ここから本文です

成育科ブログ

2015.01.31

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Babylog8000は新生児用人工呼吸器として1989年に開発され、日本国内のNICUでも広く使われている代表機種です。1997年には現行のBabylog8000plusとしてバージョンアップされ、当院でも2台が現役です。

(ドレーゲルのWebサイトより引用、クリックするとドレーゲルのサイトへリンクします)

(ドレーゲルのWebサイトより引用、クリックするとドレーゲルのサイトへリンクします)

当院のBabylog8000plusは、実はかなり歴史が古く、写真には「4東未 8.9.13」とありますが、これは2008年ではなく平成8年、つまり1996年に購入されたもので、20年近いベテラン選手です。私が当院に赴任したのが2000年、NICU開設が2001年で、このNICU開設の際、当院のBabylog8000を現行のBabylog8000plusへバージョンアップして現在も使用しています。
DSC06621 (Custom)

実はこのBabylog8000には浅からぬ因縁があります。まだ青森に赴任するとは夢にも思っていない頃、当時当院に勤務していた先生から突然電話がありました。「今度、新生児用の人工呼吸器を購入する予算が下りたのですが、何かお勧めの機種はありますか?」と言うものでした。当時の青森県知事であった木村守男知事が、当院の未熟児室を見学して下さった際、「県として何かできることはありませんか?」とたずねられ、急きょ予算が下りたのだそうです。

Babylog8000は当時の最先端の人工呼吸器ではありましたが、操作には階層が深めで、また旧バージョンはチューブリークのアラームがうるさくて看護師さんには不人気な機種でした。しかし、トリガー感度は非常に鋭敏で、グラフィックも搭載すると呼吸管理の勉強にも有用であり、何より自分自身がこの呼吸器で勉強したこともあって、迷わずBabylog8000をお勧めしました。

この電話をもらった時にはまさか自分が青森で働いて、この人工呼吸器を自分で使うことになるとは夢にも思っていませんでした。それから4年ほどして急きょ青森に赴任することとなり、以降、かれこれ15年近く苦楽をともに過ごしてきた愛機となっています。

人工呼吸器では、よくバージョンアップによって大化けする機種が時々ありますが、この機種もその一つです。Babylog8000はBabylog8000plusへのバージョンアップに際して、それまで最大の弱点だったチューブリークの補正機能が大幅にアップし、その後に登場した新型機種の追随を長きに渡って許しませんでした。結局、この機種を上回るリーク補正機能を持った機種は、後継機であるBabylogVN500まで現れませんでした。

Babylog8000plusを最初に使ったのは、前任地の北海道立小児総合保健センターの時でした。超低出生体重児のCLDⅢ型でどうにもならないほど機種が増大してしまった患者さんをなんとかしようと、Babylog8000plusをお借りしてPSVを試した時の効果は今でも忘れられません。

Babylog8000plusは今でも超低出生体重児の入院時には第一選択の人工呼吸器で、これは第一にPEEPが0.1cmH2O刻みで設定できること、基本モードがリーク補正機能も含めて極めて正確であることが、その最大の理由です。急性期の超低出生体重児は鎮静されていることが多く、それほど多くの機能は必要としません。むしろ安定的かつ正確に作動してくれることが第一優先ですので、その意味では後継機のVN500より優れているかも知れません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長年連れ添ったBabylog8000plusですがそろそろ20年にもなりますし、後継機にその座を譲る日も近いのかも知れません。Babylog8000の登場が1989年、私の卒業も1988年とほぼ同期です。「Babylog8000とともに始まり、Babylog8000とともに終わるのかな」と、この20数年間を思い返しながら、その思いを書き留めておきたいと思います。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2015.01.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」は今週が9回目です。今回は女性の出産年齢の上昇の原因をお話しする前に、日本の少子化の背景に関して述べてみました。
9回目 (Custom)

