ここから本文です

成育科ブログ

2016.10.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先週末はみやぎ母乳育児をすすめる会 総会にお招きいただき「早産児の入院と母子分離~その解決策を考える~ 」と題してお話しさせていただきました。内容は今年の 第52回日本周産期・新生児学会のランチョンセミナー でお話しした、当院で取り組んでいる「直母外出」や、さらにFamily Integrated Careへと続くオランダでの取り組み、そして先日の 東奥日報連載37回目~広がる家族中心のケア でご紹介した家族中心のケアを阻む制度上の問題などに関してお話しさせていただきました。
%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%8e%e6%af%8d%e4%b9%b3%e8%82%b2%e5%85%90%e3%82%92%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%82%8b%e4%bc%9a-custom

今回の勉強会の講演の第一弾は、昨年5月に弘前で開催された 東北母乳の会 でもご講演いただいた青葉達夫先生に「1歳半から3歳までの食事~離乳食完了後から幼児期まで ~」と題してご講演いただきました。離乳食を進める上での様々な情報が満載でとても勉強になりました。
dsc09128-custom
dsc09130-2-custom

続いて講演2です。
1%e6%9e%9a%e7%9b%ae-custom
いつも伝えたいことは同じです。一つは「適切な授乳援助は赤ちゃん達の持つ『力』を引き出しているのかも知れない」、逆に言えば「赤ちゃんとお母さんを引き離すケアは赤ちゃんの持つ力を削いでしまっているのではないか?」と言うことと、
dsc09137-2-custom
そして「赤ちゃんとお母さんが一緒にいるのは普通のこと」であり、しかしそれを取り巻く環境に様々な制約はあるけれども知恵を出し合えばいいアイデアが生まれるかも知れないのでは?と言う2点だけです。
dsc09140-2-custom

ファミリー・センタード・ケアに関しては先日もご案内したように12月には 神奈川県立こども医療センターでの講演 も予定されていますが、もうこの春以降はNICUに関わっていない身でもあり、こうした講演も次回の横浜が最終回になるのではないかと思います。これから先は現役の皆さんの力で突破口を切り開いていって欲しいと切に願っています。みやぎ母乳育児をすすめる会の皆様、貴重な機会を頂戴しありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

2016.10.21

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今年2月の 神奈川県立こども医療センター勉強会での人工呼吸管理に関する講演 に続いて、今年12月22日(木)には今度は「NICUにおける母子分離軽減〜日本における問題点と可能性」と題してお話しさせていただくことになりました。神奈川県立こども医療センターでは以下のご案内のように新生児医療の様々な分野の先生達をお招きして頻繁に講演会を開催されています。この中に加えていただいてとても光栄に感じます。

内容的には今年7月の 日本周産期新生児学会のランチョンセミナー でお話しさせていただいたFamily Integrated Careの話題に加えて、当院の「直母外出」の詳しいところと、日本の周産期医療における枠組みの中でどうしたらFamily Integrated Careを進めることができるかに関してもお話しさせていただきたいと思っています。個人的にはクリスマスの時期に憧れの横浜にお邪魔できるのもとても楽しみにしています。

(クリックすると拡大表示されます)

(クリックすると拡大表示されます)

(文責 成育科 網塚 貴介)

2016.10.20

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

東奥日報夕刊の連載 「知ってほしい赤ちゃんのこと」 は今週月曜日が37回目でした。今回はFamily centered careを取り上げてみました。

この連載の文字数は大体1500字ぐらいなのですが、一般の方を対象に書くことの難しさを再認識した回ともなりました。学会等であればFamily centered careがどんなものなのか、NICUに入院すると母子分離せざるを得ない、と言う共通認識の元で発表しますが、今回は特に「母子分離」の言葉を使えなかったのが辛いところでした。まずはご覧いただければと思います。

