ここから本文です

成育科ブログ

2014.11.02

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

当院の総合周産期母子医療センターが開設されたのが平成16年11月。実は昨日でちょうど開設10周年を迎えました。当院は「 周産期医療の質と安全の向上のための研究 」に参加しており、昨日は当院でそのワークショップが行われました。このワークショップでは、全国でこの研究に参加しているNICU施設の診療上の様々なパラメータの平均値に対して県病NICUがどのような位置にありどこが強みでどこが弱みなのかの客観的データを示した上で、その改善のために何をしたら良いのか、中央の事務局の先生方も交えて意見交換を行います。またこの研究では2施設をペアにして互いにワークショップに参加し合うという形を取っていることから、今回は一昨年、 電子カルテの見学 でお世話になった国立長崎医療センターの小形勉先生がお越し下さいました。またこの他、山形の下風先生、秋田の新井先生も看護師さん3人を連れて参加して下さいました。

スタッフがワークショップの準備中です。
DSC06065 (Custom)
まず最初はNICUの見学からです。今回のテーマは栄養管理と感染対策です。見学もそうした視点からの見学となります。
DSC06075 (Custom)

DSC06077 (Custom)

DSC06089 (Custom)

司会は国立成育医療研究センターの森臨太郎先生です。
DSC06097 (Custom)

当院から神奈川県立こども医療センターへ国内留学中の川村先生も今回はチューターとして参加して下さいました。
DSC06098 (Custom)

次に東京女子医科大学の西田先生から当院の診療プロフィールが紹介されます。これは全国のデータベースと比較した当院の診療成績や施設規模・スタッフ数などが紹介されます。DSC06100 (Custom)

今回の調査対象は2009年から2011年までの3年間の極低出生体重児の診療成績が対象になります。当院の患者さんの分布は、参加施設の平均像と比べて出生体重・在胎週数ともにやや小さめの赤ちゃんを扱っていることが分かります。
症例分布 (Custom)
新生児科医師数はやはり全国でも少ない方で、医師1人に対するNICU病床数は全国平均が1.7~1.8であったのに対し当院は2.4と多めでした。医師の労働時間は3年間の集計で、ほぼ全員が過労死との因果関係が高いと言われる週57時間以上を軽く超えていました。
医師の実働勤務時間 (Custom)
様々なデータが紹介されましたが、中でもNICUで最も重要視される「合併症のない生存退院率」が参加85施設中6位で偏差値66と言う好成績でした。当院は神奈川県立こども方式を導入しており、今回のデータはその移行期間でしたので、恐らく直近3-4年間の方がもっと良いはずですが、いずれにしてもこうした客観的な指標で評価されると言うことはありがたいことだと感じました。ちなみに2011年に限っては死亡率(=死亡例数/入院数)が参加77施設中なんと1位でした。
合併症無き生存退院 (Custom)

次に当院の診療状況に関して、当院スタッフから現時点で感じている問題点を示していきます。
DSC06101 (Custom)
DSC06103 (Custom)
DSC06105 (Custom)

次に神奈川県立こども医療センターの豊島先生から診療ガイドラインに関しての説明していただきました。まずはその前に神奈川県立こどもと当院との研修連携に関してご紹介して下さいました。
DSC06106 (Custom)

DSC06108 (Custom)

そしていよいよ本格的にワークショップが始まります。ワークショップでは今回のテーマである「感染管理」と「栄養管理」がどうやったら改善するかを3グループに分かれてディスカッションします。
DSC06112 (Custom)

まずは、参加者全員が思いつくままにそれぞれのテーマに関して思いつくままに色んなアイデアを出していきます。それを各グループのチューターの先生が意見を補ワートボードに貼り付けながらいくつかに類別していきます。
DSC06113 (Custom)

DSC06116 (Custom)

DSC06119 (Custom)

最後に各グループの意見が発表されていきます。今回のワークショップでの提案がどのくらい具体化されるかはともかくとして、こうした手法自体が組織内の問題意識の共有に非常に有効と感じました。同様のワークショップをスタッフ間で繰り返し行っていくことで、現存する様々な問題が解決できるのではないかと言う気がしました。
DSC06121 (Custom)

