ここから本文です

成育科ブログ

2017.10.08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

しばらくブログ更新が滞っていましたので、ちょっとさかのぼりながら更新していきます。
10月7日(土)にはNICUまたは新生児担当の看護師さんを主に対象とした新生児蘇生法講習会を院内で開催しました。

まずはプレテストから。さすがに皆さん初っぱなから高得点ですが、それでも助産師さんのように日常的に分娩に携わっている人なら間違わなかっただろうと言う設問もありました。
DSC00287 (Custom)
続いて伊藤先生による講義です。新生児蘇生法講習会の講義スライドも新しくなりましたが、そう言えばこの新バージョンスライドで講義したことがないことに今回気がつきました。
DSC00294 (Custom)
今回の講習会には青森市民病院のスタッフも参加して下さっています。
DSC00304 (Custom)
インストラクターとしては2ブース目を当院産科の熊坂先生にお願いしました。熊坂先生はこれまでもむつ総合病院などで何度もインストラクターをされてきたのでとても慣れていらっしゃいます。
DSC00306 (Custom)

通常、新生児蘇生法講習会では、とにかくまずはマスク&バッグがしっかりできるようになることが最低限クリアすべき目標となります。しかし、そこはさすがNICUのスタッフです。まあとにかく皆さん手慣れたもので、通常の講習会であればなかなかバッグの圧がかからない受講生の方も結構いるのが普通ですが、今回はその辺は全くノータッチでも良いぐらいの「腕前」でした。
DSC00301 (Custom)

総合周産期センターの看護スタッフは参加・新生児を問わず新生児蘇生法講習会を受講しておくことが望ましいのですが、これでは何を目標にしたらいいのか分からなくなりそうです。しかし、一方でNICUスタッフは分娩の現場を見ることはそれほど多くはありませんので、講習会の狙いは手技の確立よりも、実際の分娩に際しての蘇生の流れを肌で感じ取ってもらうこと、それともう一つ、大きな目標はNICU・GCU内で突然の急変を起こしてしまった場合の対処と言うあたりが目標となるのではないかと思いました。

講習会終了後の集合写真です。
DSC00326 (Custom)

受講者の対象によって講習内容もそれぞれに変化させる必要があると言うことを再認識させられた一日となりました。皆さん、お疲れ様でした。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

DSC02089-2 (Custom)
2018.08.10
平成30年度特別支援学校における医療的ケア基本研修
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2018.08.07
ねぶた祭り2018
DSC02079 (Custom)
2018.08.03
第1回青森県医療的ケア児支援体制検討部会~まずは最初の一歩から
スライド37 (Custom)
2018.08.01
院内感染対策研修会
CIMG5851 (Custom)
2018.07.28
今月4回目のNCPR~周産期センタースタッフ対象NCPR
DSC02057 (Custom)
2018.07.22
看護協会主催のNCPRスキルアップコース
DSC02036-2 (Custom)
2018.07.20
青森県立保健大学・青森中央学院大学合同NCPR講習会
DSC02014 (Custom)
2018.07.11
東京で日本周産期新生児学会(2日目)
DSC02022-2 (Custom)
2018.07.10
東京で日本周産期新生児学会(1日目)
DSC01969 (Custom)
2018.07.07
いわて母乳の会~第15回わくわくおっぱいのつどい
DSC01946 (Custom)
2018.07.06
ビールの会2018
2DSC01939 (Custom)
2018.07.01
初のNCPRフォローアップコース~デブリーフィングのマトリョーシカ?

カレンダー

2017年10月
« 9月 11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031