ここから本文です

成育科ブログ

2017.06.07

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

NICUケアワークショップ2017 in Korea その1 
NICUケアワークショップ2017 in Korea その2 
NICUケアワークショップ2017 in Korea その3
と、韓国でのワークショップの様子をご報告してきました。今回のワークショップとSon先生のNICUを見学してひとつ大きく感じたことは、人工呼吸器モードとしての「PAVはまだ死んでいない!」ということです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前、 悲運の人工呼吸器~ステファニー物語 として、日本においてステファニーの定期メンテナンスが切れたことをご紹介しました。ステファニーは日本で唯一、PAV(proportional assist ventilation)が可能な人工呼吸器でした。しかし、日本での販売もメンテナンスも今は終了してしまっています。

ステファニー (Custom)

しかし、広い世界の中で、たまたま不運に遭ってしまった日本一国での出来事でしかないのもまた事実です。現にお隣の韓国では新型のステファニーが活躍し、さらに先日のように人工呼吸器のワークショップでPAVに関しての活発な議論もされているのです。

DSC09801 (Custom)

日本国内では、すでにNAVAを導入する施設も増えて来ており、あたかもPAVは時代遅れのように捉えられている感がありますが(実際、学会の演台でもPAVの発表は当院を除けばほとんどありません)、特殊なセンサーを要するわけでもなく、ランニングコスト的にもNAVAより優れた点は多々あります(本当はもっとたくさんの利点がありますがここでは割愛します)。

それよりも、これからの人工呼吸器の方向性として、恐らくは様々なメーカーからPAVを搭載した機種が登場してくると考えた方が現実的なのではないかと言う気さえします。そして、グローバルでは、これからどんどん改良されたモデルも登場するのでしょう。現に、今や主力の人工呼吸器となっているBabylogVN500にもPAVと似たPPSと言うモードが搭載されています。

こんなことをなぜ突然書き出すのかと言えば、これからしばらくして日本国内でPAVの搭載された新型の人工呼吸器が登場したらどうなるのだろう?とふと思ったからです。今や日本国内のNICUでPAVを主力の呼吸器モードとして使っているのは当院ぐらいでしょう。新型の人工呼吸器にPAVが搭載されたからと、そこで慌ててPAVの勉強を一から始めて上手く使いこなせるのかとても心配です。とはいえ、当院ではまだまだ現役のステファニーも、いくら大事に使っていてもいずれ使えなくなるときが来るかも知れません。日本国内でPAVの臨床経験を積むことができるのもあとわずかなのかも知れません。このPAVに関する経験知がこのまま青森の地で埋もれてしまうのはとても勿体ない気がしています。そんなことを、今回の韓国でのワークショップに参加していて感じました。

と言うことで、当院では新生児科医師を常時募集していますので、ちょっとご興味があるだけも結構ですので、お気軽にご連絡いただければと思います。下のバナーをクリックすると当院のリクルートサイトに移動します。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.06.06

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ワークショップの後、Son先生のNICUを見学させていただきました。
DSC09773 (Custom)
こちらがNICUの入り口です。
DSC09797 (Custom)
DSC09794 (Custom)
フラットパネルのX線写真撮影装置もありました。
DSC09796 (Custom)

NICUの中には、日本では日の目を見ることのなかったステファニーの後継機がたくさん活躍していました。
DSC09801 (Custom)
DSC09802 (Custom)

NICUの端の方にあるこの机がSon先生の仕事場なのだそうです。
DSC09803 (Custom)

DSC09804 (Custom)
DSC09805 (Custom)

器材庫には日本ではもはや幻の人工呼吸器となってしまったステファニーが沢山待機していました。この写真だけ見ると当院の器材庫を彷彿させられます。
DSC09813 (Custom)

NICUの書棚には日本の新生児関連書籍がずらっと!このほとんどをSon先生は韓国語に翻訳されているのだそうです。
DSC09816 (Custom)

Son先生を囲んで集合写真です。
DSC09815 (Custom)

Son先生のご施設は大学病院と言うよりも、街全体が病院群になっていて、建物ごとに病院としての機能も異なるのだそうです。日本ではなかなか考えられないスケール感でした。
DSC09774 (Custom)
DSC09818 (Custom)

Son先生はこれまで当院も含めて、日本国内の数多くのNICUを見学されてきました。「ここは○○病院のNICUと、ここは△△大学のNICUと同じです」と、これまで数多くの日本国内のNICUを見学されてきたSon先生だからこそ実現できたNICUと感じました。ある意味、Son先生のご施設こそ「オールジャパン」が集結したNICUなのかも知れません。そんなSon先生の思いや熱意をもの凄く感じたワークショップでした。Son先生、ならびにご参加された韓国の皆様、ありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.06.05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今回のワークショップの冊子です。とても分厚いのですが、それもそのはず。全ての演者のスライド内容と口演原稿も!全て韓国語と日本語の二本建てになっていました。おそらくは全てSon先生が翻訳されたものと思いますが、その熱意とご努力には本当に頭の下がる思いです。
DSC09754 (Custom)
こうして自分のスライドと原稿が韓国語に翻訳されているのを見ると感慨深いものがあります。
DSC09758 (Custom)

