ここから本文です

成育科ブログ

2018.09.28

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

来月11月22日(木)から11月24日(土)まで東京の都市センターホテルで開催される第63回日本新生児成育学会2日目のランチョンセミナーで、いわき協立病院の本田先生とともに発表の予定となっています。本田先生は「HFO+CMVを活用した 新しい呼吸管理」に関して、こちらは「PEEP再考」と題して、PEEPにこだわってお話ししたいと思っています。

(クリックするとPDFが表示されます)

(クリックするとPDFが表示されます)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.09.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

災害時小児周産期リエゾン研修の続きです。実は今回の研修会で、新生児の空路搬送(ドクヘリ搬送)に関しての話題もありました。

青森県では平成24年に県内2機目のドクヘリが当院を基地病院として導入されたのを機に搬送用保育器を用いた新生児のドクヘリ搬送を開始しています。当院に導入されてからかれこれ6年も経つので、もう全国的にもあちことで行われていると漠然と思っていました。

今回の講義の中で新生児のヘリ搬送に関しての現状報告があり、それによると、なんと!関東以北でドクヘリによる新生児搬送が行われているのは千葉県と青森県しかなく、基本的に新生児のヘリ搬送は西高東低の傾向にあることが示されました。

(周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究 より)

(周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究 より)

以下は、今回の講師である平川英司先生がまとめられた「周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究」の内容から引用してご紹介します。

全国にドクターヘリ基地病院数は 51 ヶ所 あって、これを周産期医療体制として見てみると、ドクヘリ基地病院となっている総合周産期⺟⼦医療センターは27ヶ所、地域周産期⺟⼦医療センターは20 ヶ所で、それぞれにおける新⽣児ヘリ搬送は総合周産期母子医療センターで14/27、地域周産期センターでは4/20でした。ドクヘリ基地病院になっている総合周産期母子医療センターでの新生児のドクヘリ搬送がまだ半分ぐらいの施設でしか行われていないのはちょっと意外でした。

またこの報告書では、青森県の特徴としてバックトラン スファーにも対応していることが挙げられていました。状態の安定した赤ちゃんをバックトランスファーでドクヘリ搬送する目的には、短時間搬送による新⽣児への負担軽減、搬送に付きそう新⽣児科医師の負担軽減に加え、新⽣児ヘリ搬送の周知が挙げられていました。新⽣児医療はその特殊さゆえに他科医師による代替が困難なため、例えば、突然生後間もない赤ちゃんをドクヘリで搬送しなければならない事態が生じても、それに対応できるのは結局新生児科医師しかいません。しかし、この新生児科医師が普段、全くドクヘリ搬送に関わっていないとどうなるでしょう?ここで言う周知とは、普段からドクヘリ搬送に関わるフライトドクターやフライトナースが搬送用保育器を用いた新生児搬送に慣れておくことと、普段はドクヘリに乗ることのない新生児科医師がドクヘリに慣れることの両方の意味から、安定した赤ちゃんの搬送を日常的に行うことによって、真にドクヘリ搬送が必要な赤ちゃんが発生したときにすぐに動けるようになることが真の目的となります。

これからドクヘリによる新生児搬送を導入する施設もまだまだありそうですので、是非、青森県での取り組みがもっと世間的に周知されてもいいのではないかと、慣れない分野の講義を聴きながらちょっとだけ誇らしく思えた瞬間でした。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.09.25

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

またしばらくアップが滞ってしまいました。9月中のことを少しまとめてアップします。

9月16日(日)~9月17日(月)の2日間、災害時小児周産期リエゾン研修のために東京に行ってきました。災害時小児周産期リエゾンと言うと、聞き慣れない方も多いかと思いますが、「コウノドリ」の21~22巻で紹介されていたので、そこで初めて知った方も多いのではないかと思います。

周産期医療の枠組みの中では、産科同士の母体搬送やNICUへの新生児搬送など、周産期医療の搬送システムが全国各地で整備されています。しかし、これらのシステムはあくまで平時のシステムであり、いったん災害が起こると機能しなくなってしまう恐れがあります。一方、災害時には災害派遣医療チーム(DMAT)等の仕組みが整備されてきましたが、これら災害医療に関わる医療従事者の多くは小児・周産期医療に関しては不得意な場合が多いと言われています。そこで、災害時においても妊産婦や新生児・小児の搬送が円滑に行うことを目指して誕生した新たな連携体制が災害時小児周産期リエゾンです。災害時小児周産期リエゾンでは、こうした搬送のみならず、例えば避難所における妊婦さんや生後間もない赤ちゃん達への目配せもその守備範囲となります。

朝の新宿です。
IMG_1769 (Custom)
会場は最近話題になった東京医科大学です。
IMG_1770 (Custom)
あれこれ道に迷いながらようやく会場に到着。
IMG_1750 (Custom)
会場には全国から大勢の参加者が。小児科医・産科医だけではなく看護師・助産師に加えて行政の方が参加されている地域もありました。
IMG_1751 (Custom)

初日の研修が終わった後の参加者懇親会です。そこで全国の皆さんやリエゾン研修の講師の皆さんとあれこれお話しする機会がありました。中には新生児科で顔見知りの先生も何人もいらっしゃいました。
IMG_1760 (Custom)
懇親会が終わった後、東京都庁の横を通りかかりました。実物を見るのは今回が初めてなのかも知れません。なにやらラスボスでも召喚されてきそうな雰囲気です。
IMG_1766 (Custom)

