ここから本文です

成育科ブログ

2015.10.27

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今回の盛岡の学会でもいまや恒例となった「 こどもかぞくまんなか 」チームの皆さんによるブース出展がありました。 「 こどもかぞくまんなか 」チームの皆さんの活動はこのブログでもこれまでも何度かご紹介させていただいています。

2013年11月8日「こどもかぞくまんなか」チームの見学
に始まり
2013年11月27日「こどもかぞくまんなか」のFacebookで紹介されました
2014年7月15日第50回日本周産期・新生児学会~こどもかぞくまんなか編
と、これ以外にも皆さん、本当に活発に活動されていて頭が下がります。

DSC07488 (Custom)

DSC07489 (Custom)

今回のは「家族と赤ちゃんをつなぐ医療者のことば」と言う企画で、ご家族に対してどのような言葉がけをしているか?と言う点に焦点を当て、いわき協立の本田先生や神奈川県立こどもの豊島先生、大山先生のお言葉がご紹介されていました。このような中に加えていただいているのも本当にありがたいと思っています。
DSC07491 (Custom)

DSC07492 (Custom)

DSC07493 (Custom)

DSC07494 (Custom)

DSC07495 (Custom)

DSC07496 (Custom)

DSC07497 (Custom)

DSC07498 (Custom)

これはウプサラで開催された学会で発表された時のポスターですね。
DSC07499 (Custom)

フォローアップ外来もそうですが、ファミリーセンタードケアとしてどのような言葉がけをしているかと言う点も、これもまた誰に教わることもなく、各施設・各医師で我流にならざるを得ない部分が多い分野なのではないかと思います。実際に他の先生方がどのようにお話しされているのかはこうして読み比べてみるととても参考になります。こうした企画をもっともっと進めていくこともとても大事だと感じた企画でした。「こどもかぞくまんなか」の考え方がこれからもどんどん拡がって行くことを願っています。チームの皆さん、お疲れ様でした。

2015.10.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

第60回日本新生児成育医学会 の2日目です。この日は早朝7時過ぎから 新生児医療連絡会 の役員会です。毎年、4月の日本小児科学会、7月の日本周産期新生児学会、そして秋頃に開催される日本新生児成育医学会(旧日本未熟児新生児学会)の3学会では、たいてい学会2日目の早朝が新生児医療連絡会の役員会があります。この役員会に加えていただけるようになったのがいつ頃なのか、もう記憶も定かではありませんが、恐らくかれこれ10年以上は続けてきたでしょうか?元はと言えば、今回の学会長である堺先生にお声がけいただき、東北地方の代表の一人として加えていただいたのが最初でした。新生児医療連絡会では、これまで新生児科医師不足問題等で様々なお仕事をさせていただきましたが、来春からは新生児科から離れ「成育科」に移り新生児医療の一線を退くこともあって、新生児医療連絡会の役員も今回を最後に辞めさせていただくことにしました。正直なところ、かなり寂しい思いもありますが、世代交代も進めて行かなければとの思いもあります。新生児医療連絡会では色んな勉強をさせていただきました。本当に得がたい経験だったと思います。
12106895_990165844379475_7467207966718257690_n (Custom)
DSC07520 (Custom)

さて、この学会2日目はなかなか忙しい1日でした。朝一番の役員会に始まり、10時からは「少子化の進行が及ぼす新生児医療体制への影響は?~何が起こる?何をしなければならないか?」と題したシンポジウムがありました。この詳細はまた回を改めてご紹介したいと思います。この打ち合わせが役員会が終わってすぐの9時から始まり、シンポジウムが10時から12時まで。
DSC07523 (Custom)

続いて、今度は直後の12時から埼玉医科大学MEサービス部の須賀さんの 教育セミナーで「装着から見直す経鼻的呼吸補助療法」のご講演 があり、その座長なのでシンポジウム会場からJRの線路を隔てた反対側のホテルの会場に直行です。
DSC07540 (Custom)
DSC07542 (Custom)

それが終わると、午後はポスター発表がありました。当院NICUは独自のNICU部門システムを導入しており、患者さんの治療に関する情報や生体情報など全てがこの中にあります。このシステム内にあるこれらの情報を自動抽出するプログラムによって、2007年以降の情報を瞬時に取り出すことができます。今回は、「NICU部門システムからのデータ抽出自動化による超低出生体重児における生後早期の循環管理の違いが短期予後に与える影響に関する検討」と題して2011年以降導入した神奈川県立こども医療センター方式への変更前後での比較を行ってみました。
DSC07544 (Custom)
こちらの写真は 豊島先生のブログ からちょうだいしました。
img_13 (Custom)

