ここから本文です

成育科ブログ

2019.09.15

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

この週末は弘前大学医学部保健学科を会場に第21回青森継続看護研究集会が開催され、「子どもが医療的ケアを受けながら家族とともに安心して暮らすための支援」をメインテーマとした教育講演及び交流集会で「青森県における医療的ケア児支援体制構築の現状と課題」と題してお話しさせていただきました。
第21回青森継続看護研究集会 (Custom)
青森からJRで弘前駅に到着しました。最近、結構頻繁に来ている気がします。
DSC04291 (Custom)
会場の弘前大学医学部保健学科です。隣の大学病院や研究棟には行ったことがありますが、ここに入るのは初めてです。
IMG_5255 (Custom)
講演では、最初に医療的ケア児に関しての大枠をお話しした後、昨年5月に宇都宮市で認定NPO法人「うりずんを開設されている高橋昭彦先生が放送大学で「共に生きる社会を目指して~「医療的ケア児」をどう支えるのか~ 」をご講演された時の動画と平行してご紹介しながらお話しを進めていきました。
DSC04299 (Custom)
また、今回はこれまでのまとめの意味も込めて、昨年の青森県医療的ケア児支援シンポジウム
でご講演いただいた三重大学小児トータルケアセンターの岩本彰太郎先生のスライド内容や、その他、岐阜県や大阪などの医療的ケア児支援に関する先進地域の取り組み例をご紹介しながら、現在の青森県の取り組みの位置づけなどをお話ししました。
DSC04305 (Custom)
講演に続いて、八戸地域の医療的ケア児が相談支援専門員さんがいろいろご苦労されて保育園に入園するまでの過程を、関係者の皆さんがそれぞれのお立場から発表されました。一口に医療的ケア児の保育園への入園とは言っても、実際に実現に至るまでの過程において様々なハードルがあります。今回のご発表では、各段階におけるハードルが明確に示されたように感じました。今後、同じことを県内で一般化していくための方策を考える上で非常に参考になった事例紹介でした。

DSC04320 (Custom)
研究会終了後に高橋徹先生と弘前大学医学部保健学科の皆さんと懇親会でご一緒させていただきました。今回の研究会では120名以上の参加があり大盛況とのことでした。こうして医療的ケア児のことを取り上げて下さり心から感謝いたします。皆さん、ありがとうございました。
DSC04322 (Custom)

 

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2019.09.10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

これまで永らく「小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(以下、つどい)」を4歳未満4歳以上を年に各1回開催してきましたが、年齢の幅が狭いため参加された皆さんが先輩お母さん達のお話を聞く機会が少ないと以前から感じていました。また、「つどい」も4歳以上の部が小2を上限としているため、それ以上の学年になったお子さん達が参加できなくなると言う問題も以前から指摘されていました。そこで、今年度からもっと幅広い年齢層のご家族に集まっていただくための保護者交流会を企画してみました。
IMG_0785 (Custom)
会場の準備中です。通常、これまでの「つどい」は青森市内の元気プラザをお借りして開催してきましたが、今回は平日日中に当院内で、原則お子さんの参加はなしに、保護者の皆さんだけの参加としてみました。
IMG_0784 (Custom)
会の最初にこの保護者交流会の主旨と、これまでの「つどい」の歴史に関しても振り返ってみました。
IMG_0798-2 (Custom)
この「つどい」は最初は平成21年から開催しているようで、でも資料はないのですが確かその前にも開催していた頃があったような遠い記憶の中にあります。現在の4歳未満・4歳以上の年2回になったのが平成25年以降のようです。当初は4歳未満の「つどい」を先に開催していましたが、4歳以上のお子さんの方が就学関連の問題があるので早めに開催した方が良いだろうと言うことで、平成26年以降は現在の形のように、夏までに4歳以上を開催して、その後に4歳未満を開催すると言う形が完成しました。
IMG_0795 (Custom)
昔の「つどい」の写真をたくさん持ってきました。
IMG_0796-2 (Custom)
昔を振り返った後、参加された保護者の皆さんとの交流会が始まります。年齢層はまだ2-3歳のお子さんから、上は小5-6年生のお母さん達も参加して下さいました。
IMG_0800-3 (Custom)
当日は青森市保健所の皆さんや青森市教育委員会の皆さんも助言者として駆けつけて下さいました。
IMG_0809-3 (Custom)
各グループごとに保護者の皆さんから寄せられた不安や悩みがまとめられます。こうしたお話の中で、やはり年長のお母さん達の言葉はとても重く、我々が言うよりもずっと説得力を持って伝わったと感じました。
IMG_0810 (Custom)
交流会の最後には新生児科の三上先生から、小さく生まれたお子さん達が成人になってから以降で注意すべき点に関して少しだけお話ししていただきました。
CIMG6138-2 (Custom)
これまで「つどい」と言うと、どちらかと言えば様々な有職者からの助言が中心になっていた感じでしたが、やはり先輩お母さん達の生の声が聞けると言うのは非常に貴重な機会と感じました。今回はほとんど手探りの開催でしたが、いろんな反省点を踏まえて今後の開催につなげて行ければと思いました。参加された皆さん、ありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2019.08.31