以下、9回目の原稿です。

前回、なぜ出産年齢がどんどん上昇しているのか、その理由について読者の皆さんに宿題を出しました。今回はその答えの前に、女性の出産年齢の上昇と切っても切れない日本の少子化の背景について簡単に説明したいと思います。
我が国の出生数は終戦直後に激増し、「第一次ベビーブーム」が出現します。当時の年間出生数は約270万人。この時生まれた赤ちゃんが「団塊の世代」で、1971年から74年にかけての「第二次ベビーブーム」における母親世代の中心となります。第二次ベビーブームの年間出生数は200万人台で、現在のちょうど2倍に相当します。これが「団塊ジュニア世代」です。
1960年代から70年代中頃まで2.0前後で推移していた合計特殊出生率は、第二次ベビーブームが終わる頃から低下傾向となり、それに伴って出生数も減少します。ちなみに66年は、60年に一度回ってくる干支の一つ「丙午(ひのえうま)」という年に当たり、この年に生まれる女性は気性が荒いという迷信から、出産が控えられ、一時的に合計特殊出生率は1.58に大幅減少しています。
その丙午を下回る1.57を記録した89年は、「1.57ショック」と言われ、少子化の危機感が漠然とながらも社会に認知され始めました。2005年には1.26と戦後最低水準を記録し、その後1.4前後と若干持ち直しているようには見えますが依然低水準で推移しています。
ちなみに、合計特殊出生率とは「15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの」で、一人の女性が一生の間に産む子どもの数に相当します。ただ実際には、例えばある世代の女性が49歳になるまで値が分からなくては実用的ではないので、その年ごとの各年代別の出生率を合計した値(「期間」合計特殊出生率)が一般的に「合計特殊出生率」として用いられています。また、人口を維持するための出生率の基準を「人口置換水準」と呼び、その値は2.07と言われていますが、これを下回り続けた分だけ将来の人口が減っていくことを意味します。
何より出生総数自体が年々減っていることが問題です。これは母親となる女性の人口が団塊ジュニア世代をピークに減少傾向にあることに起因しています。
出産数の中核となる現在20~39歳までの世代の出生数(図中の枠内)を見ると、団塊ジュニア世代から右肩下がりになっていることが分かります。この枠は今後1年ごとに右に移動して行きますので、出産数の中核となる世代の女性人口は、年々減少していくことも図から読み取ることができます。
国が発表する出生数の将来予測はかなり悲観的な数に感じられるかも知れませんが、「20年後のお母さんとなる世代はすでに生まれてしまっている」ので、少なくとも今後20年間に関しては実はかなり正確に予測可能な指標と言えます。年明けになって公表された2014年の出生数は100万1000人と、辛うじて100万人台を維持しましたが、恐らくこれは我が国の出生数100万人台の最後の年となることでしょう。
そしてもう一つ。この図から言えることは「少子化対策による出生数の回復は早ければ早いほど効果的である」と言うことです。お母さんとなる世代の女性人口が減ってしまってからでは、多少合計特殊出生率が上がったところで追いつかない日がやってきます。「少子化対策は時間との闘いである」と言うことを、今回は強調したいと思います。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2015.01.10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

以前、 小さく生まれた赤ちゃんとそのご家族のつどい(4歳未満) のご案内をした際、青森県内の未熟児、病児、障がい児を持つ親御さんのための家族会である「kamekai」 の紹介をしましたが、ここであらためましてこの「kamekai」のご紹介をさせていただきたいと思います。
「kamekai」の名前は、小さく生まれたり、障がいを持って生まれたりしたお子さん達が、カメさんのようにゆっくりで良いから少しずつ前に向かって歩いて行って欲しいと言う願いから名付けられました。参加するには、以下の写真をクリックしすると「kamekai」のサイトに飛びますので、そこでメンバー申請をしていただければと思います。
ご家族へのサポートは色んな形があって良いのではないかと思っています。病院や行政ができることは限られている部分も多く、こうしたご家族同士の交流はとても重要だと思います。是非、皆さんのご活動が拡がっていくことを願っています。
kamekai (Custom)

NICU入り口にもポスターを掲示してあります。

NICU入り口にもポスターを掲示してあります。

2015.01.09

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

正月休みも明け、年明けの仕事が始まりました。今月から3人の初期研修医がNICUを研修してくれることになり、また東京都立墨東病院新生児科に勤務されていた田中広輔先生が1月から3ヶ月間、人工呼吸管理を中心に研修に来て下さることになりました。このため、今月からはNICUの常勤医5名に加えて4名増え、合計9名での病棟回診となりました。これまでこんな人数になった記憶はないので、恐らく過去最大人数だと思います。皆さんにできるだけ良い研修をして行って欲しいと、こちらの方も頑張らなければと思っています。
CIMG3719 (Custom)
CIMG3725 (Custom)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

