ここから本文です

成育科ブログ

2013.07.20

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

7月14日(日)の夜に横浜で行われた「新生児医療フォーラムオフミ&若手の会」の時に施設紹介コーナーで当院の紹介をした際のスライドをアップします。

今回のテーマは「ドクヘリ搬送始めました」と「ホームページ&ブログ始めました」です。


当院NICU全景です。当科はここにある全ての人工呼吸器を有しており、それぞれの人工呼吸器の特性を最大限に活かすことで、患者さんごとに最適な人工呼吸器と呼吸モードを選択する呼吸管理を目指し実践しています。

毎日のカンファレンスの様子です。毎日1日2回、全員集まって患者さんの状態確認と治療方針の決定をしていきます。チームとしての意思統一を重視しています。

このスライドは神奈川こどもの豊島先生のブログからの引用です。これまで、長期または短期の研修で、池田先生、佐藤先生、寺田先生、松尾先生がお世話になり、現在は川村先生が研修中でお世話になっています。こうして大勢の先生方に神奈川こどもで研修をさせていただくことによって、治療方針も「神奈川こども方式」へ大きく舵を切りました。

「神奈川こども方式」は早速効果が出始め、全国の周産期センターが登録されている全国集計調査による極低出生体重児(出生体重1500g未満の赤ちゃん)の補正死亡率は全国トップクラスにまで改善させることができました。
本当にこれが「神奈川こども方式」なのか、豊島先生には「池田方式なんじゃないの?」とは言われていますが、基本的な特に循環管理に対する考え方は神奈川こども方式の流れに沿ったものであると思います。

さて、本論のドクヘリ搬送ですが、様々な搬送経路を想定し、現在も訓練を継続中で、本稼働も間近に迫っています。総合周産期センターであり、かつドクヘリ基地病院と言う利点を最大限活かした搬送体制を構築したいと考えています。

ホームページ上にアップするのも変な話ですが、当科のホームページもご紹介しました。

ブログもやっています。(って見てますよね)

2013.07.18

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

怪しい研究発表その2です。
二つ目は「液晶QRコード表示による血液ガス分析装置測定結果取り込みシステムの開発」です。
NICUには結構色んな病棟内検査機器が多く、近年の医療情報の電子化から取り残されている例が比較的多いのではないかと思います。血液ガス分析装置だけであれば電カルとの連携例も多いかも知れませんが、これに加えて血算・生化学・CRPなどの測定機器を有している施設も多いのではないかと思います。こうした機器から得られたデータは、取りあえず紙カルテにのりで貼って、記録は手入力しかない場合もありますが、そうすると転記ミスは不可避となります。検査機器から得られたデータを比較的安価に電子化する方法として、こうした機器で得られたデータをタブレットの液晶画面にQRコード化することで、電カルあるいは部門システムに取り込む方法を考案しました。方法がこれしかないかどうかは分かりませんが、市販の高額なソフトウエアを購入するよりは安価にシステム構築が可能なのではないかと考えています。


液晶QRコード表示による血液ガス分析.pdf

2013.07.17

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日の日本周産期新生児学会で発表した怪しい研究発表のポスターを載せます。
一つ目は「人工呼吸器使用中の加温加湿器電源入れ忘れ防止装置の開発」です。
人工呼吸器には加温加湿器が必ず必要ですが、両者は別々の電源系を有しているため、人工呼吸器が稼働しているのに加温加湿器の電源が入っていないと言うインシデントがNICUに限らず医療現場で散見されます。特に未熟児新生児領域では加湿不足が呼吸症状悪化に直結する場合もあり、人工呼吸回路内の加湿は成人領域以上に重要です。今年の信州フォーラムでは保育器の電源入れ忘れ防止装置と言う器械を考案して発表しましたが、この時に共同開発者である和山ネットワークの和山さんと信州の温泉で酒を飲みながら、同じ技術が人工呼吸器の加温加湿器入れ忘れ防止装置にも使えるのでは?と言う話になりました。実際に製品化するには色んなハードルがありますが、比較的簡単な仕組みで作れそうなので、こうした技術が医療安全に寄与することを願っています。

加温加湿器電源入れ忘れ防止装置.pdf

2013.07.16

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

7月14日(日)から7月16日(火)までの3日間、パシフィコ横浜で開催された日本周産期新生児学会に参加してきました。


初日は人工呼吸管理のシンポジウムがあり、「新生児人工呼吸器 今できること・できないこと・今後求められること2013」と題して(ちょっと長い)お話ししてきました。早産児の人工呼吸管理にはFRC(機能的残気量)の維持が自発呼吸維持につながり、これが結果的に酸素化にも肺損傷予防にも有利となること、またそれを実現するための実際の人工呼吸器と呼吸モードも紹介しました。


壇上でのシンポジウムではあまり質問は出ませんでしたが、当院で行っている呼吸管理法に関してはある程度のご理解を得ることはできたのではないかと思います。


初日の夜は懇親会から引き続き、毎年恒例の「新生児医療フォーラムオフミ&若手の会」に参加です。この会は新生児関連のメーリングリストである新生児医療フォーラムのオフミと全国の若手医師が集う飲み会で、もう何回目なのかも分からないぐらいの回数になっています。全国の先生方と色々お話しできる機会は若い先生方にとってとても良いことだと思います。若い頃からどんどん視野を拡げていって欲しいと思います。


毎回、施設紹介コーナーがあるので、今回も簡単に施設紹介させていただきました。今回のテーマは「ドクヘリ搬送始めました」と「ブログ始めました」です。冒頭に神奈川県立こども医療センターにこれまで何人も研修でお世話になっていて、そのお陰で当院の治療成績が大幅に向上したことをご紹介しました。


ホテルに戻ったら夜景のなんと綺麗なこと!横浜に来るといつも「街の灯りがとても綺麗ねヨコハマ・・・」とブルーライトヨコハマが頭の中を流れていきます。


2日目は朝の7時から新生児医療フォーラムの幹事会です。7時半から新生児医療連絡会の役員会があるので30分しか出られませんでしたが、ここではいつも色んなアイデアを出し合います。


2日目午後はポスター発表で房川先生の全国学会デビュー戦です。結構、質問も出ましたが、助け船を出すことなく全部答えてくれました。
その前にちょっと怪しい研究のポスターも2題ありましたが、それは後日ポスター丸ごと全部ご紹介します。


夜は新生児医療連絡会で、今回は厚労省医政局の田中剛先生をお招きしてご講演いただきました。写真は終了後の懇親会です。


連絡会の懇親会の後は神奈川県立こども医療センターの同窓会にお邪魔させていただきました。豊島先生とも久しぶりに語り合えて楽しいひとときでした。

こうして学会に来ると新生児医療の仲間達からいつも大きな力をもらうことができます。
皆さん、ありがとうございました。

2013.07.12

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は「ビールの会」と言うのがあって参加してきました。この会は主に青森市内の各種知的障害児支援施設、養護学校、行政機関等の関係者が年に1回一堂に会してビールを片手に懇親・交流を図る会で、この会には一昨年に続き2回目の参加となりますが、歴史は長くもうかれこれ20年ぐらいにはなるらしいです。日常診療・業務の中で判断に迷うような場面に遭遇した時、お互いに気軽に相談できる環境作りとしては素晴らしいと思います。また来年も混ぜて欲しいと思っています。

ブログ更新情報

カレンダー

2018年11月
« 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930