ここから本文です

成育科ブログ

2015.05.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」は今週月曜日が16回目でした。今回は早産で早生まれによる「飛び級」問題に関して述べてみました。

第16回目 (Custom)

以下、連載本文です。

県病NICU(新生児集中治療室)卒業生の中にも、この春から小学校に入学したお子さんがたくさんいます。小さく生まれたお子さんたちの就学について、いつも頭を悩ませられるのが「早生まれ」の問題です。もっと正確に言えば、「早産出生により年度をまたいでしまったため、本来よりも1年早く就学しなければならなくなった」お子さんたちのことです。

「そんなにたくさんはいないのでは?」と思われるかも知れませんが、出生体重が1000㌘未満の超低出生体重児のお子さんたちは、予定日よりも数か月は早く生まれてくるので、年度をまたいで生まれることは決して珍しくありません。

過去の県病入院例で調べてみると、超低出生体重児全体の約28%のお子さんが年度をまたいだ、いわゆる「飛び級」となっていました。年度をまたいだ早生まれは超低出生体重児に限らず、ちょっとだけ早く生まれたお子さんたちでも多かれ少なかれ存在します。

仮に順調に発達していても、本来は1学年下で入学するはずだったお子さんたちです。実はわが家の娘も、年度末近くの早生まれで体格も小さめで、ランドセルに背負われているような後ろ姿を毎日はらはらしながら眺めていたものです。ましてや早産で生まれ、しかも本来よりも1学年早く新入学を迎えたら、ご家族の心配はいかほどかと思います。

日本には、小学校の入学を遅らせる「就学猶予」と呼ばれる制度があります。これは「病弱その他やむを得ない事由のため就学困難と認められる場合に就学を猶予」する制度で、学校教育法第18条に規定されています。かつては、障害や経済的事情で学校に通えない子供たちを対象にした制度でしたが、特別支援教育の充実によりその対象者を減らしてきました。

低出生体重児もその対象になり得るのですが、一方でいくつかの問題もあります。

例えば、保育所では本来就学すべき年齢のお子さんを預かることはできないので、就学猶予しても適した集団生活の場の確保が難しい場合があり得ます。就学前の1年間、どこにも行き場のない「自宅浪人」なのでは発達上も好ましくありません。

全国的にみると、就学猶予の実績はないわけではありません。しかし、その実数は決して多くなく、青森県内での実績もほとんどありません。仮に就学猶予したとして、そのことが就学後に何らかの差別やその他の不利益をもたらす可能性を就学前の段階で見通すこともまた困難ですので、安易にお勧めもできないとも考えています。

こうした事情もあり、筆者がこれまで担当したお子さんたちで実際に就学猶予をしたお子さんはいません。今後もよほどご両親の希望と諸条件がそろわない限り、就学猶予に向けて動くことはないのかなと思います。

「飛び級」問題について、現状ではこれと言った有効な打開策はなく、それぞれのお子さんができるだけ安心して就学できるよう、例えば定期的に発達の評価を行い、その中でその子の得意なこと、不得意なことを明らかにしていきながら、必要な支援や就学準備のお手伝いをしていくしかないと考えています。

元はと言えば、社会制度が生み出した問題なのですから、本来は制度が変わることで解決されるべきではないかとも思います。例えば出生証明書には赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいた期間である「妊娠週数」の記載欄があります。出生証明書は公文書ですので、この記載事項を元に出産予定日通りの学年でも問題なく就学できるような法整備がなされないものか?と日々の診療の中で感じているところです。

2015.05.20

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は5月31日(日)にATVで放送予定の「テレビ診察室」の収録がありました。 2年前に母乳育児 に関してお話しさせていただいて以来、2年ぶりになります。今回はこれまでも 東奥日報の連載 で何度か取り上げてきた少子化の背景に関してお話しさせていただきました。

少子化の背景と今後(ワイド)・修正版 (Custom) (2)
DSC06980 (Custom)
DSC06984 (Custom)
出生数推移 (Custom)

今回は、
・少子化なのになぜ低出生体重児が増えているのか?
・母親の年齢別出生数の推移
・少子化の経済的背景
・今後どうなっていくのか?
そんなことを中心にして、ちょうどこれまでの東奥日報の連載のダイジェスト版のような内容になりました。
是非、皆さんにもご覧いただきたいと思います。

DSC06998 (Custom)

2015.05.18

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先週の土曜日(5月23日)は弘前市のヒロロで東北母乳の会が開催されました。
2015年東北母乳の会 (Custom) (2)
会場のヒロロです。弘前駅から歩いてすぐのところにあります。
IMG_2407 (Custom)
今回は180名ほどの参加者があり、会場は満員状態でした。
DSC06875 (Custom)
最初の講演は仙台市で小児歯科をご専門にされていて「みやぎ母乳育児をすすめる会」の副会長をされている青葉達夫先生に母乳育児中の口腔の問題、特にむし歯との兼ね合いに関して詳しくご講演いただきました。青葉先生は国際認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)の資格もお持ちで、歯科医師としてと母乳育児を進める立場の両面から「どうしたらむし歯にならずに母乳育児を続けられるか」を分かりやすく解説して下さいました。一般的に母乳だけではむし歯のリスクは上がりませんが、離乳食を始めるとリスクが上がり始めるそうです。そこで、1日1回、特に夜寝る前にしっかりとした仕上げ磨きを行うことで、その後は例えば夜中に添い寝しながらの授乳をしてもむし歯のリスクを最小限に食い止めることができるのだそうです。目から鱗の情報満載のご講演でした。
DSC06884 (Custom)