%e7%ac%ac37%e5%9b%9e%e7%9b%ae-custom

以下、本文です。

赤ちゃんがNICU(新生児集中治療室)に入院すると、どうしても赤ちゃんとお母さんは離ればなれになってしまいます。ご家族、特にお母さんにとっては、通常の産後とは違う環境になるため、イメージしていた姿とのギャップを感じられることもしばしばです。
このことは、私たち医療者がつい「軽症だから」と考えがちな、ちょっとだけ早く小さめに生まれた早産児の赤ちゃんの場合でも例外ではありません。こうしたご家族の不安や葛藤に対して、新生児医療の現場では軽減のために様々な取り組みがされています。今回はそうした取り組みを紹介したいと思います。
かつて新生児医療では赤ちゃんの救命にのみ注力するあまり、赤ちゃんとご家族との関係に無頓着だった時期がありました。しかし、近年はその反省から、ご家族を赤ちゃんのケアの中心にしようという動きが活発で、これを「ファミリーセンタードケア(Family centered care)」と呼びます。
NICUに赤ちゃんが入院すると、ご家族は面会に通い、ある程度大きくなると退院指導を受けて自宅に帰るという流れがあります。確かに面会に来れば赤ちゃんに会うことはできますが、一方で治療中の赤ちゃんに対してご家族ができることは少なく、その場で時を過ごすことは無力感や将来への漠然とした不安、時には「どうしてこうなってしまったのだろう?」というような、ネガティブな気持ちに押し潰されそうになりがちです。
しかし同じ面会でも、ただ赤ちゃんを眺めるのではなく、ご家族でも可能なケアを行うことができればどうでしょうか? 全身状態の不安定な生後早期の急性期では難しくても、栄養を注入できる時期になれば母乳をゆっくり注入したり、もう少しすればおむつ交換もできるようになるかも知れません。
ご家族が行うことのできるケアの範囲が日々広がっていくことや、その過程で次第に赤ちゃんの変化を感じることができれば、ご家族も自分たちが「育っている」ことを実感できるのではないかと思うのです。
こうした取り組みは全国で広がりつつありますが、一方でそれを阻む要因も多々あります。
一つは、前回ご紹介したNICUにおける看護スタッフの人員配置不足です。ご家族にケアに参加してもらうにも、何でもやってみれば良いわけではなく、ケアに対するご家族の理解を深める必要がありますし、またそれぞれのご家族が次に何が可能か、今どの段階なのかも把握しておく必要があり、そのためにはやはり、それなりの人員が必要です。
また、もう一つの大きな要因はNICUの面積です。日本のNICUは非常に狭く、ご家族が赤ちゃんと一緒に過ごすにも、スペースが非常に足りないのが一般的です。この点に関しては、最新のNICUでは病室を個室化したり、ご家族のためのスペースを広く取る施設が増えています。
また、呼吸障害のない、ちょっとだけ早く生まれた早産の赤ちゃんで、もし赤ちゃんとお母さんが一緒に入院患者さんとしてケアできる病棟があれば、そもそも赤ちゃんとお母さんは離れなくて済むはずです。実は、海外の施設では母子をともに入院患者さんとしてケアできる施設がすでに存在します。
日本では、産科病棟とNICUが制度上も区分けされているので、こうした対応を取ることが難しいのが現状です。しかし、ファミリーセンタードケアの観点から、周産期医療体制を大枠から考え直さなければならない時期にさしかかっているのではないかとも考えています。

(文責 成育科 網塚 貴介)

2016.10.18

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今週は青森県立図書館の隣にある青森県総合社会教育センター を見学させていただきました。
cimg4812-custom
cimg4811-custom

先日、 小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満) を開催しましたが、このつどいも年2回と言うか、対象は年齢で分けているので事実上年1回しかありません。もう少しこうした交流の場を拡げることができないだろうかと検討して行く中で、交流の場の一つの候補として青森県総合社会教育センターが浮上してきたことが今回の見学のきっかけとなりました。まずは早速、館内を見学させていただきました。

まずこの施設1階にある「ほのぼのルーム」を見学させていただきました。ここは昨年から親子の交流施設として一般開放されているスペースです。屋内にある公園のような位置づけで、今年からは月1回、隣の「ほのぼのサロン(写真下)」で子育て等に関する相談や情報交換の場として活用されているそうです。
cimg4786-custom
cimg4787-custom

こちらは2階にある300名収容できる大研修室です。ここは全ての座席と演台も電動で収納可能となっており、全て収納されると体育館のような広さのスペースができるようになっているそうです。
cimg4798-custom
cimg4799-custom

