ここから本文です

成育科ブログ

2013.09.20

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

青森県の周産期医療では特に小さく生まれた赤ちゃんは可能な限り当科のNICUへ運ばれるようにしていることから、時に米軍の三沢基地病院から妊婦さんが運ばれてくることがあります。これまでにも400g台や300g台の赤ちゃんを治療したことがあります。英語の苦手なスタッフが多いこともあって、米軍病院の通訳さんに来ていただいたり、院内で英語が堪能なスタッフの方に通訳をお願いしたりしながら、何とかご両親とコミュニケーションを図ってきました。
赤ちゃん達が元気に退院した後には、いつも病院の代表の方が表敬訪問で来て下さいます。
今日はこれまでにいただいた記念品と、当時の写真の一部をご紹介したいと思います。

上の2つは友好の証として頂戴した記念のメダルです。これをプレゼントする時には握手の前にコインを手のひらにおいて、そのまま握手して手渡すのが流儀のようです。


これは300g台の赤ちゃんが退院した後にいただいた記念品の盾です。


この写真はその時の赤ちゃんが本国の基地病院に転院することになった時の記念写真です。迷彩服に身を包んだ方達は皆、新生児のトランスポート専門の医療スタッフです。


基地病院の巨大なドクターカーです。


これからも時々搬送があると思いますが、何とか少しでもお力になることが出来ればと思っています。
(それと英語の勉強ですね・・・)

ブログ更新情報

スライド75 (Custom)
2019.07.15
少子化対策はなぜ失敗した?~困っても助けてくれないからでは?
IMG_4648-2 (Custom)
2019.07.01
第43回ハイリスク児フォローアップ研究会in自治医科大学
(画像をクリックすると第45回ハイリスク児フォローアップ研究会のご案内ページにリンクします)
2019.06.15
令和2年度ハイリスク児フォローアップ研究会は青森市で開催されます
IMG_4452 (Custom)
2019.06.13
東北新生児セミナーin仙台
DSC03816 (Custom) (Custom)
2019.06.02
第11回あきた母乳育児をささえる会学習会~少子化対策に欠けていた視点
DSC03813 (2) (Custom)
2019.05.13
弘前市で医療的ケア児支援コーディネーター研修会
IMG_4664 (Custom)
2019.05.07
中央学院大学助産過程で新生児蘇生法講義
58445105_2306145632781483_6810123006648516608_n (Custom)
2019.05.01
在宅新療0-100 2019年4月号~地域の医療機関と共に支える 小児在宅医療の現状と課題
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2019.04.30
合浦公園の桜2019
IMG_4173 (Custom)
2019.04.29
弘前公園の桜2019
DSC03443 (Custom)
2019.04.22
第122回日本小児科学会学術集会in金沢
IMG_3683 (Custom)
2019.04.10
今年も青森中央学院助産専攻で講義

カレンダー

2013年9月
« 8月 10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30