二番目の講演では「ちょっとだけ早く生まれた赤ちゃんへの母乳育児支援」と題して、先日の信州フォーラムでのお話しのフルバージョンのようなお話しをさせていただきました。
DSC06943 (Custom)

講演会の終了後は懇親会で弘前市内からほど近いアソベの森いわき荘に移動しました。
DSC06962 (Custom)
DSC06964 (Custom)
IMG_2418 (Custom)

懇親会では津軽のお祭りのお囃子を次々にご披露いただきました。岩木山神社のお祭り、五所川原のたちねぶた、弘前のねぷた祭り、青森のねぶた祭りで盛り上がりました。
IMG_2415 (Custom)

来年の東北母乳の会は秋田での開催となります。
また来年を楽しみにしています。

2015.05.15

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

当院NICUは平成23年に12床への増床工事を行い、さらに平成26年にはNICUが15床へ増床されました。それに伴ってNICU内のレイアウトも変遷してきています。
特に昨年度からは感染対策強化のためのレイアウト変更が段階を経ながら取り組まれて来ています。今回はNICUレイアウトの変遷を写真でご紹介して見たいと思います。

当院NICUでは開設当初よりセンターテーブルをNICU中央に配置しており、平成23年の増床工事後も対面式から片面式の幅の狭いタイプに変更はしましたが、センターテーブルは使い続けていました。しかし、幅の狭いNICUの中央にセンターテーブルを置くと、エコーやX線撮影装置等が通るのも大変でしたし、感染対策上も患者さん周辺の清潔アリアと、電子カルテ等が置かれているエリアとの距離が近いという根本的な問題がありました。

そこで、平成23年の秋頃からセンターテーブルをNICUから撤去してGCU入り口のカウンター兼電カル端末用の記録スペースとして流用することとしました。
上の写真はセンターテーブル撤去前、下の写真は撤去後です。撤去後の方がNICU内が見た面にもすっきりしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、この時点ではまだ患者さん周辺の清潔エリアの区分けが不明確であり、特に患者さんごとのカート上にNICU部門システムのタブレットが置かれていたことから、導線の交差が懸念されていました。そこで今年になってからですが、部門システムのタブレットはモニター機器が載っているシーリングペンダント上へ移動させ、患者さんのカートは最上段には清潔な物品しか置かないように徹底し、2段目は手袋置き場にしました。さらに従来患者さんごとに置かれていたゴミ箱も思い切って撤去し、処置ごとに派生した不潔ゴミはカート最下段を不潔エリアとして取りあえずビニール袋に入れて置いておき、処置の終了後にはNICU内に1カ所設けられたゴミコーナーに捨てに行くと言う導線へ変更してみました。

ゴミ箱撤去後はさらにすっきりしました。

ゴミ箱撤去後はさらにすっきりしました。

患者さんのカート上には以前は部門システムのタブレットが置かれていましたが、タブレットはシーリングペンダント上へ移動させました。これに伴ってバーコードリーダーも有線から無線式に変更しています。

患者さんのカート上には以前は部門システムのタブレットが置かれていましたが、タブレットはシーリングペンダント上へ移動させました。これに伴ってバーコードリーダーも有線から無線式に変更しています。

患者さんのカート上は内服薬などの清潔な物品しか置かないことにしました。

患者さんのカート上は内服薬などの清潔な物品しか置かないことにしました。

CIMG3747 (Custom)

スタッフの感染に対する意識も「カート上はとにかく清潔にする」と導線に対する迷いも少なくなりますし、当初は大変そうだと思って忌ましtが、やってみるとなんとかなっているようです。

NICU内の記録スペースはNICU脇と奥の方の2カ所に電カルのためのテーブルは置いていますが、患者さんへの処置に際しての導線とは重ならないようにしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうした変遷が可能になったのも昨年のINTACT研究や当科スタッフと当院ICNの皆さんのお陰と感謝しています。なんとかこうした取り組みを通してより高いレベルでの感染対策ができればと思っています。

2015.04.28

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

平成27年5月16日(土)13:00~弘前市ヒロロ4階市民ホールにて東北母乳の会を開催します。今回は青森県での開催ということで、あおもり母乳の会事務局員が中心となり、講演会や来場者の方を交えての「おっぱいわいわいタイム」が予定されています。講演会では「ちょっとだけ早く生まれた赤ちゃんへの母乳育児支援」と題してお話しさせていただく予定です。多くの方のご参加をお待ちしております。

(クリックするとあおもり母乳の会ホームページにリンクします)

(クリックするとあおもり母乳の会ホームページにリンクします)

2015年東北母乳の会 (Custom) (2)

ブログ更新情報

カレンダー

2018年10月
« 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031