研修会の2日目はより実践的なシミュレーションが中心となります。実際に災害が起こったと想定して、自ら県庁に出向き、災害時小児周産期リエゾンである旨を本部に申し出るところから始まります。講義でもまずリエゾンの机を用意するのが最初の仕事と言われていました。

今回は新生児搬送担当リエゾンと言うことで役目をいただきましたが、結局、病院間の道中の道路状況を把握しきれず時間内に搬送を終えることができませんでした。やはりなかなか難しいものです。
IMG_1775-2 (Custom)
研修会の最後には新生児医療連絡会事務局長で災害関連もご担当されている聖隷浜松病院の大木先生から新生児医療連絡会のシステムにかんしてのご紹介もありました。
IMG_1772 (Custom)

これまで災害医療に関してはまとまった研修を受けたことがありませんでしたので、今回の研修会は非常に新鮮で勉強になりました。今回の研修会でどの講師の先生も口とそろえて訴えていたのが「平時からの備え」です。「備え」と言ってもいろいろあるのですが、実際にその場に際して最も大切なのが連携です。ただ、いきなり初対面同士で連携しろと言われても、簡単にうまく行くはずがありません。つまりここで言う「備え」とは、日頃からの訓練を通じての顔の見える関係であり、それがあってはじめてさらに進んだ「備え」ができると言うことを今回の研修会全体を通して感じました。この研修会だけで終わらせず、地元に戻ってからの活動が何より大切と感じた2日間でした。参加された皆さん、お疲れ様でした。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.09.10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

一昨年、施設見学をさせていただいたこどもサポート教室クラ・ゼミさんに今回はお呼ばれして職員の皆さんとの情報交換会に行ってきました。クラ・ゼミさんには当院の卒業生も訓練でたくさんお世話になっている施設です。

DSC02218 (Custom)
現在、クラ・ゼミさんは青森市内に3校開校されており、職員の皆さんもかなりの人数になります。
DSC02213 (Custom)
こちらの方からは最近の医療的ケア児に関する問題と今後の支援体制構築に向けての方向性などを中心にお話しさせていただきました。一方、クラ・ゼミさんでは就労支援としてのアクセスジョブ事業にも取り組まれており、義務教育年限を過ぎたお子さん達の就労に向けての大変さなどに関してお話を伺うことができました。
DSC02214 (Custom)
皆さんといろいろお話ししていく中で、我々医療者ができることはそれほど多くはないですが、なんらかの形で皆さんの問題意識へも応えられないかとあれこれ考える日となりました。貴重な機会をいただくことができ心より感謝いたします。皆さん、ありがとうございました。
DSC02217 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.09.09

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

この週末は毎年開催されている青森県医師会主催のNCPR(Aコース)でした。今回のインストラクターは尾崎先生、三上先生と3人で行いました。
CIMG5885 (Custom)
今回も最初の講義を担当しました。それでもこれで2回目です。ついついAコースを取得するための講習会となってしまいがちですが、あくまで臨床現場で筋緊張が低下し、自発呼吸のない赤ちゃんが突然生まれたときに適切に対処できるようになることが、この講習会の目的であることをこのスライドではいつも強調しています。
CIMG5895 (Custom)
講義前にプレテストが行われており、尾崎先生・三上先生が隣で採点しています。講義の後に、受講生の皆さんがどの設問が間違いやすかったかをお伝えして、その解説も行います。講習会前にはプレテスト内容は分かりますので、講義前にプレテストに一通り目通ししてから、それを踏まえて講義した方が、受講生の皆さんもプレテスト内容を踏まえた上で受講できるので講義の効率が良くなるのではないかと言う気もしました。この辺は次回以降の導入を考えてみたいと思いました。
CIMG5911 (Custom)

こちらは実技の演習です。今回は実技・シナリオも真面目に(?)インストラクターしたので写真があまりありません(^^;)。
CIMG5922 (Custom)
CIMG5923-2 (Custom)
講習会終了後の集合写真です。参加された皆さん、お疲れさまでした。
CIMG5929 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

1 / 212

ブログ更新情報

DSC00513 (Custom)
2018.10.24
「うりずん」高橋昭彦先生がオータムセミナーでご講演
63回新生児成育学会1 (Custom)
2018.10.19
第63回日本新生児成育医学会学術集会の発表予定等
61C-ANsMwPL (Custom)
2018.10.12
働く女子のキャリア格差~女性の活躍には構造的問題の理解が不可欠
IMG_1966 (Custom)
2018.10.07
東京で医療的ケア児に関する厚生労働省班会議
DSC02310-2 (Custom)
2018.10.06
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満)
ランチョン (Custom)
2018.09.28
第63回日本新生児成育医学会でランチョンセミナー
(周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究 より)
2018.09.26
災害時小児周産期リエゾン研修(その2)~新生児のドクヘリ搬送
IMG_1751 (Custom)
2018.09.25
災害時小児周産期リエゾン研修~まずは平時からの備えを
DSC02214 (Custom)
2018.09.10
こどもサポート教室クラ・ゼミさんで情報交換会
CIMG5895 (Custom)
2018.09.09
青森県医師会主催のNCPR(Aコース)
IMG_1685 (Custom)
2018.09.04
医療的ケア児支援体制検討WG
(画像をクリックすると拡大捧持されます)
2018.09.03
11月17日(土)青森県医療的ケア児支援シンポジウム開催のお知らせ

カレンダー

2018年9月
« 8月 10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930