ここから本文です

成育科ブログ

総合周産期センター10年誌編集中 メディア記事①

2014.03.16

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

平成16年に当院に総合周産期母子医療センターが開設されてから、早いもので今年で10年になります。この10年を記念して10年誌を編集中です。過去のデータとかその他諸々を整理しているので、この機会にその一部を適宜アップしていきたいと思います。これまで新聞等のメディアで取り上げられたものを見返してみると、この10年の動きが分かるような気がします。まずは、これまでの新聞記事を古い順に追ってみたいと思います。

まずはこの記事から。平成11年に乳児・新生児・周産期死亡率が全国ワーストワンとなったことから、この後、急速に当院にNICUを設置する動きが加速しました。

この記事は2002年に2年連続 乳児・新生児死亡率が最下位となったこと受けてのものです。しかし、この後から総合周産期母子医療センター開設に至ることになります。

2003年には青森朝日放送(ABA)が「赤ちゃんを救え」と言う特集を組んで下さいました。



この特集では本県の新生児死亡率が全国最下位である現状に焦点をあて、県内の医療施設の不備や医師不足の問題などを浮き彫りにしたことが評価され、この特集を自ら制作された八木里美キャスターはこの年のギャラクシー賞報道活動部門を受賞されました。

2005年の元旦の東奥日報では「守ろう いのち」と題した第2特集が組まれ、その中で当院の総合周産期母子医療センターも大きく取り上げられました。

同じ年の春からは東奥日報で「あおもりの未来紡いで 生きる」の連載がスタートし、その中でも何度か当院の取り組みが紹介されています。

この頃は、まさに県内全体が全国一高い死亡率をなんとか良くしようと一致団結した空気がみなぎっていました。当院の今があるのも、こうした県内関係者の皆さんの励ましがあってこそと思います。今後もその後に続く記事をアップしていきたいとお思います。

ブログ更新情報

(クリックするとPDFにリンクします)
2021.01.01
あけましておめでとうございます!
131116097_3720143688048330_7085128489100417244_n (Custom)
2020.12.27
新生児科医師の勤務状況に関する論文が日本小児科学会雑誌に掲載
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2020.11.16
秋の青森県の風景(その2)~中野もみじ山と黒森山浄仙寺(黒石市)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2020.11.15
秋の青森県の風景(その1)~龍飛岬
小児在宅医療学習会 (Custom)
2020.11.03
総合周産期センター主催の小児在宅医療学習会~初のハイブリッド型学習会
大瀧先生
2020.09.27
重症心身障害児守る会会報「ともに」に大瀧先生の紹介記事掲載
CIMG6236 (Custom)
2020.09.26
三上先生、7年半ありがとうございました!
(画像をクリックすると記事へリンクします)
2020.09.22
朝日新聞アピタル「少子化対策の失敗の本質~小児医療の現場から見えたもの」
IMG_0482-2 (Custom)
2020.09.21
令和2年度医療的ケア児支援コーディネーター養成研修~演習編
IMG_0416-2 (Custom)
2020.08.15
令和2年度医療的ケア児等支援者およびコーディネーター養成研修会
IMG_0412-2 (Custom)
2020.08.10
小さく生まれた赤ちゃんとその家族のWebつどい
DSC00026 (Custom)
2020.06.21
医療的ケア児コーディネーターフォローアップ「遠隔」研修会

カレンダー

2021年10月
« 1月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031