ここから本文です

成育科ブログ

2015.10.12

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

10月10日(土)の青森県周産期講演会でご講演いただいた富山大学産婦人科の米田 哲先生のご講演でワークライフバランスに関する部分を少し詳しくご紹介させていただきます。

米田先生の奥様は産婦人科医師として同じ医局で働かれているそうです。お子さんが生まれ、生後4ヶ月になった時点で1ヶ月間の育休を取得されたそうです。育休と言うことは、この1ヶ月間、育児・家事全般をこなす「主夫」をされていたと言うことです。それまで母乳育児で育ってきた娘さんはほ乳瓶での授乳を嫌がり、最初はそこからの闘いだったそうです。
DSC07434 (Custom)

こうした経験をされた米田先生は、現在は富山大学産婦人科の医局長も務められているそうで、ここから先は医局長として、富山大学産婦人科医局としての取り組みをご紹介して下さいました。

DSC07441 (Custom)
DSC07442 (Custom)
DSC07443 (Custom)
DSC07444 (Custom)
DSC07445 (Custom)
DSC07446 (Custom)

詳細はスライドを読んでいただくのが早いと思いますが、一つの組織として女性が働きやすいようにしっかり配慮することによって、これだけ女性医師の離職率を下げることができていると言う事実はもの凄いことだと思います。労働環境整備前後の復職率の違いは際立っていますし、出産後の大学での常勤勤務率が86%と言うのも凄い数字です。しかも、これが医師の中でも最も激務と言われている産婦人科での話ですから、他の分野でできないなど言い訳もできないでしょう。

話はちょっと変わりますが、カーネギーメロン大学教授で2006年に自身が膵癌の末期症状にあることを知って「最後の授業」を行われたランディ・パウシュ氏をご存じでしょうか?この「最後の授業」の様子は『最後の授業 ぼくの命があるうちに』と言う本になり、ベストセラーにもなりました。

最後の授業2 (Custom)

この「最後の授業」の時、当時まだ1歳半だった末娘のクロエちゃんに送った言葉を思い出しました。

大きくなったら、僕のある女性同僚の言葉を知ってほしい。すべての若い女性にふさわしい言葉だ。僕が聞いてきたなかで、いちばんいい助言でもある。
「ずいぶん時間がかかったけれど、ようやく気づいたの。自分に言い寄ってくる男性がいたら、気をつけることは簡単。彼の言うことはすべて無視して、彼のすることだけに注意すればいいの」そのとおりだよ、クロエ。

各科をローテーション中の研修医や学生さん達はあちこちの診療科から勧誘を受けることと思います。医局や病院に勧誘する時には良い話しかしないものですが、そこで思い出して欲しいのがこの言葉です。自分を勧誘してくる医局の先生がどんな話をしてくるかではなく、特に女性医師の場合、すでにそこで働いている女性医師がどのような働き方をしているのか?その医局としてどんな具体的な取り組みをしていて実績があるのかをしっかり見極めて欲しいと思うのです。

なので、ランディ・パウシュ氏の言葉を借りれば、
「自分を勧誘してくる医局があったら(教授がいたら)、気をつけることは簡単。彼(教授)の言うことはすべて無視して、彼の医局がこれまでやってきたことだけに注意すればいいの」
その通りだと思いませんか?

2015.10.11

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

週末の10月10日(土)には当院であおもり母乳の会第19回勉強会と、それに引き続いて第5回青森県周産期講演会が開催されました。

母乳の会勉強会では弘前健生病院の齋藤美貴先生が『基本に戻って母乳育児の10 カ条!』と題して母乳育児の基本についてご講演して下さり、続いて同じく健生病院助産師の藤田さんからは「コミュニケーションスキルについて」のご講演がありました。

