ここから本文です

成育科ブログ

2017.02.19

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨年の大阪で開催された日本新生児成育学会 、そしてさらにその前の 一昨年の信州フォーラム でも発表した一体型EtCO2アダプタをついにこの信州フォーラムでもセッションとして発表させていただくことになりました。

DSC09276 (Custom)

人工肺サーファクタント・HFOなど、新生児医療の歴史の中でも医療を格段に進歩させる場面をこれまで何度か見てきました。そこまでのインパクトはなくても、例えばBabylogもデビューしたての頃はリークに弱いのが弱点でしたが、その後のマイナーチェンジではその弱点が克服されていました。今回のお話も、まあそこまでとはいかなくても、ひょっとしたらこれから先の急性期医療を大きく変えるかもしれない新たなデバイスの登場というお話になればと思っています。

スライド2 (Custom)
EtCO2は単にCO2のモニタリングに留まらない様々な情報を得ることができます。ただ、最大の難点が死腔量の増加です。
スライド11 (Custom)
この死腔量をなくして、さらにできるだけ患者さんの口元近くで計測することができれば、それが何より理想的なはずです。
スライド12 (Custom)
そこで、従来使用している閉鎖型気管内サクションカテーテルアダプタとEtCO2アダプタを合体させることで、その死腔量を最小化することができないかと考えたのが今回の一体型アダプタです。スライドは本当にベタで申し訳ないです。
スライド13 (Custom)
スライド14 (Custom)
実物はポケットに忍ばせておいて、手に取って見せたつもりでしたが、頭のハレーションとかぶってしまったようです(-_-;)
DSC09284 (Custom)

ちなみに今回のプレゼンは、実はスティーブ・ジョブズが2005年にiPod nanoを発表したときにジーンズの小さい方のポケットから取り出してみせるのをちょっと真似てみました。似ても似つかなくて、きっと誰も気が付かなかったとは思いますが・・・・。一度これをやってみたかっただけです。

( Apple Music Special Event 2005-The iPod Nano Introduction )

( Apple Music Special Event 2005-The iPod Nano Introduction )

一体型アダプタの死腔量は2.9mlと、閉鎖式吸引カテーテルアダプタの死腔が約2.0mlなので、それでも少し多めですが、、まだまだ死腔量は減らせるので、最終的にはほぼ同程度まで行けるのではないかと思います。
スライド19 (Custom)
スライド20 (Custom)

なんとかこのアダプタが正式な製品となって、特に体重の小さな赤ちゃんたちの人工呼吸管理に少しでも役に立ってくれる日が来ることを願っています。

DSC09343 (Custom)

このアダプタ開発にご協力くださった日本光電の皆様に心から感謝申し上げます。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.02.18

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

この週末はこの時期恒例の 第19回新生児呼吸療法モニタリングフォーラム に参加してきました。今回は 昨年の日本新生児成育学会 で発表した、EtCO2の一体型アダプタの発表がありました。

会場の大町市に到着です。いつもどおり「おおまぴょん」がお出迎えしてくれます。
DSC09263 (Custom)
DSC09264 (Custom)
DSC09266 (Custom)
DSC09267 (Custom)

こちらはEtCO2のセッションのディスカッションの様子です。この詳細はその2でご紹介します。
DSC09292 (Custom)

発表も終えて懇親会の様子です。信州フォーラムの懇親会は参加者のほぼ全員が参加するので、とても賑やかです。他の学会よりもいろんな方とお会いできるので、いつもとても楽しみにしています。
DSC09342 (Custom)

こちらはEtCO2アダプタ開発にご尽力して下さった日本光電の方達です。
DSC09343 (Custom)
最初に臨床応用して下さった小林先生も一緒に。
DSC09344 (Custom)
懇親会のあとも、それぞれの部屋で飲み会は続きます。今回は北海道組に混ぜていただきました。 3年前の信州フォーラムの帰りに大雪に遭って 、あやうく遭難しかけたのは今でも語り草になっています。

DSC09345 (Custom)

EtCO2の発表と、続くNICUの環境デザインの発表はその2以降に続きます。
DSC09341 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.02.06

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今週末はNHKの 総合診療医ドクターG情熱大陸 にも出演されたことのある 国立研究開発法人国立国際医療研究センター の忽那賢志先生をお招きして「総合診療医ドクターG(のような研修会)」を開催しました。

当院では昨年度より国立国際医療研究センターから感染症に関する診療支援をいただいています。年に数回ですが同院感染症センターの先生におこしいただき、医師・スタッフ等を対象とした研修会や、院内感染対策に関してのご指導等の診療支援をしていただいており、今回の研修会もその一環でした。
DSC09247 (Custom)

今回は忽那先生が出演された 総合診療医ドクターG のスタイルを真似て、当院研修医に提示された症例に関していろいろ考えてもらおうという研修会を企画しました。
DSC09248 (Custom)

DSC09253 (Custom)

研修会のあとには市内のお店に繰り出しました。DSC09260 (Custom)

こうして感染症の第一人者の先生からいろいろなお話しを直接聞くことのできる機会など地方ではなかなかありませんので、非常にありがたいと思っております。当院の研修医や若手医師にも大きな刺激になることと思います。忽那先生、ありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.01.24

