ここから本文です

成育科ブログ

2014.12.30

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨年に続き、今年もアクセスランキングを出してみました。前回はブログのアクセスランキングでしたが、今年はリクルートなどの固定ページや英語版ページも含めてのランキングにしてみたいと思います。
まず総アクセスビュー数ですが、2013年が1年間で52571件(=4381件/月)だったのに対して、2014年は96046件(=約8000件/月)と2倍近くに伸びてきていました。それでは以下に15位までのアクセスランキングをお示しします。

1位 朝日新聞のオピニオン欄に投稿しました (1月16日・5070件)
1月に朝日新聞のオピニオン欄に子どもが入院した時の付き添いの問題に関して投稿しました。今年はこの投稿の掲載から始まった気がします。
朝日新聞オピニオン欄-Medium (Mobile)

2位 スタッフ紹介(2933件)
これは固定ページなので昨年までのランキングには入れていませんでしたが、3位の「NICU紹介」とともに結構なアクセス数がありました。
staff (Mobile)

3位 NICU紹介 (2394件)
nicu (Mobile)

4位 SiPAP (英語版ページ)(1973件)
9月12日に「 世界地図でみた英語版ホームページのアクセス分布解析 」でも書きましたが、英語版ページの日本からのアクセス数は全体の2割弱で、1位は米国が約1/4を占めていました。
1-e1391073259401

5位 東奥日報連載3回目「NICUは赤ちゃんが育つ場所」 (9月4日・1737件)
今年8月から東奥日報の第1・第3月曜夕刊に「 知ってほしい赤ちゃんのこと 」と題して連載をさせていただいています。過去の連載原稿はブログ→カテゴリー→東奥日報連載で読めるようになっています(上の青文字からもリンクします)。
NICU編4 (Mobile)

6位 NICU当直1000泊目! (5月9日・1644件)
当院NICUは平成13年に開設されましたが、それ以降の当直回数が今年5月で遂に1000泊に達しました。ちなみに今夜は今年最後の当直で、今年1月から84泊目で通算1058泊目となります。通算丸3年(=365日×3=1095日)まで残すところ37泊となりました。
P1170599-Custom2 (Mobile)

7位 Babylog VN500 (Basic)(英語版ページ)(1326件)
図1-167x300

8位 実績紹介 (1193件)
track (Mobile)

9位 リクルートページ (1157件)
ブログには常に医師募集のリンクを載せていますが、このホームページとブログ自体がこのリクルートページを見ていただくことをそもそもの主目的としています。その意味で、リクルートページが10位以内にランクインしてくれたことはとてもありがたいことだと思っています。実際の医師招聘の実績に直接的に結びついているわけではありませんが、何もしないでいるよりもこうして地道に自施設の紹介を継続していくことは大事なことだと考えています。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

10位 青森県立保健大学講義・特別版 (1月6日・1065件)
つい先日も今年度の「 県立保健大学ペリネイタル講義 」でご紹介させていただきましたが、青森県立保健大学では毎年、中村由美子教授のご高配で、新生児・周産期医療と社会との関わりのようなことに関して毎年講義させていただいています。。「一人飲み」に象徴される看護師配置の不備や産科病棟で母親の付属物扱いされるなど、これから社会に出る彼女たちがこうしたのひずみが集中する分野で働くと言うこと、そして将来、家庭人として職業を持つ母として生きていく上での困難さがあると言うことを学生の今のうちから是非知っておいて欲しいと言う思いでお話しさせていただいています。
hiitorinomi-Medium (Mobile)

11位から15位は以下のようになっています。今年5月に早産児の人工呼吸管理に関して集中的に特集しましたが、これもランクインしてくれて嬉しく思います。

11位 東奥日報連載4回目 「たらい回し」の真実 (10月9日・941件)
4回目写真-Custom (Mobile)

12位 Babylog VN500(Advance) (英語版ページ)(855件)
図1-167x300

13位 高知県周産期医療人材育成プログラム講演会 (1月25日・804件)
スライド1 (Mobile)

14位 早産児の人工呼吸管理Part2 (5月19日・741件)
スライド9-Custom1 (Mobile)

15位 早産児の人工呼吸管理Part5 (5月22日・706件)
スライド1-Custom4 (Mobile)