こちらは3階にある和室です。ここは隣の茶室も含めると50畳ほどの広さがあり、ここも色んな用途に使えそうでした。
cimg4806-custom

こちらはエントランス周辺です。右の階段を上っていくと、こちらで小学生のお子さん達が作られたステンドグラスが飾られていました。
cimg4803-custom
cimg4801-custom

外に出てみると隣は県立図書館です。紅葉が色づいておりとても綺麗でした。図書館では飲食と会話がどうしても制限されますが、こちらの施設ではそうした制限が緩いですし、また図書館に隣接していると言う点も、これもまた使い勝手の良さに一役買っていると感じました。
cimg4795-custom
cimg4791-custom

こちらは隣接している「憩いの広場」です。ジョギングコースがあって、老若男女問わずに利用しやすくなっています。
cimg4793-custom
cimg4792-custom

この他にも本当に多種多様なニーズに対応できる設備が満載の施設なので、むしろこの施設をどのように活用できるかをもう少ししっかり考えてみたいと思いました。またそれとは別に、今度は取りあえずプライベートでもちょこちょこ通ってみたいと思いました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

2016.10.17

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先週末は先月も 第31回日本母乳哺育学会 で行ってきたばかりの盛岡市に東北地方の新生児科の先生方が一堂に会する東北新生児医療カンファランスに参加してきました。この会はかれこれ20数年前からずっと続いてきた会で、東北地方の先生方との貴重な交流と意見交換の場となっています。

今回は当院からはNICUの松尾先生が「当院における超早産児での人工呼吸管理注の呼吸賦活剤使用状況について」と言う演題で発表してくださいました。
dsc09119-custom
当院では以前から人工呼吸管理中でもテオフィリン等の呼吸賦活剤を使用しており、こうした薬剤使用によって人工呼吸器設定を比較的低めに維持することができる印象があります。エビデンスと言われるとなかなか難しいのですが、この3年間に超早産児の在宅酸素がほとんどいないことが一つの成果としては言えるかとは考えています。

特別講演では岩手医科大学心臓血管外科学講座教授の猪飼 秋夫先生をお招きして「心臓病 胎児、新生児から始まる治療戦略」と題してご講演いただきました。当院は先天性心疾患をあまり診ない施設ですので、最近の治療法や治療成績を拝聴してとても勉強になりました。昨年の 第60回日本新生児成育医学会 少子化シンポジウム でも取り上げたように、東北地方は今後ますますの少子化が予想され、昨年のシンポジウムでも県境を越えた患者さんの集約化が特に稀な疾患になるほど重要になってくるのではないかと考えられます。おそらくはその一つが先天性心疾患の分野であることが今回猪飼先生をお招きした背景でもあります。

研究会が終わってからは盛岡つなぎ温泉に移動して懇親会です。ある意味こちらが本番だったりするかも知れません。話題は尽きることなく夜が更けていきます。
dsc09123-custom
dsc09125-custom

猪飼先生はじめ参加された諸先生お疲れ様でした。楽しいひとときをありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

1 / 212

ブログ更新情報

先発抑え (Custom)
2017.04.23
阪神小児循環器疾患研究会in兵庫県立尼崎総合医療センター
小児科学会 (Custom)
2017.04.19
「コミュニティ小児医療」とは?
(クリックするとクリニックのホームページへリンクします)
2017.04.18
2017年7月に「あいだクリニック」開院予定!
シンポジウム (Custom) (2)
2017.04.17
第120回日本小児科学会学術集会 in東京
p1
2017.04.13
Family Integrated Care~セミナーレポート
スライドラスト (Custom)
2017.04.05
新年度 ICTとしての新人オリエンテーション研修会
知って欲しい赤ちゃんのこと (Custom)
2017.03.23
東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」まとめ①
CIMG5100 (Custom)
2017.03.21
スタッフ向け新生児蘇生法講習会~より実戦で役立つ講習を目指して
最終回 (Custom)
2017.03.16
東奥日報連載最終回~声なき声を聞くために
DSC09351 (Custom)
2017.03.05
周産期学習会~みんなで考えよう!青森県の小児在宅の今、未来
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.03.01
ATV「わっち!!」で医療的ケア児特集
第41回目 (Custom)
2017.02.23
東奥日報連載41回目~広がる優しさと「思い」

カレンダー

2016年10月
« 9月 11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31