ここから本文です

成育科ブログ

2017.02.19

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨年の大阪で開催された日本新生児成育学会 、そしてさらにその前の 一昨年の信州フォーラム でも発表した一体型EtCO2アダプタをついにこの信州フォーラムでもセッションとして発表させていただくことになりました。

DSC09276 (Custom)

人工肺サーファクタント・HFOなど、新生児医療の歴史の中でも医療を格段に進歩させる場面をこれまで何度か見てきました。そこまでのインパクトはなくても、例えばBabylogもデビューしたての頃はリークに弱いのが弱点でしたが、その後のマイナーチェンジではその弱点が克服されていました。今回のお話も、まあそこまでとはいかなくても、ひょっとしたらこれから先の急性期医療を大きく変えるかもしれない新たなデバイスの登場というお話になればと思っています。

スライド2 (Custom)
EtCO2は単にCO2のモニタリングに留まらない様々な情報を得ることができます。ただ、最大の難点が死腔量の増加です。
スライド11 (Custom)
この死腔量をなくして、さらにできるだけ患者さんの口元近くで計測することができれば、それが何より理想的なはずです。
スライド12 (Custom)
そこで、従来使用している閉鎖型気管内サクションカテーテルアダプタとEtCO2アダプタを合体させることで、その死腔量を最小化することができないかと考えたのが今回の一体型アダプタです。スライドは本当にベタで申し訳ないです。
スライド13 (Custom)
スライド14 (Custom)
実物はポケットに忍ばせておいて、手に取って見せたつもりでしたが、頭のハレーションとかぶってしまったようです(-_-;)
DSC09284 (Custom)

ちなみに今回のプレゼンは、実はスティーブ・ジョブズが2005年にiPod nanoを発表したときにジーンズの小さい方のポケットから取り出してみせるのをちょっと真似てみました。似ても似つかなくて、きっと誰も気が付かなかったとは思いますが・・・・。一度これをやってみたかっただけです。

( Apple Music Special Event 2005-The iPod Nano Introduction )

( Apple Music Special Event 2005-The iPod Nano Introduction )

一体型アダプタの死腔量は2.9mlと、閉鎖式吸引カテーテルアダプタの死腔が約2.0mlなので、それでも少し多めですが、、まだまだ死腔量は減らせるので、最終的にはほぼ同程度まで行けるのではないかと思います。
スライド19 (Custom)
スライド20 (Custom)

なんとかこのアダプタが正式な製品となって、特に体重の小さな赤ちゃんたちの人工呼吸管理に少しでも役に立ってくれる日が来ることを願っています。

DSC09343 (Custom)

このアダプタ開発にご協力くださった日本光電の皆様に心から感謝申し上げます。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

(画像をクリックすると青森県庁のページへリンクします)
2019.09.17
災害時における医療的ケア児支援に関する講演会のお知らせ
(画像をクリックすると青森県庁ホームページへリンクします)
2019.09.16
令和元年度青森県医療的ケア児支援シンポジウムのお知らせ
DSC04299 (Custom)
2019.09.15
第21回青森継続看護研究集会in弘前
DSC04255 (Custom)
2019.09.14
医療的ケア児支援看護フォーラム~岐阜県「みらい」の市川さんのご講演
スライド75 (Custom)
2019.07.15
少子化対策はなぜ失敗した?~困っても助けてくれないからでは?
IMG_4648-2 (Custom)
2019.07.01
第43回ハイリスク児フォローアップ研究会in自治医科大学
(画像をクリックすると第45回ハイリスク児フォローアップ研究会のご案内ページにリンクします)
2019.06.15
令和2年度ハイリスク児フォローアップ研究会は青森市で開催されます
IMG_4452 (Custom)
2019.06.13
東北新生児セミナーin仙台
DSC03816 (Custom) (Custom)
2019.06.02
第11回あきた母乳育児をささえる会学習会~少子化対策に欠けていた視点
DSC03813 (2) (Custom)
2019.05.13
弘前市で医療的ケア児支援コーディネーター研修会
IMG_4664 (Custom)
2019.05.07
中央学院大学助産過程で新生児蘇生法講義
58445105_2306145632781483_6810123006648516608_n (Custom)
2019.05.01
在宅新療0-100 2019年4月号~地域の医療機関と共に支える 小児在宅医療の現状と課題

カレンダー

2017年2月
« 1月 3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728