ここから本文です

成育科ブログ

2018.01.20

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

この週末は三重県の新生児クリティカルケアフォーラムにお招きいただき三重県津市にお邪魔しました。三重県では以前より厚生労働省の小児在宅事業を実践されており、中でも 三重大学小児トータルケアセンター の岩本彰太郎先生が精力的にお仕事をされています。折角の三重県訪問ですしこのような機会はなかなかありませんので、岩本先生にご無理を言って三重県の小児在宅医療に関してのお話しをうかがってきました。

津駅前です。実は人生初の三重県上陸です。
DSC01337 (Custom)

三重大学は駅から車ですと比較的近く感じました。
DSC01338 (Custom)

岩本先生は今回の訪問にあわせた資料を作成しておいて下さいました。スライドの1枚目からびっくりです。
スライド1 (Custom)
青森県との人口の比較も一緒にして下さっています。実はこれ以外にも特別支援学校における医療的ケア児調査の結果なども青森県と三重県を比較した資料をご用意下さっていました。
スライド2 (Custom)
三重県ではかなり昔から毎年新たに医療的ケアを要するお子さんの人数調査もされているそうです。青森県では死亡例調査はこれまでもかなり一生懸命やってきましたが、これは乳児死亡率の高かった時代の名残のようなもので、そろそろこの枠組みからは青森県も脱しなければと思いました。
スライド3 (Custom)
三重大学の小児トータルケアセンターは三重県における小児在宅医療の要としてご活動されており、チームとしても岩本先生以外にも兼務の医師や複数の看護師・MSWや事務担当の方など多職種のチームで構成されています。少なくとも現状の青森県ではあり得ないほどのチーム構成です。
スライド12 (Custom)
スライド13 (Custom)
活動も多岐に渡り、NICUや小児病棟からの退院支援にとどまらず、小児在宅医療全般の生活支援やそれを実現するための多職種連携・地域連携の構築や、その他、様々な相談を受けたり、地域などへの教育活動もされています。
スライド14 (Custom)
三重県庁内には小児在宅医療推進ワーキンググループがあり、県庁内の部門横断的に担当者が月1回は集まっているそうです。
スライド17 (Custom)
小児在宅医療に関する研究会も盛んに行われており、年2回の開催で毎回150名前後の参加があるのだそうです。
スライド19 (Custom)
さらに遠隔地では研究会に参加しにくい方も多いですので、地域出向での研究会も行われているそうです。
スライド21 (Custom)
三重大学病院には患者さんやご家族のためのゲストハウスが整備されています。「 ハーモニーハウス 」と言うこの施設では、大人が1泊1350円で宿泊可能なのだそうです。当院にも同じような宿泊施設である「 ファミリハウスあおもり 」がありますが、これよりも安くて広くでこれはこれとして羨ましく思いました。
スライド40 (Custom)
この他、在宅人工呼吸管理中のお子さんで特別支援学校にも通学できないお子さんの場合、訪問授業になることが多いのですが、こうしたお子さん達を実際の学校に連れて行って他のお子さん達と一緒に授業をうけてもらう「スクーリング」と言う事業も行われているそうです。特別支援学校には専属の看護師さんが配置されてはいるのですが、学校の看護師さんは訪問授業対象となるお子さんのケアは指示書がなければ行えないので、それを補うために看護師さんが一緒に自宅への出迎えから移動、授業中も含めてその場にいる必要があります。こうした先駆的な事業も行われていることにはただただ驚くばかりでした。
スライド48 (Custom)

資料はまだまだ沢山あってご紹介しきれませんが、とにかく三重県と青森県の違いをまざまざと見せられた思いでした。周回遅れどころか何週遅れているのか分からないぐらいの差があると感じました。青森県もまだまだこれからですので、次は青森県の関係者も連れて、もう一度お話しを聞かせたいただいたり、実際のカンファレンスの様子なども拝見してみたいと思いました。

最後に岩本先生や小児トータルケアセンターの皆さんと一緒に集合写真を撮らせていただきました。岩本先生ならびに小児トータルケアセンターの皆さん、ありがとうございました。
DSC01340 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.01.15

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

保健大学で今年度もペリネイタル講義~その1 の続きです。ペリネイタル講義の2回目は周産期医療とは?と言うところから始まって
・周産期医療とは?NICUとは?
・ファミリーセンタードケア~家族を育てるNICU
・NICUと退院したお子さん達の発達とフォローアップ
・小児在宅医療の問題点
などの、新生児医療を取り巻く問題をお話しさせていただきました。

IMG_0021 (Custom)
今年も「コウノドリ」の話題から入ってみました。
20180115保健大ペリネイタル講義2回目title (Custom)
まずは神奈川県立こども医療センターの豊島先生のスライドを拝借させていただきました。この後も神奈川県立こどもの写真や豊島先生のスライドが度々登場します。
スライド3 (Custom)

