ここから本文です

成育科ブログ

2016.12.10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

最近ブログのアップが滞り気味なので、少し前の分にさかのぼって少しずつアップしていきます。今月上旬の12月9日に平成28年度周産期医療学習会を、先日見学させていただいた 青森県総合社会教育センター で開催しました。対象は青森県内の地域の保健師さんたちが中心で、青森県内各地からたくさんの方にご参加いただきました。

最初に情報提供として「NICU退院児のフォローアップと地域との連携の必要性」と題してお話しさせていただきました。
cimg4992-custom

slide1-custom
slide2-custom
最初にNICUから退院したお子さんの発達に関して総論的なことをお話ししました。
slide3-custom
特に超低出生体重児の場合、そのフォローアップに際しては就学を見据えると生まれた月が結構大きな意味を持ちます。中でも早まれの場合、超低出生体重児のほとんどが予定日で生まれた学年よりも1学年上がった「飛び級」になってしまいます。
slide4-custom

就学に至るまでも、その時その時に必要な支援は様々で、また患者さんは県内各地から通ってくるので、地域ごとの情報はなかなか得にくいという問題もあります。今回の企画はそんな問題意識から始まりました。青森県ではハイリスク妊産婦連絡票や早産児で出生した場合連絡票によって地域の保健師さんが患者さんのお宅を訪問するという事業が以前から確立されています。しかし、一度退院してしまうと、その後に保健師さんと医療機関との情報交換の場はかなり限られており、NICU退院児のフォローアップにおいて困難さを感じることが度々ありました。そこで、今後の方策として、周産期に用いられているような連絡票をフォローアップ外来からも出すような仕組みを作れないものかというご提案をさせていただきました。現場の皆さんからは歓迎のご意見が多く、むしろ保健師さん達も集団の乳児検診時に医療機関からの情報がなくて困っているとのご意見も寄せられました。
slide6-custom

情報提供の後にはワークショップ形式で参加者の皆さんから各地域の中で療育などに関するリソースに関して情報交換をしていただきました。意外に知らない施設名もたくさん挙げられ、とても参考になりました。
cimg5003-custom

こうした問題意識を共有することで、NICU退院時のフォローアップと退院後の支援がより円滑に進むことをめざせそうかな?と思えた1日でした。遠方からのご参加もたくさんあり、本当にありがとうございました。
cimg5009-custom

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2016.12.08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

第61回日本新生児成育医学会 2日目の夕方からは 今年7月の富山での日本周産期新生児学会で発表した「一人飲み」発表 の続編で、「我が国の新生児医療機関におけるいわゆる「一人飲み」の実態調査~2006年と2015年を比較して」と題して発表させていただきました。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891-custom
前回2006年の調査では回答施設が95施設でしたが、2015年の調査では143施設からの回答がありました。2度の調査で両方とも回答した施設が57施設、2015年に未回答だった施設が38施設ありました。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%893-custom
2015年に未回答だった38施設では、2006年時点で「一人飲み」を行っている施設が6割ほどあり、実態としては2015年の施行率よりももう少し高い可能性があると思われます。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%894-custom
2度の調査に回答して下さった57施設では、「行わない」とする施設の割合が大幅に増え、また頻繁に行う施設が減少傾向でした。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%895-custom
「一人飲み」状況に変化のあった施設では、特に「あり」から中止した施設では、GCUにおける看護配置がかなり改善していました。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%896-custom
また、「一人飲み」は中止できていなかったものの、施行頻度に改善の認める施設でもGCUの看護体制にやはり改善傾向がありました。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%897-custom
2回の調査で各施設におけるGCUの看護体制の変化を見てみると、GCU看護体制がかつて手薄だった施設ほど、その手薄さに比例して改善していることが分かります。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%898-custom
考察は以下の通りですが、2006年の調査ではGCU看護体制の手薄さが「一人飲み」に直結しているという結果でしたが、今回の調査では各施設ともGCU看護体制の改善が図られており、「人手が足りないから一人飲みをしている」という単純な図式ではなくなっていることがうかがえます。背景には、一度始めてしまった「一人飲み」は、その「伝承」も含めて、根絶が困難であることが推察されました。ただ、改善したとは言っても、諸外国と比べるとまだまだGCUの手薄さは否めません。夜勤看護師一人の受け持ち人数が6人でもまだ足りないともいえるかとも思います。諸外国並みの3-4人まで改善できれば「一人飲み」の根絶も可能なのかもしれません。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8910-custom

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2016.12.06

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

第61回日本新生児成育医学会 の2日目です。
dsc09176-custom
この日は早朝から毎回恒例の 新生児医療フォーラム の管理人会でした。今回から埼玉医科大学総合医療センターCEさんで、以前から当院で nasalDPAPの講義 でお世話になっている須賀里香さんにも加わっていただくことになりました。
dsc09179-2-custom
新生児医療フォーラムのこのホームページは、もうかれこれ10年以上も前に私が作ったものですが、さすがにもう最近のWebページと比べてるまでもなく古くなってしまったので、近いうちについにリニューアルすることが決まりました。今回はその方向性などに関しても細部にわたり検討しました。これはまた後日ご案内足したいと思います。
%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0-custom-2

