ここから本文です

成育科ブログ

2017.12.13

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

この週末は新生児科の池田先生が神奈川県立こども医療センターが主催の第4回MMカンファレンスに、私は第27回千葉県周産期新生児研究会にお招きいただき、それぞれ講演させていただく予定となっています。

池田先生は、MMカンファレンス初日に内大脳静脈の揺らぎに関して、2日目の日曜日には人工呼吸器Q&Aでもお話しの予定で、神奈川県立こども医療センターの豊島先生のブログ「 がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ 」でもご案内されています。
img_0_m (Custom)

img_2 (Custom)

img_4 (Custom)

こちらの方は、今回の千葉県周産期新生児研究会は八千代市で開催予定で、「NICUにおける母子分離軽減~日本における問題点と可能性~」と題してお話しさせていただく予定です。
千葉県 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.12.11

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

あおもり母乳の会学習会 に続いて、夕方からは青森県周産期講演会が始まります。今回はまず尾崎先生の方から青森県における周産期医療のこれまでの経緯と現状に関してのお話しがありました。
DSC01171 (Custom)

続いて室月先生のご講演が始まります。今回は青森県から室月先生の宮城県立こども病院へ紹介された胎児治療例に関して話して下さいました。
DSC01190-2 (Custom)
ご講演の冒頭には、以前、当院産科で研修され、その後、室月先生のところで研究をされた室本先生のご紹介をされました。室月先生は今、東京の国立成育医療研究センターでご活躍されているそうです。
DSC01194 (Custom)
今回は 4年前の同じ青森県周産期講演会 に続いてのご講演でもあり、その時のこのブログ記事もご紹介下さいました。
DSC01197-2 (Custom)

今回のご講演では、双胎間輸血症候群に対するレーザー治療など、様々な患者さんの治療経験をご紹介して下さいました。室月先生はちょうど今、放送中の コウノドリ の監修もされており、表題スライドの随所にコウノドリを中心とした写真などを見せて下さいました。
DSC01198-2 (Custom)

DSC01200-2 (Custom)

DSC01201-2 (Custom)

DSC01205 (Custom)

DSC01207 (Custom)

DSC01209 (Custom)

講演会終了後の懇親会です。室月先生を介して仙台と青森の連携を感じた1日でもありました。
IMG_0859 (Custom)
こちらは室月先生をホテルにお送りした後の三次会です。産科の先生方とお話しするのも久しぶりではありましたが、それにしてもみんなできあがっていますね。
室月先生、皆さん、大変お疲れ様でした。
DSC01212-2 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.12.05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今週末、12月9日(土)に青森市内のアピオ青森で、あおもり母乳の会と青森県周産期講演会が続けて開催されます。今年のあおもり母乳の会には秋田でIBCLCとしてご活躍されている産院イスキアの菅原光子さんがご講演の予定です。
続いて、青森県周産期講演会では 2013年にいわゆる新型出生前診断について講演 された宮城県立こども病院産婦人科の室月淳先生がご講演の予定となっています。

(クリックするとポスターがpdfで表示されます)

(クリックするとポスターがpdfで表示されます)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.11.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

この週末は韓国周産期学会のために今年6月の人生初の訪韓に続き、また韓国に行ってきました。学会自体はソウル市内なのですが、その前に釜山大学Yangsan病院を見学させていただきました。青森から韓国へは仁川行きであれば直行便がありますが、今回の釜山行きは新青森から新幹線、東京から成田エクスプレス、成田から釜山と言う経路で、約9時間の移動となりました。

成田空港です。ここは何度行っても迷ってしまいます。
IMG_9573 (Custom)
ようやく釜山行きのゲートまで辿り着きました。
IMG_9574 (Custom)
釜山の朝です。
DSC00964 (Custom)
朝一番で釜山大学Yangsan病院に向かいます。
DSC00969 (Custom)
このキャラクターはポロロと言って韓国の子供達には大人気なんだそうです。
DSC00975 (Custom)
小児病棟らしいエントランスです。
DSC00977 (Custom)
釜山大学Yangsan病院の新生児科医師は向かって右手のHan先生を含む若い女性医師2名だけで、あとは短期で交代するレジデントだけなのだそうで日々奮闘されているご様子でした、呼吸障害の治療で難渋されている患者さんもいて少しだけですがご相談に乗ったりと、ほんのちょっとだけですがこれも草の根の国際交流なのかなと感じたりもしました。
DSC00980 (Custom)

Yangsan病院を後にして、お昼はサムゲタンをいただきましたがこれがまた美味でした!
DSC00983 (Custom)

こちらは釜山のビーチです。韓国第2の大都市でありながら温暖なリゾート地でもあり、とても素敵なところでした。ビーチの横を少しだけ散歩してから、新幹線でソウルに向かいます。
その2へ続きます
DSC00984 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.10.29

