ここから本文です

成育科ブログ

2015.10.11

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

週末の10月10日(土)には当院であおもり母乳の会第19回勉強会と、それに引き続いて第5回青森県周産期講演会が開催されました。

母乳の会勉強会では弘前健生病院の齋藤美貴先生が『基本に戻って母乳育児の10 カ条!』と題して母乳育児の基本についてご講演して下さり、続いて同じく健生病院助産師の藤田さんからは「コミュニケーションスキルについて」のご講演がありました。

母乳の会 (Custom)
齋藤先生のご講演では、青森県でのBFH第1号の施設としての取り組みを「母乳育児の10か条」の各項目に当てはめながら分かりやすく解説して下さいました。
DSC07415 (Custom)
こちらは藤田さんのコミュニケーションスキルのご講演の様子です。日常診療であまり意識したことのない考え方でしたが、とても分かりやすくて勉強になりました。
DSC07422 (Custom)
続く周産期講演会には富山大学産婦人科の米田 哲先生をお招きし「頚管無力症および切迫早産の病態解明と当院における治療戦略」と題してご講演いただきました。特に切迫早産で母体搬送された妊婦さんでは、入院後の治療が奏功して妊娠週数をかなり延長できる方と、そこまで保たなくて出産に至る方とがいらっしゃいますが、その違いはどこにあるのかに関して詳しくご研究されている先生です。当院産科の管理にも共通点の多いご施設での研究でしたので興味深く拝聴しました。
DSC07428 (Custom)
米田先生はNICUにもご見学に来て下さいました。米田先生は育児休暇取得をされたご経験があるそうで、ご自身の経験談と、現在多くの女性医師が所属する医局の医局長としてのワークライフバランスに関してのお考えについてもお話しして下さいました。この内容に関しては回をあらためてご紹介させていただきたいと思います。
DSC07417 (Custom)

2015.10.08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今月の10月23日(金)から25日(日)までの3日間、盛岡市で 第60回日本新生児成育医学会 が開催されます。今回の学会では学会3日目お昼の教育セミナーで「HFOによる人工呼吸管理~基礎から応用まで」と題して講演させていただくことになりました。なんと、この同じ時間帯には当科の池田先生が教育セミナーで「超早産児におけるaEEG の活用」に関しての講演も予定されております。一つの学会で同一施設から2つもの教育セミナーをさせていただけるとは本当にありがたいお話しではありますが、完全に同じ時間帯になってしまいましたので聴衆の皆さんの人気も少々気になるところです。両講演とも、当科における呼吸管理と循環管理それぞれの「キモ」とも言える内容となっています。是非、たくさんの皆さんに足を運んでいただければと思います。
HFO (Custom)

atom (Custom)

ところで学会2日目の教育セミナーでは座長も務めさせていただきます。ご講演されるのは埼玉医科大学総合医療センターMEサービス部の須賀さんで、内容は「装着から見直す計美的呼吸補助療法」に関してです。須賀さんには以前から当院に2度にわたってnasalDPAPの装着法に関してご指導いただいており、nasalDPAP装着に関するスタッフのスキル向上でとてもお世話になりました。
nasalDPAP勉強会(2012.11.09)
2年ぶりのnasalDPAP勉強会(2014.11.23)
須賀さんのご講演は学会2日目ですが、3日目には今度はエア・ウォーターさんの教育セミナーでnasalDPAPの新型ジェネレーターの装着方法に関するご講演も予定されているそうです。
tokibo (Custom)
エアウォーター (Custom)
と言うことで、以上、教育セミナーの告知でした。

2015.10.08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載 「知ってほしい赤ちゃんのこと」 は今週月曜日が22回目でした。今回も母乳育児の話題の続きです。前回の最後に「母乳の効果なども含めてすべて確率論でしかない」と述べました。今回はその続編で、母乳栄養の効果は個人個人で言えば確かに「確率論」かも知れません。しかし、これが大きな集団になると「確実」に一定の効果が得られます。青森県は「短命県返上」をスローガンとしていますが、それならば県全体として母乳育児支援を進めるのがその第一歩ではないかと言うのが今回のお話しです。

第22回目 (Custom)

以下、本文です。

今回は母乳育児の健康面への効果に関して述べてみたいと思います。母乳にはさまざまな効果があり、例えば免疫面では各種の感染症に対する罹患率を下げる効果があります。表に示すような感染症では人工乳で育てられている赤ちゃんに比べて、その罹患率を最大で数分の一にすることが知られています。

人間の体は、体内に病原体などが入り込むと白血球が反応して病原体を攻撃しますが、授乳中のお母さんの場合、同時にその病原体の情報が乳腺細胞に伝えられることで、その病原体に対する抵抗力を含む母乳が分泌されます。この他にも母乳中の様々な成分が直接病原体を攻撃したり、赤ちゃん自身の免疫機能を高める作用も知られています。まさに、お母さんの体が「盾」となり、母乳を介して赤ちゃんを守るような仕組みになっているのです。この他、母乳で育てられたお子さんは成人期になってからの肥満や糖尿病の発生率が下がることや、メタボリックシンドロームになる確率が低いことも知られています。

