ここから本文です

成育科ブログ

2019.02.17

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先週末は毎年長野県大町市で開催される新生児呼吸療法モニタリングフォーラム(通称:信州フォーラム)に参加するため長野県大町市に行ってきました。信州フォーラムと言えば、5年前の帰り道で遭難しかけたことを以前ご紹介したことがあります。
2014/2/14 信州フォーラム旅日記 番外編
ちょうど平昌オリンピックで金メダルを取った小平選手の出身地である茅野市を過ぎたあたりが4年前に遭難しかけたところでした。

昨年のこのブログでも「昨年が最後」と言いながら今年も参加と書いているように、NICUには関わっていないので「毎年、今年が最後」と言いながらも今年もまた6時間かけていつもの会場にやってきました。完全に「もう行かない詐欺」みたいになってます。
CIMG6028 (Custom)
今年は青森市内も比較的雪の少ない冬でしたが、長野の方はもっと少なくてびっくりしました。毎年恒例の雪だるまも心なしか力ない感じです。雪が少ないので作るのは大半だったのではないかと思います。
IMG_3275 (2) (Custom)
会場に到着してすぐに、昨年度まで当院で初期研修をされていた森川先生にも久しぶりにお会いできました。
CIMG6029 (Custom)

今回の信州フォーラムでは初日の最終セッションで「HFO再考」と題したセッションのモデレーターを仰せつかってやってきました。
HFO再考 (Custom)
最初の演者はピストン式HFOの開発社・発明者であり、メトラン社の創業者であるフック会長から、HFOの開発の歴史に関してお話ししていただきました。我々世代はHFO開発の歴史秘話を先輩世代の先生方から直接聞いていましたが、NICUで働き始めた最初の頃からHFOがあった若い世代の方達、つまり「HFOnative世代」の方達にとってはあまり知られていないお話のようにも思います。それこそ紆余曲折の末に今の形に辿り着いたのですが、そこに至るまでの過程はそれこそ今の朝ドラ「まんぷく」の萬平さんを彷彿とさせるものでした。
CIMG6035-2 (Custom)
次の演者は一昨年の夏に見学させていただいた埼玉県立小児医療センター新生児科の小林早織先生で、HFO下における「経肺圧」を中心としたお話をしていただきました。今回のご発表は確か一昨年の日本新生児成育学会のポスター発表でHFOにおける経肺圧の意義に関しての考察が非常に興味深かったので演者としてお願いしました。一言で言えば、HFOに限らず人工呼吸管理中には、肺にかかっている圧は人工呼吸器からの陽圧だけではなく、胸腔内圧との差である「経肺圧」がかかっているのですが、それは例えば自発呼吸下であれば自発の吸気・呼気それぞれで圧が変動し、なおかつそれが極端な場合にはコンプライアンスにも影響があると言うお話でした。もっと具体的には、例えばHFOで人工呼吸管理しているのに強い自発呼吸が出ているようなお子さんの場合、肺にかかっている圧は本来のMAPよりも低かったり高かったりすると言うものです。
CIMG6037-2 (Custom)
3番目には、こちらも一昨年の冬に見学させていただいた東京女子医科大学八千代医療センター新生児科の佐藤雅彦先生から、HFVにおける肺容量と換気量に関してご講演いただきました。佐藤先生は、今や全国の新生児科医師の中でおそらく最も人工呼吸管理に関しての造詣の深い先生で、このご講演の内容も目からうろこというか、とにかく圧巻の一言でした。例えば最初のフック会長のご発表で、昔、HFOの波形を吸気:呼気の比率を1:1ではなく1:2とかいろいろ変えてみたことがあったが、それでは実際に肺にかかる圧が下降してしまい、そこで現在の1:1に辿り着いたとのお話がありましたが、佐藤先生のご発表の中で、この比率が1:2では吸気フローが呼気フローよりも多いため圧力降下が生じる原理を数式を使って見事に説明して下さいました。
CIMG6044-2 (Custom)
3人のご発表後の会場とのディスカッションもかなり盛り上がりました。
CIMG6056-2 (Custom)
発表を全部終えての集合写真です。いいセッションになったと自画自賛して終えました。
CIMG6064-2 (Custom)

