ここから本文です

成育科ブログ

2016.07.31

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今年5月から神奈川県の 湘南鎌倉総合病院 産婦人科から3ヶ月間、 NICUの研修に来て下さっていた相原百合先生の研修も最終日を迎え恒例のさよなら講演をしていただきました。
CIMG4373 (Custom)
さよなら講演では、神奈川県の周産期医療と湘南鎌倉総合病院 の紹介をしていただき、さらに当院で学んだことをどうやって活かして行きたいか?ということもお話しして下さいました。最後には「おまけ」として、産褥期のお母さん達に起こりうる産褥期合併症に関しての知見も教えて下さいました。特に赤ちゃんがNICUに入院するとお母さん達はご自身の体調よりもお子さん達の心配でそれどころではなくなっているうちに、いつの間にか体調を崩すこともありうることを、相原先生のご経験も交えてお話しして下さりとても勉強になりました。
CIMG4376 (Custom)
CIMG4380 (Custom)
ちょっと前後しますが、このさよなら講演の前日が送別会でした。川村先生が相原先生との思い出を語ってくれています。
IMG_6250 (Custom)
集合写真です。すっかりみんなできあがってますね。
IMG_6262 (Custom)

こちらは先日の 周産期センタースタッフ向け新生児蘇生法講習会 の時の写真です。鎌倉からかけつけてくれた渡辺零美先生とのツーショットです。
CIMG4362 (Custom)
いつも笑顔で頑張ってくれていた相原先生でした。当院での研修が少しでもお役に立てばと思います。相原先生、3か月間、お疲れ様でした。

(文責 成育科 網塚 貴介)

2016.07.29

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

しばらく前になりますが、6月に千葉県柏市の麗澤大学で開催された 日本人口学会第68回大会の企画セッション でご一緒させていただいた 「『子育て』という政治~少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか? (角川SSC新書) 」 の著者である猪熊弘子さんの発表スライドをいただいたのでダイジェスト版としてご紹介させていただきます。
DSC08503 (Custom)

今回のセッションでは「子育て支援・保育環境における地域格差と出生率」と題してご発表されました。以下、猪熊さんのスライドをご紹介しながらダイジェストして行きたいと思います。
スライド1 (Custom)
まずお話しは以前話題になった 「保育園落ちた日本死ね!」 からお話しが始まります。
スライド2 (Custom)
自治体毎に待機児童数が公表されており、多い自治体・少ない自治体が当然ありますが、実はこの「待機児童の定義」そのものが自治体毎で異なっているのだそうです。横浜市で2013年4月の時点で待機児童数がゼロになったと発表され、これはかなり話題になりました。しかし、それにはマジックがあり、様々な除外規定が存在することから、本当に「ゼロ」になっているわけではないのだそうです。この辺の詳細は「『子育て』という政治~少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか? (角川SSC新書) 」 に詳しく書かれています。ただ、実質上は「ゼロ」ではないにしろ、横浜市は待機児童解消のために市長さんが中心となって精力的に取り組まれていることもまた猪熊さんの著書では紹介されていました。
スライド9 (Custom)
スライド12 (Custom)
一方で、地方では子どもが少なく、待機児童ゼロが当たり前の地域もあるのだそうで、確かに青森県内でも同じような状況の地域があることは耳にします。
スライド13 (Custom)

保育所の不足は「保活」と言う形でお母さん達の新たな負担となっていきます。「就活」「婚活」と「○括」と名の付くものは、とかく「勝ち組・負け組」を生み出しがちです。赤ちゃんが生まれて育休も終えて、そろそろ復職と言う「普通」が実現できれば、それは今の時代「勝ち組」なようです。赤ちゃんを生み育てるのに「勝ち組」も「負け組」もないはずですが、今はそういう時代のようです。
スライド15 (Custom)
スライド16 (Custom)

そう言えば、 共働きファミリーの仕事と子育て両立バイブル と言う本を読んだことがありますが、これなどはまさに「勝ち組」になるためのマニュアル本のように感じました。なんで子育てするだけなのにこんなことまでしなければ行けないんだろう?と言うのが率直な感想でした。きっと社会の中で何かが根本的に間違っているのでしょうね。
81IjzSTMqcL (Custom)