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

8月下旬の週末には青森市内で医療的ケア児支援看護フォーラムが開催され、今年2月に視察させていただいた岐阜県重症心身障害在宅支援センター「みらい」の市川百香里さんをお招きして「医療的ケア児支援者への支援」と題してご講演していただきました。

会場は8月に医療的ケア児コーディネーター養成研修会でも会場となった県民福祉プラザです。
DSC04239 (Custom)
看護フォーラム当日は市川さんの前座として、青森県内の医療的ケア児支援の現状に関して少しだけご紹介させていただきました。
DSC04264-2 (Custom)
重症心身障害在宅支援センター「みらい」は岐阜県としての事業の一部で、小児在宅医療の患者さんやそのご家族と医療機関や訪問看護ステーションと連携しながら支援したり、人材育成やネットワーク作りなどの活動を行われている組織で、家族支援専門看護師である市川さんが中心となって活動されています。
DSC00518-2 (Custom)
2月の視察の際、市川さんから直接お話しをうかがっていく中で、青森県で今後の医療的ケア児支援体制構築を考える時、個人的には「支援者への支援」が鍵となるのではないかと感じました。例えば、これまで赤ちゃんの医療的ケア児を扱ったことのない訪問看護ステーションの方や、医療的ケア児を預かったことのない保育園や放課後デイサービスなど、どこの施設でも初めての例を受け入れるには非常に精神的なハードルが高いのが現実だと思います。そのハードルをいかにして下げるか?その鍵こそが「支援者への支援」であり、市川さんは事実上のその実践者であるのだと思います。
0001 (Custom)
市川さんは出前講習や同行訪問指導をされていますが、これは最初から現在の形だったわけではなかったそうです。「みらい」が開設され、実際に地域に出向いてみてはじめて気がつくことがかなり多かったそうで、支援を継続していく過程で「欠けていたピース」が明確になっていったようです。このことは、支援体制構築の過程で「次の課題」が次第に明らかになって行くと言うことかと思います。
DSC04255 (Custom)
市川さんのお話は2月の視察時にもうかがってはいましたが、今回、あらためてまとまった形でお話しをお聞きすることができて、また多くのことを学ばさせていただいたように感じました。市川さん、遠路ありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2019.08.25

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨年度に引き続き、今年度も青森県医療的ケア児等支援者およびコーディネーター養成研修会が県民福祉プラザで開催されました。この研修会は8月10日(土)、11日(日)の2日間にわたる講義と、コーディネーター養成研修会の方は9月に2日間の演習も予定されています。今年も初日朝の医療総論の講義を担当させていただきました。

会場の県民福祉プラザです。
DSC04231 (Custom)
初日の最初の講義は、この研修会全体の構成から関わって下さっており、一昨年の周産期学習会「みんなで考えよう!青森県の小児在宅の今、未来」でもご講演いただいた淑徳大学の谷口由紀子先生です。
DSC04176 (Custom)
2日間の講義は盛りだくさんです。
DSC04178-2 (Custom)
医療総論に続いては、訪問看護ステーションえがおの南さんから訪問看護の仕組みに関してお話がありました。
DSC04183 (Custom)
さらに16時からは3時間にわたり、ライフステージにおける相談支援に必要な視点と題して、八戸市民病院の奥寺さんと、
DSC04195 (Custom)
相談支援専門員の清水さん達からも事例提示などを交えつつお話がありました。
DSC04202 (Custom)
研修会2日目には重症心身障害児者を守る会の皆さんが、実際のご経験の中から支援者の皆さんに知っておいていただきたいことをお話しして下さいました。
DSC04219 (Custom)
2日目午後からは、愛媛県で相談支援専門員を務められている西村幸さんから、9月に行われるコーディネーター養成研修会・演習の予習的な講義がありました。
DSC04228 (Custom)
こちらは初日を終えて谷口さんを囲んでの懇親会です。皆さん、2日間お疲れ様でした。
DSC04206 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2019.07.15