2015.01.08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」は今週が8回目です。これまで低出生体重児の出生数が増加していることをお伝えしてきましたが、今回はいよいよその理由について迫ってみました。

第8回目

以下、8回目原稿です。

あけましておめでとうございます。前回まで低出生体重児の出生数が増加していることをお伝えしてきましたが、今回はいよいよその理由に関してお話ししてみたいと思います。

増加の理由には諸説ありますが、確定的な理由は実はそれほど明らかになっているわけではありません。

低出生体重児の出生数は、各年齢の「女性人口」に「出生率」と、出生した赤ちゃんの中で「低出生体重児が生まれる割合」をかけ算した値の総和として求めることができます。この中で「低出生体重児が生まれる割合」は、平成初期(1990年代前半)に全国の周産期・新生児医療体制が整備された頃と比べ、その後の10数年で平均約4割前後も急上昇し、これが低出生体重児出生数増加の最初の主要因となりました。

低出生体重児の割合が増える原因として真っ先に挙げられるのが喫煙です。妊婦さんご自身の喫煙に限らず、ご家族や職場の喫煙による受動喫煙も含めて大きな影響を与えます。この他、妊婦さんの高血圧や糖尿病、更に生活習慣関連では過度の痩せや肥満、歯周病も割合を上げる原因となります。ただ、これらの中で何が特に近年悪化しているのかを特定するのはなかなか難しいものがあります。

もう一つ、出産年齢も大きく関わっています。2000年代に入ってからは特に35歳以上の女性の出産が増えています。平均出産年齢は年々上昇傾向にあり、1990年に28.9歳だったのが、13年は31.6歳にまで達しています。母親の年齢別の出生数を見ても、2000年までは25~29歳の年齢層がもっとも多かったのですが、2005年には30~34歳がトップに立ちます。これと同時期に、20~24歳よりも35~39歳の出生数が、19歳以下よりも40歳以上の出生数がそれぞれ逆転しています。

「低出生体重児が生まれる割合」は25~29歳が最も低く、これは過去から現在に至るまで一貫しています。この年代から年齢が5歳増えるごとに割合は上昇し、35歳以上では1500g未満で出生する極低出生体重児の割合が1.5~2倍近くなり、40歳以上では3倍前後にまで達することが厚生労働省の人口動態統計から読み取ることができます。

図に1993年から5年ごとのお母さんの年齢別にみた低出生体重児の出生数の推移をお示しします。1998年までは各年代で低出生体重児の出生数が増加していますが、最近の10年ほどでは35歳以上のお母さんからの出生数の割合が増えています。「低出生体重児が生まれる割合」の高い年齢群のお母さんの出産件数増加が、結果として低出生体重児出生数の増加につながっているのがこの図からも分かります。

それでは、なぜ出産年齢がどんどん上昇しているのでしょうか? この疑問に対する答えは次回にお話ししたいと思いますが、ここで一つだけヒントを挙げておくと「その原因・背景は女性の側にだけあるのではない」と言うことです。この連載を読んで下さっている皆さんの周りに思い当たる原因はないでしょうか? これを皆さんへの次回までの宿題とさせていただきたいと思います。

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

1 / 212

ブログ更新情報

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.08.11
特別支援学校医療的ケア基本研修
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.08.07
ねぶた祭り2017
IMG_0149-2 (Custom)
2017.08.01
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳以上)
CIMG5223 (Custom)
2017.07.24
看護協会主催の新生児蘇生法講習会
IMG_8781 (Custom)
2017.07.19
第53回日本周産期・新生児医学会学術集会in横浜
DSC00052 (Custom)
2017.07.17
日本呼吸療法医学会~HFOVフォーラム
DSC09979 (Custom)
2017.07.13
埼玉県立小児医療センターを見学させていただきました
IMG_8658 (Custom)
2017.07.02
ITvision誌~タブレットPCを活用したNICU部門システムの概要と将来的展望
DSC09908 (Custom)
2017.06.27
聖隷浜松病院NICUを見学させていただきました
DSC09964 (Custom)
2017.06.26
ハイリスクフォローアップ研究会in浜松~ハイリスク児の教育現場
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.06.07
韓国でPAVに思いを馳せる~PAVはまだ死んでいない!
DSC09797 (Custom)
2017.06.06
NICUケアワークショップ2017 in Korea その3

カレンダー

2015年1月
« 12月 2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031