ここから本文です

成育科ブログ

宮城県立こども病院の室月先生のご講演

2013.10.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は第3回青森県周産期講演会として宮城県立こども病院産科の室月淳先生をお招きして「母体血による胎児染色体検査ーいわゆる新型出生前診断について」と題してご講演いただきました。新しい出生前診断に関しては色んな情報がありますが、今日のご講演で大分情報が整理されたように思います。室月先生、遠いところお越しいただきありがとうございました。

最初のスタッフ紹介のスライドです。懐かしい室本先生が写っています。


「いわゆる」新型出生前診断で、感度を99.1%、特異度を99.9%とした場合、陽性と判定された場合に的中する確率(陽性的中率)が罹患率によって異なることを示したスライドです。
21trisomyの一般的な罹患率は1/1000とされており、全年齢を対象とした場合にはこの検査で陽性と判断されてもその結果が正しい確率(陽性的中率)は5割を切ってしまいますが、これが1/250、1/50、1/10と確率が高まるに従って陽性的中率が上昇します。21trisomyの罹患率は、35歳で1/250、41-42歳で1/50と上昇するので、このことがこの新しい検査法において年齢制限が必要な根拠となるようです。


講演会終了後には室月先生を囲んで。

ブログ更新情報

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2020.11.16
秋の青森県の風景(その2)~中野もみじ山と黒森山浄仙寺(黒石市)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2020.11.15
秋の青森県の風景(その1)~龍飛岬
小児在宅医療学習会 (Custom)
2020.11.03
総合周産期センター主催の小児在宅医療学習会~初のハイブリッド型学習会
大瀧先生
2020.09.27
重症心身障害児守る会会報「ともに」に大瀧先生の紹介記事掲載
CIMG6236 (Custom)
2020.09.26
三上先生、7年半ありがとうございました!
(画像をクリックすると記事へリンクします)
2020.09.22
朝日新聞アピタル「少子化対策の失敗の本質~小児医療の現場から見えたもの」
IMG_0482-2 (Custom)
2020.09.21
令和2年度医療的ケア児支援コーディネーター養成研修~演習編
IMG_0416-2 (Custom)
2020.08.15
令和2年度医療的ケア児等支援者およびコーディネーター養成研修会
IMG_0412-2 (Custom)
2020.08.10
小さく生まれた赤ちゃんとその家族のWebつどい
DSC00026 (Custom)
2020.06.21
医療的ケア児コーディネーターフォローアップ「遠隔」研修会
(画像をクリックするとご案内のPDFファイルが表示されます)
2020.05.19
発達凸凹共育会「はぐとも」とセミナーのご紹介
IMG_7076 (Custom)
2020.05.03
遠隔講義が始まりました(その2)~弘前大学編

カレンダー

2020年12月
« 11月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031