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先月6月1日(土)に第11回あきた母乳育児をささえる会学習会にお招きいただき「知ってほしい、赤ちゃんのこと ~少子化対策に欠けていた視点とその処方箋」と題して、なぜ日本の少子化対策がことごとく失敗してしまったのかについて小児科医からの目線でお話しさせていただきました。その時の内容の少しまとめてみたいと思います。
スライド1 (Custom)
本題に入る前に人口に関する基礎的事項と少子化に至る社会的背景に関してまとめてみました。
スライド32 (Custom)
スライド53 (Custom)
以上を踏まえた上で「どうして合計特殊出生率は上がらない?」と言う本題に関して考えてみます。
スライド61 (Custom)
小児・新生児医療に関わっていると仕事柄どうしても、子育て中にいろんな理由で「困っている」お母さんやご家族からのお話を聞くことになります。少なくともお母さんの仕事との両立と言う観点から言えば、お子さんの病気や入院など突発的なことが起こった時のセーフティーネットは極めて脆弱と感じます。こうした突発的な状況を「有事」とすれば、いわゆる「少子化対策」と言われるもののほとんどは「平時」の対策に偏っているように感じます。まして、「保育園に入れない」などと言う事態は、この綱渡りすら叶わずに手前の崖の前で立ちすくんでいるような状況でしょう。
スライド259 (Custom)
結論から言ってしまえば、どうして合計特殊出生率は上がらないのか?と問われれば、その答えを一言で言えば「子育て中に困っていても助けてくれないから」なのではないかと思います。つまり、日本の合計特殊出生率がいつまで経っても上がってこないのは、子どもを持たないことが人生を生きていく上でのリスクマネジメントになってしまった結果なのではないでしょうか?
スライド75 (Custom)
ここまでをまとめると、こどもが増えない原因はこの不安定さにあるのではないか?そして、この不安定さに応えることこそが最大の対策になるのはないかと思います。
スライド130 (Custom)
ただ、問題はそれほど簡単ではないようにも思います。

もっと根深い問題として、そもそもお母さん、と言うよりも女性が働く上での社会環境があるように思います。それは「ケア」に関わる問題です。「ケア」とは、子育てに限らず、家事全般や介護その他、人が生まれてから死んでいくまで、すなわち生老病死に伴って生じる「人の手による世話」全般を指します。かつての高度経済成長時代では、夫が仕事、妻が「ケア」をそれぞれ性別分業することで多くの家庭が成り立っていました。当時の主たる稼ぎ頭であった夫の給与には専業主婦が従事する「ケア」の中におそらくは込み込みになっていたのだと思いますが、「女性の社会進出」ならぬ「女性が働かざるを得ない」社会となってしまった今、この「ケア代」が宙ぶらりんになってしまい、それがどこにも計上されなくなったと言う構図があるようです。この「ケア」という概念は、アン=マリー・スローター氏による「仕事と家庭は両立できない?:「女性が輝く社会」のウソとホント」で紹介されています。
スライド173 (Custom)
昔から、「銃後の守り」と言うことばがあります。これこそが「ケア」そのものなのではないかと思います。そもそも、誰かひとりが時間的・空間的に無限定的に働いていれば、その人は家族のケアに関わることができないので、他の誰かが担うことになります。しかし、生老病死、人生を生きていく上で、育児・介護・病気等々、人生におけるケアの総和はそもそもスタート時点では男女とも同じはずであり、この「ケア」にかかるコストを何らかの形で計上して行く必要があるのでしょう。
スライド174 (Custom)
スライド175 (Custom)
現在でもこの「ケア」の主たる担い手が女性であることが社会としての暗黙の了解となっています。今年の春に東京大学名誉教授の上野千鶴子さんが東京大学の入学式の祝辞で、現在も残る男女差別に言及して大きな反響を呼びました。
スライド150 (Custom)
現実に子育てに限らず「ケア」全般を任されながら仕事をする女性からみると、男性は普通にトラックを走っているのに、自分たちは障害物競走をしているようなものです。これではやる気がなくなってしまって当然でしょう。
スライド147 (Custom)
スライド148 (Custom)
上野さんが指摘されたとおり、日本には男女間において統計学的差別が厳然と存在しており、このため「ケア」を担いながら働く女性自身もまたこうした現状下で諦めの気持ちになっていくことを「予言の自己成就」とも呼ばれています。こうした社会病理とも言える背景は、中野円佳氏による「育休世代」のジレンマ~女性活用はなぜ失敗するのか?に詳細に記されています。
スライド149 (Custom)