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

10月28日(土)には釧路赤十字病院の兼次先生からお招きいただき、人工呼吸管理に関する講演をさせていただきました。兼次先生とは、かれこれ3年半ほど前、信州フォーラムからの帰り道で大雪に遭遇した時にご一緒し( 2014年2月17日 信州フォーラム旅日記 番外編 )、その後、兼次先生は神奈川県立こども医療センターへ国内留学されるのですが、そこで当院の伊藤先生や矢本先生と一緒に働かれたと言うご縁があります。

講演会が14時からと言うことで釧路へは前日に向かいました。青森から釧路へはもちろん直行便はありませんので、最短では千歳空港経由となります。千歳空港から釧路行きの飛行機に乗り換えて釧路空港へ到着です。飛行機に乗っている時間は、青森~千歳間も千歳~釧路間もいずれも45分ほどでした。乗り継ぎが良かったのでほんの2時間半ほどで着いてしまいました。
DSC00755-2 (Custom)
DSC00758 (Custom)
釧路空港に着くと丹頂鶴がお出迎えしてくれます。
DSC00773 (Custom)

釧路市には以前(かなり大昔に)、北海道の浦河赤十字病院に勤務していた頃、夏休みで千歳→旭川→富良野→然別→阿寒→釧路→帯広→襟裳岬経由で浦河へと言う1000kmほどの車での旅行で訪れて以来、30年近くぶりです。フィッシャーマンズワーフ周辺を懐かしく散歩していたら、次第に夕暮れになってきました。
DSC00779 (Custom)
DSC00783 (Custom)

この辺は夕陽がきれいなことでも有名で、幣舞橋周辺にはカメラを抱えた多くの方が夕陽を撮影されていました。以下はそこでの2コマです。今回はこの夕陽を撮れることを期待していいカメラを持っていきましたが、結局、以下のベストショットはいずれもiPhoneに軍配が上がってしまいました。
IMG_9445 (Custom)
IMG_9447 (Custom)

それから間もなくして、兼次先生が勤務されている釧路赤十字病院にお邪魔させていただきました。釧路赤十字病院は総合周産期センターとなっており、NICUは9床で、産科病棟はほぼ個室化されているそうです。
DSC00812 (Custom)

夜には産科の先生ともご一緒に懇親会を開いていただきました。大学は北大出身の先生が多いのですが、こちらも元々は北海道が地元なのでいろんなところでつながっていることを感じました。
DSC00814 (Custom)

翌日の午後から講演会が始まりました。内容はまた別の機会にご紹介したいと思っています。
DSC00816 (Custom)

講演を終えて釧路空港に戻ってきたらシマフクロウが待っていました。翌日に東京で会議が予定されているため、この日は羽田空港へ飛びました。
IMG_9451 (Custom)

NICUを引退してまもなく2年になろうとしていますが、それでもこうして人工呼吸管理の講演依頼があることは本当にありがたいことだと思います。人工呼吸管理の講演も、これまで全国あちこちでさせていただきました。それでもさすがにそろそろ今回が最後かな?と思いながら羽田へ発ちました。兼次先生、釧路赤十字病院の皆様、ありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

IMG_0314 (Custom)
2018.03.01
NCPR(新生児蘇生法)NewsLetter
スライド3 (Custom)
2018.02.19
信州フォーラム旅日記~その2 臨床工学技師は雪山登山のガイドのように
IMG_3092 (Custom)
2018.02.18
信州フォーラム旅日記~その1 「昨年が最後」と言いながら今年も参加
CIMG5706 (Custom)
2018.02.06
フランスLogipen社の皆さんが見学に
DSC01451 (Custom)
2018.02.05
音楽療法セミナー’17 澁屋先生、生野先生のご講演と午後のシンポジウム
スライド1 (Custom)
2018.02.04
音楽療法セミナー’17 「子どもの笑顔を引き出すコミュニケーション~発達と感性」で講演
IMG_0105 (Custom)
2018.02.01
東京で連日の小児在宅医療会議
DSC01400 (Custom)
2018.01.22
医療的ケア児等相談支援スーパーバイザー育成プログラム評価会議
DSC01357-2 (Custom)
2018.01.21
お伊勢参りと三重クリティカルケアフォーラム
スライド1 (Custom)
2018.01.20
三重大学小児トータルケアセンターを見学させていただきました
20180115保健大ペリネイタル講義2回目title (Custom)
2018.01.15
保健大学で今年度もペリネイタル講義~その2
IMG_0021 (Custom)
2018.01.14
保健大学で今年度もペリネイタル講義~その1

カレンダー

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930