ここから本文です

成育科ブログ

周生期医療研究会のプログラムが来ました

2013.11.24

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

来月、12月14日(土)に青森市内で開催される青森県周生期医療研究会のプログラムが来ました。

今回は一般演題も12題と多く、特別講演は国立成育医療センターの左合治彦先生をお招きして胎児診断・胎児治療に関してご講演いただく予定となっています。

当科からの一般演題発表は、
1)早産児における早期発達支援~あすなろ医療療育センター理学・作業療法士との協働~
            青森県立中央病院NICU 鹿内 晴奈さん

2)産褥入院期間の短縮が新生児管理に与える影響について
            青森県立中央病院新生児科 伊藤 裕也先生

3)ドクターヘリによる搬送用保育器を用いた新生児搬送 ~本格的な運用開始の報告~
            青森県立中央病院新生児科 池田 智文先生

の3題を予定しており、いずれも当科的には旬な話題を選びました。

この他、特別企画として「超早産:22~23週への対応」と題して、網塚と佐藤秀平先生が新生児科・産科それぞれの立場からお話しします。これは、最近の新生児死亡の中で在胎22~23週の占める比率が非常に高くなっていることの背景に関して関係者間で情報共有することを意図して企画したものです。これを機に県内での問題意識が共有できればと思っています。

ブログ更新情報

(クリックするとPDFにリンクします)
2021.01.01
あけましておめでとうございます!
131116097_3720143688048330_7085128489100417244_n (Custom)
2020.12.27
新生児科医師の勤務状況に関する論文が日本小児科学会雑誌に掲載
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2020.11.16
秋の青森県の風景(その2)~中野もみじ山と黒森山浄仙寺(黒石市)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2020.11.15
秋の青森県の風景(その1)~龍飛岬
小児在宅医療学習会 (Custom)
2020.11.03
総合周産期センター主催の小児在宅医療学習会~初のハイブリッド型学習会
大瀧先生
2020.09.27
重症心身障害児守る会会報「ともに」に大瀧先生の紹介記事掲載
CIMG6236 (Custom)
2020.09.26
三上先生、7年半ありがとうございました!
(画像をクリックすると記事へリンクします)
2020.09.22
朝日新聞アピタル「少子化対策の失敗の本質~小児医療の現場から見えたもの」
IMG_0482-2 (Custom)
2020.09.21
令和2年度医療的ケア児支援コーディネーター養成研修~演習編
IMG_0416-2 (Custom)
2020.08.15
令和2年度医療的ケア児等支援者およびコーディネーター養成研修会
IMG_0412-2 (Custom)
2020.08.10
小さく生まれた赤ちゃんとその家族のWebつどい
DSC00026 (Custom)
2020.06.21
医療的ケア児コーディネーターフォローアップ「遠隔」研修会

カレンダー

2021年5月
« 1月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31