こうした構造の背景には「ケア」を他者に任せた働き手のみが評価されると言う構造があります。しかし、一方で近年は共働き世帯が主となっていることを考え合わせると、例えば夫が「ケア」に全く関与せず無限定的に働いているとすれば、「ケア」の負担は妻の方に大きくかかっていくことになります。これは、妻の勤務先の立場からみると、時短勤務にしなければならなかったり頻繁に休んだりと、勤務先としても負担がかかっていることになります。

ここで例えば、専ら男社会で、女性社員がいても子育て中ではとても勤務継続ができないような職場と、子育て中の女性比率の高い職場があったとします。この二つの職場を比べると、前者は子育てに関しての負担がその組織としてはほとんど負っていない一方、後者の職場は組織としては子育てに関する負担が大きくかかっていることになります。そうすると、社会全体として俯瞰すると、子育てに関する負担をほとんど負わない組織は、子育てに関して理解のある組織に対して「ただ乗り(フリーライド)」していると言うことにならないでしょうか?そうした視点も今後必要となってくるのではないかと思います。
スライド177 (Custom)

一方、先進諸国の中でフランスは合計特殊出生率を改善させた国として有名です。「フランスはどう少子化を克服したか」の「はじめに」のところにこのような記載があります。
スライド237 (Custom)
日本の場合、この前段のところで思考停止しているように思えてなりません。
20190601あきた母乳育児をささえる会草案238 (Custom)
かつての高度経済成長期の幻影から抜けきれず、専業主婦時代の価値観を根本的に見直すことなく小手先の少子化対策を続けている限り合計特殊出生率が上昇する時代を迎えることはないのだと思います。
20190601あきた母乳育児をささえる会草案0531-2 (Custom)

ただ、ここで絶対に忘れてならないのは「こどもの権利」です。お母さんが仕事をすることと、こどもが病気をしたときにどうするか?と言うことは、時として母が働く権利とこどもの権利がぶつかる場合があり得ます。しかし、ここでこの両者の権利がぶつかること自体に社会の矛盾が潜んでいると考えることはできないでしょうか?「子どもは社会で育てる」と言う言葉が語られますが、その言葉の真の意味とは、子育てに関する仕事上の不利益を親に対して負わせないことなのではないかと考えています。
スライド247 (Custom)
以上、かなり長くなりましたが、秋田の学習会当日は2時間超にもなっており、これでもかなり抜粋してみました。かなり私見ばかりのところもありますので、ご批判は多々あるかと思いますが、小児・新生児医療に関わる者としては、最後の最後のところではこれから社会が変わっていくときに子ども達の権利が守られているかを最終的には注視していかなければならないと思います。
スライド251 (Custom)
今年春の東京大学入学式の上野さんの祝辞に始まり、平成が終わり令和の時代の訪れとともに子育てや女性差別問題に関して様々なニュースが飛び込んできています。きっと、あと10年もしないうちに「令和元年が日本の転機だったね」と言われる節目の時代に私たちはいるのではないかと思います。
スライド250 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

DSC03169-2 (Custom)
2019.02.05
小児在宅医療視察の旅~その1 三重大学小児トータルケアセンター
IMG_2943 (Custom)
2019.01.27
神戸・北野異人館散策
DSC03088-2 (Custom)
2019.01.26
兵庫県未熟児新生児懇談会in兵庫県立こども病院
IMG_2884 (Custom)
2019.01.09
NeonatalCareが「With NEO」へリニューアル!
スライド16 (Custom)
2019.01.07
「PEEP再考」英語版ができました!
スライド30 (Custom)
2019.01.01
PEEP再考~適切なPEEPは酸素を最小限にすると見えてくる
CCF20181226_0005-3 (Large)-2 (Small)
2018.12.22
院内広報誌「ふれあい」~医療的ケア児支援体制について
CIMG5962 (Custom)
2018.12.16
東京で小児在宅会議~小児在宅医療と災害対策
48362493_2217894678448626_850408923381891072_n
2018.12.15
医療的ケア児者の主張コンクール~未来の夢と希望を発信しよう
すべきこと (Custom)
2018.12.10
青森県母体保護法指定医研修会~生存限界の医療に関して
DSC02496-2 (Custom)
2018.11.27
第63回日本新生児成育医学会その3~エビデンスがなくたって
DSC02467 (Custom)
2018.11.26
第63回日本新生児成育医学会その2~医療安全シンポジウム

カレンダー

2020年8月
« 6月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31