さて信州フォーラムと言えば、宿は温泉旅館ですので、毎年「部屋飲み」があちこちで行われます。今年は初日の夜は同年代で仲良しの先生達と一緒に夜中まで語らいあいました。
IMG_3291 (Custom)
2日目の懇親パーティの後もまたさらに大勢が集まりこんな感じに。埼玉医科大学総合医療センターの須賀さんが持ってきてくれた美味しい日本酒もあっという間でした。
IMG_3325-2 (Custom)
IMG_3324 (Custom)
「今年で最後」と言いながらも、なんかこの先もしばらく毎年参加するのかも?と思いながらの3日間でした。
IMG_3331 (2)-2 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2019.02.10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

この週末は昨年8月9月に県の新規事業として新たに開催された医療的ケア児コーディネーター養成研修会(正確には青森県医療的ケア児等支援者養成研修及び コーディネーター養成研修会)を受講された皆さんを対象としたフォローアップ研修会が当院内で開催されました。
フォローアップ研修会 (Custom)
DSC03279-2 (Custom)
会場こそ当院でしたが、昨年研修会を受講されたNPO法人「夢」の清水博己さん達が中心に、受講者へお声がけして実現しました。
DSC03281 (Custom)
研修会は、まず国立病院機構青森病院で児童発達支援がご担当の境谷さんから模擬事例のご紹介があり、事例に対して、提示された情報に足りないものは何か?、患者さんご本人とご家族のニーズ把握するためには何が必要か?資源として必要なものは何か?それはどのようにしたら得ることができるのか?等々に関して参加者がグループに分かれ、ホワイトボードの代わりのペーパーに書き込み議論を重ねていきます。それをグループごとで発表し・共有するということを行いました。続いて、グループをシャッフルして、今度は、相談支援専門員、訪問看護師、医師がそれぞれいるテーブルに参加者がバラバラに立ち寄り、普段疑問に思っていることなどを職種を超えて情報交換するような企画の二本立てで行われました。
DSC03301 (Custom)
DSC03285 (Custom)
DSC03288-2 (Custom)
DSC03292-3 (Custom)
今回のフォローアップ研修会の企画・立案・参集に関しては全て清水さんをはじめとした皆さんのご努力で実現しました。今回のフォローアップ研修会は、そもそもが県の事業で行われた研修会のフォローアップ研修会ですので、本来は県が主体的に行ってもいいぐらいの企画でしたが、もしこれを実現しようとすれば年度明けに予算取りして実現はさらにその次の年度ともなりかねないところでしたので、皆さんのご努力によって、青森県内の医療的ケア児に対する相談支援専門員さんによる支援は事実上2年近く早まったのではないかと思います。後追いにはなりますが、今後の安定的な開催には行政サイドからの支援も必要と感じました。
DSC03325 (Custom)
研修会終了後の懇親会では、早速次回以降の日程に関しても話し合われました。「鉄は熱いうちに打て」ですので、次回も年度明け早々にも、今度は弘前や八戸など、県内各地で持ち回りで開催するのもいいのでは?ということになりました。参加された皆さん、お疲れ様でした。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2019.02.08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

岐阜県障害児者支援「名所巡り」②から続きます。今回の岐阜県視察で実は密かに気になっていた施設がありました。これまでも時々、東京で開かれている勇美記念財団「小児在宅医療推進のための会」でお目にかかったことのある市橋亮一先生が理事長を務められている医療法人かがやき総合在宅医療クリニックです。時間的にきっと無理だろうと思っていたところ寺澤先生が連れて行って下さいました。