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今年の3月4日(土)に今年度の周産期学習会としてアピオあおもりで淑徳大学看護栄養学部看護学科の谷口由紀子先生をお招きして「みんなで考えよう!青森県の小児在宅の今、未来~医療的ケア児等への相談支援スーパーバイザー養成研究から見えてきたこと~」と題してご講演いただくことになりました。

(クリックすると拡大表示されます)

(クリックすると拡大表示されます)

周産期学習会のご案内と申し込みは以下をクリックしてpdfをダウンロードして下さい。
3月4日(土)周産期医療学習会案内&申込書

谷口先生には昨年末の12月27日に開催された「医療的ケア児支援に関する情報交換会」にお越し下さり、青森県の現状をヒアリングする一方で、全国の取り組みに関していろいろと教えて下さいました。以下の写真は当日の様子です。
IMG_7267 (Custom)
IMG_7268 (Custom)
IMG_7269 (Custom)
IMG_7271 (Custom)

今回の学習会では、昨年のヒアリングを踏まえた上で、本県にどのような取り組みが必要なのかに関してお話ししていただけると思います。今回の学習会には医療・福祉・教育関係の方に加えて、患者さんのご家族にもお声がけしたいと思っています。多くの方にご参加いただければと思います。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.01.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

青森県立保健大学では毎年、看護系2講、助産コース6講を通常講義として担当していますが、これらとは別枠で新生児・周産期医療と社会との関わりのようなことに関してペリネイタル講義として毎年講義させていただいています。以下は昨年の講義です。
昨年1月13日 保健大学で今年度もペリネイタル講義

IMG_7444 (Custom)

ペリネイタル講義では毎年80分を2コマいただいていて、1回目の内容としては、
・日本の少子化問題の背景
・少子化なのになぜ低出生体重児が増えてNICUが足りなくなるのか?
・小児在宅医療と母親の就労の問題に関して
・新生児医療における看護体制の問題~特に「一人飲み」問題に関して
・産科病棟の新生児の扱い~母親の付属物としての扱い
・女性の年齢別労働力率におけるM字カーブの問題
等々、まもなく看護師・助産師として社会に出て、周産期医療に関わるであろう彼女たちが近い将来直面するであろう現実に関してお話ししました。
先週の2回目の講義では、
・NICUとは?
・ファミリーセンタードケア
・NICUと退院したお子さん達の発達とフォローアップ
・小児在宅医療の問題点
などの、新生児医療を取り巻く問題をお話しさせていただきました。

今年も「コウノドリ」の話題から入ってみました。
スライド1 (Custom)
スライド2 (Custom)
これは神奈川県立こども医療センターの豊島先生のスライドを拝借させていただきました。この後も神奈川県立こどもの写真や豊島先生のスライドが度々登場します。
スライド3 (Custom)

こちらはドラマ「コウノドリ」での神奈川こどもでの撮影風景の写真です。スライドには四宮先生とありますが、最近だと「平匡さん」ですね。
スライド4 (Custom)
スライド5 (Custom)
スライド6 (Custom)
スライド7 (Custom)
こちらは先日もご紹介したウプサラ大学の動画です。最後の方にスマホで見やすいようにQRコードを貼っておきました。
スライド8 (Custom)
スライド9 (Custom)
スライド10 (Custom)
スライド11 (Custom)
スライド12 (Custom)
スライド13 (Custom)
スライド14 (Custom)
スライド15 (Custom)
スライド16 (Custom)
スライド17 (Custom)
スライド18 (Custom)
スライド19 (Custom)
スライド20 (Custom)
スライド21 (Custom)
スライド22 (Custom)
スライド23 (Custom)
スライド24 (Custom)
スライド25 (Custom)

内容がついつい盛りだくさんになってしまい学生さんには消化不良だったかも知れませんが、少しでも新生児医療と、その先にある様々な背景に少しでも興味を持っていただければと思っています。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.08.11
特別支援学校医療的ケア基本研修
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.08.07
ねぶた祭り2017
IMG_0149-2 (Custom)
2017.08.01
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳以上)
CIMG5223 (Custom)
2017.07.24
看護協会主催の新生児蘇生法講習会
IMG_8781 (Custom)
2017.07.19
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会in横浜
DSC00052 (Custom)
2017.07.17
日本呼吸療法医学会~HFOVフォーラム
DSC09979 (Custom)
2017.07.13
埼玉県立小児医療センターを見学させていただきました
IMG_8658 (Custom)
2017.07.02
ITvision誌~タブレットPCを活用したNICU部門システムの概要と将来的展望
DSC09908 (Custom)
2017.06.27
聖隷浜松病院NICUを見学させていただきました
DSC09964 (Custom)
2017.06.26
ハイリスクフォローアップ研究会in浜松~ハイリスク児の教育現場
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.06.07
韓国でPAVに思いを馳せる~PAVはまだ死んでいない!
DSC09797 (Custom)
2017.06.06
NICUケアワークショップ2017 in Korea その3

カレンダー

2019年4月
« 3月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930