ここから本文です

成育科ブログ

2018.04.30

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

(画像をクリックすると第121回日本小児科学会学術集会のプログラムページにリンクします)

(画像をクリックすると第121回日本小児科学会学術集会のプログラムページにリンクします)

福岡での日本小児科学会の続きです。日本小児科学会総会に毎年参加していると、このところ小児医療・小児科医の未来に関する話題が非常に多くなっている気がします。少子化がこれだけ進んでいますので、小児医療も小児科医も変わっていかなければならないと言う意識の現れのように感じます。今回もこうした演題やシンポジウムを数多く拝聴してきました。

今回特に気になったのが以下の3つのシンポジウムです。中でも特に興味深かったのが是松先生のご発表です。

是松先生はこれまでの「受け身の医療」の枠組みから、保険・福祉・教育・保育と連携して、例えば地域の予防接種率を向上させたり、行政と協働して任意予防接種を公費化させたり、発達障害児の支援や学校でのアレルギー対策、在宅医療支援などの多岐にわたる取り組みの中で、こうした活動が結果として、感染症が減少したり、不登校が減少したり、合計特殊出生率が上昇したりと、まさに小児科学会の将来構想にもある「コミュニティ小児医療」の実践例を示されていると感じました。

総合シンポジウム1 (Custom) (1)

学会2日目以降も興味深いシンポジウムが続きます。学会最終日になっても先ほどの是松先生のご発表が頭から離れない状態で診療報酬改訂のシンポジウムを聞きました。最後の討論のところでの議論では、小児科は基本的に少子化なので全般的な「売り上げ」としては右肩下がりにならざるを得ない、ここで今後いくら小児科の診療報酬を増やしたところで、すでにその枠組みで問題解決可能な時期は過ぎてしまっているのではないか?すでに新たな時代に入ってきてしまっていると言う論調だったように思います。それはまさにその通りで、これからはむしろ患者さんを何人診たから何点と言うような診療報酬の枠組みから離脱するしかないのでは?そしてその活路こそ是松先生の取り組みの中にあるのではと感じました。ただ、急性期中心の小児医療からコミュニティ小児医療へ大きく舵を切ることが今後の小児医療のあり方なのだろうなと言うことを感じる一方で、そのこととこれまで行ってきた小児科医師の集約化の方向性との両立をどうしていくのかが今後の鍵になるのかな?と思いながらの学会となりました。
総合シンポジウム3

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.04.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今年の日本小児科学会学術集会は福岡市で開催されました。前日入りしてちょっと時間があったので以前、約2年半前に福岡都市圏新生児医療連絡会FMNNジョイントカンファレンスの人工呼吸管理の講演でお招きいただいた時に行った太宰府天満宮まで今回も参拝に行ってきました。
IMG_0689 (Custom)

太宰府は博多駅から地下鉄・私鉄を乗り換えておおよそ30分ほどのところにあります。この日はとても天気に恵まれ青空がとてもきれいでした。
IMG_0692-2 (Custom)
IMG_0695 (Custom)
IMG_0698-2 (Custom) (1)

本殿でしっかりお参りしてきました。
IMG_0697-2 (Custom) (2)

ゆっくりしていたら博多駅に戻ってきた頃には暗くなっていました。
IMG_0703 (Custom) (1)

翌朝学会場に到着です。今回の学会場は博多港近くの福岡国際会議場でした。
IMG_0704 (Custom) (1)

IMG_0706 (Custom)

会場のすぐ近くにマリンメッセ福岡があり、この日はNEWSのコンサートがあったようです。
IMG_0723 (Custom) (1)

IMG_0727 (Custom) (1)

学会の様子はその2に続きます。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.04.17

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ブログ更新がまたまたかなり滞っておりました。 青森市の西の方にそびえる岩木山も、春になってきれいに見える日が多くなってきました。
CIMG5736-2 (Custom)
新年度になって伊藤先生が去った当院NICUにも新たなメンバーが加わりました。写真の左から、本部和也先生、日向彩子先生、小川真沙里先生です。本部先生は名古屋大学から4月の1ヶ月間、NICUの研修で来て下さいました。
本部先生は今年2月の信州フォーラムに参加されていたそうで、そこで確か慢性肺疾患のセッションだったと思いますが、質疑の中で「当院には慢性肺疾患で在宅酸素になる超低出生体重児はほとんどいない」とご紹介したところ、当院の人工呼吸管理に興味を持たれたそうで、今回の研修となりました。
日向先生はこの春から茨城県立こども病院から移動された先生で、元々は弘前大学のご出身です。まずは2年間ほど当院NICUでの研修の予定となっています。
小川先生はこれまで何人もの先生を研修に出して下さっている神奈川県の 湘南鎌倉総合病院 産婦人科の先生で、昨年の青柳先生に続き、今回は3ヶ月間新生児科の研修の予定です。
CIMG5730 (Custom)