また、母乳育児はお母さんの健康にも効果があることが知られています。授乳中に女性ホルモンの値が下がることで卵巣がんや子宮体がん、閉経前の乳がんの発生率が低下します。また骨粗鬆症や関節リウマチの発症頻度が下がることも知られています。この他、生活習慣病としては授乳期間が長いほど糖尿病、高血圧、脂質代謝異常、心血管系疾患の罹患率が下がるとも言われています。

ただ、母乳のこうした効果もあくまで罹患率を下げる作用があるというだけで、その効果が保障されているわけではありません。せいぜい人工乳と最大数倍程度の差ですから、実際に赤ちゃんを育てているお母さんたちから見ると、その効果は実感できない程度かと思います。ですので、よく「うちの子は人工乳だけで育てたけれど風邪なんか一度もひいたことがない」とか、逆に「うちは母乳で育てたのにしょっちゅう気管支炎で入退院ばかりで・・・」というお母さんがいるのも当然のことなのです。母乳育児の効果と言っても、個人レベルで言えば、その効果はあくまで「確率論」でしかありません。

それでは母乳育児の効果など取るに足らないのでしょうか?

それは個人レベルと県などの大きな集団とでは大きく話が異なります。県単位の大きな集団で母乳育児支援が進められ、母乳育児が可能なお母さんが増えると、上述したような感染症は県全体としては「確実」に減少します。こうした母乳の効果は米国を中心とした大規模な疫学研究によってその効果が科学的に証明されています。つまり、母乳育児のリスク軽減効果は個人レベルでは実感困難かも知れませんが、大きな集団になるとその効果は「確実」になると言うことなのです。

近年、本県ではがん死亡率全国最下位などの汚名を晴らすべく「短命県返上」をスローガンに県民の健康増進を図るための施策が広く行われています。母乳育児が本県内で広がることができれば、赤ちゃんの感染症を減らすだけではなく、大人になった時のメタボ対策や、お母さんたち女性に特有のがん罹患率低下や健康増進効果などが期待できます。青森県全体として「短命県返上」に取り組むのなら、これだけ効果の「確実」な母乳育児支援も推し進めてはどうかと思いますがいかがでしょうか?

2015.09.29

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は当院総合周産期母子医療センターの周産期情報室に勤務されてこられた保健師の佐藤さんの最後の出勤日でした。佐藤さんは今年の春で定年退職されたのですが、後継の保健師さんのサポートのため半年間だけ勤務を延長して下さっていました。

DSC07344 (Custom)

佐藤さんにはそれまでなかなかコンスタントに開催できなかった「小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい」をしっかりした事業として確立していただきました。佐藤さんのご尽力でなんとか現在の形である4歳未満と4歳以上で年2回の定期開催と言うところまで来ることができました。

昨年8月開催の4歳以上のお子さんを対象としたつどい の様子です。佐藤さんが開会の挨拶と説明をして下さっています。
DSC05638-Medium2-Custom
こちらは 昨年11月に開催した4歳未満児対象のつどい で、写真はグループ交流会の様子です。
DSC06301-Custom

つどいの他にも病院と地域とのつながりもしっかり作っていただきました。「つどいの他にも」と言うよりも、こちらの方がお仕事のメインで、本当に様々な形でお世話になりました。佐藤さん、これまでありがとうございました。

2015.09.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨日は「県病サマーセミナー(と言ってももう秋なのですが・・・)」に感染症医としてご高名な神戸大学の岩田健太郎先生がご講演で遠路青森までお越し下さいました。タイトルは「極論で語る感染症」と言うことで、その名の通り、明快でとても分かりやすいお話しをして下さいました。

ご講演はスライドを全く使わずホワイトボードのみ。ある症状を主訴に受診した患者さんを例に挙げ、その患者さんの診断に辿り着くまでのアプローチを軸にしながら、そこから派生する感染症診療に留まらない広い見地からご講演下さいました。講演時間は2時間と長めにもかかわらず、あっと言う間の2時間で、それほど聴く者を引きつける魅力あるご講演でした。

DSC07337-2 (Custom)

DSC07338 (Custom)

ご講演後に岩田先生の著書である「 抗菌薬の考え方、使い方Ver.3 」にサインをいただきました。
DSC07340 (Custom)
DSC07343-2 (Custom)

当院ICNの赤平さんはなんと!岩田先生にスクラブの背中にサインをせがんで書いてもらいました。
DSC07341 (Custom)

DSC07342 (Custom)

今回は当院の研修医の先生方の希望で岩田先生のご講演をお願いしたそうですが、快くお引き受け下さったそうです。研修医のみならず私たちにとっても目から鱗の連続でした。岩田先生、ありがとうございました。

ブログ更新情報

2013.10.23
フラットパネルのある入院風景
2013.10.20
庄内周産期懇話会
2013.10.08
名古屋第一赤十字病院見学
2013.10.06
弘前大学小児科同窓会に入りました
2013.10.05
NICUを退院した赤ちゃんと家族のつどい
2013.10.01
SLE5000基礎編の英語版完成
英語版ページオープン
2013.09.30
英語版ホームページオープン!
2013.09.29
東北新生児医療カンファレンスin山形
2013.09.22
周産期医学9月号「周産期におけるPros, Cons」
2013.09.21
台風後の景色あれこれ
2013.09.20
米軍三沢基地病院との交流
2013.09.19
SLE2000HFOの英語版も完成!

カレンダー

2017年4月
« 3月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930