ここから本文です

成育科ブログ

2019.06.13

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

6月8日(土)に仙台市で第3回東北新生児セミナーが開催され、今回は新生児のフォローアップに関してお話しさせていただきました。
CCF20190531 (Custom)
この会は今年で3回目だそうで、ちょうどNICUを辞めた年からの開催だったので、今回が初めての参加となりました。
IMG_4453 (Custom)
IMG_4457 (Custom)
会場には東北地方を中心に、各地のNICU看護師さん達が大勢参加されていました。
IMG_4452 (Custom)
今回の呼びかけ人である秋田赤十字病院の新井先生から開会のご挨拶です。
IMG_4454 (Custom)
今回は「NICU退院児のフォローアップと支援」と題してお話ししました。
スライド1 (Custom)
最初にNICU退院前のご説明から。退院前のご説明では発達とかの前に当面注意していただきたいことを先にお伝えしています。特に体重が急に増える乳児期早期にはできるだけ呼吸器感染罹患は避けたいところで、そのために最も注意すべきは人混みであるとお伝えしています。またNICU内では接触感染防止でアルコールによる手指衛生を行っていますが、これは退院後であっても当面はあらゆる病原体が「手から手へ」伝播していく仕組みをお伝えしています。ただ、ここであまりにも気をつけすぎても神経質になりすぎるのもよくありませんから、ここで「100日のお祝い」のあたりまでを一つの目安としています。これは、それほど昔でもない頃では赤ちゃんが生まれても5~10人に一人の赤ちゃんが亡くなっていた時代があったわけですが、それでも生後100日を超えると昔でも赤ちゃんの生存確率はかなり高くなっていたのではないかと思います。古来からのこうしたお祝いごとは七五三とかも含めて子供達の生存確率の経験が元になっているのでしょう。
スライド9 (Custom)
次にフォローアップの流れについて。細かいことを言えばキリがないのですが、とにかく退院後しばらくは体重増加とかの評価が主となります。それから次第に発達の評価へと重心が移動していくイメージかと思います。1歳半も過ぎると言葉の発達が大きな位置を占めます。そこから先も、その時々に必要な支援と、そこから少し先のために必要な情報提供がフォローアップの中心となるように思います。
スライド3 (Custom)
発達と一口に言っても様々な項目があります。発達項目のそれぞれにその能力が獲得可能な時期が限られます。フォローアップに際してはこのことがとても大切といつも感じています。裏を返せば、限られた発達可能な時期に無為な時間をなるべく過ごさせないようにすることが大切だと思います。
スライド81 (Custom)
そして必要な支援は年齢とともにどんどん変化していきます。今回は就学から小学校あたりまでのお話しが中心でしたが、その先もまたどんどん必要な支援は変化していき、さらにそのお子さんに寄っての違いも、最初の頃と比べるとその違いはどんどん拡がって行きます。
スライド82 (Custom)

最後に、今回の対象は主にNICUのスタッフでしたので、むしろ大事なことは個々の発達の細かいことよりも、NICUを退院していくお子さん達がこれから歩むであろう大きな流れを知っておくことと、退院後にいろんなことがあったとしても、それらを乗り越えて行くための力となるのはきっとNICUの中で育まれる「絆」であり、それを支えることができるのはNICUスタッフであるということが今回最もお伝えしたかったことでした。参加された皆さん、お疲れ様でした。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2019.06.02

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日もご紹介しましたが、6月1日(土)に第11回あきた母乳育児をささえる会学習会にお招きいただき「知ってほしい、赤ちゃんのこと ~少子化対策に欠けていた視点とその処方箋」と題してお話しさせていただきました。これは、3年半ほど前に秋田県周産期・新生児研究会で少子化が新生児医療に及ぼす影響に関して講演させていただいた時のその続編をと言うことでお声がけいただきました。秋田県は青森県と並んで出生数減少が最も激しい県と言うこともあり、母乳育児を支える会としてのお話としてはちょっと異色かも知れませんが、日本の少子化対策がなぜことごとく失敗してしまったのかについて小児科医からの目線でお話ししました。

青森に新幹線が来てからすっかりご無沙汰で久しぶりの特急「つがる」です。
DSC03815 (Custom) (Custom)
あ秋田駅に到着するとなまはげと「マサル」がお出迎えしてくれます。
DSC03816 (Custom) (Custom)
DSC03817 (Custom) (Custom)
秋田駅前です。青森駅前よりはるかに栄えています。やっぱり新幹線の駅が一緒なのがいいのでしょうか・・・(T-T)
DSC03839 (Custom) (Custom)
会場は反対側の駅ビル?です。こちらの建物もとても立派でした。
DSC03819 (Custom) (Custom)
今回は50人以上とかなりたくさんの方が聞きに来て下さいました。
IMG_0593 (Custom) (Custom)
これは男女の労働率の図ですね。いわゆる女性の労働率の「M字カーブ」と言われるものです。
61800429_876059002736194_3894488147135823872_n (Custom)
今回の学習会ではこの少子化問題をなんと2時間以上お話しさせていただきました。
スライド1 (Custom) (Custom)
今回なんとしてもお話ししたかったのがこれです。今回のお話しはとにかく量が多いので、内容に関しては後日このブログにアップして行きたいと思います。
スライド75 (Custom) (Custom)
学習会終了後、あきた母乳育児を支える会の皆さんとご一緒させていただきました。
DSC03836-2 (Custom) (Custom)
本場のきりたんぽです!
61975240_876059039402857_8717819931887927296_n (Custom)
日本の少子化問題は東奥日報の連載をお引き受けしていたころからずっと関心のあるテーマで、今回のお話しをいただいてからさらにいろんな本を読み漁りました。このような機会をいただけたことは本当にありがたいことだと感じました。あきた母乳育児を支える会の皆さん、ありがとうございました。
P1020441 (Custom) (Custom)

 

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

ブログ更新情報

(画像をクリックすると第45回ハイリスク児フォローアップ研究会のご案内ページにリンクします)
2019.11.19
第45回ハイリスク児フォローアップ研究会 in 青森 のご案内
DSC04428 (Custom)
2019.10.20
令和元年度青森県医療的ケア児支援シンポジウム
(クリニックするとPDFが表示されます)
2019.10.18
あおもり母乳の会学習会&周産期医療学習会のお知らせ
IMG_5460 (Custom)
2019.10.12
医療的ケア研修セミナーin札幌
DSC04383 (Custom)
2019.09.22
青森県医療的ケア児支援コーディネーター養成研修~演習編
(画像をクリックすると青森県庁のページへリンクします)
2019.09.17
災害時における医療的ケア児支援に関する講演会のお知らせ
(画像をクリックすると青森県庁ホームページへリンクします)
2019.09.16
令和元年度青森県医療的ケア児支援シンポジウムのお知らせ
DSC04299 (Custom)
2019.09.15
第21回青森継続看護研究集会in弘前
IMG_0785 (Custom)
2019.09.10
小さく生まれた赤ちゃんの保護者交流会
DSC04255 (Custom)
2019.08.31
医療的ケア児支援看護フォーラム~岐阜県「みらい」の市川さんのご講演
DSC04176 (Custom)
2019.08.25
青森県医療的ケア児等支援者およびコーディネーター養成研修会
スライド75 (Custom)
2019.07.15
少子化対策はなぜ失敗した?~困っても助けてくれないからでは?

カレンダー

2019年6月
« 5月 7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930