母乳の会 (Custom)
齋藤先生のご講演では、青森県でのBFH第1号の施設としての取り組みを「母乳育児の10か条」の各項目に当てはめながら分かりやすく解説して下さいました。
DSC07415 (Custom)
こちらは藤田さんのコミュニケーションスキルのご講演の様子です。日常診療であまり意識したことのない考え方でしたが、とても分かりやすくて勉強になりました。
DSC07422 (Custom)
続く周産期講演会には富山大学産婦人科の米田 哲先生をお招きし「頚管無力症および切迫早産の病態解明と当院における治療戦略」と題してご講演いただきました。特に切迫早産で母体搬送された妊婦さんでは、入院後の治療が奏功して妊娠週数をかなり延長できる方と、そこまで保たなくて出産に至る方とがいらっしゃいますが、その違いはどこにあるのかに関して詳しくご研究されている先生です。当院産科の管理にも共通点の多いご施設での研究でしたので興味深く拝聴しました。
DSC07428 (Custom)
米田先生はNICUにもご見学に来て下さいました。米田先生は育児休暇取得をされたご経験があるそうで、ご自身の経験談と、現在多くの女性医師が所属する医局の医局長としてのワークライフバランスに関してのお考えについてもお話しして下さいました。この内容に関しては回をあらためてご紹介させていただきたいと思います。
DSC07417 (Custom)

2015.10.08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今月の10月23日(金)から25日(日)までの3日間、盛岡市で 第60回日本新生児成育医学会 が開催されます。今回の学会では学会3日目お昼の教育セミナーで「HFOによる人工呼吸管理~基礎から応用まで」と題して講演させていただくことになりました。なんと、この同じ時間帯には当科の池田先生が教育セミナーで「超早産児におけるaEEG の活用」に関しての講演も予定されております。一つの学会で同一施設から2つもの教育セミナーをさせていただけるとは本当にありがたいお話しではありますが、完全に同じ時間帯になってしまいましたので聴衆の皆さんの人気も少々気になるところです。両講演とも、当科における呼吸管理と循環管理それぞれの「キモ」とも言える内容となっています。是非、たくさんの皆さんに足を運んでいただければと思います。
HFO (Custom)

atom (Custom)

ところで学会2日目の教育セミナーでは座長も務めさせていただきます。ご講演されるのは埼玉医科大学総合医療センターMEサービス部の須賀さんで、内容は「装着から見直す計美的呼吸補助療法」に関してです。須賀さんには以前から当院に2度にわたってnasalDPAPの装着法に関してご指導いただいており、nasalDPAP装着に関するスタッフのスキル向上でとてもお世話になりました。
nasalDPAP勉強会(2012.11.09)
2年ぶりのnasalDPAP勉強会(2014.11.23)
須賀さんのご講演は学会2日目ですが、3日目には今度はエア・ウォーターさんの教育セミナーでnasalDPAPの新型ジェネレーターの装着方法に関するご講演も予定されているそうです。
tokibo (Custom)
エアウォーター (Custom)
と言うことで、以上、教育セミナーの告知でした。

2015.09.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨日は「県病サマーセミナー(と言ってももう秋なのですが・・・)」に感染症医としてご高名な神戸大学の岩田健太郎先生がご講演で遠路青森までお越し下さいました。タイトルは「極論で語る感染症」と言うことで、その名の通り、明快でとても分かりやすいお話しをして下さいました。

ご講演はスライドを全く使わずホワイトボードのみ。ある症状を主訴に受診した患者さんを例に挙げ、その患者さんの診断に辿り着くまでのアプローチを軸にしながら、そこから派生する感染症診療に留まらない広い見地からご講演下さいました。講演時間は2時間と長めにもかかわらず、あっと言う間の2時間で、それほど聴く者を引きつける魅力あるご講演でした。

DSC07337-2 (Custom)

DSC07338 (Custom)

ご講演後に岩田先生の著書である「 抗菌薬の考え方、使い方Ver.3 」にサインをいただきました。
DSC07340 (Custom)
DSC07343-2 (Custom)

当院ICNの赤平さんはなんと!岩田先生にスクラブの背中にサインをせがんで書いてもらいました。
DSC07341 (Custom)

DSC07342 (Custom)

今回は当院の研修医の先生方の希望で岩田先生のご講演をお願いしたそうですが、快くお引き受け下さったそうです。研修医のみならず私たちにとっても目から鱗の連続でした。岩田先生、ありがとうございました。