朝から夕方遅くまで、昼休みもほとんどない状態でのワークショップでした。森先生、豊島先生をはじめとしたINTACT事務局の先生方はこれをこれまで何度となく全国中で行ってこられたというご努力に心から敬意を表します。当院の総合周産期母子医療センター開設からちょうど10年の記念日に、これから先の10年のあり方に関するヒントをもらった気がします。ワークショップの終了後は宿泊して下さった先生方を囲んで飲み会です。
DSC06148 (Custom)
参加して下さった皆さん、ありがとうございました。丸1日大変お疲れ様でした。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2014.10.25

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

来月の11月22日(土)に当院で今年度の周産期学習会を開催します。今年は埼玉医科大学総合医療センターMEサービス部の山口里香さんをお招きして「経鼻的呼吸補助療法の実践~N-CPAP・HFNの効果と装着のポイント」~と題してご講演いただきます。山口さんには一昨年の同じ頃、 nasalDPAPの勉強会 にきていただき当院スタッフに直接ご指導していただきました。最初の頃はDPAPの固定が良くなった気がしていたのですが、2年経って次第にまた「我流」に戻りつつある面も見られるので、ここでもう一度nasalDPAP固定法の再確認をする機会となればと思います。当日は前座で網塚からも早産児の人工呼吸管理一般に関してお話しさせていただく予定です。多数のご参加をいただければと思います。
poster (Custom)

以下をクリックすると学習会のポスターと申込書のFAXをダウンロードできます。
20141122gakushukai-poster

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2014.10.24

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨日は鹿児島市立病院の新生児セミナーにお招きいただき、生まれて初めて鹿児島に行ってきました。この日の鹿児島は日中の最高気温が25℃と、北国的には真夏なみの暖かさでした。鹿児島県は離島が多いためか、空港にはプロペラ機が多数待機していました。鹿児島県は青森県と同じく大きな2つの半島を持って、ちょうど青森県を逆さにしたような形をしていますが実は離島がとても多く、県内の空路の見取り図をみるとその広さを実感することができます。
DSC06038 (Custom)
DSC06035 (Custom)

空港へは茨先生自らお迎えにきていただき、ホテルまでお送りいただきました。ホテルからは桜島が一望でき、その迫力に圧倒されました。
DSC05928 (Custom)

夕方からの講演会の前に鹿児島市立病院を見学させていただきました。茨先生のご講演では何度も写真で見たことのあるご施設ですが、この目で見るのは初めてです。NICUが重症度や体重など数カ所に分かれていて、信じられないような人数の赤ちゃんが入院していました。手術室や無菌調剤室なども完備され、ECMOは動いていませんでしたが、見たことのない機器が所狭しとありました。
DSC05935 (Custom)
DSC05938 (Custom)
DSC05941 (Custom)
DSC05954 (Custom)
DSC05956 (Custom)
DSC05957 (Custom)

18時半から講演会が開始です。今回は「後期早産児に対する母子分離軽減の実際~直母外出を中心に」と題して1時間ほどお話しさせていただきました。今回の新生児セミナーはなんと140回目とのことで、歴史とアクティビティの違いを痛感しました。
DSC05962 (Custom)

講演会の終了後は懇親会を開いていただきました。黒豚・黒毛和牛はとても美味しかったです。鹿児島の先生方と地域性の違いなど色々お話を伺うことができました。冒頭でご紹介したように鹿児島県は離島が多く、離島だけで年間2000人の出産があるそうなのでヘリによる搬送範囲も我々の想像を絶しています。施設規模も医師数も多いですが、カバーしている面積から言えば全国でダントツの広さでしょう。これは医師何人いても大変だと思いました。その中で次々に新しい研究成果まで出されているのは本当に凄いことだと思います。
DSC05965 (Custom)

朝には桜島から日の出が見えるとのことで、早起きして日の出を待ちました。初めての桜島で朝日まで拝むことができて、幸せな1日でした。
DSC05977 (Custom)
DSC06006 (Custom)