その後は夕方から新生児フォローアップ研究会に参加し、それと平行して行われている新生児医療連絡会総会にも顔を出して、それからまた新生児フォローアップ研究会に引き続いて行われた「若手医師のためのフォローアップセミナー」に参加しました。このセミナーでは神奈川の豊島先生と、熊本の川瀬先生が演者と言うことで、これは聞かなければと言うことで若手ばかりの会場に混ざって拝聴しました。
DSC07547 (Custom)
DSC07548 (Custom)

「カリスマのあとに会場に誰もいなくなって3人だけの前で講演する夢を見た」と言うつかみから始まった川瀬先生のフォローアップ外来のご講演もとても勉強になりました。フォローアップ外来はなかなか人から教わる機会がないので、どうしても我流に陥りがちだと感じています。こうした勉強の機会はとても貴重だと感じました。
DSC07549 (Custom)
DSC07550 (Custom)

セミナーのあとは恒例の神奈川県立こどもの飲み会に混ぜていただきました。学会に池田先生と一緒に行く機会はなかなかないのですが、今回は池田先生も aEEGの教育セミナー のこともあり、神奈川県立こどもで現在研修中の伊藤先生に学会中だけ青森に戻ってきていただけたお陰で二人とも学会に参加できました。
DSC07553 (Custom)
DSC07556 (Custom)
こうしてちょっとハードな学会2日目が過ぎていきました。

2015.10.25

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

週末の10月23~25日は盛岡市内で 第60回日本新生児成育医学会学術集会 が開催されました。今回の学会はさかいたけお赤ちゃんこどもクリニックの堺武男先生が会長の学会ということで、私たち東北地方の新生児科医もThe Team TOHOKUとして企画・立案段階から微力ながらお手伝いさせていただきました。
DSC07475 (Custom)

堺先生は「寄り添って、寄り添われて―新生児・小児医療の現場から」と言う本を出されていて、今回の会長講演である「寄り添う医療への道のり」もこの本に書かれていることが中心にあったように思います。
410OHPpxJLL

堺先生のご講演で

「最も大切なことは子供達が育ち生きることそのものであり、家族が『共に生きること』である」
「『患者さんの立場で考えています』というのは医療者にとって多分傲慢なのだ」
「本当の意味で患者さんの立場には誰も立てないことを認識し、だからこそ、その立場に近づこうとする、限りない歩み寄りが寄り添うということなのだろうか」
「小児科医の究極の生き甲斐とは、実は患者さんであった子供達にきれいさっぱり忘れてもらうことだと信じている」

と言う言葉の数々はまさに名言であり、心からその通りと頷きながら聞いておりました。
陰ながら師匠と仰ぐさすが堺先生としか言いようがありません。
DSC07477 (Custom)

DSC07478 (Custom)

DSC07479 (Custom)

DSC07480 (Custom)

お昼からの総会のあとには功労会員の表彰式がありました。今回は今年の春に東邦大学佐倉病院をご退官された沢田健先生が代表して表彰状を受け取られました。実は沢田先生は今回の学会の前に青森まで旅行されていて、当院のNICUにも見学でお越しくださいました。沢田先生は新生児医療のメーリングリストである「 新生児医療フォーラム 」の創始者のお一人でもあり、その後の管理人を私たちの世代にバトンを渡してくださった先生でもあります。個人的には堺先生とともに師匠と仰ぐもう一人の先生です。
DSC07483 (Custom)
DSC07468 (Custom)

学会初日の夜は懇親会です。The Team TOHOKUとして東北地方の新生児仲間の先生方をご紹介してくださいました。
DSC07507 (Custom)

DSC07515 (Custom)
学会2日目以降はまた続きをアップしたいと思います。

2015.10.21

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載 「知ってほしい赤ちゃんのこと」 は今週月曜日が22回目でした。今回も母乳育児の話題の続きです。今回は災害時の授乳援助に関して述べてみました。
第23回目 (Custom)

以下、本文です。

日本は、飲み水や電気、清潔さがまるで「空気」のように存在する世界でもまれな国です。その点で言えば、「世界で最も人工乳(ミルク)栄養を安全に与えられる国」と言っても過言ではないでしょう。

しかし、一度災害が起こると「当たり前」が損なわれる場合があります。東日本大震災のような大災害はまれとしても、停電が起きただけで、マンションでは断水することがあり、オール電化住宅では熱源も使えません。

表は、災害時の赤ちゃんに必要な物品をまとめたものです。人工乳で育てる場合、たくさんの物品が必要になります。

まずは大量の水。ミネラル分の少ない軟水でなければならないので、ペットボトルの水でも適さないものがあります。

また災害時は、ほ乳瓶、特に人工乳首の部分を清潔に保つことが難しくなります。仮に消毒薬があったとしても、十分な洗浄ができなければ効果はありません。非常時には、代わりに使い捨ての紙コップが役立ちます。

湯冷ましも必要ですが、雑菌の混入防止のため一度沸騰させたものが必要です。適温に温めただけのお湯ではだめなのです。
清潔さが保たれないと、授乳期の乳児は簡単に細菌性腸炎を起こしてしまいます。災害時では生命の危機に直結します。その意味で、授乳期の乳児は災害時で最も弱い存在と言えるでしょう。加えて、災害時の備蓄として粉ミルクだけ用意していても、大量の水と熱源がないと役に立たないということを強調したいと思います。

それでは、母乳で育てるお母さんに対する望ましい支援とは、どのようなものでしょうか?

