ここから本文です

成育科ブログ

2012.12.27

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は子ども職場参観日と言って、当院の職員のお子さんが自分の親が働いている病院を見学に来ると言う企画があり、NICUにも皆さんやってきました。さすがにNICUに入ることはできないので、NICUの面会用の窓からNICUの中を眺めていただきました。赤ちゃんは小さいのでよく見えなかったようですが、色んな医療機器が並んでいて少し驚いている様子でした。

2012.12.24

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

当院の近くに患者さんやそのご家族が安価で宿泊可能な待機宿泊施設「ファミリーハウスあおもり」ができました。総合周産期センターに関連して、新生児の沐浴槽付きの部屋も用意しています。詳しくは「ファミリーハウスあおもり」のホームページをご覧下さい。

2012.12.17

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

厚生労働省のホームページに平成23年の出生体重別出生数が掲載されていました。以前は翌々年の年明け頃の公表だったのですが、最近はどんどん早くなっているようです。
以前、青森県は超低出生体重児の出生率が全国トップクラスで高かったのですが、この2年ほどは落ち着きつつあるようです。ただし、このような指標はもう少し長期で評価しないと本当に減ってきたかどうかは何とも言えないので、今後もその動向に注意していく必要があります。
平成23年の都道府県別の出生体重別出生率の一覧表も載せましたのでご参考にしていただければ幸いです。

都道府県別出生体重別出生率と順位

2012.12.15

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

当院NICUは窓側の面が多いため、窓や人工呼吸器の蛇管の結露が悩みの種となります。昨年の増床工事の際、この点を改善するために窓際にヒータを取り付けました。これでいくらか改善はしましたが、避難ドアにあたる部分には別に窓用ヒーターが必要になります。この辺が北国のNICUでは悩ましいところです。

2012.12.13

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

県庁こども未来課の方にお願いして過去の出生体重別出生数のデータをいただいたので、その推移をグラフにしてみました。現在の出生数(図1)は第二次ベビーブームの半分以下ですが、極低出生体重児は第二次ベビーブーム当時より多く、超低出生体重児は倍以上の出生数となっています(図2)。

図1


図2

このことが近年のNICU病床不足にもつながっていますが、出生体重2500g未満の低出生体重児に目を移すとやはり近年増加傾向であることがうかがえます(図3)。低出生体重児に限れば、その数は第一次ベビーブーム→第二次ベビーブームに続いて第三次ベビーブームとも言える山を形成しています。現時点では明らかな「山」は形成していませんが、いずれ減少傾向となった時に明確となると思います。言い方を変えると、第三次ベビーブームは低出生体重児の増加と言う形で出現したとも言えるのかも知れません。

図3

ここで、出生数を母体数に置き換えて考えてみます。現時点で出産の中心となる20~40歳の群を四角で囲むと、20年後にはその群は右の四角に移動します。現在の20~40歳と20年後の20~40歳の群の違いは第二次ベビーブームを頂点とする三角形の有無となります。つまり、20年後にはこの三角形の部分が失われるだけ出産可能な母体数が減ることを意味します。20年後の20~40歳の群は既に生まれてしまっていますので、この母体数の減少は推定値ではなく確定値となります。このことからも将来の我が国の出生数がいかに危機的であるかが分かります。

図4

1 / 212

ブログ更新情報

22070373_972920499513941_1762616414_o (Custom)
2017.09.30
今年も日野公三先生の講演会と上映会
DSC00262 (Custom)
2017.09.23
忽那先生によるAMR(薬剤耐性)ご講演
DSC00260 (Custom)
2017.09.22
今年も県外からの研修の先生達が!
(クリックすると周産期学習会の案内&申込書にリンクします)
2017.09.21
平成29年度周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅医療
ATV1-2 (Custom)
2017.09.20
ATV「わっち!!」で医療的ケア児特集 その2
DSC00252 (Custom)
2017.09.11
青森県助産師会研修会で医療的ケア児の講演
CIMG5319 (Custom)
2017.09.10
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満)
IMG_9164 (Custom)
2017.09.09
NPO法人フローレンス代表・駒崎さんのご講演
DSC00519 (Custom)
2017.08.28
県医師会主催の新生児蘇生法講習会
(画像をクリックすると記事のページにリンクします)
2017.08.27
乳幼児の入院付き添い、なぜ24時間?~朝日新聞デジタル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.08.14
「あいだクリニック」を見学させていただきました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.08.11
特別支援学校医療的ケア基本研修

カレンダー

2012年12月
« 11月 1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31