帰りには西郷さんの銅像も見ることができました。鹿児島県は歴史上の色んなできごとがあった地ですので、町中の至る所にその時代時代の歴史を感じる場所がたくさんありました。この次に訪れることができれば、もう少し歴史探訪をしてみたいとおもいました。
DSC06011 (Custom)

茨先生ならびに鹿児島市立病院の皆様、ありがとうございました。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2014.10.19

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨日は第4 回青森県周産期講演会とあおもり母乳の会第15 回学習会を当院で同日開催しました。一昨年、11月3日の「いいお産の日」に同日開催し昭和大学の水野克己先生をお招きして以来の同日開催です。今回の講演会は大阪府の総合周産期母子医療センターである愛仁会 高槻病院の森口紀子さんをお招きしてDevelopmental Care と母乳育児を中心にご講演いただきました。昨年度、当科のスタッフ数名が高槻病院で研修させていただいた際にもお世話になったこともありますので、せっかくの機会なので森口さんをお招きするなら当科のNICUでNIDCAP(Neonatal Developmental Individualized Developmental Care and Assessment Program)の実技指導もお願いしました。講演会は夕方からですが、朝一番の飛行機で大阪から青森までお越し下さり、午前中のケアの観察から始めていただきました。
DSC05836 (Custom)
入院中の赤ちゃんのお母さん達にあらかじめご了解いただき、通常のケアの様子を動画撮影しながら観察していただきました。
DSC05849 (Custom)
普段、大きな声で話しているのに慣れてしまっているので、森口さんがお母さんに話しかける声は低すぎるようで、皆、聞き耳を立てるように聞き入っていました。
DSC05851 (Custom)
DSC05857 (Custom)
午後からはワークショップ形式で午前中の観察の振り返りを行います。
DSC05866 (Custom)
午前中の動画や、森口さんが持ってきて下さったケアの動画を見ながら、赤ちゃんの環境や赤ちゃん自身の強み・弱みなどの項目をグループごとに列挙していきます。こうした議論の中から、これまで当たり前に行っていたケアが、実は赤ちゃんにとってストレスになっていたことに気づかされました。
DSC05870 (Custom)
DSC05871 (Custom)
次に、午前中のケアで行った保育器からカンガルーケアへの移動の際のケアをスタッフ同士で実際に人形を使って行ってみます。お母さんの立場になってみると、また異なった気づきがありました。どのようにしたら良いか、また繰り返しながら探っていきます。
DSC05876 (Custom)
ここで突然、ワークショップをやっていた部屋が停電になってしまいました。この日は病院の電源工事があり事前の確認では大丈夫とのことでしたが、やむなくランタンで明かりを採りながら続行しました。
DSC05880 (Custom)

そして、ほとんど休む間もなく17時からの講演会です。
DSC05889 (Custom)

DSC05888 (Custom)
DSC05891 (Custom)
今回、森口さんはお子さんを連れていらっしゃいましたが、このスライドはお子さんが赤ちゃんの頃、Developmental careの基本理論として有名なアルスのサイナクティブモデルのDr.Alsが2007年に講演のため来日された際に、Dr.Alsがお子さんを抱っこされた際の写真です。
DSC05893 (Custom)
講演会の終了後はスタッフに健生病院の齋藤先生も参加していただいて、あれこれまたお話させていただきました。今回はとにかく何から何まで「目から鱗」の連続でした。課題が多すぎて何から手をつけて良いのか悩むところですが、まずは一歩一歩スタッフとともに少しずつでも進歩して行ければと思っています。
最後は森口さんのお子さんの「かに~」のかけ声で集合写真です。
DSC05905 (Custom)
森口さん、早朝から遅くまで休みなくご指導いただきありがとうございました。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2014.10.06

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先週末は群馬県周産期医療学術講演会にお招きいただき「新生児人工呼吸器 今できること・できないこと・今後求められること」と題して人工呼吸管理に関してお話しさせていただきました。講演のタイトルは昨年の日本周産期新生児学会での人工呼吸管理シンポジウムと一緒ですが、群馬県のNICUではハミング系とSLE5000を持っているご施設が多いようだったので、内容的にはこれらの機種で「できること・できないこと」と、これ以外の機種で「できること」の解説が中心となり、ある意味「人工呼吸器購入ガイド」みたいな感じになってしまったかも知れません。

