それを解析することによって、そのデータベースから薬剤の適正使用などにも役立てようとするシステムなのだそうです。下の写真は抗生剤のゲンタマイシンの処方例ですが、在胎週数や日齢を入力すると推奨される投与量が表示されます。当院のシステムではあくまで誤った処方が入力できないようにチェックするシステムですが、Logipen社のシステムでは推奨量が表示されると言う点が最も異なると感じました。
CIMG5712 (Custom)
実際に投与量を入力していくと、何をどれだけの内容で注射薬を作成するかまでが自動的に表示されます。当院のシステムでは、まず入力するとその後に実際の投与量が表示されますので、これもシステムのコンセプトの違い思います。
CIMG5713 (Custom)
お互いのシステムを説明し合った後、NICUも見学していただきました。Gouyon先生からは「素晴らしいNICUですね。」とお褒めの言葉もいただくことができてとても嬉しく思いました。
CIMG5716 (Custom)

上でご紹介した「 月刊「新医療」にNICU部門システムの紹介をしました 」では、最後の将来的な可能性に関して「当院のシステムではパラメータを設定すれば患者情報を匿名化した上でcsvファイルとして書き出しが可能であり、ほんの数分で膨大なデータの比較が可能となっている。こうした機能を全国のNICUに導入し、データ収集を行い解析することができれば、どのような傾向を持つ施設の成績が優れているのかも瞬時に判明することであろう。今後はこうしたビッグデータを活用することによって、前方視的でもなく後方視的でもない『リアルタイムスタディ』によるエビデンス構築が可能となるのではないかと考えられる。」と述べました。今回、このお話しもGouyon先生にしたところ、「まさに私たちがやろうとしていることだ。」とのお返事でした。遠い海の向こうで全く同じ思いで精力的にお仕事をされている先生に実際にお目にかかることができてとても刺激的で幸せなひとときでした。今後、フランスだけではなく、日本を含めた世界中でこうした動きが進んで行くことを心から願っています。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.02.05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

音楽療法セミナー’17 「子どもの笑顔を引き出すコミュニケーション~発達と感性」 の続きです。朝一番の講演の後は、総合リハビリ美保野と子育て支援センター虹の澁屋先生からは言語聴覚士の視点からこどもが「わかる」と言うことに関してのお話しが、続いて音楽療法を専門とされている生野先生からは音楽療法の実際に関して、それぞれ午前の講演と午後のシンポジウムと続いてお話しして下さいました。

澁屋先生はまず「ことば以前のことば」として、赤ちゃんの時期からすでに視線や表情を介して他者を認知し感情交流を行っており、このことは前段でお話ししたファミリーセンタードケアにおいてNICUで家族になっていく過程の中でご両親と赤ちゃんが相互交流していくこととまさに同一線上にあるとお話しされました。さらに言葉の持つ働きにはコミュニケーションのための道具以外にも、内言語としての思考の基板や抽象的な認知の枠組みを構成したり身辺の自立や社会ルールの獲得など様々な働きがあるのだそうです。逆に言葉がなければ感情や思考も分化していかないとも言えるのでしょう。この他にも目から鱗のお話しが満載でした。
DSC01423 (Custom)
午後のシンポジウムでは対象が専門職の方達であると言うことから「こどもの療育は保護者支援である」と言う観点からお話しされました。そして、まとめとして医療・福士・教育機関の連携をどのように作り上げるのかが最も重要で、制度の狭間で保護者が困らないことが重要と強調されました。この点に関しては小児在宅医療でもまさに同じだなとも感しました。
DSC01435 (Custom)
DSC01436 (Custom)

生野先生のご講演は音楽療法に関してで実際の音楽療法による支援の実際を動画で沢山みせて下さいました。言葉の遅れで話せないお子さんがピアノの鍵盤や太鼓を叩いたりすると、セラピストの先生がそれに程やリズムをあわせながらピアノを弾いたり歌を歌ったりすると、お子さんの方もそれに呼応した反応を見せてくれます。セラピストの先生が奏でる音楽はまるでお子さんが言わんとするかすかなサインを増幅しているようでもありました。音楽療法と言うと、知っている音楽を聴かせながら何かトレーニング的なことをするのかと漠然と思っていましたが、全然違っていました。お子さんの反応にあわせるということは、音楽的には全て即興なのだそうです。それにはセラピスト以前にピアノ等の楽器の実力が十分なければなりませんし、これは相当難度が高いと感じました。
DSC01430 (Custom)
DSC01447 (Custom)
シンポジウムも終了して参加者の皆さんとの集合写真です。とても勉強になった1日でした。参加された皆さん、主催者の佐々木先生、お疲れ様でした。
DSC01451 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.02.04

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日ご紹介した 音楽療法セミナー’17 「子どもの笑顔を引き出すコミュニケーション~発達と感性」 が青森市内で開催され、午前部の講演と午後のシンポジウムでそれぞれお話ししてきました。

(画像をクリックすると拡大表示されます)

(画像をクリックすると拡大表示されます)

当日はこの季節の青森市内としては珍しい晴天でした。
DSC01408 (Custom)
会場入り口と配付資料です。
DSC01409 (Custom)
DSC01410 (Custom)
DSC01411 (Custom)

今回の音楽療法セミナーを開催された青森音楽療法研究会の佐々木先生のご挨拶から始まります。
DSC01434 (Custom)

