ここから本文です

成育科ブログ

2015.06.09

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今週の月曜日は市内にある青森県総合学校教育センターで平成27年度就学事務研究協議会が開催され、「障がいを持つお子さんへの支援の現状と課題~特に周産期医療の観点から~」と題してお話しさせていただきました。
DSC07047 (Custom)
DSC07043 (Custom)
内容は先日の青森県重症心身障害児(者)を守る会研修会でのお話しとほとんど一緒なのですが、今回は県内の特別支援の先生方がたくさんいらっしゃっると言うことで、普段、低出生体重児で生まれたお子さんのフォローアップで悩んでいることなども盛り込んでお話しさせていただきました。
低出生体重児の発達 (Custom)
多様 (Custom)

特に今回、お話ししたかったのは下の図です。極低出生体重児の場合、新版K式発達検査は1歳半~2歳頃から始まります。3歳からは修正をしないで満年齢での評価となります。ここで、先日も東奥日報の連載で 「早産で早生まれの「飛び級」」 として取り上げたように、就学前まで毎年発達検査・知能検査を行っていくわけですが、早生まれのお子さん達は満6歳の検査をする頃には就学先が既に決まってしまっています。なので、就学をどうして行くかに関しての相談はその前の年までに考えておく必要があります。そのお子さんによっても状況は変わりますが、若干発達が遅れ気味のお子さんの場合、就学に際しての準備は就学の前々年あたりから始めることをお勧めしています。
検査施行時期 (Custom)
細かいことを書き出すときりがないのですが、こうしたことを医療機関だけで悩まず、できれば教育関係機関との連携の道を今後探って行ければと考えています。青森県教育庁の皆様、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

ブログ更新情報

IMG_2884 (Custom)
2019.01.09
NeonatalCareが「With NEO」へリニューアル!
スライド16 (Custom)
2019.01.07
「PEEP再考」英語版ができました!
スライド30 (Custom)
2019.01.01
PEEP再考~適切なPEEPは酸素を最小限にすると見えてくる
CCF20181226_0005-3 (Large)-2 (Small)
2018.12.22
院内広報誌「ふれあい」~医療的ケア児支援体制について
CIMG5962 (Custom)
2018.12.16
東京で小児在宅会議~小児在宅医療と災害対策
48362493_2217894678448626_850408923381891072_n
2018.12.15
医療的ケア児者の主張コンクール~未来の夢と希望を発信しよう
すべきこと (Custom)
2018.12.10
青森県母体保護法指定医研修会~生存限界の医療に関して
DSC02496-2 (Custom)
2018.11.27
第63回日本新生児成育医学会その3~エビデンスがなくたって
DSC02467 (Custom)
2018.11.26
第63回日本新生児成育医学会その2~医療安全シンポジウム
DSC02538 (Custom)
2018.11.25
第63回日本新生児成育医学会in東京(その1)
IMG_2205 (Custom)
2018.11.17
平成30年度青森県医療的ケア児支援シンポジウム
DSC02343 (Custom)
2018.11.08
県庁健康福祉部災害対策本部図上訓練に参加してきました

カレンダー

2015年6月
« 5月 7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930