こちらはドラマ「コウノドリ」での神奈川こどもでの撮影風景の写真です。
スライド4 (Custom)

これから小児・周産期医療に関わることになるであろう学生さん達には赤ちゃんがNICUに入院された時のご家族の気持ちをまずは少しでも知ってもらいたいと思いました。
スライド6 (Custom)
その材料として「コウノドリ」は非常に優れていますので、今回は「コウノドリ」の1stシーズンの第4話を中心にお話ししてみました。この第4話では在胎21週の妊婦さんが突然破水して受診するところから始まります。結婚して10年でようやく授かったお子さんで、なんとしても助けて欲しいとお父さんがコウノドリ先生にすがりつきます。しかも、人工妊娠中絶が認められているのは21週までなので、赤ちゃんを究明する方針とするか否かの結論を1両日中に出して欲しいとお伝えします。

コウノドリ2 (Custom)

赤ちゃんを救命する方針で帝王切開で出生しますが、お父さんはそのあまりの小ささにほとんど言葉を失い、「お願いします」というのがやっとでした。
コウノドリ3 (Custom)

コウノドリ4 (Custom)
NICUで今橋先生から赤ちゃんの今後のことに関してあれこれ説明がある中、お父さんの口から「この子にあれが何かしてやれることってないですか?」と問いかけます。この後、今橋先生はお父さんに保育器の中に手を入れて赤ちゃんに触ってみることを勧めます。このお父さんの言葉にこそファミリーセンタードケアの原点があると感じるシーンでもありました。
コウノドリ5 (Custom)
コウノドリ6 (Custom)
コウノドリ7 (Custom)

ファミリーセンタードケアと言えばウプサラ大学NICUですので、ご家族をエンパワーするケアの考え方をウプサラ大学の動画を例にとってご紹介してみました。最後の方にスマホで見やすいようにQRコードも貼っておきました。
スライド7 (Custom)
スライド8 (Custom)
スライド9 (Custom)

こちらはコミックの「コウノドリ」でコウノドリ先生が「NICUは赤ちゃんの病気を治す場所ではありません」と話すシーンです。
スライド14 (Custom)
この場面はドラマでは今橋先生が取材に来た記者の方にお話しする場面で同じことを言っていました。
コウノドリ8 (Custom)

ここまで周産期医療・新生児医療のお話しをした後は、退院後に続く生活に関してもお話ししました。
スライド16 (Custom)
スライド17 (Custom)
スライド18 (Custom)
スライド19 (Custom)
スライド20 (Custom)
スライド21 (Custom)
スライド22 (Custom)
スライド23 (Custom)
スライド24 (Custom)
スライド25 (Custom)

内容がついつい盛りだくさんになってしまい学生さんには消化不良だったかも知れませんが、少しでも新生児医療と、その先にある様々な背景に少しでも興味を持っていただければと思っています。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.01.14

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

青森県立保健大学では毎年、看護系2講、助産コース6講を通常講義として担当していますが、これらとは別枠で新生児・周産期医療と社会との関わりのようなことに関して毎年2コマ講義させていただいています。今回はその1回目のご紹介です。
IMG_0021 (Custom)

今回も80分間、色んなお話しをさせていただきました。内容としては
 ・日本の少子化問題の背景
 ・少子化なのになぜ低出生体重児が増えてNICUが足りなくなるのか?
 ・小児在宅医療と母親の就労の問題に関して
 ・新生児医療における看護体制の問題~特に「一人飲み」問題に関して
 ・産科病棟の新生児の扱い~母親の付属物としての扱い
 ・女性の年齢別労働力率におけるM字カーブの問題
等々、まもなく看護師・助産師として社会に出て、小児・周産期医療に関わるであろう彼女たちが近い将来、職業人としてだけではなく家庭人としても直面するであろう現実に関してお話ししました。

女性人口のカーブを見ると、20年後の母親のほとんどは既に生まれてしまっていますので、前回も述べたように多少合計特殊出生率を上げたところで後戻り不可能なポイントが間近に迫っています。これが少子化対策が「時間との闘い」と言われる所以です。
出生率グラフ (Custom)
20年後女性人口 (Custom)
また少子化の背景として雇用の不安定さが大きく影響しています。大卒の就職率の推移を見ると、バブル崩壊と団塊ジュニアの就職がほとんど重なっており、それ以降の就職率も高度成長期とは比べものにならないほどの低水準で経過しています。教育費負担が大きいのが我が国の特徴でもありますので、雇用の不安定さや給与水準の低下は少子化の直接的な要因になっていることは明らかです。
スライド16 (Custom)

女性の労働力率のM字カーブは、正規雇用・非正規雇用で分けてみると最初は正規雇用でも出産・育児の年代になると比率が下降し、逆に非正規雇用が増加する傾向があります。以前と比べてM字カーブの凹みは浅くなっていますが、これは非正規雇用の増加によって支えられています。正規雇用でいったん辞めるとなかなか正規雇用には戻れない「片道切符」であることがうかがえます。
mじかーぶ (Custom)