そして一方で後半は保育の「質」に話題が移ります。これは待機児童解消への取り組みとも密接に関連しています。待機児童が多いからと言っても、保育は人が行うものですから、当然、人的なスキルを要します。また、さまざまな規制緩和もやって良いものと悪いものがあるのでしょう。保育所の急速な整備が結果として保育の「質」を危うくしている点に対して警鐘を鳴らされています。
スライド14 (Custom)
スライド17 (Custom)
スライド27 (Custom)
スライド28 (Custom)
スライド35 (Custom)

さらに保育の「質」は面積の話にも及びます。0歳児ひとりあたりの面積は、認可施設では3.3㎡以上と国が定めています。しかし、待機児童の多い地域ではこれを緩和してもよいとの通達が厚生労働省から出されていて、首都圏では2.5㎡以下でも認められているそうです。ちなみにスウェーデンの基準は7㎡だそうで、7㎡と言えばNICU1床分の面積基準と一緒です!
そう言えば、先日の 「一人飲み」アンケート2015~日本周産期・新生児学会in富山 その5 でもご紹介しましたが、医療法施行規則によると、入院患者さんの病室面積は個室だと6.3㎡、2人以上の部屋だと4.3㎡が必要とされていますが、小児のみの病室の面積はその2/3で良いことになっています。大部屋で4.3㎡の2/3と言うと2.9㎡ですので、畳で言えば1.6畳程度と言うことになります。日本では赤ちゃんとか子どもに対する人員やスペースの確保を徹底的なまでに削ることが当然となっているように思えてしまいます。
スライド33 (Custom)

「子どもの権利が守られる保育」を!

これが今回の猪熊さんのご発表の主旨だったように感じました。さきほど「何かが根本的に間違っている」と書きましたが、その「何か」とは、子どもに関わる制度を設計する時、「子どもの権利」が全く考慮の外にあると言う点ではないかと感じました。これは新生児医療・小児医医療そして障害児をめぐる諸制度にも共通する点です。さもなければ、GCUでの「一人飲み」など起こるわけがありません。これだって「何か」が間違っているのは明白です。
スライド36 (Custom)
スライド40 (Custom)

人口学会の当日には猪熊さんの「『子育て』という政治~少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか? (角川SSC新書) 」 を持参し、サインもいただきました。なんとか猪熊さんの訴えが社会に届くことを願ってやみません。猪熊さん、貴重なご発表をありがとうございました。
CIMG4372 (Custom)
CIMG4371 (Custom)

関連リンク:
保育園落ちた日本死ね!!!(2016年2月15日) 
「保育園見つからず退職。悔しい」調査で浮かぶ過酷な保活(The Huffington Post 2016年7月28日)

(文責 成育科 網塚 貴介)

2016.07.28

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載 「知ってほしい赤ちゃんのこと」 は今週月曜日が34回目でした。 今回も前回・前々回に引き続いて、東奥日報明鏡欄に医療的ケア児のお母さんからの投稿が(2016年4月20日) の明鏡欄への投稿に関連して、前回ご紹介した横浜市の 能見台こどもクリニック の小林拓也先生が取り組まれている「メディカルデイケア」をどのようにしたら拡げることができるのか?に関して述べてみました。

実は、今回の原稿に関してはちょっとした裏話があります。

先日、青森市内で青森県小児科医会が開催されたのですが、そこで医会の会長である 河内小児科内科クリニック の河内暁一先生から小児在宅医療に関して少話題提供して欲しいとのお話しがあり、そこで横浜市の能見台こどもクリニック の小林拓也先生が取り組まれている「メディカルデイケア」に関して「今は青森県では補助がないのでおそらく難しいと思いますが仮にこのデイケア事業に対する収益が黒字化できるようになれば、参加して下さる先生はいらっしゃいますか?」と言う形でご紹介させていただきました。

すると、それからしばらくして、青森市内の開業の先生からお電話があり「もし収益面での心配がなくなるなら協力したい」とのご連絡が入りました。既に原稿締め切りは過ぎてはいましたが、それでもまだ修正可能なギリギリのタイミングでしたので、急きょ、この原稿中に「財政的問題さえ解決できればデイケアに協力したいと言う、県内のクリニックの先生もいらっしゃいます」との一文を加えることができました。