2015.09.17

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

来月10月3日(土)~4日(日)に仙台市で東北・北海道小児科医会連合会総会が開催されます。この2日目には朝から「小児在宅医療考える~現状と課題」と題したシンポジウムが予定されており、そこで発表の予定となっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回のシンポジウムでは小児在宅医療の中でも特に「母親の就労の観点から」の問題点に焦点を絞って発表させていただきたいと思っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
小児在宅医療」と「母親の就労」と言うと、これはほぼ真逆の概念と言っても良いぐらいはないかと思います。しかし、これまでの 東奥日報の連載 でも何度も述べてきましたが、いわゆる「女性の社会進出」はバブル崩壊から就職氷河期以降の雇用の不安定化を背景として、その実態としては「進出」と言うよりも「働かざるを得ない」と言う側面が大きいのではないかと思います。

今年3月5日の東奥日報に 「医療措置必要な我が子 どう育てていけば・・・」「受け入れ施設なく 母苦悩」 と題した記事が掲載されました。今回の発表はこの記事の延長上にある問題に関して述べてみたいと思っています。

以下、抄録の最後の部分だけ抜粋してご紹介させていただきます。

現在の小児在宅医療を支える基盤は非常に脆弱であり、家族に大きな負担を強いることでて辛うじて成り立っている。国はNICU病床不足や医療費抑制のための対策として在宅医療を推進してきた。日中一時支援事業等の諸制度が整備されてはいるが、母親の就労と言う観点から見ると理想にはほど遠い状況がある。

在宅医療の推進は医療費削減と言う点では一定の効果があるのだろうが、見方を変えると、それまで全く別のスキルを築き上げ社会人として働いていた(主に)女性を、生まれてきた子どもに障害があると言う理由で、それまで行ったこともない医療的行為を、しかも親子が1:1と言う非効率な方法で家庭に縛り付け、それまでに培ってきた社会人としてのスキルを結果的に放棄させてしまっている。これでは医療費が削減されても、社会全体としては極めて非効率なことをしているとは言えないだろうか?

本県の新生児医療はこれまで極めて高かった乳児死亡率の改善を目指して政策医療の一環として整備されてきた。しかし、在宅医療に限らず何らかの障がいを持って退院した児とそのご家族に対してのサポートは極めて貧弱である。政策医療として行ってきた医療は結果的に「助けっ放し」になってしまっている。

生まれてきた子どもに障がいがあった場合、このように預け先探しもままならない現状は、障がい児の親となることが結果として経済的不利益を招いている。在宅医療に関わる枠組みを「母親の就労」「障がい児の家庭の経済環境」と言う視点で今一度見直す必要があるのではないかと考える。

20 / 35« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

ブログ更新情報

英語版アクセス地域 (Custom)
2016.01.01
英語版ページの地域別アクセス数
DSC07236 (Custom)2
2015.12.31
2015年アクセスランキング
第27回目 (Custom)
2015.12.24
東奥日報連載27回目 真の母乳育児支援とは?
DSC07656 (Custom)
2015.12.19
第45回青森県周生期医療研究会
第26回目 (Custom)
2015.12.10
東奥日報連載26回目 人工乳の「立場」を考える
IMG_4316 (Custom)
2015.11.30
秋田県周産期・新生児研究会で少子化の講演
赤ちゃんを救え2 (Custom)
2015.11.22
「続・赤ちゃんを救え〜助けられるようになった小さな命」
第25回目 (Custom)
2015.11.19
東奥日報連載25回目 授乳中の薬剤投与(後編)
続・赤ちゃんを救え (Custom)
2015.11.18
「続・赤ちゃんを救え〜助けられるようになった小さな命」
蘇生1 (Custom)
2015.11.12
弘前大学医学部講義
DSC07612 (Custom)
2015.11.08
福岡で人工呼吸管理の講演と太宰府天満宮
第24回目 (Custom)
2015.11.05
東奥日報連載24回目 授乳中の薬剤投与(前編)

カレンダー

2018年11月
« 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930