ここから本文です

成育科ブログ

2017.05.04

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今年6月2日(金)~3日(土)に韓国の仁川にある嘉泉大学 吉病院で 韓・日 NICUケアワークショップ が開催されます。このワークショップでは早産児の呼吸管理を中心に取り上げられ、PAVとHFOに関しての日韓バトルで発表の予定です。

詳細やプログラムは以下に掲載しております。

NICUケアワークショップ2017の詳細

参加申し込みはこちら

ご興味のある方は是非ご参加下さい。

以下にプログラムをお示しします。(プログラムのpdf
案内poster_日本語L (Custom)

1 (Custom)

2 (Custom)

3 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.04.23

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

この週末は 兵庫県立尼崎総合医療センター 主催の第18回阪神小児循環器疾患研究会にお招きいただき早産児の人工呼吸管理に関してお話しさせていただきました。

兵庫県立尼崎総合医療センターは尼崎市およびその周辺地域をカバーし、小児医療においてはその背景人口は青森県の人口を上回る地域における三次医療機関です。NICUだけではなく専任スタッフを有するPICUもあります。
DSC09507 (Custom)
病院の入り口には「ザトペック投法」でも知られる往年の大投手 村山 実氏の銅像もありました。
DSC09511 (Custom)

研究会には医師の他、看護師さんなどのスタッフの方もいらっしゃっていました。特に今回は循環器疾患研究会なので、小児循環器の先生が多数参加されていました。NICUを卒業して1年になりますが、新生児の人工呼吸管理に関してこうしてお話しさせていただけるのは本当にありがたいことだと思います。
IMG_8208 (Custom)
DSC09515 (Custom)
よりによって「阪神」の研究会にこのスライドはなかったと少々反省です。(^^;)
先発抑え (Custom)

研究会後の懇親会では、今回は小児循環器の先生がいらっしゃったので、小児循環器疾患の患者さんのトランジション(脚注)に関していろいろとうかがってみました。小児循環器領域でも昔に比べて先天性心疾患の予後は改善していますので、遠隔期の問題に関してはいろいろ悩まれているようでした。小児科でも様々な領域がありますが、先天性心疾患、特に複雑な心疾患の術後などでは患者さんが成人期になっても循環器内科の先生がなかなか手を出しにくい領域と思います。こうしたトランジションに関してはこれから確実に問題になると思われます。先日、「 コミュニティ小児医療 」の話題をご紹介しましたが、このトランジション問題もまた将来の小児医療体制の中で考えて行かなければならない課題なのではないかと感じました。すでに成人期に達しているので「小児医療」という言葉の定義もまた今後の課題なのかも知れません。阪神小児循環器疾患研究会の諸先生、ありがとうございました。

注:日本小児科学会「小児期発症疾患を有する患者の移行期医療に関する提言」

DSC09532-4 (Custom)
研究会の翌日、青森市内の桜はそろそろ満開なので、空港からの帰り道に桜川の桜並木に寄ってみました。この日は快晴で、青空に桜のピンクが映えていました。
DSC09552 (Custom)
DSC09553 (Custom)
DSC09556 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.04.17

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先週末は東京で開催された 第120回日本小児科学会学術集会 に参加してきました。最近の東京出張は新幹線がかなり多くなりました。青森市は空港が近く、新幹線のどちらでも選べて実は交通の便は意外にいいのです。
IMG_8128 (Custom)
会場に到着です。今回の会場は品川のグランドプリンスホテル新高輪でした。東京の桜はかなり散ってしまって見頃は過ぎてしまったようでした。
IMG_8156-2 (Custom)
IMG_8157 (Custom)

今回の小児科学会では「小児科医の将来像」に関するシンポジウム等の企画が目についたように思います。
シンポジウム (Custom) (2)
シンポジウム2 (Custom)
少子化だけではなく、ワクチンの開発など様々な要因によって急性期疾患が減少する一方、メンタルヘルスや障害児の問題などがクローズアップされるなど小児医療が大きな過渡期を迎えようとしていることが、こうした学会のシンポジウムからも読む取ることができます。あたかも小児科学会あるいは小児科医が今後の自身のあり方で悩んでいるようにも感じました。