この一文を加えることができたことは、連載記事としても大きな意味があったと思いますし、また先日の大阪の議員さん達にも、ご協力いただけるクリニックの先生が実際にいらっしゃることをお示しすることができた点でもその意義は大きかったように思います。

いろんな意味で、人と人とが絶妙なタイミングでつながってリレーのようになった、個人的にはとても感慨深い回となりました。これを気に少しでも事態が好転していくことを願っています。

第34回目 (Custom)

以下、本文です。

前回は、横浜市の小児科診療所「能見台(のうけんだい)こどもクリニック」にある「メディカルデイケア」の施設を紹介しました。
この施設には、重症心身障害児のお子さんたちが日中預けられており、医療機関なので治療も可能で、体調を崩しやすい医療的ケア児の預け先として、とても優れています。しかし、医療的ケアを要する重症心身障害児のお母さんが、安心して働けるようになるための全ての答えになっているわけではありません。それはなぜでしょうか?
この施設の小林拓也院長先生に聞くと、「結果的に働けているお母さんはいるけれども、就労支援と銘打つのは個人のクリニックには荷が重すぎます」とのお返事でした。
この施設の医師は小林先生お一人なので、就労支援を銘打つと休むことさえできなくなります。実際にほとんど休みのない生活だそうで、裏を返すと母親の就労支援は、それだけハードルが高いと言えます。
そして、さらに重大な問題があります。
この施設には、これまでにも多くの見学者がおり、自施設でも取り入れようと試みた先生が何人もいたそうですが、多くが途中で断念されています。
理由は、国が現在定めているデイケアの報酬だけでは人件費を賄えず、赤字になってしまうからです。辛うじて続けられている施設でも、他の事業の黒字分で穴埋めしているのが実情です。小林先生の施設では、国の定める報酬に上乗せした補助を横浜市が出しているため、安定した運営ができています。つまり、行政からの支援なしに重症心身障害児のデイケア施設の維持は極めて困難なのです。実際に財政的問題さえ解決できればデイケアに協力したいという、県内のクリニックの先生もいらっしゃいます。
医療的ケアを要する重症心身障害児のお母さんが安心して働くためには、まず、デイケア施設への経済的支援が不可欠であること。そして、支援によって施設数の裾野を広げ、ある程度の規模を持ったネットワークを構築することが、お子さんの預け先の安定的供給に必要なのでしょう。
さらに、これまでの障害児への支援策は、家族の負担軽減を目的とはしていながら、「どこまで軽減できたか?」の評価もなければ、地域ごとの比較すら困難な状態にあります。障害児支援の充実度指標の一つとして、障害児の母親の就業率あるいは失業率が評価されるべきと考えます。
一方で、障害児・病児を持つ母親が働くことへの抵抗感を持つ方もいらっしゃるかもしれません。子どもを育てるのは親の努め、子どもの具合が悪い時に母親がそばにいるのは当然。確かにそうかもしれませんが、そこで思考停止してしまっていないでしょうか?
「わが子には保育園や幼稚園という選択肢すらありません。仕事をすることは不可能になり、経済的に苦しくなります。医学は進歩しているのに、福祉や制度は見直されず古いまま。その負担は全て家族が背負う現状です。共働きで子育てをしたいです」(一部略)
先日の明鏡欄に投稿されたお母さんの言葉です。夜間に何度も痰の吸引を行い、続けて何時間も寝ることもできない生活をしているのでしょう。それでも働きたいと訴える、その覚悟は並大抵のことではありません。障害があっても家族そろって暮らしたいからこそ、在宅医療を選択しているのです。
その思いを「親の努め」と一蹴してよいのでしょうか? 昔ながらの価値観でお母さんたちを縛り付けるのは、もうやめるべきではないか? それが成熟した社会のあり方ではないかと思うのです。
現在、政府は「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げています。障害児のお母さんの就労問題は、このスローガンの根幹に関わる問題でもあります。その解決に本腰を入れられるか否かが、「女性が輝く社会」の本気度を示す試金石となり得るのではないかと思います。

小児在宅1 (Custom)
小児在宅2 (Custom)
女性が輝く社会 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

