ここから本文です

成育科ブログ

2013.03.03

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日、3月3日はひな祭りです。先日、陸前高田の仮設住宅の方達からお送りいただいた手作りお雛様を、患者さんのご家族と一緒に写真を撮らせていただきました。何組かのご家族のお写真を陸前高田の方達にも見ていただこうと思っています。


手作りおひなさまはNICUの入り口に飾っています。

2013.03.01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

点滴・注射の際の患者認証はかなり一般的となってきていますが、点滴の流量設定に関するインシデントはNICUに限らず成人領域でも散見されます。最近の日本医療機能評価機構による医療事故情報収集等事業 医療安全情報でも「輸液ポンプ等の流量と予定量の入力間違い」に関する注意喚起文書が出されています。現状では、この文書にもあるように「人の眼」による確認しかないのが現状です。
こうしたヒューマンエラーを少しでも減らすため、シリンジポンプの流速認証システムを開発しました。

シリンジポンプには定期点検等で使用されるシリアルポートがありますが、ここから信号を取り出してポンプ本体表面にある小型液晶に流速情報をQRコードとして表示させます。QRコードは空港等でも用いられているように、既に一般的となっています。これを、NICUであればその部門システム端末のバーコードリーダーで読み込みことにより、事前に指示された点滴の流速情報と照合することが可能となります。

以下に動画もお示しします。

2013.02.27

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

陸前高田打越仮設住宅のおばあちゃん達からNICUに入院中の赤ちゃん達へ手作りのお雛様をいただきました。早く元気になって下さいとの思いを込めて作って下さいました。陸前高田の皆さんの力を入院中の赤ちゃん達に分けていただけそうです。 早速、NICUの入り口に飾りました。

2013.02.16

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2月14日から16日までの3日間、毎年この時期に長野県大町市で開催される新生児呼吸療法・モニタリングフォーラムに参加してきました。今回は医療機器関連でポスター発表を2題出しました。
一つ目は、昨年の日本周産期新生児学会からの続きで、シリンジポンプ流量設定情報の液晶バーコード(QRコード)化による流量認証システム構築の試みに関して、2つめは保育器電源入れ忘れ防止装置の開発に関してです。2演題の機器ともに、青森市内の和山ネットワークの和山さんと八戸高専の小林君に作成していただきました。日常診療で発生するインシデントレポートでは、「今後気を付ける」としか対策の立てようのない業務が度々ありますが、こうした科学技術の導入により一つでも解決に近づくことができればと考えています。
各演題の詳細に関しては後日、それぞれ解説付きでアップしたいと思います。

2013.02.13

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

当院の初期研修医を経て、当科のシニアレジデントとして新生児医療を支えてくれた川村直人先生が今年の4月から神奈川こども医療センターNICUに国内留学します。神奈川こども医療センターには、当科の池田智文先生をはじめ、これまで短期研修医も含めて大勢お世話になってきました。先日、川村先生が神奈川こども医療センターへご挨拶に行った時のことがブログがんばれ!!小さき生命(いのち)たちよでも紹介されていました。是非、一回りも二回りも大きくなって戻ってきてくれることを願っています。

ブログ更新情報

カレンダー

2018年2月
« 1月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728