クリニックの外観は木造の大きな建物ですてきにライトアップされています。ちょっと通常の在宅のクリニックとはかなり異なる印象です。
DSC03246 (Custom)
最初は入り口もよく分からず、案内されたのが上の写真真ん中あたりの掃き出し窓です。そこから中に入ると下の写真のような大きな空間が広がります。写真中央で説明されているのが理事長の市橋亮一先生です。「ここはクリニックの何にあたる場所なのですか?」と伺うと「ここはクリニックのリビングです」とのお返事。頭に「???」が浮かびながらクリニックをご案内いただきました。
DSC03253 (Custom)
こちらは外観写真の向かって左側にある和室で、掃き出し窓から縁側に続いています。
DSC03249 (Custom)
和室の中は掘りごたつが隠されていて、ここでモニターを見ながらいろんなミーティングなどができるようになっています。
DSC03251-2 (Custom)
こちらは診察室だそうですが、これもまた「らしくない」造りです。
DSC03257 (Custom)
2階に上がるとスタッフ用?のミーティングルームで、こちらはソファーベッドがベッドになって、そのまま泊まることもできるそうです。
DSC03261 (Custom)
2階に上がってすぐの廊下です。何の変哲もない廊下に見えますが、通常よりも若干広めで、よく見ると何やら壁に何かを掛けるためのフックが多数取り付けてあります。これは、例えば患者さんが絵画が好きだったり、写真が好きだったりした方の場合に、小さな「個展」を開けるようにするためのスペースにもなるのだそうです。
DSC03259 (Custom)
こちらはまたかなり広いスペースで、壁面が鏡張りになっていてマタニティヨガなど多目的に使用できそうです。
DSC03265 (Custom)
こちらは屋上です。ここにも広いスペースがあって、先々にはここにソーラーパネルも設置したいと仰っていました。
DSC03266 (Custom)
1階に戻って、こちらはクリニックの事務所です。訪問診療の件数が想像を絶するほどの件数行かれており、訪問診療用の器材も倉庫にびっしりでした。患者さん別にそれぞれ翌日使用する物品は全て個別包装されていました。この日はちょうど医学部の学生さん達が実習初日で、学生さん達と一緒にご案内いただきました。

DSC03270-3 (Custom)
これはリビングの角の方にある薪ストーブです。これは、例えば今後大災害が起こった場合、大規模停電で電力もない状態を想定すると、この薪ストーブがあれば少なくとも暖は取れますし、しかもお湯も沸かせるので煮沸消毒も可能になります。これに屋上にソーラーパネルが設置されれば災害時に地域の拠点ともなり得ます。一見すると、ただおしゃれなコテージ風に見えますが、そのコンセプトは想像を遙かにこえて壮大でした。
DSC03274 (Custom)
学生実習初日の歓迎会と言うことでリビングにはたくさんのお料理が。そして、リビングの一角にはピアノがあり、寺澤先生が演奏されています。
DSC03263-2 (Custom)
寺澤先生は学会の懇親会でも生演奏を披露されるほどの腕前で、リクエストの「コウノドリ」の曲も披露して下さいました。
DSC03271 (Custom)
先ほどの和室側に腰掛けての眺めです。なんとも心地よい空間で、しかも寺澤先生のピアノも聞こえてきて、いつまでもここに佇んでいたいと思えるような空間でした。
IMG_3191 (Custom)
社会福祉法人いぶき福祉会をご案内いただいた北川さんと寺澤先生のツーショット。
IMG_3181 (Custom)
最後に皆さんとご一緒に。
DSC03275 (Custom)

市橋先生のクリニックは従来のクリニックの概念を根底から覆されるようなご施設でした。と言うか、施設と言うよりもこれはもはや施設を超えた壮大なプロジェクトとも感じました。地域とは何か?地域とはどうあるべきか?、そして人は如何にして生きて暮らし、そして亡くなっていくのか?と言う大命題に対して真正面から取り組み、そしてその答えを模索しているようにも思えました。すでに医療の枠にも収まりきらないほどのスケールに圧倒されました。

このブログではその市橋先生のお考えのごくわずかしかご紹介できませんので、つい最近見つけた記事をご紹介しておきます。
「人が通う在宅医療クリニック?」かがやきロッジの持つ矛盾のワケとは?