演台もこのようになっていて、スライド横のキャプション通りにお話ししていきます。このキャプションの韓国版が冊子にも載っています。
DSC09716 (Custom)

冊子の各セッション冒頭には演者の写真入りで紹介されています。まずは、PAVバトルから。PAVバトルのお相手はSoonchunhyang University Cheonan HospitalのSong先生です。最初にこちらからはPAVの理論的なところを中心にお話しして、Song先生からは臨床での実際を中心にお話しされました。
DSC09756 (Custom)
DSC09731 (Custom)
DSC09737 (Custom)

続いて、HFOバトルのお相手は主催者のSon先生です。HFOでは逆に、Son先生がHFOの理論的なところを中心に解説され、こちらからは実際の治療困難例の治療戦略を中心にお話しさせていただきました。
DSC09755 (Custom)
DSC09764 (Custom)
質疑では、韓国ではあまり使われていないSLEシリーズの仕組みの中でもリストリクターの役割を、ピストン式HFOにおけるインピーダンスバルブの役割との関連でご説明させていただきました。
IMG_8483 (Custom)

発表が終わってホッとひと息での集合写真です。以前、当院にも見学に来て下さったことのあるカトリック大学ソウル聖母病院のヨム先生は今回は質疑の通訳担当でした。
DSC09720 (Custom)
発表後に会場の病院前で。すっかりプレッシャーから解放された顔をしています。
DSC09768 (Custom)

こちらはワークショップ終了後の懇親会です。
DSC09691 (Custom)

DSC09689 (Custom)
PAVバトルでご一緒したSong先生と。
DSC09690 (Custom)
大木先生、豊島先生と。
IMG_8494 (Custom)
最後にSon先生のご挨拶です。 その3 へ続きます。
DSC09694 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2017.06.04

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日もご案内しましたように6月2日(金)~3日(土)に韓国の仁川にある嘉泉大学 吉病院で 韓・日 NICUケアワークショップ が開催され、PAVとHFOに関しての日韓バトルで発表してきました。

実は今回が人生初の韓国でした。青森空港からの直行便で2時間半、あっという間に仁川空港です。
DSC09685 (Custom)
仁川空港と仁川を結ぶ仁川大橋です。この橋は有名ですね。
DSC09838 (Custom)
橋を走っていると巨大な都市が眼前に拡がってきます。
DSC09827 (Custom)

今回の会場はSon先生が勤務されている仁川の嘉泉大学吉病院です。会場周辺に到着すると、周りは日本人と外見は全く区別のつかない顔立ちの人々が全く分からない言葉を話していて、建物に書かれた文字も全く読めない、走っている車や家電などでも日本製品を見ることもなく、もし韓国という国の存在を全く知らずに、この場に突然一人立たされたら、きっとSFのパラレルワールドに迷い込んでしまったと思うじゃないか?と言うような、とても不思議な感覚に襲われていました。
IMG_8487 (Custom)
IMG_8485 (Custom)

会場の吉病院と会場のエントランスです。
DSC09770 (Custom)
IMG_8498 (Custom)

こちらがメイン会場です。入った瞬間、信州フォーラムの会場とそっくりな感じがしました。
DSC09700 (Custom)

実は初日の到着が1日目に間に合わず、2日目からの参加となりました。主催者としてSon先生のご挨拶で2日目が始まります。
DSC09702 (Custom)
2日目はサーファクタントをめぐる日韓バトルで幕を開けます。日本の演者は聖隷浜松の大木先生、韓国の演者は乙支大学のKim先生です。今回のワークショップでは、演者は母国語で講演し、メインスライド・サブスライドがそれぞれ韓国語・日本語と言う構成になっています。
DSC09703 (Custom)
DSC09708 (Custom)
両者の発表が終わると予め互いからの質問が、やはり韓国語で表示され、それを口頭で答えながら、通訳の先生を介してその場その場での質疑を進めて行くと言う方式でした。
DSC09711 (Custom)

次のセッションは非侵襲換気に関してです。こちらは、日本代表が東京女子医科大学東医療センターの鶴田先生、韓国代表は啓明大学東山医療院のPark先生です。次が自分の出番なのでどきどきしながら待機です。( その2 に続きます)
DSC09715 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.06.07
韓国でPAVに思いを馳せる~PAVはまだ死んでいない!
DSC09797 (Custom)
2017.06.06
NICUケアワークショップ2017 in Korea その3
DSC09754 (Custom)
2017.06.05
NICUケアワークショップ2017 in Korea その2
DSC09702 (Custom)
2017.06.04
NICUケアワークショップ2017 in Korea その1
(あいだクリニック予約サイトQRコード)
2017.05.31
「あいだクリニック」の予約サイト
IMG_8400 (Custom)
2017.05.22
千客万来
DSC09613 (Custom)
2017.05.15
青森県西海岸への旅
案内poster_日本語L
2017.05.04
NICUケアワークショップ2017 in Korea
図22 (Custom)
2017.05.01
北海道立小児総合保健センターの思い出
DSC09571 (Custom)
2017.04.30
コドモックル・新飯田裕一先生慰労会
先発抑え (Custom)
2017.04.23
阪神小児循環器疾患研究会in兵庫県立尼崎総合医療センター
小児科学会 (Custom)
2017.04.19
「コミュニティ小児医療」とは?

カレンダー

2017年6月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930