まだまだご紹介したい記事もありますが、こうして年々多くの方々に読まれていることは非常にありがたいと思います。来年もできる限り色んな情報をアップしていきたいと思います。来年もまたよろしくお願いいたします。
(最後にリクルートのバナーをいつも通り貼っておきます。まだまだ絶賛募集中です!)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2014.12.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

周産期医学12月号 の特集は「最新版 新生児呼吸管理」で「呼吸管理の実際 VGとMMV」について執筆させていただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これまで、このホームページでも新生児の人工呼吸管理に関してはあれこれ書いてきましたが、中でも今回の内容は 「早産児の人工呼吸管理Part6」 「第50回日本周産期・新生児学会~ステファニー編」 の中でご紹介させていただいた内容をブラッシュアップしたものになっています。

VGは患者の呼吸努力と人工呼吸器から供給される圧との関係でみると、呼吸努力に比例した圧を供給するPAVやNAVAとちょうど真逆の動きをする換気モードと言えます。PAV・NAVAは呼吸努力が乏しくなる時に弱点があり、VGはその逆に呼吸努力が強すぎる時に弱点があります。
スライド4 (Custom)

こうした観点からMMVを捉え直すと、MMVは呼吸努力に乏しい時にはVGで作動し自発呼吸が十分ある時には通常のPSVになるので、その意味ではMMVはVGの弱点を補う呼吸モードと言うことができます。
スライド5 (Custom)

一方、最新型のステファニー(現在、日本国内では販売されていません)では、minimumVGと言う機能があって、自発呼吸が乏しい場合に最低限の換気量を補償してくれます。このように一口にVGと言っても、実はその先の進化型が既に世の中に出回っていると言う見方ができるのではないかと考えています。
スライド6 (Custom)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2014.12.21

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今週の土曜日は青森市内で第44回青森県周生期医療研究会が行われました。詳細は後述しますが、今回の抄録集では「総合周産期母子医療センター開設から10年を経過して」と題して巻頭言を書かせていただきました。
DSC06559 (Custom)

DSC06560 (Custom)2

以下、巻頭言の全文です。

総合周産期母子医療センター開設から10年を経過して

青森県立中央病院 新生児科 網塚 貴介

 平成16年11月に当院に総合周産期母子医療センターが開設され、今年の11月で開設からちょうど丸10年を迎えました。
センター開設を機に県内各地から県病へより重症な例が搬送されるようになり、中でも超低出生体重児の集約化によって県内全体の死亡例数を減じることを目指してきました。一方、この県病への集約化は救命率の向上に伴ってNICUの病床不足を招き、状態が安定した児を地域周産期センターへ搬送し、センターの受け入れ機能維持を県全体で支えていただく施設間連携が徐々に形成されました。現在では極低出生体重児の退院先は、当院からの自宅退院は全体の約4割にとどまり、残り6割は八戸市民病院・国立病院機構弘前病院・むつ総合病院へ搬送されています。こうした県全体の取り組みの成果として、昭和後半から常にワースト5位に低迷した周産期死亡率の5年平均値は直近の平成21~25年では上から16位と、遂に上位群の仲間入りを果たすことができました。乳児・新生児死亡率は、在胎22~23週の看取り例があるのでなかなか改善しきれませんが、まずは一定の成果はあったと思います。これまでご尽力いただいた諸先生にはこの場をお借りして心より御礼申し上げます。
 救命率が向上し各死亡率が改善する一方、超低出生体重児に発生する消化管穿孔や脳室内出血などの重篤な合併症の発生率は決して満足行くものではありませんでした。こうした合併症を減じるため、平成23年以降は県病医師の神奈川県立こども医療センターへの国内留学・研修により治療方針を根本から見直しました。その結果、治療成績は大幅に改善し、今では全国の出生体重1500g未満例の診療成績を比較した新生児臨床研究ネットワークの補正死亡率(患者さんの重症度で施設間補正した死亡率)で2011年にはついに全国77施設中トップの成績となるに至りました。
 この10年間、本当に色んなことがありました。かつての医師派遣元であった札幌医科大学小児科からの医師引き上げによる医師不足の時期は本当にいつ潰れてもおかしくありませんでした。現在の県病NICUがあるのは多くの出会いの中での「奇跡」としか言いようがありません。
 本県の新生児医療は県病が県外から医師派遣を受けていたため、結果として診療によって得られたはずの経験知を県内に還元できず霧散させてしまいました。他県を見渡しても、総合周産期母子医療センターへの医師派遣を県外大学に依存する地域の多くは現在も人材育成で苦境に立たされ続けています。地域医療の発展には、患者さんと医師の動きを一致させ中核施設での研修を県内の医療に還元すること、そして自らの弱みを客観的に認識し常に進化し続ける姿勢の両者が不可欠であると、この10年で学びました。この反省を活かした次世代の育成により、次の10年へのバトンを受け渡すことができればと思います。
 本県の周産期医療水準の更なる向上のため、本研究会のますますの発展を期待します。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2014.12.18