新生児医療から離れたことで会議もかなり減ったようです。今回の会議は日本新生児成育医学会の診療委員会だけでした。会議では神奈川県立こども医療センターの豊島先生ともご一緒し、会議の後は熊本大学の田仲先生とも合流しました。この日は熊本地震からちょうど1年にあたる日でもあり、当時の様子のことや、神奈川で短期研修中の矢本先生の近況など、あれこれお話しをうかがうことができました。やはり学会ではいつもいろんな刺激を受けることができます。皆さん、お疲れ様でした。
IMG_8149 (Custom)
IMG_8151 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.04.13

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨年の富山で開催された日本周産期新生児学会の教育セミナーで 「母児の出会い、愛着形成を産科· 新生児科で考えるFamily Integrated Care~オランダにおけるFamily Integrated Careの実践例と日本における可能性」 としてお話しした内容は以前、 Family Integrated Care~日本周産期・新生児学会in富山 その4 でもご紹介しましたが、この度セミナーレポートとして冊子になりましたのでご紹介します。このままでは文字が小さいですので、クリックすると拡大画像が表示されますので是非ご覧下さい。

p1 (Custom)

p4 (Custom)

p5 (Custom)

p6 (Custom)

p7 (Custom)

p8 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.04.05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

新年度になりました。以前から院内の感染対策チーム(ICT、Infection Control Team)に入っている関係で、今年度は新年度の新人オリエンテーションで院内感染予防のお話しをすることになりました。まず感染対策委員会の委員長である立花先生から県内の感染症医療における当院の位置づけなどに関してお話しがあり、続いてICTとして、院内感染対策で最も重要なポイントだけ説明しました。
CIMG5169 (Custom)

タイトルは院内に掲示してあるポスター「安心して下さい、洗ってますよ」からの引用です。
CIMG5171 (Custom)

院内感染予防にはとにかく手洗いが大切です。ひとつの処置の前後に必ず手を洗う習慣が不可欠です。感染対策はいくらほとんどのスタッフが手洗いを遵守していても、ほんの一部のスタッフに徹底されていないだけで、その病棟全体のレベルが下がってしまいます。感染対策の水準はスタッフの平均値ではなく、スタッフの最低ラインによって規定されるのではないかとはいつも感じているところです。
手洗い (Custom)
「病院に勤務する職員は、手洗いせずして、業務するなかれ」は名言と思います(当院感染認定看護師の赤平さんの言葉です)。
手洗い2 (Custom)

実際に院内で採用されているいろいろな種類のアルコール手指消毒剤で研修医の皆さんに手洗いをしてみていただきました。皆さん、しっかり学校で教わってきているようです。
CIMG5183 (Custom)

職員ひとりひとりが患者さんやご家族に「安心して下さい、洗ってますよ」と胸を張って言えるようになれば感染対策も安泰なのではないかと思います。
スライドラスト (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

1 / 3112345...102030...最後 »

ブログ更新情報

DSC09613 (Custom)
2017.05.15
青森県西海岸への旅
案内poster_日本語L
2017.05.04
NICUケアワークショップ2017 in Korea
図22 (Custom)
2017.05.01
北海道立小児総合保健センターの思い出
DSC09571 (Custom)
2017.04.30
コドモックル・新飯田裕一先生慰労会
先発抑え (Custom)
2017.04.23
阪神小児循環器疾患研究会in兵庫県立尼崎総合医療センター
小児科学会 (Custom)
2017.04.19
「コミュニティ小児医療」とは?
(クリックするとクリニックのホームページへリンクします)
2017.04.18
2017年7月に「あいだクリニック」開院予定!
シンポジウム (Custom) (2)
2017.04.17
第120回日本小児科学会学術集会 in東京
p1
2017.04.13
Family Integrated Care~セミナーレポート
スライドラスト (Custom)
2017.04.05
新年度 ICTとしての新人オリエンテーション研修会
CIMG5100 (Custom)
2017.03.21
スタッフ向け新生児蘇生法講習会~より実戦で役立つ講習を目指して
最終回 (Custom)
2017.03.16
東奥日報連載最終回~声なき声を聞くために

カレンダー

2017年5月
« 4月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031