出産後に仕事を続けられなくなり、いったん退職してから再度非正規として就職したり、そのまま退職してしまった場合の機会費用は人生を通すと億の単位にまで達してしまうのだそうです。
機会費用 (Custom)

以前、このブログでも 「ルポ 産ませない社会(小林美希著、河出書房新社)」 をご紹介しましたが、この本に書かれていることが働く女性を取り巻く社会的環境を物語っています。
産ませない社会 (Custom)

一方、医療現場ではGCUにおける「一人飲み」は、保育園なら児童福祉法で保育士一人あたりの受け持ち乳児数が定められているのに、病院では児童福祉法が適用されないため、看護師さんが一人でとんでもない人数の赤ちゃんを任せられているために起こる現象です。2015年の調査でも全国のNICUの半数近くで行われていました。
一人飲み (Custom)

(画像をクリックすると東奥日報連載の記事にリンクします)

(画像をクリックすると東奥日報連載の記事にリンクします)

(画像をクリックすると東奥日報連載の記事にリンクします。)

(画像をクリックすると東奥日報連載の記事にリンクします。)

これはGCUの問題と言うよりも、根本的には小児病棟における看護体制全般の問題でもあります。「付き添いは不要」と言う建前になっているにもかかわらず、親が付き添いせざるを得ないような手薄な看護体制にしていること自体に矛盾があります。「建前上は問題が存在しない」ことが問題解決すら困難にしている現状があります。

(画像をクリックすると東奥日報連載の記事にリンクします。)

(画像をクリックすると東奥日報連載の記事にリンクします。)

この矛盾に関しては、最近、ようやくメディアでも取り上げていただけるようになってもいます。

(画像をクリックすると記事にリンクします。)

(画像をクリックすると記事にリンクします。)

スライド最後 (Custom)
これらは個別には一見、別々のことのように見えますが、実は日本が赤ちゃんとお母さんを大切にしないと言う点で共通しています。「一人飲み」や産科病棟で母親の付属物扱いされるなど、制度上、日本は「赤ちゃんの権利」と言う観点からは権利意識に乏しい国だと言わざるを得ません。こうした社会のひずみが集中する分野で働くと言うこと、そして将来、家庭人として職業を持つ母として生きていく上での困難さがあると言うことを学生の今のうちから是非知っておいて欲しいと言う思いでお話しさせていただきました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.01.13

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

来月の2月4日(日)にアピオあおもりで 音楽療法セミナー’17 として「子どもの笑顔を引き出すコミュニケーション~発達と感性」題したセミナーが予定されており、そこで講演の予定となっています。講演は午前の一般講演と、午後の専門職シンポジウムの両方の予定となっており、前半の一般講演では「家族を育てるNICU」と題して、周産期医療全般からファミリーセンタードケアに至る話題をドラマ「コウノドリ」のエピソードを交えながらお話ししたいと思っています。午後の専門職シンポジウムでは、周産期医療から引き続くお子さんやご家族に関する問題点等に関してお話しする予定です。以下にセミナーのポスターをご紹介します。画像をクリックすると申し込みフォームへリンクします。

(画像をクリックすると申し込みフォームへリンクします)

(画像をクリックすると申し込みフォームへリンクします)

ポスター裏 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.01.08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

あけましておめでとうございます。
新年早々ですが研究会の告知です。
今月1月20日(土)に三重県津市で開かれる第8回三重新生児クリティカルケアフォーラムにお招きいただき『新生児呼吸管理の基礎から実践』に関してお話しさせていただきます。下の図をクリックするとpdfにリンクします。
三重クリティカルケアフォーラム (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

最終回 (Custom)
2017.03.16
東奥日報連載最終回~声なき声を聞くために
DSC09351 (Custom)
2017.03.05
周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅の今、未来
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.03.01
ATV「わっち!!」で医療的ケア児特集
第41回目 (Custom)
2017.02.23
東奥日報連載41回目~広がる優しさと「思い」
スライド33 (Custom)
2017.02.22
信州フォーラム旅日記~母子の力を引き出すデザイン③
スライド4 (Custom)
2017.02.21
信州フォーラム旅日記~母子の力を引き出すデザイン②
スライド84 (Custom)
2017.02.20
信州フォーラム旅日記~母子の力を引き出すデザイン①
スライド14 (Custom)
2017.02.19
信州フォーラム旅日記~その2 一体型EtCO2アダプタ開発
DSC09341 (Custom)
2017.02.18
第19回信州フォーラム旅日記~その1
IMG_0007 (Custom)
2017.02.12
青森県総合社会教育センターにKids Artが展示されました
fabian-fig (Custom)
2017.02.07
ファビアンHFOシリーズ英語版完成!
DSC09247 (Custom)
2017.02.06
総合診療医ドクターG(のような研修会)

カレンダー

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930