市橋先生をはじめとするスタッフの皆さん、寺澤先生、とても素敵な時間と、そして出会いをいただきありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2019.02.07

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

岐阜県障害児者支援「名所巡り」①から続きます。重症心身障害在宅支援センター「みらい」を発って、次に生活介護等の事業所をされている社会福祉法人いぶき福祉会へ。向かう道中に岐阜城が見えました。岐阜城は凄く急峻で高い山の上にあるんですね。
DSC03218 (Custom)
社会福祉法人いぶき福祉会のいくつかの事業所の中のひとつである第二いぶきで、こちらには生活介護やデイサービスに加えて作業所も併設されています。

DSC03227 (Custom)
ここで作られた商品はJR岐阜駅アクティブGの2階にある「ねこの約束」というショップで販売されています。

(画像をクリックすると「ねこの約束」のサイトにリンクします)

(画像をクリックすると「ねこの約束」のサイトにリンクします)

第二いぶきの次は寺澤先生が勤務されている国立病院機構長良医療センターを見学させていただきました。
DSC03231 (Custom)
見学が終わるとすっかり日も暮れて、山の上の岐阜城がライトアップされていました。こちらの病院は岐阜城からすぐ近くに位置しているのだそうです。
DSC03234 (Custom)
長良医療センターを後にして岐阜駅に来ました。前日に到着した時も駅前の立派さにびっくりしました。駅前のこのデザインは長良川の鵜飼の様子をイメージしているらしいです。
DSC03241 (Custom)
岐阜駅前には有名な金の信長像がそびえ立っていました。これも初めて見ました!
DSC03240 (Custom)
さて、岐阜駅前に到着すると改札近くの一等地に「ねこの約束」のショップがありました。
DSC03243 (Custom)
こちらでは、招き猫マドレーヌ、かりんとう、ジャム、美濃和紙の再利用によるブックカバーなどが主力商品だそうです。ショップに入るとねこの形をした「福張り子」がこっちを向いていて目が合ってしまい、かわいいので思わず買ってしまいました。
IMG_3202 (Custom)
ジャムも本当に見たこともないぐらいたくさんの種類があって、4つほどいただきました。
IMG_3197 (Custom)
こちらは主力商品のかりんとうです。
DSC03244 (Custom)
こちらはまだ登場したばかりの新商品「招き猫最中」です。招き猫の形をした最中の中に餡を入れて食べるお菓子です。目移りしながらあれこもれもとお土産をあれこれ買い込みます。
IMG_3196 (Custom)

こちらも寺澤先生にご案内していただきましたが、ちょうど当日に帰路に着く岩村さんと一緒に。
DSC03245 (Custom)
さて、日も暮れてこれで終わりと思っていたら、さらなる「名所」が待っていました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2019.02.06

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

月曜日の三重大学小児トータルケアセンター視察に続き、翌日は岐阜県庁にお邪魔しました。岐阜県庁は岐阜駅からちょっと離れたところにそびえ立っていました。
DSC03209 (Custom)

岐阜県では医療的ケア児と言う枠組みではなく重症心身障害児と言う枠組みでの支援体制構築を進められており、担当課も医療福祉連携推進課と言う部署がご担当だそうです。青森県では現在は障害福祉課が主担当ですが、岐阜県ではどちらかというと医療系寄りの部署のようです。岐阜県での小児・障害児者医療支援施策に関しては平成23年までさかのぼるそうで、家族支援・人材育成・連携と普及啓発・施設整備・施策立案調査を5本柱として、毎年少しずつ新たな施策を追加しながら進化させているようです。家族支援のカギを握るレスパイトに関しては医療型短期入所施設の調査・整備に加え、在宅重度障害児者短期入所等支援事業費補助金として経費の一部を補助する制度までありましたし、また障がい児者支援を考える公開連続講座として、県内外から様々な講師を迎えて毎月講演会も開催されているのにも驚きました。とにかく全体像が大きすぎて把握しきれないほどの事業がありました。詳細は岐阜県庁のホームページに「障がい児者医療推進」が掲載されていますのでご参考になればと思います。