2016.07.24

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

この週末は毎年恒例の「小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい」を開催しました。今回は4歳以上のお子さんを対象にしており、4歳未満のお子さんは10月に開催予定です。
昨年のこの会(2015.9.12 小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳以上)) は9月でしたが、就学相談のことを考えるともっと早い時期の方が良いのでは?と言うことになり、今年は7月開催としてみました。
DSC08870 (Custom)
4歳以上の会では毎回、学校関係、特に特別支援教育に詳しい先生をお招きして就学に際しての情報提供を行うようにしており、今回は青森市教育委員会就学指導室の山下先生にお話ししていただきました。これまでは机と椅子のスクール形式だったのですが、今回は椅子は使わずに町内会館みたいな感じでお話しを聞いていただくことにしてみました。なんかこの形の方が距離感が近くなる気がします。
DSC08875 (Custom)

山下先生のお話の後は、小グループに分かれての交流会を行いました。その間、お子さん達は保育士さんや看護師さん達と一緒に作成活動を行っていて、お子さん達の部屋に戻ったらびっくり!巨大な「Products」が完成していました。
DSC08878 (Custom)

つどいの後の集合写真です。

(写真は一部ぼかしてあります)

(写真は一部ぼかしてあります)

ご家族が帰られた後には、これも恒例のスタッフ反省会を行います。ここでの反省点をまた次回に活かしていきます。
DSC08881 (Custom)
ところで、この「Products」はこのままではもったいないので、院内のどこかに掲示したいのですが、これは現在検討中です。
DSC08884 (Custom)

参加されたご家族の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

2016.07.23

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨日は弘前大学小児科の伊藤教授をお迎えして、毎年恒例の当院の研修医の先生方への小児科説明会を行いました。説明会と言っても堅苦しものではなく、ざっくばらんにいろんな疑問にお答えしたり、小児科としての取り組みの説明などをお食事をしながらしました。今回は当院研修医が9名と現在NICU研修中の学生さんお一人の合計10名という過去最高の参加者数となりました。

最初に伊藤教授から簡単に小児科としての取り組みをご説明していただいた後、新生児科の方は池田先生に説明してもらいました。
DSC08852 (Custom)
DSC08855 (Custom)
DSC08858 (Custom)

特に今回は女性の先生が多いこともあり、ワークライフバランスのことなども話題に上ります。個人的には女性医師の場合、小児科医は子育て経験が診療にも活かせるので、仮に育休を取ったとしてもそれ自体がキャリアのロスになるわけではないですし、また逆に小児科医としての知識と経験が自分自身の子育てに活かせるという、仕事とプライベートが相互に好影響を与えあうことのできる職業なのではないかと考えています。その点はかなり真剣に耳を傾けてくださったように思います。診療科の決定は一生の仕事を決めることですので、しっかり考えて今後の決定に少しでも役立って欲しいと思っています。
DSC08863 (Custom)

伊藤教授ならびに参加された皆さん、お疲れ様でした!

(文責 成育科 網塚 貴介)

1 / 3123

ブログ更新情報

母子分離軽減 (Custom)
2017.12.07
母子分離軽減のポリシーを英語ページにアップしました
(クリックするとポスターがpdfで表示されます)
2017.12.05
あおもり母乳の会と周産期講演会のお知らせ
CIMG5449 (Custom)
2017.12.04
院内感染対策三病院合同ラウンド
P1180349 (Custom)
2017.12.01
NICU小笠原さん送別会
IMG_9646 (Custom)
2017.11.28
韓国周産期学会旅日記その3~ランチョンセミナー本番!
IMG_9622 (Custom)
2017.11.27
韓国周産期学会旅日記その2~pre-meetingと会長招宴
DSC00984 (Custom)
2017.11.26
韓国周産期学会旅日記その1~釜山大学Yangsan病院
IMG_9544 (Custom)
2017.11.20
新生児蘇生法講習会用Bluetooth聴診器セットの作り方
CIMG5388 (Custom)
2017.11.19
新生児蘇生法講習会Sコース~Bluetooth聴診器セットデビュー戦
IMG_9445 (Custom)
2017.10.29
釧路で人工呼吸管理の講演をさせていただきました
DSC00405 (Custom)
2017.10.22
平成29年度周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅医療
IMG_9360 (Custom)
2017.10.16
日本新生児成育医学会in大宮~旅日記

カレンダー

2016年7月
« 6月 8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031