ここから本文です

成育科ブログ

2014.09.28

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨日は盛岡市で東北新生児医療カンファレンスがありました。この会はかれこれ20年ほど続いてきた東北地区の新生児の先生方の集まりを引き継いだものです。これまでは東北6県それぞれの当番幹事の地区での開催でしたが東北相互の交通が良くないことから、今回から盛岡市と仙台市のどちらかで開催していくことになりました。

今回は来年の未熟児新生児学会学術集会が行われる会場でもある盛岡地域交流センター「マリオス」で開催しました。
写真 4 (1) (Custom)
ここの会場は20階が展望台になっていて盛岡市内を一望できます。
写真右は岩手山です。あいにく雲がかかっていました。
写真 3 (2) (Custom)
今回の一般演題は8題。議論が活発すぎて時間が伸びてしまうのが恒例です。
写真 1 (2) (Custom)

特別講演では鹿児島市立病院の茨先生をお迎えして「胎児炎症性反応症候群(FIRS)の治療戦略」に関してご講演いただきました。敗血症のような炎症性の病態に対してだけではなく、絨毛膜羊膜炎合併母体から生まれた超低出生体重児に対する血液浄化療法の慢性肺疾患予防効果は絶大で、この治療法が普及すれば超低出生体重児の慢性肺疾患がほとんどなくなるのではないかと思えるほどでした。これから展開が大いに期待される治療法です。
写真 4 (Custom)
カンファレンス終了後はつなぎ温泉に移動しての懇親会です。
写真 2 (1) (Custom)
写真 3 (1) (Custom)
東北地区の集まりなので、どうしても話題は人手不足の話が中心になっていきます。当科も当直は4日ごとで回していますが、うちなどまだまだ恵まれている方で、どこの施設もいつ診療体制が維持できなくなってもおかしくないぐらいのギリギリで辛うじて維持されているのが実情です。どうしたら良いのかを茨先生を囲みながら語り尽くした一夜でした。

一夜明けた今日も良い天気でした。
写真 1 (1) (Custom)

茨先生をはじめ、ご参加して下さった皆さん、ありがとうございました。
また来年も集まれることを願っています。皆さん、くれぐれもお身体に気をつけて下さい。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2014.07.16

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

さて、学会と言えば全国の皆さんと久しぶりに会うことができるのも大きな楽しみの一つです。今回の学会には当科の伊藤先生と一緒に参加しました。伊藤先生には今、「当科で経験した遷延性低血糖症について」と題して発表してもらいました。
DSC05485 (Custom)

今回の学会では、以前、NHKの青森局時代に青森県の周産期医療に関する取材でお世話になった田中陽子さんとも久しぶりにお会いすることができました。田中さんは今回の学会で 新生児の痛みに関するシンポジウム の取材でいらしたそうです。育休明けでの仕事再開だそうで、今後、また周産期医療の取材でのご活躍を期待しています。
DSC05470 (Custom)

学会2日目の夜は神奈川こどもの交流会に合流させていただきました。いつもながら神奈川こどもの「現役生と卒業生」で大賑わいでした。
DSC05494 (Custom)
当院から2年間の研修でお世話になっている川村先生も元気そうでした。
DSC05489 (Custom)
こちらは「こどもかぞくまんなか」チームの倉敷中央病院の中川ふみ先生とコドモックルの野口聡子先生です。
DSC05491 (Custom)
そしてこの写真。豊島先生をはさんで、来春で2年の研修を終えて青森に戻ってくる予定の川村先生と、もし可能であれば交代で来春から神奈川こどもでの研修でお世話になりたいと考えている当科の伊藤先生の3ショットが実現しました!
DSC05505 (Custom)

今回も豊島先生をはじめ、色んな方達とお話しすることができ、まさに「夢の国」のとなりで夢のような時間を過ごさせていただくことができました。
皆さん、学会本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
DSC05513 (Custom)
DSC05487 (Custom)

2014.07.15

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今回の学会の大きな楽しみの2つめは「 こどもかぞくまんなか 」チームのブースです。今回は企業展示コーナー近くの小さな小部屋にウプサラ大学NICUの環境が再現されていました。ブース出展するとはお聞きしていましたが、ここまでの展示とは想像もしていなかったのでびっくりです。各施設の取り組みのポスターも多数展示されており、皆さんのファミリーセンタードケアへの熱意が全国に拡がりつつあることを実感しました。

ブース内の再現NICUはこんな感じです。部屋も良い具合に照度が落とされ落ち着いた感じで、ウプサラ大学NICUで有名な「耳」の形をした騒音計もありました。まさに「これ、これ」と言うしかありませんでした(語彙力なさすぎですね)。
DSC05468 (Custom)
DSC05469 (Custom)

ブースの入り口には大きなポスター展示で当院の取り組みを紹介して下さいました。当日はタブレットPCを持参して、当科での「直母外出」の様子を動画でもご紹介させていただきました。
2014青森紹介ポスター (Custom)

さて、これだけの用意がされている以上、カンガルーをしないわけには行きません。生まれて初めてのカンガルーケアをさせていただきました。最初、先にベッドに寝てから胸の上に赤ちゃんがくるのかと思っていたら、そうではなく、写真のように自分の胸を赤ちゃんの方に近づけてそっと抱き上げて移動するのだそうです。写真だとなんか介護老人みたいになってますが・・・。
DSC05523 (Custom)
これでカンガルー完成です。確かにこの姿勢だと赤ちゃんの顔を直接見るのが難しいので、カンガルー中のお母さん達が鏡を使っている理由が実感できました(決して老眼だから見えにくいわけではありません・・・)。どうもわが子というよりも孫を抱っこしているような感じなので「じじ」カンガルーと言うところですね。
DSC05527 (Custom)