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

青森県立保健大学では毎年、看護系2講、助産コース6講を通常講義として担当していますが、これらとは別枠で、県立保健大学の中村由美子教授のご高配で、新生児・周産期医療と社会との関わりのようなことに関して毎年講義させていただいています。
DSC064642 (Custom)
DSC06461 (Custom)

今回も80分間、色んなお話しをさせていただきました。内容としては
 ・日本の少子化問題の背景
 ・少子化なのになぜ低出生体重児が増えてNICUが足りなくなるのか?
 ・新生児医療における看護体制の問題~特に「一人飲み」問題に関して
 ・産科病棟の新生児の扱い~母親の付属物としての扱い
 ・女性の年齢別労働力率におけるM字カーブの問題
等々、まもなく看護師・助産師として社会に出て、周産期医療に関わるであろう彼女たちが近い将来直面するであろう現実に関してお話ししました。

女性人口のカーブを見ると、20年後の母親のほとんどは既に生まれてしまっていますので、前回も述べたように多少合計特殊出生率を上げたところで後戻り不可能なポイントが間近に迫っています。これが少子化対策が「時間との闘い」と言われる所以です。
20年後女性人口 (Custom)
GCUにおける「一人飲み」は、保育園なら児童福祉法で保育士一人あたりの受け持ち乳児数が定められているのに、病院では児童福祉法が適用されないため、看護師さんが一人でとんでもない人数の赤ちゃんを任せられているために起こる現象です。10年前のアンケートでは全国のNICUの過半数で行われていました。
一人飲み (Custom)
女性の労働力率のM字カーブは、正規雇用・非正規雇用で分けてみると最初は正規雇用でも出産・育児の年代になると比率が下降し、逆に非正規雇用が増加する傾向があります。以前と比べてM字カーブの凹みは浅くなっていますが、これは非正規雇用の増加によって支えられています。正規雇用でいったん辞めるとなかなか正規雇用には戻れない「片道切符」であることがうかがえます。
mじかーぶ (Custom)

以前、このブログでも 「ルポ 産ませない社会(小林美希著、河出書房新社)」 をご紹介しましたが、この本に書かれていることが働く女性を取り巻く社会的環境を物語っています。
産ませない社会 (Custom)

スライド最後 (Custom)
これらは個別には一見、別々のことのように見えますが、実は日本が赤ちゃんとお母さんを大切にしないと言う点で共通しています。「一人飲み」や産科病棟で母親の付属物扱いされるなど、制度上、日本は「赤ちゃんの権利」と言う観点からは権利意識に乏しい国だと言わざるを得ません。こうした社会のひずみが集中する分野で働くと言うこと、そして将来、家庭人として職業を持つ母として生きていく上での困難さがあると言うことを学生の今のうちから是非知っておいて欲しいと言う思いでお話しさせていただきました。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2014.12.09

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

完全に畑違いなのですが、最近話題の 水野和夫氏「資本主義の終焉と歴史の危機」 を読んでみました。
0732a

水野氏によると資本主義に「死期」が迫っており、それを示すのが利子率の低下なのだそうです。資本主義とは利潤を得て資本を増殖させることを基本的性質としていることから、利潤率が極端に低いと言うことは、すでに資本主義が資本主義として機能していないことを示すのだそうです。
資本主義とは「周辺」たるフロンティアの拡大により「中心」が利潤を上げて資本が自己増殖するシステムと定義されています。「もっと先へ」と「空間」の拡大を続けてきましたが、発展途上国の実物経済による「地理的・物的空間」ではもはや高い利潤率を上げることができなくなり、ここで「電子・金融空間」と言う新たな「空間」を作りだし延命を図ったと言います。この過程の中で新たな「周辺」として、今度は国内にも、例えば米国で言えばサブプライム層や日本で言えば非正規社員を出現させたと言うことのようです。現代はこうした転換期にあり、その中で日本はその先端を走っていることから、新たなシステムを生み出すポテンシャルと言う点では世界の中で最も有意な立場にあるとも述べられています。