災害時は、ショックや不安のため、母乳の分泌量が少なくなることがあります。しかし、人工乳が必要と考えるのは早計です。
母乳分泌量が減ったからと言って、すぐに赤ちゃんに人工乳を飲ませると、逆に母乳分泌量が減少してしまいます。災害時には感染症もまん延しやすく、このような環境でこそ、母乳に含まれる感染防御因子が赤ちゃんを守る大きな役割を果たします。

多くの場合、精神的ストレスで母乳分泌量が減少するのは一時的であることが多く、むしろ重要なのは、授乳中のお母さんたちへの支援と配慮です。具体的には、飲み物や食べ物や毛布などの提供と、少しでも安心できる環境づくりでしょう。

周囲への事情説明も大切です?母乳分泌量の減少は一時的であることを伝え、頻回授乳を続けること。仮にお母さんたちが十分な水分や食料を得られていなくても、数週間ならそれまでと変わらない栄養分の母乳が分泌されることも伝える必要があります。

避難所では、プライバシーの確保も重要な課題です。人混みの中で授乳しても目立たない授乳用の衣服を用意しておくのも有効です。災害時だからこそ、母乳育児が継続できるような温かい支援が必要なのです。

表に示したように、人工乳の赤ちゃんに比べ、母乳だけで育てられる赤ちゃんに必要な物品はわずかです。母乳育児をするお母さんの比率が高い方が、結果として、人工乳栄養児への支援も重点的に行いやすくなります。その点から言うと、母乳育児支援は、災害対策としての側面もあるのです。

2015.10.18

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ドラマ「コウノドリ」がついに始まりました!リアルタイムで観ることができず、ようやく録画で観ることができました。コミックモーニングで連載中の原作漫画は、ちょっと出遅れて昨年秋から読み始めました。「コウノドリ」の名前だけは以前から知っていたのですが、出張の際にKindleでまとめ買いして新幹線で1巻から4巻まで一気読みしたのが最初の出会いでした。新幹線の中で泣きながら漫画を読んでいる変な人になってしまいました。以降のすでにコミックは全巻読んでいますし、今はコミックモーニングでも毎週愛読しています。ちょうど東奥日報の連載も始まったばかりの頃でしたので、 東奥日報連載3回目「NICUってどんなところ?~NICUは赤ちゃんが育つ場所」 と題して「コウノドリ」も紹介させていただきました。

東奥日報連載3回目-Custom

さて、ドラマの方の「コウノドリ」ですが、主人公の綾野 剛さんをはじめとして漫画の世界観がそのまま再現されていると感じました。しかも世界観と言えば周産期医療の世界観までも、現場の視点が忠実に再現されていることには驚きを禁じ得ません。周産期医療に携わる者にとっての日常は、ある意味、普通に社会生活を送られている方にとっては非日常なのではないかと思います。漫画を最初に読んだ時、社会に大きな影響を与える可能性を秘めた漫画だと直感しましたが、これがテレビというさらに大勢の方達に視聴されることは、周産期医療にとってと言うよりも、この社会に暮らす人々の生活がよりよいものになるために大きな力となり得るドラマだと感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドラマ中のNICUはセットだそうですが、これまたもの凄いリアリティと感心してしまいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

綾野さんもすっかりサクラですね!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

個人的にはお子さんの誕生日にも家に帰れない新生児科の先生の後ろ姿に共感してしまいました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エンドロールには監修としてサクラのモデルとされる萩田先生の他、神奈川県立こども医療センターの豊島先生や、宮城県立こども医療センターの室月先生もお名前を連ねられていますね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初回からかなり入れ込んでしまいましたが、また来週以降も毎週楽しみにしています。

ブログ更新情報

2013.11.03
NICUでDIY
2013.11.02
早朝の合浦公園
2013.10.31
弘前大学講義と弘前公園の紅葉
2013.10.29
ハロウィン飾り
2013.10.26
三浦先生の結婚式
2013.10.26
宮城県立こども病院の室月先生のご講演
2013.10.24
出張NCPR
2013.10.23
フラットパネルのある入院風景
2013.10.20
庄内周産期懇話会
2013.10.08
名古屋第一赤十字病院見学
2013.10.06
弘前大学小児科同窓会に入りました
2013.10.05
NICUを退院した赤ちゃんと家族のつどい

カレンダー

2017年6月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930