この日は夕方からポスター発表でした。今回は 今年7月の富山での日本周産期新生児学会で発表した「一人飲み」発表 の続編で、「我が国の新生児医療機関におけるいわゆる「一人飲み」の実態調査~2006年と2015年を比較して」と題して発表させていただきました。この内容はまた改めてご紹介したいと思います。
img_7030-custom

今回のポスター発表は、隣が北海道立子ども総合医療・療育センター(コドモックル)の浅沼先生、その隣が聖隷浜松の大木先生と、なんか和やかな感じでしたが、さらにそこに、かつて札幌医科大学の後輩世代にあたる先生方が続々と集まって下さいました。
dsc09190-custom

この後のフォローアップ研究会等が終わってからみんなで集まりました。この顔ぶれは本当に久しぶりで懐かしく楽しいひとときを過ごすことができました。本当に感謝感謝です。皆さん、ありがとうございました。
dsc09195-custom

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2016.12.05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

dsc09183-custom
第61回日本新生児成育医学会 の1日目です。初日の午前中は呼吸のセッションを聞いてきました。呼吸最後の演題は、 昨年の信州フォーラムで発表した一体型EtCO2アダプタ の性能を鹿児島市立病院の下地先生が動物実験のデータで発表してくださいました。
dsc09166-custom
このデータもまた来年2月の 第19回新生児呼吸療法モニタリングフォーラム で発表の予定です。
%e4%bf%a1%e5%b7%9e%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%a0-custom

こちらは学会ではもうお馴染みとなってきた こどもかぞくまんなか のブースです。各施設の取り組みを紹介するポスターもどんどん増えてきています。スウェーデンのウプサラ大学のUwe先生の動画は今回は日本語字幕付きになっていました。こちらはあらためてご紹介します。
dsc09168-custom
dsc09167-custom

こちらは 新生児集中治療室からのフォトメッセージ NICUのちいさないのち の写真とメッセージが展示されているコーナーです。自分が書いたメッセージが載っているのもちょっと変な感じでした。
dsc09185-custom
dsc09184-custom

学会初日はこの後、懇親会へと続きます。今回の学会長である大阪府立母子保健総合医療センターの北島博之先生のご挨拶から始まりました。
dsc09169-custom
会場には大阪府立母子の公式キャラクターである「モコにゃん」もご挨拶に回っていました。
dsc09170-custom
懇親会では産科医師でジャズピアニストである「コウノドリ」の主人公のモデルとなったりんくう総合医療センター産婦人科の荻田和秀先生がピアノの生演奏をご披露して下さいました。
dsc09171-custom

こうして学会初日が過ぎていきます。
dsc09192-custom

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2016.12.04

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先週末は 第61回日本新生児成育医学会 に参加するため大阪に行ってきました。学会前日は来年2月の 第19回新生児呼吸療法モニタリングフォーラム で「新生児医療におけるデザイン 製品〜環境〜運用 」と題した企画セッションの打ち合わせで、学会場から歩いてすぐのところにあるパラマウントベッドさんに行ってきました。
%e4%bf%a1%e5%b7%9e%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%a0-custom

会社の中にはNICU設計のためのスタジオがあって、実物の保育器やシーリングペンダントを使ってのシミュレーションができるようになっています。
dsc09156-custom

img_7026-custom

また、今回の学会会期中は保育器内の音が赤ちゃんにどのように聞こえているかを体験することのできる企画もありました。実際に保育器内の音を聞いてみましたが、周囲の音もさることながら、保育器に直接接している車輪の固定音などが意外に大きいなどの発見がありました。
img_7024-custom

img_7025-custom-2

信州フォーラムの企画セッションの方も「どうやって医療者の思いを形にするか?」という視点で、「デザインするためのデザイン」をテーマにしていこうと考えています。こちらの方はまた信州フォーラムが近くなりましたらご案内したいと思います。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2 / 212

ブログ更新情報

DSC01934 (Custom)
2018.06.30
青森県訪問看護ステーション連絡協議会研修会
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2018.06.02
放送大学「共に生きる社会を目指して」~「うりずん」高橋昭彦先生
スライド2 (Custom)
2018.05.27
弘前大学医学部で新生児学講義~「母乳と薬剤」の知識は全ての医師に
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2018.05.25
TVシンポジウム「重い病気を持つ子の暮らしと学びをどう支えるか」
e38184e3828fe381a6e6af8de4b9b3e381aee4bc9a15e591a8e5b9b4e8a898e5bfb5-e3839de382b9e382bfe383bc_1 (Custom)
2018.05.20
いわて母乳の会~第15回わくわくおっぱいのつどい
DSC01893 (Custom)
2018.05.05
芦野公園と弘前公園の桜
最後の授業2-Custom
2018.05.04
小児科医に明日はあるか?~女性医師の働き方と「最後の言葉」
(画像をクリックすると第121回日本小児科学会学術集会のプログラムページにリンクします)
2018.04.30
日本小児科学会in福岡~コミュニティ小児医療の実践例
IMG_0697-2 (Custom)
2018.04.22
日本小児科学会in福岡~太宰府再訪
CIMG5730 (Custom)
2018.04.17
新年度・新メンバー
CIMG5725-2 (Custom)
2018.04.16
青森中央学院助産専攻で講義
DSC01772 (Custom)
2018.03.28
伊藤先生送別会~新天地での活躍を願って

カレンダー

2016年12月
« 11月 1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031