畑違いながら本著を読んでいて気になったのは、日本の少子化問題とそれに続く将来の人口減少社会との関わりです。こうした文脈で考えてみると、先進国における中間層の賃金低下による貧困化や日本国内での非正規雇用の増加は我が国の少子化問題と無縁とは言えないのではないかと思います。しかし、人口減少社会は将来の市場経済にとっては明らかにマイナス要因なのではないでしょうか?
資本の増殖を図った結果、未来の市場が縮小する
と言う現象は、ある意味、現代資本主義の抱える根本的な矛盾なのではないかと感じました。

イソップ童話に「よくばりな犬」と言うお話しがあります。肉をくわえた犬が池に映る自分の姿を見て「あいつの肉も取ってしまえ」と吠えた瞬間に肉を池に落としてしまうお話です。現代資本主義の抱える根本的な矛盾にはこのお話しと同じような愚かしささえ感じてしまいます。

ミクロレベルでは正しくてもマクロの観点からは望ましくない状況になることを経済学の用語で「合成の誤謬」と呼ぶそうですが、マクロの視点からの経済も時間軸をさらに延ばしていくと、短期・中期で正しいと考えていたことが世代を超えた長期間に渡ると正しくない、つまり少子化によって市場経済を縮小させてしまう現在の状況も「時間軸における合成の誤謬」なのではないかと言う気もします。

本著を読んでいて思ったのは、現代の資本主義はいわば「狩猟型」資本主義なのではないか?つまり「周辺」に「フロンティア」たる狩り場を求めて拡大していく、それがもう行き詰まってしまった、そんなお話しと理解しました。この先、もう狩り場がないなら「狩猟型」ではなく「農耕型」に切り替えたら良いのではないか?そんなことをふと思いつきました。

農耕型」とはつまり「将来の市場を育てるために一定のコストは負担するけれども、将来的に安定した市場を得ることのできる経済システム」と言うことです。

日本の少子化は母親となる女性人口が減少傾向に転じるので、これからどんどん加速していきます。20年後のお母さんのほとんどはもう生まれてしまっているので、その事実を覆すことはできません。恐らくはこの20年と言わず10年内に少子化に対して有効な手立てを打つことができなければ、どこかの時点で人口維持が回復不可能なポイント(point of no return)を通過することになると思います。

(クリックすると拡大表示されます)

(クリックすると拡大表示されます)

経済学は全くの素人ではありますが、少子化になって当然の日本社会の矛盾を日々身近に感じる身としては、そんなことを考えさせられた一冊でした。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

1 / 212

ブログ更新情報

先発抑え (Custom)
2017.04.23
阪神小児循環器疾患研究会in兵庫県立尼崎総合医療センター
小児科学会 (Custom)
2017.04.19
「コミュニティ小児医療」とは?
(クリックするとクリニックのホームページへリンクします)
2017.04.18
2017年7月に「あいだクリニック」開院予定!
シンポジウム (Custom) (2)
2017.04.17
第120回日本小児科学会学術集会 in東京
p1
2017.04.13
Family Integrated Care~セミナーレポート
スライドラスト (Custom)
2017.04.05
新年度 ICTとしての新人オリエンテーション研修会
知って欲しい赤ちゃんのこと (Custom)
2017.03.23
東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」まとめ①
CIMG5100 (Custom)
2017.03.21
スタッフ向け新生児蘇生法講習会~より実戦で役立つ講習を目指して
最終回 (Custom)
2017.03.16
東奥日報連載最終回~声なき声を聞くために
DSC09351 (Custom)
2017.03.05
周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅の今、未来
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.03.01
ATV「わっち!!」で医療的ケア児特集
第41回目 (Custom)
2017.02.23
東奥日報連載41回目~広がる優しさと「思い」

カレンダー

2014年12月
« 11月 1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031