学会最終日に「こどもかぞくまんなか」チームの皆さんとの集合写真です。今後もどんどん全国にファミリーセンタードケアの輪を拡げていって欲しいと願っています。皆さん、素敵な企画をありがとうございました。
DSC05522 (Custom)

2014.07.14

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

7月13日(日)から15日(火)の3日間、東京ディズニーランド横のシェラトングランデで第50回日本周産期・新生児学会学術集会が開催され参加してきました。今回の学会ではいくつかの大きな楽しみがありました(ディズニーランドじゃないですよ!)。
DSC05516 (Custom)

まず最大のニュースは、2009年に日本での販売が停止され更にメンテ終了の話まででていたステファニーを近々パシフィックメディコ株式会社が扱っていただけることになったことです。我が国の新生児医療においてPAV(proportional assist ventilation)がこれから!と言う時の販売終了だったので、今回の動きは本当に嬉しいです。ステファニーは日本では知らないうちにいつの間にか新型がリリースされていて今回は姉妹機であるソフィーと一緒にデモ展示されていました。
DSC05519 (Custom)

今回の学会にあわせてSTEPHAN社のHohne氏が来日され、韓国のSon先生達と一緒にステファニーやPAVなど、人工呼吸器談義をさせていただくことができてとても楽しいひとときでした。写真は学会場からディズニーリゾートラインで移動中の一コマです。
DSC05471 (Custom)

新型のステファニーではMinimal Volume Guaranteeと言う新機能が目を惹きました。PAVは患者さんの呼吸努力に比例して人工呼吸器の換気圧が上昇する呼吸モードです。以前、早産児の人工呼吸管理Part6 で述べたように、これはVG(Volume Guarantee)とは全く逆の動きをする機能となります。
スライド2 (Custom)

しかし、PAVも自発呼吸が弱くなってしまうと換気圧も下がってしまうことから、バックアップ換気が作動する完全な無呼吸に陥らない程度の小さな呼吸努力の時には低換気となってしまうと言う弱点があります。Minimal Volume Guaranteeはこの弱点を補うための機能と位置づけられ、概念的には以下の図のような感じになるのではないかと期待しています。またVGのあり方と言う観点からも、早産児の人工呼吸管理Part6 の中で、VGに関して「自発呼吸のない状態、つまり無呼吸時のバックアップ換気としてこそ、その有用性が発揮されるのではないか」と述べた通りのコンセプトとなっていたことに驚かされました。
スライド1 (Custom)

我が国の新生児医療において「食わず嫌い」のまま、いったん火の消えかかったPAVがここで新たに再評価される機会を得ることができたことをとても嬉しく感じています。新たに認められたPAVが多くのCLDの赤ちゃん達の肺を護るために働く日が来ることを願っています。

image (3) (Custom)

2014.07.13

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ちょっと過ぎてしまったのですが、毎年7月七夕の週の金曜日に「ビールの会」と言う集まりがあります。これは青森県内で障害児の療育や福祉・医療に携わる方達が年に一度、一堂に会する飲み会で、もうかなり昔から開催されているそうです。数年前から当院からも医師や臨床心理士さんが仲間入りさせていただいております。会の最中の写真は取り損なったので、会場の座席の案内図をアップします。青森・津軽を中心とした県内各地の色んな施設から大勢の方が参加され、互いに情報交換されていました。
DSC054672 (Custom) (2)
写真は過去のビールの会に皆勤賞で参加されていて、この道ん十年の浪岡の保健師さんの大澤さんとの二次会でのツーショットです。やまぶき園の方と5歳児健診のあり方に関して激論が交わされていました(合間合間にカラオケが挟まりますが・・・)。
名称未設定 1 (Custom)
なんとかこれからもこうして皆さんと一緒に顔の見える関係をつなげて行ければと思います。
皆さん、今後ともよろしくお願いいたします。

ブログ更新情報

第15回目 (Custom)
2015.04.27
東奥日報連載15回目 少子化問題の深刻さと誤解
newcharter (Custom)
2015.04.25
小児科学会総会in大阪 part2
DSC06859 (Custom)
2015.04.24
新年度歓迎会
CIMG3766 (Custom)
2015.04.20
小児科学会総会in大阪 part1
スライド5 (Custom)
2015.04.13
弘前で小児科地方会~患者情報とビッグデータ
第14回目 (Custom)
2015.04.09
東奥日報連載14回目 子の障がいと母の就労
CIMG3751 (Custom)
2015.04.04
新年度
DSC06785 (Custom)
2015.03.31
年度末の風景
第13回目 (Custom)
2015.03.19
東奥日報連載13回目 少子化対策に欠ける視点
DSC06767-2 (Custom)
2015.03.08
持続可能な周産期医療体制の構築のための研究
Kamekai記事 (Custom)
2015.03.06
障がい児を持つ母親が子育てしながら働ける社会を
第12回目 (Custom)
2015.03.05
東奥日報連載12回目 付き添いの建前と現実

カレンダー

2019年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031