ここから本文です

成育科ブログ

2014.11.13

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今回の愛媛の学会ではスウェーデンのウプサラ大学でFamily centered care(FCC)で先駆的な取り組みをされているUwe先生が教育講演のために来日されました。そこで学会前日の夜に「 こどもかぞくまんなか 」チームの皆さんを中心にUwe先生を囲む会が開かれ、そこにお招きいただきました。翌日のUwe先生が教育講演で日本の現状を発表されるいわき共立病院の本田先生や聖霊浜松病院の大木先生など何人かの先生もご一緒でした。あろうことかUwe先生の目の前に座ることになってしまい緊張しましたがUwe先生は本当にとても気さくな方で、こちらの色んな質問にも丁寧にお答えいただきました。また 昨年の周産期医学9月号「周産期におけるPros, Cons」で「Late preterm児は母子同室で管理したほうがよい」 と言うタイトルで寄稿しましたが、この際にプサラ大学NICUの写真使用の許可のメールをお送りしたことを覚えていて下さいました。Uwe先生のFCCへの思いは強烈で「赤ちゃんと家族は一緒にいるのが当たり前」と言う強い信念に基づいていることが、拙い英語力の身でも十分に感じることができました。現在、既に69歳になられるそうですが、NICUではまだ現役で働かれており、夜間のオンコール対応やドクヘリ当番などもこなされているのだそうです。そのもの凄いエネルギーに圧倒されてしまいました。
DSC06180 (Custom)
話が弾む中、日本式の名刺交換にご興味を持たれたので、ここで突然名刺交換会が始まりました。Uwe先生は参加した皆さんからの名刺を日本式のやり方で次々に受け取られていました。
DSC06181 (Custom)

dsc6195 (Custom) (2)
集合写真の後に「 こどもかぞくまんなか 」チームの皆さんとの1枚です。
DSC06201 (Custom)
二次会にも参加して下さり、二次会ではUwe先生と一緒に来られた人工呼吸器メーカーの担当者の方ともあれこれ人工呼吸器談義で花が咲きました。当科HPの英語ページで人工呼吸器の使い方をアップしているのをiPadでご紹介したところ、とても興味を持って下さいました。この機にもっとグローバルの方にうちの英語ページを見ていただければと思います。
DSC06204 (Custom)
翌日の教育講演の様子です。Uwe先生の後に本田先生が日本の現状として、当科での「直母外出」の取り組みもご紹介して下さいました。
DSC06216 (Custom)
DSC06218 (Custom)

今回も学会場内に「 こどもかぞくまんなか 」ブースが設置されました。前回よりも一段と広いスペースとなっており、各施設からのポスター数も少しずつですが増えてきているようです。前回同様に来場者にウプサラ大学での家族ケアの実際を体験してもらえるようになっていました。
DSC06219 (Custom)

DSC06253 (Custom)

DSC06254 (Custom)

DSC06299 (Custom)

教育講演の後、Uwe先生はしばらくここのブースで来場者からの質問に長時間応えられていたそうで、ちょうど帰り際にお会いすることができました。いつかウプサラ大学NICUをこの目で見学させていただきたいと思います。Uwe先生と直接お話しさせていただいたことは何ものにも代えがたい貴重な時間であったと思います。言葉では上手く言いあらわせませんが「ありがたい」と手を合わせたくなるような心境です。

今回のUwe先生のご講演と「 こどもかぞくまんなか 」チームの皆さんの頑張りが日本中のケアのあり方を変えていく原動力になっていくことを心から願っています。皆様、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

ブログ更新情報

61C-ANsMwPL (Custom)
2018.10.12
働く女子のキャリア格差~女性の活躍には構造的問題の理解が不可欠
IMG_1966 (Custom)
2018.10.07
東京で医療的ケア児に関する厚生労働省班会議
DSC02310-2 (Custom)
2018.10.06
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満)
(クリックするとPDFが表示されます)
2018.09.28
第63回日本新生児成育医学会でランチョンセミナー
(周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究 より)
2018.09.26
災害時小児周産期リエゾン研修(その2)~新生児のドクヘリ搬送
IMG_1751 (Custom)
2018.09.25
災害時小児周産期リエゾン研修~まずは平時からの備えを
DSC02214 (Custom)
2018.09.10
こどもサポート教室クラ・ゼミさんで情報交換会
CIMG5895 (Custom)
2018.09.09
青森県医師会主催のNCPR(Aコース)
IMG_1685 (Custom)
2018.09.04
医療的ケア児支援体制検討WG
(画像をクリックすると拡大捧持されます)
2018.09.03
11月17日(土)青森県医療的ケア児支援シンポジウム開催のお知らせ
DSC02202 (Custom)
2018.08.26
札幌医科大学NICUを見学させていただきました
DSC02158-2 (Custom)
2018.08.21
医療的ケア児支援者研修会

カレンダー

2014年11月
« 10月 12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930