ここから本文です

成育科ブログ

2013.07.16

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

7月14日(日)から7月16日(火)までの3日間、パシフィコ横浜で開催された日本周産期新生児学会に参加してきました。


初日は人工呼吸管理のシンポジウムがあり、「新生児人工呼吸器 今できること・できないこと・今後求められること2013」と題して(ちょっと長い)お話ししてきました。早産児の人工呼吸管理にはFRC(機能的残気量)の維持が自発呼吸維持につながり、これが結果的に酸素化にも肺損傷予防にも有利となること、またそれを実現するための実際の人工呼吸器と呼吸モードも紹介しました。


壇上でのシンポジウムではあまり質問は出ませんでしたが、当院で行っている呼吸管理法に関してはある程度のご理解を得ることはできたのではないかと思います。


初日の夜は懇親会から引き続き、毎年恒例の「新生児医療フォーラムオフミ&若手の会」に参加です。この会は新生児関連のメーリングリストである新生児医療フォーラムのオフミと全国の若手医師が集う飲み会で、もう何回目なのかも分からないぐらいの回数になっています。全国の先生方と色々お話しできる機会は若い先生方にとってとても良いことだと思います。若い頃からどんどん視野を拡げていって欲しいと思います。


毎回、施設紹介コーナーがあるので、今回も簡単に施設紹介させていただきました。今回のテーマは「ドクヘリ搬送始めました」と「ブログ始めました」です。冒頭に神奈川県立こども医療センターにこれまで何人も研修でお世話になっていて、そのお陰で当院の治療成績が大幅に向上したことをご紹介しました。


ホテルに戻ったら夜景のなんと綺麗なこと!横浜に来るといつも「街の灯りがとても綺麗ねヨコハマ・・・」とブルーライトヨコハマが頭の中を流れていきます。


2日目は朝の7時から新生児医療フォーラムの幹事会です。7時半から新生児医療連絡会の役員会があるので30分しか出られませんでしたが、ここではいつも色んなアイデアを出し合います。


2日目午後はポスター発表で房川先生の全国学会デビュー戦です。結構、質問も出ましたが、助け船を出すことなく全部答えてくれました。
その前にちょっと怪しい研究のポスターも2題ありましたが、それは後日ポスター丸ごと全部ご紹介します。


夜は新生児医療連絡会で、今回は厚労省医政局の田中剛先生をお招きしてご講演いただきました。写真は終了後の懇親会です。


連絡会の懇親会の後は神奈川県立こども医療センターの同窓会にお邪魔させていただきました。豊島先生とも久しぶりに語り合えて楽しいひとときでした。

こうして学会に来ると新生児医療の仲間達からいつも大きな力をもらうことができます。
皆さん、ありがとうございました。

2013.07.12

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は「ビールの会」と言うのがあって参加してきました。この会は主に青森市内の各種知的障害児支援施設、養護学校、行政機関等の関係者が年に1回一堂に会してビールを片手に懇親・交流を図る会で、この会には一昨年に続き2回目の参加となりますが、歴史は長くもうかれこれ20年ぐらいにはなるらしいです。日常診療・業務の中で判断に迷うような場面に遭遇した時、お互いに気軽に相談できる環境作りとしては素晴らしいと思います。また来年も混ぜて欲しいと思っています。

2013.07.11

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

病院広報誌である「ふれあい」に「母乳育児中のお薬に関して」と題して寄稿しました。この「ふれあい」は歴史が古く、以前は院内広報誌として各科の先生方のエッセイ等が掲載されてましたが、数年前より院外向けの広報誌となり、各部門の紹介や患者さん向けの医療情報が中心となっています。

2013.07.08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 今朝の東奥日報で当院小児科病棟の準HCUが紹介されました。この病室の改修工事は当院のNICU増床計画と平行して行われ、今年度から正式に専任の夜勤看護師さんが配置されました。記事もありますように、これはあくまで試行段階であり、またあくまで長期入院のお子さんを対象としていることをご理解いただければと思います。
 昔と異なり、今は大抵のお母さん達はお仕事をされていますし、更に雇用環境も以前より不安定になっていることから、実際に外来でフォローアップ中のお子さんのお母さん達だけでも、お子さんが肺炎等で数回入院しただけでお仕事を辞めなければならなかった方が何人かいらっしゃいます。当院のこうした取り組みが現状への問題提起となり、更に今後のお母さん達への何らかのサポートのきっかけとなってくれることを願っています。

 

2013.07.05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は弘前大学小児科の伊藤教授をお迎えして、当院初期研修医で小児科検討中の先生方との懇親会をしました。1年目・2年目あわせて6名の先生に集まっていただき、皆さん、真剣にお話しを聞いて下さいました。これまで当院と弘前大学小児科は派遣大学が異なっていたこともありそれなりの距離がありましたが、これからは一緒に協力して行きましょうと言うことで、こうした懇親会も今回が初めての試みでした。私事ですが、今年から弘前大学小児科同門会に加えていただくこととなり、運命共同体として本県の小児医療のため頑張って行きたいと思います。今日の日が新たな歴史の一頁となることを願っています。

NICUで伊藤教授とのツーショット


研修医の皆さんと

ブログ更新情報

カレンダー

2018年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30