午前中の講演は先日の 青森県立保健大学のペリネイタル講義(その2) 前段部分である、周産期医療とは?NICUとは?から始まって、家族を育てるNICUをドラマ「コウノドリ」の映像をたくさん交えながら解説してみました。そこでタイトルも「家族を育てるNICU」に加えて副題として「コウノドリ先生からの伝言」と、ちょっと大それたタイトルとしてみました。
スライド1 (Custom)

内容は、まずは神奈川県立こども医療センターの豊島先生のスライドを拝借させていただきました。この後も神奈川県立こどもの写真や豊島先生のスライドが度々登場します。
スライド3 (Custom)

こちらはドラマ「コウノドリ」での神奈川こどもでの撮影風景の写真です。
スライド4 (Custom)

今回参加された皆さんは小児の発達支援に関わる方達やこれから小児・周産期医療に関わることになるであろう学生さん達が中心でしたので、赤ちゃんがNICUに入院された時のご家族の気持ちをまずは少しでも知ってもらいたいと思いました。
スライド6 (Custom)
その材料として「コウノドリ」は非常に優れていますので、今回は「コウノドリ」の1stシーズンの第4話を中心にお話ししてみました。この第4話では在胎21週の妊婦さんが突然破水して受診するところから始まります。結婚して10年でようやく授かったお子さんで、なんとしても助けて欲しいとお父さんがコウノドリ先生にすがりつきます。しかも、人工妊娠中絶が認められているのは21週までなので、赤ちゃんを救命するか否かの結論を1両日中に出して欲しいとお伝えします。

コウノドリ2 (Custom)

赤ちゃんを救命する方針で帝王切開で出生しますが、お父さんはそのあまりの小ささにほとんど言葉を失い、「お願いします」というのがやっとでした。
コウノドリ3 (Custom)

コウノドリ4 (Custom)
NICUで今橋先生から赤ちゃんの今後のことに関してあれこれ説明がある中、お父さんの口から「この子にあれが何かしてやれることってないですか?」と問いかけます。この後、今橋先生はお父さんに保育器の中に手を入れて赤ちゃんに触ってみることを勧めます。このお父さんの言葉にこそファミリーセンタードケアの原点があると感じるシーンでもありました。
コウノドリ5 (Custom)
コウノドリ6 (Custom)
コウノドリ7 (Custom)

ファミリーセンタードケアと言えばウプサラ大学NICUですので、ご家族をエンパワーするケアの考え方をウプサラ大学の動画を例にとってご紹介してみました。最後の方にスマホで見やすいようにQRコードも貼っておきました。
スライド7 (Custom)
スライド8 (Custom)
スライド9 (Custom)

こちらはコミックの「コウノドリ」でコウノドリ先生が「NICUは赤ちゃんの病気を治す場所ではありません」と話すシーンです。
スライド14 (Custom)
実はこの漫画のカットは以前東奥日報で連載していた 知って欲しい赤ちゃんのこと連載3回目「NICUは赤ちゃんが育つ場所」 で使わせていただいたカットでもあります。
東奥日報連載3回目-Custom
このカットはコミック「コウノドリ」のNICU編の最終回で、その最後に鴻鳥先生が「赤ちゃんと一緒に両親も成長させる場所なのかもしれませんね」と語るシーンなのですが、3回目の原稿はこの漫画が出版される前に締め切りでしたので、3回目の原稿の締めくくりと漫画の締めくくりが一致してしまったことに当時は驚いていました。「パクリ疑惑」を持たれそうですが、本当にこれは偶然のことなのです。

この場面はドラマでは今橋先生が取材に来た記者の方にお話しする場面で同じことを言っていました。
コウノドリ8 (Custom)

この日の午前の講演では、NICUに入院した赤ちゃんのご家族が赤ちゃんと一緒に家族になっていく過程を中心にお話しさせていただきました。続いては、総合リハビリ美保野と子育て支援センター虹の澁屋先生からは言語聴覚士の視点からこどもが「わかる」と言うことに関してのお話しが、続いて音楽療法を専門とされている生野先生からは音楽療法の実際に関して、それぞれ午前の講演と午後のシンポジウムと続いてお話しして下さいました。詳細はまた次に続けたいと思います。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

DSC09571 (Custom)
2017.04.30
コドモックル・新飯田裕一先生慰労会
先発抑え (Custom)
2017.04.23
阪神小児循環器疾患研究会in兵庫県立尼崎総合医療センター
小児科学会 (Custom)
2017.04.19
「コミュニティ小児医療」とは?
(クリックするとクリニックのホームページへリンクします)
2017.04.18
2017年7月に「あいだクリニック」開院予定!
シンポジウム (Custom) (2)
2017.04.17
第120回日本小児科学会学術集会 in東京
p1
2017.04.13
Family Integrated Care~セミナーレポート
スライドラスト (Custom)
2017.04.05
新年度 ICTとしての新人オリエンテーション研修会
CIMG5100 (Custom)
2017.03.21
スタッフ向け新生児蘇生法講習会~より実戦で役立つ講習を目指して
最終回 (Custom)
2017.03.16
東奥日報連載最終回~声なき声を聞くために
DSC09351 (Custom)
2017.03.05
周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅の今、未来
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.03.01
ATV「わっち!!」で医療的ケア児特集
第41回目 (Custom)
2017.02.23
東奥日報連載41回目~広がる優しさと「思い」

カレンダー

2018年11月
« 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930