今は新青森まで新幹線がきているので、高崎までは大宮で乗り換えるだけなので意外に近いと感じました。
高崎駅 (Custom)
会場のホテルに到着すると窓の外から利根川を眺めることができます。
DSC057512 (Custom)
今回の講演内容は、これまでこのホームページにも掲載した内容がほとんどですが、今回「人工呼吸管理における輪作」と言う考え方を提案してみました。
輪作スライド (Custom)
輪作は同じ作物ばかり続くことにより土地が痩せるのを防ぐ効果があるようですが、人工呼吸管理でも同じ呼吸モードばかり使っていると、きっと同じ場所ばかり肺損傷するのではないだろうか?と言うところからの発想です。PAVが動いているところを見ていると、本当に吸気フローがゆっくりなのに酸素化が改善しますが、恐らくはPAVの場合だとそれぞれの肺胞が少しずつ分担して膨らんでいるのではないかと思わせられます。そんな様子を見ていると、きっと人工呼吸モードによって負担がかかる部位が違うのではないだろうか?そんなことを考えたりしています。今のところ何のエビデンスも根拠もありませんが・・・。

懇親会では主催者である群馬県立小児医療センターの丸山憲一先生をはじめとした群馬県の先生方と色々とお話しさせていただくことができました。群馬県立小児医療センターの先生方の名刺は皆さん、群馬県のゆるキャラである「ぐんまちゃん」のイラスト入りと言うか、「ぐんまちゃん」が名刺になっていました!
写真③ (Custom)
DSC05827 (Custom)

翌朝は群馬県立小児医療センターへ見学でお邪魔させていただきました。個人的には青森県にくる前は北海道立の小児病院(現コドモックルの前身です)での勤務が長かったので、小児病院はなんか懐かしい感じを受けました。
DSC058262 (Custom)
DSC05812 (Custom)

病院全体が増改築を繰り返されており、NICUも増床に伴う工事の影響で色んなスペースが不足されているとのことでした。最も驚いたのがNICU・GCUともに全ての病床の上にロールスクリーンが設置されており、それぞれがすぐに個室化できるようになっていたことです。これは空調・照明の位置関係を設計段階で分かっていないとできないことで、丸山先生にお聞きしたところ、やはり設計段階から考えられていたとのことでした。当院でもロールスクリーンによる個室化を考えたことはありましたが、工事の事前段階でここまで気がつかなかったので断念した経緯があります。
DSC05796 (Custom)
DSC05805 (Custom)

最後はNICUをバックに丸山先生とのツーショットです。
休日にもかかわらず院内をご案内下さりありがとうございました。
DSC05823 (Custom)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

ブログ更新情報

第20回目 (Custom)
2015.08.06
東奥日報連載20回目 母乳育児の大切さを伝えたいのは「社会」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2015.08.04
青森ねぶた祭り2015 その1
CIMG3970 (Custom)
2015.07.31
久しぶりのNCPR講習会
IMG_2920 (Custom)
2015.07.21
第60回日本新生児成育医学会 The Team TOHOKU meeting
IMG_2874 (Custom)
2015.07.20
レジナビフェアに参加してきました
DSC07189 (Custom)
2015.07.14
第51回日本周産期・新生児学会in福岡 旅日記その2
2015.07.12
第51回日本周産期・新生児学会in福岡 旅日記その1
第19回目 (Custom)
2015.07.09
東奥日報連載19回目 青森県の小児医療費助成問題その2
明鏡欄医療費 (Custom)
2015.07.03
東奥日報夕刊の明鏡欄
(画像をクリックすると第51回日本周産期・新生児学会のページにリンクします)
2015.07.01
第51回日本周産期・新生児学会の演題
CIMG3934 (Custom)
2015.06.30
青森県周産期救急救命搬送講習会
DSC07086 (Custom)
2015.06.26
福島県立医科大学から見学に来て下さいました その2

カレンダー

2020年9月
« 8月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930