今回ご対応いただいた岐阜県庁の上野さん、清生さん、そして今回この後も各所ご案内して下さった国立病院機構長良医療センター新生児科の寺澤大祐先生とご一緒に。
DSC03207 (Custom)

続いて午後からは、県庁のすぐ近くの岐阜県県民ふれあい会館にある重症心身障害在宅支援センター「みらい」にお邪魔しました。ここの建物もどこかの高級ホテルと見まがうほどにそびえ立っています。
DSC03215 (Custom)
重症心身障害在宅支援センター「みらい」はやはり岐阜県としての事業の一部で、小児在宅医療の患者さんやそのご家族と医療機関や訪問看護ステーションと連携しながら支援したり、人材育成やネットワーク作りなどの活動を行われている組織で、家族支援専門看護師である市川さんが中心となって活動されています。
DSC00518-2 (Custom)
組織の概要だけ聞くと、どこにもありそうな気もしなくはないのですが、この組織が実を伴った活動となっているのは何よりも市川さんご自身の熱意によるものが大きいと感じました。
DSC03214 (Custom)

実は今回、市川さんから直接お話しをうかがっていく中で大きなヒントをいただいた気がしました。青森県で今後の医療的ケア児支援体制構築を考える時、個人的には「支援者への支援」が鍵となるのではないかと考えていました。例えば、これまで赤ちゃんの医療的ケア児を扱ったことのない訪問看護ステーションの方や、医療的ケア児を預かったことのない保育園や放課後デイサービスなど、どこの施設でも初めての例を受け入れるには非常に精神的なハードルが高いのが現実だと思います。そのハードルをいかにして下げるか?その鍵こそが「支援者への支援」であり、市川さんは事実上のその実践者であると感じました。市川さんのお仕事はそのことだけにはとどまりませんし、また市川さんと同じような人材を育てることもこれまた容易なわけがないのですが、しかし、この「支援者への支援」と言う点にのみ視点を絞れば、やりようによっては指導者になり得る人材の養成は事業展開次第では可能なのではないかと感じました。そういう点で、非常に大きなヒントをいただいた気がしました。そして岐阜県視察はまだまだ続きます。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

1 / 212

ブログ更新情報

スライド75 (Custom)
2019.07.15
少子化対策はなぜ失敗した?~困っても助けてくれないからでは?
IMG_4648-2 (Custom)
2019.07.01
第43回ハイリスク児フォローアップ研究会in自治医科大学
(画像をクリックすると第45回ハイリスク児フォローアップ研究会のご案内ページにリンクします)
2019.06.15
令和2年度ハイリスク児フォローアップ研究会は青森市で開催されます
IMG_4452 (Custom)
2019.06.13
東北新生児セミナーin仙台
DSC03816 (Custom) (Custom)
2019.06.02
第11回あきた母乳育児をささえる会学習会~少子化対策に欠けていた視点
DSC03813 (2) (Custom)
2019.05.13
弘前市で医療的ケア児支援コーディネーター研修会
IMG_4664 (Custom)
2019.05.07
中央学院大学助産過程で新生児蘇生法講義
58445105_2306145632781483_6810123006648516608_n (Custom)
2019.05.01
在宅新療0-100 2019年4月号~地域の医療機関と共に支える 小児在宅医療の現状と課題
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2019.04.30
合浦公園の桜2019
IMG_4173 (Custom)
2019.04.29
弘前公園の桜2019
DSC03443 (Custom)
2019.04.22
第122回日本小児科学会学術集会in金沢
IMG_3683 (Custom)
2019.04.10
今年も青森中央学院助産専攻で講義

カレンダー

2019年2月
« 1月 3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728