こうして全国のいろんな施設の先生がこの青森の地に来て下さることは本当にありがたいと思います。少しでもこれからの臨床に役立って欲しいと願います。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.04.16

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

これまで青森県立保健大学では看護・助産・ペリネイタルとかれこれずっと毎年講義をしてきましたが、今年度からは青森県の助産師不足を受けて新設された青森中央学院の助産コースで新生児の講義を担当することになりました。このコースはすでに看護師免許を持っている学生さんが1年間で助産師資格を目指すコースです。
P1180440-2 (Custom)
青森中央学院に到着です。ここの大学はこれまでにも何度かあおもり母乳の会の学習会で来たことがあります。
CIMG5725-2 (Custom)
この助産専攻コースでは、なんと新生児だけで11コマもいただきました。さすがに新生児のお勉強だけで11コマとなるとかなりの分量になりますので、このうちの3~4割は保健大学のペリネイタル講義に準じた、どちらかというと新生児を取り巻く社会環境的なお話しもかなり混ぜての講義となっています。
IMG_0636 (Custom)

とは言っても、これまでであれば「新生児は範囲が広くて講義のコマ数が少ないから全部を話すのは難しい」と言ってきましたが、これだけの授業コマ数があるとそんな言い訳も言えないぐらいの分量です。授業準備には自分自身の勉強の見直しにもずいぶんなった気がします。まずは、ここで学んだ皆さんが早く県内の臨床の場で活躍してくれる日を楽しみにしています。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.03.28

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

かれこれ7年以上も当院NICUで中心的に頑張ってこられた伊藤先生がこの春から八戸市立市民病院へ異動されることになりました。勤務最終日で送別会のこの日、恒例のさよなら講演をされました。これまでを振り返ってやり残したこと、これから取り組んで行きたいことなど、いろんな思いを語ってくださいました。
DSC01711 (Custom)
DSC01713 (Custom)
DSC01714 (Custom)
これからは八戸市立市民病院の新生児医療を中心的に担って行ってくれることを心から期待しています。
DSC01715 (Custom)

続いてこの日はNICUを去るスタッフも一緒の送別会でした。異動になったスタッフの皆さんへお世話になったスタッフからメッセージが送られ、ひとりひとりご挨拶されました。
DSC01716 (Custom)
伊藤先生には矢本先生がお礼のメッセージを伝えてくれました。いつも元気な矢本先生ですが、さすがにこの日は涙を堪えきれず、横で慌てる伊藤先生です。
DSC01772 (Custom)

こちらは2015年3月に伊藤先生が神奈川県立こども医療センターへ国内留学に行くときの送別会の写真です。やっぱりプレゼンターは矢本先生でしたね。
2015.03.31 年度末の風景

DSC06790-Custom

伊藤先生からは八戸での抱負とともに、このNICUは本当に素晴らしい施設なので、これからも残ってくれるスタッフの皆さんも胸を張って働いていって欲しいとのメッセージを送って下さいました。
DSC01780 (Custom)

DSC01782 (Custom)
食いしん坊の伊藤先生には「花より団子」と言うことでお菓子の詰め合わせ花束です。
DSC01790 (Custom)

伊藤先生、お疲れ様でした。八戸でのご活躍を祈っています。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

(クリックするとホームページにリンクします)
2016.09.09
母乳育児に関するシンポジウムと講演会のお知らせ
CIMG4451 (Custom)
2016.08.28
久しぶりの新生児蘇生法講習会
やまぶき園 (Custom)
2016.08.20
児童発達支援施設の見学DAY
第35回目 (Custom)
2016.08.18
東奥日報連載35回目 「一人飲み」㊤~新生児医療現場の「悲鳴」
に組4 (Custom)
2016.08.07
青森ねぶた祭り2016 その3 角度で表情が変わる魅力
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2016.08.06
青森ねぶた祭り2016 その2
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2016.08.04
青森ねぶた祭り2016 その1
13664308_730927070379953_806848520_n (Custom)
2016.08.02
日野公三先生の講演会のご案内
CIMG4376 (Custom)
2016.07.31
相原先生のさよなら講演
CIMG4372 (Custom)
2016.07.29
「子育て」という政治~日本人口学会 猪熊さんのご講演
第34回目 (Custom)
2016.07.28
東奥日報連載34回目 医療的ケア児支援 後編~それぞれの思いのリレー
DSC08878 (Custom)
2016.07.24
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳以上)

カレンダー

2020年2月
« 1月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829